miwaのオールナイトニッポン

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
Bouncywikilogo.gif ウィキペディアにも、この項目「miwaのオールナイトニッポン」が執筆されています。ぜひこちらも読んでみてください。
miwaのオールナイトニッポン
愛称
放送方式生放送[1]
放送期間2010年4月17日 - 2013年3月26日
放送時間毎月第3土曜日 27:00 - 29:00
(2011年3月19日まで、miwaのオールナイトニッポンRとして)
毎週火曜日 25:00 - 27:00
(2011年4月5日から)
放送回数
放送局ニッポン放送
制作
ネットワークNRN
パーソナリティmiwa
出演
テーマ曲
企画
プロデューサー
ディレクター松岡敦司
提供
公式サイトhttp://www.allnightnippon.com/program/miwa/
特記事項:
テンプレートを表示

miwaのオールナイトニッポン』(ミワのオールナイトニッポン)は、ニッポン放送の深夜番組「オールナイトニッポン」で歌手miwaがパーソナリティを担当していたラジオ番組2010年4月17日より『miwaのオールナイトニッポンR』として放送開始し、2011年4月5日から火曜1部に移動し、2013年3月26日にてレギュラー放送終了。通称miwaナイト」。

概要[編集]

2010年土曜日の『オールナイトニッポンR』は、お笑いコンビが1月から3月まで週代わりでパーソナリティを担当していたが、4月からはニッポン放送が注目するアーティストに変更となり[2]、第3土曜日のパーソナリティをmiwaが担当することになった。女性シンガーソングライターによる『オールナイトニッポンR』のレギュラー放送は、2003年に放送された『より子。のオールナイトニッポンR』以来7年ぶりである。

2011年4月5日からは『miwaのオールナイトニッポン』として毎週火曜日に放送している[3]

2013年3月6日の放送で、「miwaナイトは3月いっぱいで解散します。」と3月26日をもって放送終了することをmiwa本人が述べた。

エピソード[編集]

番組内のお約束
  • 番組内の挨拶は「こんばんわーみー」。複数のメールを読む場合は2通目以降を読む前に「おつぎー」と言う。
  • 終了時は「miwaナイト、そろそろお別れしナイト」という言葉から入り、最後に「お先にアラン・ドロン!」と言って番組を締める。

コーナー[編集]

ミワニッシモ!!
タイトルは1stアルバムの『guitarissimo』から取られたもの。
当初はmiwaにただ大声で叫んで欲しい言葉をリスナーから募集するという触れ込みのコーナーであったが、最近はさまざまな有名人の名前を絡めた歌を歌うのがメインのコーナーとなっている。また、このコーナーでmiwaが北大路欣也木の実ナナなどの有名人の名前を知らなかったことが発覚しており、リスナーから送られてくる有名人の名前を理解していないことについて、ゲスト出演したスガシカオは「miwaとリスナーとの溝が深いことが原因」と語っている。
生歌
miwaがギター弾き語りを披露する。オールナイトニッポンR時代から続くコーナー。
弾き語りで披露した曲は以下の通り(アーティストの特記のないものは自身の楽曲)。
週刊!コシップス!
ゴシップまではいかない身の周りで起きた小さなゴシップ(コシップ)、リスナーの皆さんに記者となってもらい送ってもらうコーナー。編集長のmiwaが「採用」か「不採用」を判定する。
miwaの妹がよく読んでいるというゴシップ雑誌「ゴシップス」が元ネタ。
ちょっとまじめなお願い事
miwaがリスナーから電話で恋愛相談を受けたことがきっかけで始まった、miwaへのお願い事を募集するコーナー。
簡単なものから実現するかわからないものまで広く募集しており、生歌もリスナーのリクエストを取り入れるようになった。
いちごの先
miwaがフリートーク内で発言した「大人の女とは、いちごの先だけ食べる女性のことである」という「名(迷)言」がベース。「○○とは××である」という形態になるように、断定する。
ジャスティン
miwaがハマっているアプリの「理想の彼氏メーカー」上にて完成されたmiwaの理想の彼氏「ジャスティン」がフェイスブックをやっていると言う体で、その日常を送ってもらう。
ちなみにmiwaによるとジャスティンは、「いつも同じ服を着て、すぐ体力がなくなってしゃべれなくなって、1日1回のクッキーで飢えを凌いで」いると言う。
リスナーの悪ノリにより、コーナー中期から終盤に至ってはジャスティンのイメージが「大島優子さんファンの完全にヤバイ人」(miwa談)になり、2013年3月20日の放送では生声(スタッフの誰か)が流され、「サイコホラー」「もう別れるしかない」「最終回には相応しくない」(miwa談)ため最終回直前で終了。
ガールズ・バンド・プロジェクト
miwaのフリートークで「モンキッキーが『おさる』に再改名した」というニュースから「miwaを中心としたガールズバンド『前髪パッツンズ』を結成する」と言う話になり、楽器が弾ける女性リスナーからその模様をテープ若しくはMDに録音して送ってもらう。飽くまで男子禁制なので、参加できない男性リスナーからはこのプロジェクトを盛り上げるアイデアを募る。miwa曰く「打倒、リンキン・パーク」。
2013年2月20日にはバイきんぐが「特別審査員」として出演し、生電話を介してメンバーを決定した。2013年3月20日の放送にそのメンバーの一部(未成年が2名いたため)が出演、番組最終回では全員でレコーディングした「You Raise Me Up」(ケルティック・ウーマン)を流した(サポートメンバーとして藤原Dの実父がバイオリンで参加)。
恋愛相談
リスナーの恋愛相談。公式ページではコーナーとして扱われていないが、事実上コーナーと同じように存在していた。
R時代はコーナーの終わりにmiwaのオススメ曲がかけられていた。
下の句パラダイス
2011年8月2日(第17回)のミワニッシモで紹介された「明太子、ごはんにのせて、すぐおろす」という川柳の続きが気になることからコーナー化された、続きが気になる五・七・五を送ってもらい、その続きをリスナーが考えるコーナー。通称は「下パラ」。
毎週「下パラグランプリ」が1つ選ばれるが、あくまでグランプリの名誉を授与するだけであって賞品の贈呈はない。ただし、2011年10月18日(第27回)の放送では、春日俊彰(オードリー)の服がグランプリ獲得のリスナーにプレゼントされた[13]
始めと終わりにはコーナー名の元ネタであるフジテレビ系ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(2007年版)のオープニングテーマである「イケナイ太陽」(ORANGE RANGE)がかけられる。
ごめんねの時間
リスナーが謝りたいことを募集するコーナー。
ありえない男
身近にいるありえない男を紹介するコーナー。
大人の作法
miwaに対し大人に必要な作法をリスナーに教えてもらうコーナー。
アカンポリス!!
「ありえない男」の後継コーナーで、miwaが好きな番組と公言しているフジテレビ系バラエティ番組『爆笑 大日本アカン警察』に取り上げられないような小さなアカンことをリスナーから募集するコーナー。

オールナイトニッポンR時代のコーナー[編集]

草食系男子いらっしゃい!!
リスナーから草食系男子の実態を報告してもらうコーナー。
うちのヤバイ婆ちゃん!!
miwaの祖母がパワフルすぎてヤバイということから始まったコーナー。それにも負けない全国の「ヤバイ婆ちゃん」「ヤバイ爺ちゃん」を紹介する。
こわ〜っ!!
今までにない新しい「怖いもの」を考えようというコーナー。リアルなものからユニークなものまで怖い場面、怖い一瞬などを募集し、miwaがそれは怖いのか怖くないのかを判断する。
彼氏の条件 彼女の条件
リスナーが考える「こんな彼氏・彼女とは付き合いたい・付き合いたくない」という条件を発表する。体験談、理想や妄想でもなんでもOK。
miwaが選ぶこの一曲
miwaが好きな一曲をかけ、曲にまつわる自身のエピソードを交えて紹介する。
放送された曲は以下の通り。

歴史[編集]

2010年[編集]

  • 4月17日(R第1回):「miwaのオールナイトニッポンR」初回放送。

2011年[編集]

2012年[編集]

  • 1月3日(第38回):ゲストにLiLiCoが登場(この回は大人の事情での放送)
  • 1月24日(第41回):「あかんポリス」最終回(この回は大人の事情での放送)
  • 2月21日(第45回):「下の句パラダイス」に徳光和夫が詠み手として登場。[16]
  • 2月28日(第46回):ゲストに秦基博が登場。
  • 3月6日(第47回):ゲストに山本裕典大東俊介が登場。
  • 4月17日(第53回):ゲストにももいろクローバーZ照英が登場。
  • 5月29日(第59回):フジテレビのバラエティ番組「百識王」とコラボ。テレビの放送がラジオでも同時に流れた(この日、百識王はオールナイトニッポン特集だった)。
  • 6月12日(第61回):女子会スペシャルと題して、ゲストに福田彩乃と舟山久美子が登場。
  • 8月7日 :ニッポン放送は「ロンドンオリンピック」男子サッカー・準決勝の中継を放送する為休止。
  • 8月7日:ゲストに吉田尚記アナウンサーが登場。
  • 8月14日:ゲストに吉田尚記アナウンサーが登場。
  • 8月21日:ゲストに吉田尚記アナウンサーが登場。サミュエル・L・ジャクソンが収録で登場。
  • 9月4日:前回の放送で、miwaがサミュエルから「L」をもらったということで「miwa L のオールナイトニッポン」とタイトルコールした。この日より「miwaのオールナイトニッポン 第2章」と銘うった。
  • 10月17日:「2時間で友達を作る方法スペシャル」と題して、ゲストに入江慎也カラテカ)が登場。
  • 12月17日:「理想の彼氏・理想の彼女登場スペシャル」と題して、ゲストにNON STYLEが登場。また、コメントで武井咲が登場。

2013年[編集]

  • 2月20日:「ガールズバンドプロジェクトスペシャル」と題して、ゲストに特別審査員としてバイきんぐが登場。
  • 3月6日:3月限りで番組が終了することが発表された。
  • 3月26日:番組最終回。あえてメールテーマを「オーストラリア」にするなど「涙が出るような湿っぽい回にはしたくない」と発言していたが、「弾き語り」で「めぐろ川」を歌っている途中で感極まって号泣した。
  • 9月9日:一夜限りの復活生放送。レギュラーコーナーであった「ミワニッシモ!!」、「週刊!コシップス!!」、「いちごの先」の3コーナーをオンエア。

2014年[編集]

  • 2月9日:「オールナイトニッポンGOLD」で「miwaのオールナイトニッポンGOLD」として放送。「週刊!コシップス!!」、「いちごの先」をオンエア。
  • 11月12日:「オールナイトニッポンGOLD」で、「miwaのオールナイトニッポンGOLD」として放送。また、当日は生放送だったが、通常は22:25ごろと23:25ごろに放送されるニッポン放送報道部上村貢聖解説員によるニュースコーナーは割愛された。

2015年[編集]

  • 4月10日:「オールナイトニッポンGOLD」で「miwaのオールナイトニッポンGOLD」として放送。これで特番の復活は4回目、うちGOLDで3回復活したことになる(野球中継延長により、ニッポン放送では22:17から、STVラジオおよびKBCラジオでは22:22から放送)。この回では、「ミワニッシモ」、「いちごの先」、「週刊コシップス」のコーナーをオンエア、およびイマジンスタジオでの録音放送となった。

特別番組による放送休止[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

制作局のニッポン放送は放送休止であったがその他全国35局では通常放送(ニッポン放送からの裏送り)しており、miwaは「私もサッカーを見たかった」「今日はどうせ3人しか聞いてない」「スタッフが全員私じゃなくてテレビを見てる」などと自棄気味であった。

2013年[編集]

番組内のお約束[編集]

  • 番組内の挨拶は「こんばんわーみー」。複数のメールを読む場合は2通目以降を読む前に「おつぎー」と言う。
  • 終了時は「miwaナイト、そろそろお別れしナイト」という言葉から入り、最後に「お先にアラン・ドロン!」と言って番組を締める。

ノベルティー[編集]

  • miwaシール
2012年4月17日(第53回)の放送から毎週5名に贈られるようになった。miwaの似顔絵がプリントされているが、眼は血走っている上によだれが垂れているというもので、絵はもともと「オールナイトニッポン45周年感謝祭 ALL LIVE NIPPON~このさい for LOVEホールA~」の企画で若林が描いたものだが、その時初めて絵を見たmiwaと観客は引いてしまったという。

スタッフ[編集]

ディレクター
ミキサー
  • 大坪
構成

その他[編集]

  • 火曜1部に移動後はコーナーとは別に度々ものまねを披露しているが、似ていなかったり何のものまねなのか理解されないなどリスナーからの評判は芳しくなく[17]、フジテレビ系『百識王』でこの番組が紹介された時も「どれもよく似ていない」と言われたことがある。また、ものまねに対して酷評のメールが来ると大抵「ひどーい」と言う。
  • 音楽番組に出演している時とは異なり生歌のコーナー以外は常にテンションが高い状態で放送を進めている。また、冒頭のフリートークでは食べ物に関する話をすることが多く、2011年にap bank fesに出演した際にカキ氷を5杯も食べたというネタから、夏季限定で使用される「カキ氷5杯」のジングルも作られた。
  • 2011年8月ごろの「セシウムさん騒動」の影響で当時のエンディングの協力スポンサーの一社であるJAバンクが、当番組がCBCラジオでもネットしていることを配慮してかクレジットを見合わせた。[18]
  • 次にあるメールを読むときに発する「お次~」という言葉が印象的。

ネット局・放送時間[編集]

miwaのオールナイトニッポンR[編集]

放送対象地域 放送局 放送時間 ネットワーク 備考
関東広域圏 ニッポン放送 毎月第3土曜日
27:00-28:30
NRN単営局 制作局
北海道 STVラジオ 毎月第3土曜日
27:00-29:00
フルネット
(28:30以降はニッポン放送からの裏送り
茨城県 茨城放送
栃木県 栃木放送
京都府
滋賀県
KBS京都
福岡県 KBC九州朝日放送
岩手県 IBC岩手放送 毎月第3土曜日
27:00-28:00[19]
JRN・NRNクロスネット局 -
山形県 山形放送
山梨県 山梨放送
長野県 信越放送
福井県 福井放送
中京広域圏 CBCラジオ
和歌山県 和歌山放送
岡山県
香川県
西日本放送
山口県 山口放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送

miwaのオールナイトニッポン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. オールナイトニッポンR時代は基本的に録音放送。
  2. miwa official website () miwa official website インフォメーション [ arch. ] 2010年3月24日
  3. 日刊スポーツ () 日刊スポーツ ニッポン放送が13日佑vs横浜戦生中継 [ arch. ] 2011年3月8日
  4. 代わりに「リトルガール」のライブ音源をオンエアした。
  5. 放送中に若林正恭オードリー)と「瀬戸の花嫁」(小柳ルミ子)をセッション。
  6. 放送前のライブで演奏した「441」の音源をオンエア。
  7. 盛岡ライブ音源より「441」「Wake Up, Break Out!」をオンエア。
  8. 盛岡ライブ音源より「Chasing hearts」「FRiDAY-MA-MAGiC」をオンエア。
  9. 「Chasing hearts」のライブ音源が放送された。
  10. 1月3日の放送と同じものが放送された。
  11. 当日のゲストだった秦本人とセッション。
  12. miwaが風邪のため。
  13. 後にmiwaはお詫びとして、胸に「HAPPINESS」と描かれたロンTを春日にプレゼントしたが、案の定オードリーのオールナイトニッポンでその件についていじられている
  14. 1時台は大家志津香が登場し「おつかれーず」、2時台は島崎遥香が登場し「おお島田」とそれぞれ発表。
  15. 1時台は小森美果が登場し「すみませんぷうき」、2時台は小嶋陽菜が登場し「うさみみかわいい」とそれぞれ発表。
  16. 徳光が詠む部分は事前収録。
  17. これまでに披露したネタは江戸川コナンチップとデールのチップ、おじゃる丸忍たま乱太郎など。ただし『「Jupiter」を歌う平原綾香』などの歌手のものまねはスタッフから好評である。
  18. ニッポン放送のみ流れていたスポットCMは通常通り。
  19. 28:00より『あなたへモーニングコール』放送のため。

外部リンク[編集]

テンプレート:オールナイトニッポン テンプレート:オールナイトニッポン

2013年オールナイトニッポンパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 鬼龍院翔
火曜 miwa 久保ミツロウ・能町みね子
水曜 NESMITH 大谷ノブ彦
木曜 ナインティナイン
金曜 AKB48
土曜 オードリー

テンプレート:現在放送中のオールナイトニッポン テンプレート:miwa