飯塚事件

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

飯塚事件(いいづかじけん)とは、1992年に、久間三千年が2人の女児を強姦して殺害した事件。久間には死刑判決が下り執行された。判決文を読めばどうみても冤罪ではないことが分かるのだが、一部マスコミは、判決文ですでに検証されている事実をあたかも新事実が判明したかのように、さらには他の証拠には一切触れないなどの意図的な偏向報道をしており(特に日本テレビでなされた血液型に関する報道は捏造レベルである)被害者遺族にいわれなき二次被害を与えている。メディアリテラシーを測定するにはうってつけの事件である。

この事件で冤罪説を唱える人は2つに大別でき、①マスコミの報道を簡単に信じてしまう人②死刑反対論者であり本当は冤罪だとは思っていないくせにこの事件に難癖をつけて死刑廃止論を有利にしようとしている人のどちらかである。残念ながら、冤罪派の中に、③挙がった証拠や判決文を自分で検討した上で冤罪だと信じる人(まともな冤罪派)はほとんどいない。そのため、こちらが冤罪ではない根拠を説明しても、「捜査関係者乙」と言うだけで、冤罪派はまったく話を聞こうとしない。

正直、足利事件や袴田事件の関係者も、こんな真っ黒の事件と一緒にされると迷惑であろうし、今や関連検索ワードでも「冤罪ではない」というのが挙がる始末である。

事件の概要[編集]

1992年2月20日、福岡県飯塚市小学1年生の2人の女児が登校中に行方不明になり、翌日に山中で共に性的暴行を受けたと見られる状態で殺害・遺棄されているのが発見された。

同地域では、1988年に同じ小学校の女児が行方不明になって未解決であった。福岡県警は、その際の重要参考人であった久間三千年(54歳)を事情聴取。その後、久間が私服警官2人を切りつけたため緊急逮捕され[1]罰金10万円の略式命令を受けた。

女児殺害に関しては、犯人と久間のDNA型がほぼ一致するという鑑定結果が出たもののそれだけでは逮捕に至らず[2]、繊維片の一致が決め手となって[3]、死体遺棄容疑で久間を逮捕。同10月14日に殺人等で久間を再逮捕。

足利事件で当時のDNA鑑定が否定されたため、マスコミではやたらこの事件でもDNAが最大の決め手になったように捏造報道しているが、逮捕の経緯から見ても、DNAが最大の決め手になったというのは明らかな嘘である

裁判[編集]

第一審判決→[1] 第二審判決→[2] 最高裁判決→[3] 再審請求第一審判決→[4] 再審請求第二審判決→[5] ←詳細は判決文(かなり長い。冤罪派は読まないので議論がかみ合わない)参照

裁判で認められた客観的事実[編集]

①被害者の衣服に着いていた繊維片と久間の車シートの繊維片の特徴が一致。
②犯人の陰茎出血という状況と久間の亀頭包皮炎という病状が一致。
③久間は、当初自分は亀頭包皮炎で性的に困難だからやっていない旨を主張していたにも拘わらず、犯人の陰茎出血が明らかになった公判段階では、突然完治していたと供述を変更。
④久間と妻は、病状を否定するために、某薬局でフルコートFを買ったことはないと主張するも、店主と店員が久間を常連客として覚えて、しかも強力な皮膚薬だったからはっきり覚えていた。
⑤久間の車内からかなりの人尿痕と血痕が発見。
⑥久間の妻は、自動車内で自分や息子が尿をもらしたことはないと捜査員に言っていたにも拘わらず、車に尿痕が残っていたことが明らかになった公判段階では、突如わかりませんと供述を変更。
⑦複数の目撃証言により車の特徴が一致。
⑧久間の車内にあった血痕のDNA(TH01型・PM型)が被害者の一人(鼻血を出していた方)のものと一致。
⑨なぜか久間は事件後、車のシートを外して水をかけて洗浄(おかげで、車内の血痕からMCT118型は検出されず、TH01型・PM型鑑定の成立を待たねばならなかった)。
⑩久間のDNA(HLADQα型)が犯人の物と一致。
⑪被害者の膣内や周辺にあった血痕と久間のDNA(MCT118型)が一致。
⑫被害者の膣内や周辺にあった血痕の血液型と久間の血液型がB型で一致。
⑬事件があった時間帯、妻を送ったあと母親に米を届けに行っていたという久間の主張は裏付けが全くない。
⑭「事件当日は妻を送ったあと母親に米を届けに行っていた」という久間の主張するアリバイについて、妻は捜査段階では日付は曖昧だったのに、公判段階では日付を明確に主張。
⑮久間も、捜査段階では、妻を送った後一回帰宅した後に母親宅に行った、と言っていたので捜査員が久間の証言に基づいて走行してみると犯行時間帯にちょうど現場を通ることが判明。
⑯すると、久間は公判段階では、妻を送った後直接母親宅に行った、とアリバイの主張を変更。
⑰しかも、そのように供述を変更した契機や時期も、捜査段階と公判段階で変更。
⑱弁護士が、久間はこんなことをするはずないということを主張するためか性格分析を依頼するも、鑑定人は久間は犯行を犯す可能性が十分あると認定。

死刑執行[編集]

2008年10月28日、森英介法務大臣(当時)によって久間の死刑執行がなされた。享年70[4]。 なお、馬鹿なマスコミは、他の事件と比較してこの事件は死刑執行が早すぎるといって難癖をつけているが、以下を見るように、この頃は死刑確定後、2年少々で執行するのが普通だったのであり、死刑執行が早すぎるというのはマスコミの捏造である。
陸田真志  08.06.17執行 犯行後12年05月 確定後02年08月 鳩山邦夫
宮崎 勤  08.06.17執行 犯行後19年00月 確定後02年05月 鳩山邦夫
平野 勇  08.09.11執行 犯行後13年08月 確定後02年00月 保岡興治
山本峰照  08.09.11執行 犯行後03年07月 確定後02年05月 保岡興治
萬谷義幸  08.09.11執行 犯行後20年07月 確定後06年09月 保岡興治
高塩正裕  08.10.28執行 犯行後04年07月 確定後01年10月 森英介
久間三千年08.10.28執行 犯行後16年10月 確定後02年01月 森英介
西本正二郎09.01.29執行 犯行後04年04月 確定後02年00月 森英介
佐藤哲也  09.01.29執行 犯行後08年09月 確定後02年05月 森英介
川村幸也  09.01.29執行 犯行後08年09月 確定後02年05月 森英介
牧野 正  09.01.29執行 犯行後18年10月 確定後15年02月 森英介
陳徳 通  09.07.28執行 犯行後10年02月 確定後02年01月 森英介
山地悠紀夫09.07.28執行 犯行後03年08月 確定後02年01月 森英介
前上 博  09.07.28執行 犯行後04年05月 確定後02年00月 森英介

再審請求[編集]

2009年10月、上記のように証言の翻しや虚偽の証言をしていた久間の妻が福岡地方裁判所に再審請求したが、2014年3月31日に再審請求棄却の決定がなされた。

マスコミによる冤罪誘導[編集]

マスコミが目をつけ始めたきっかけ[編集]

2009年6月、足利事件で有罪判決を受けていたS氏がMCT118型検査法による鑑定結果を最新のDNA型鑑定によって否定された。そこで、同じくMCT118型検査法を使っていた本事件もマスコミで採り上げられ、そこではおおむね、国家が無実の人に死刑を執行してしまったのではないかというスタンスで報道された。

しかし、足利事件は以下の特徴があった。

  • DNA型がほぼ唯一の証拠でありその証拠力が最大の争点となった。
  • 当時の123塩基マーカーで計測したMCT118型の鑑定結果を、新しいアレリックラダーマーカーで計測したところ、犯人と服役囚のDNA型が一致しなかった。

それに対して、本事件は以下の特徴があった。

  • 第二審でアレリックラダーマーカーが検討されているほか、新たに開発されたTH01型とPM型の検査法によっても久間が犯人であることと矛盾しない結果が出た。
  • 複数の状況証拠が存在し、血液型とMCT118型の一致は「決定的な積極的間接事実とはなりえない」ことを前提に判決が下されている。

しかし、マスコミはこれらの点を無視している。

また、足利事件は、日本弁護士連合会が支援する再審事件であった[5]が、本事件は日弁連ですら支援していない事件であることからして察するべきである

なぜマスコミは冤罪に誘導するのか[編集]

  • 『無実の人を死刑にしたのか!?』というキャプションなら視聴者を引き付けやすいから。
  • 無罪が確定した事件に対して「これは有罪だ」という方向に誘導する報道の場合、その無罪確定者に対する人権侵害となり、損害賠償沙汰になりかねない。逆に、有罪が確定した事件に対して「これは無罪だ」という方向に誘導する報道は、報道の中立性という点では悪質でも表現の自由・報道の自由がある以上、国からも文句を言われないから。
  • 弁護士の意見に沿って展開すればいいので、番組制作としても楽だから。
  • 単純に、この事件の判決文はたいへん長いためにマスコミが自身で読む能力がないなどの理由で弁護士の意見をそのまま信じてしまったから。

弁護団の理屈[編集]

弁護団は、2012年10月に記者会見を開き、犯人のものとされるDNA型の写真のネガフィルムを鑑定したところ、ネガの周辺が切り取られておりその部分から第三者のDNA型も確認された旨、及び、そのような切り取りがあったので改竄捏造の可能性がある旨を主張した[6]。もちろん、弁護側なのでこういう主張をするのは当然だろうが、その主張をあたかも真実が担保されたかのように流すマスコミの姿勢にはうんざりである。

しかも、ネガの切り取りについては、「写真は書面のサイズの問題で一部を切り取っただけ」[7]にすぎず、弁護団が第三者のDNA型と主張する部分については、どうみてもノイズにしか見えない部分であり、実際に再審請求でもエキストラバンド(余分な帯)という結論を下されている

百歩譲って第三者のDNA型が現場にあったとしても、それは現場にいた虫とかのDNAかもしれず(そもそも、他の生き物のDNAがつく可能性を主張していたのは冤罪派の方である)、そこからさらに百歩譲ってその第三者のDNA型が人間のものであったとしても、久間のDNA型も映っていたことは弁護団も否定していないのであり、結局、久間に共犯者がいたことを新たに裏付けるだけであり、久間が黒であることには変わりないのである

判決文をろくに読んでいない(もしくは意図的に誘導した)ためにツッコミどころ満載のテレビ報道[編集]

テレビ朝日『ザ・スクープ』2009年8月9日放送による偏向報道[編集]

この番組では、MCT118型検査法に対する問題点以外に、目撃者Tの証言内容に関して以下のように疑問を呈した。

  • 心理学者の厳島行雄日本大学教授のかつて行なった実験(何も知らない30人にTと同条件で運転させ2週間後に証言させる)でTのような詳細な証言ができた者がいなかったことから、警察が目撃証言を誘導した可能性に触れた[8]

ツッコミどころTは事件の翌日に女児の遺体が発見されたことをラジオの報道で聞いて、前日見た不審車両について同僚Jと話しており、そしてそのJは公判で証人として呼ばれ、そのときの会話でTが話した不審車両の特徴と、Tが捜査や公判で話した不審車両の内容は合致すると証言しており、この点は第2審判決で明確に触れられている。しかし、番組では全く触れられていない。

さらに、番組では土地勘がなく初めて運転する自動車で何も知らされていない鳥越俊太郎に現場を走ってもらい、何か覚えていないかと最後に聞かれた鳥越は、「車は紺色のワンボックスカーであり、人影は茶系統のベストみたいなものをシャツの上から着ていた」と、なにげに詳しい目撃証言ができた


  • 事件直後、白い不審な車の目撃情報があったことに触れ、これが事件に関係している可能性を示した[8]

ツッコミどころ→事件当日の午後4時半に被害者の一人に似た女児を乗せた白い車を目撃したという情報が報道された事実はある[9]ものの、その後の司法解剖および胃の内容物の鑑定に基づき、2女児の死亡推定時刻は略取誘拐された直後である午前8時半から9時頃までと推定されることが判決で示された[10]が、番組では触れられなかった[8]。また、ほかにも白い車の目撃情報が事件当時あったが、一般的に事件発覚時は情報が錯綜して全く無関係の人が不審人物として登場することは普通であり、だいたい裁判ではそもそも白い車の話は久間も主張していないのであるから、これをいつまでたっても採り上げる意味が分からない。

  • 鳥越俊太郎は、本事件の判決を下した(第一審から最高裁までの)裁判官11人の実名をフリップで掲げて冤罪である説を唱えた[8]

ツッコミどころ→同番組でも、第二審で証拠とされたTH01型・PM型のDNA型検査法は触れられなかった[8]。また、本事件では陰部出血症状の一致や久間車内の尿痕等の証拠があるにも拘わらず、番組では触れられることなく、鳥越は上記のように残りの証拠は繊維片だけである旨の発言をした[8]

ジャーナリスト清水潔を中心とした日本テレビでの2013年偏向報道[編集]

日本テレビは、清水潔境一敬の取材を基に、2013年に「NEWS ZERO」と「news every」と「NNNドキュメント」で特集を立て続けに放送した[11][12][13](NNNドキュメントのディレクターは境一敬、チーフディレクターは清水潔であり、その後出版された清水の著書に同内容の記述がある[14])。これらの番組と清水の著書では以下のような指摘がなされている。

  • 目撃者Tの「車体にはラインが入ってなかった」という供述調書の記載に対し、心理学者厳島行雄日本大学教授による"ラインが入っていないものをわざわざラインが入っていないとは言わない"という旨の主張を紹介した[11][12][13][14]

ツッコミどころそもそも供述調書は、単に供述者が自発的に述べたことをそのまま書き取るものではなく取調べの結果を事後的に整理して編集要約して記載するものであり[15]、いつもは冤罪派はそのような供述調書に難癖をつけるというのに、何たる背理であろうか。当然、この点は番組では触れられなかった[11][12][13]

  • Tは1992年2月20日に車を目撃して3月9日に調書作成となったところ、調書作成前の3月7日に、調書を作成する警察官が久間車の特徴を確認していたことが捜査資料から明らかになったとし、その警察官の前提知識が調書作成に影響を与えた可能性を示した[11][12][13][14]

ツッコミどころ→鳥越の番組と同様、そもそもTの目撃情報は、遺体発見日である2月21日にTから話を聞いた同僚Jの証言によって、正確性が裏付けられているのである。この2月21日の会話に関する事実を無視して、3月7日に警官が久間車の特徴を確認とか、採り上げる部分が根本的にずれている。もちろん、Jの証言は、番組では触れられなかった[11][12][13]

  • 現場で見つかった血痕に関して久間の血液型はB型であるところ、弁護側が依頼し、足利事件の再審請求でもDNA鑑定をした本田克也筑波大学教授による“単独犯ならばAB型しか考えられない(久間はB型)”との見解を字幕も交えて報道した[13](なお、足利事件の再審請求では、本田教授の鑑定と主張は受け入れられておらず、鈴木廣一大阪医科大学教授の鑑定が採用されて再審無罪となったものである[16])。

ツッコミどころ判決では、AB型と鑑定された血痕が単独のものか否かがすでに検証されており、それによると、「血痕からは、4本のバンドが検出されているのであるから、右血痕が2人以上の人間の混合血であることは疑問の余地がない。(中略)AB型単独の血痕ではあり得ない」、とそもそも単独の血痕ではないことが認定されている(被害者のA型と犯人のB型が混合したと示されている)。ここまではっきり判決文に書いてあるにもかかわらず、あたかも法医学者が科警研の鑑定結果と違う鑑定結果を導いたかのように報道するのは、マスコミによる捏造ではないのか

ツッコミどころ満載の出版物[編集]

  • 別冊宝島および清水潔の著書によると、当初16-26型とされた久間のDNA型が16-27型であったという[17][14]

ツッコミどころ→福岡高裁は123塩基ラダーマーカーの16-26型がアレリックラダーマーカーの18-31型に対応しうるとしていたところ、前者の16-27型は後者の18-31型であるため[18]、より正確な方法でもDNA型は矛盾していない。

  • フリージャーナリストの天笠啓祐らの著書によると、久間のDNA型不検出という帝京大学の鑑定結果が裁判所に提出されなかったという[19]

ツッコミどころ→第一審判決では帝京大学の鑑定結果が判決で触れられているため、天笠らの指摘は虚偽である。

  • 清水潔の著書によると、本件のDNA鑑定をした石山昱夫帝京大学教授が、科警研鑑定の結果を批判して「鑑定方法が杜撰で技術が低く、私の教室ならばやり直せと命じたいほどだ」と述べたという[14]。また、天笠啓祐らの著書によると、同教授が、久間が犯人でないとするのが常識であると述べたという[19]

ツッコミどころ→「脱脂綿の表面全体が赤く染まっていたものが、科警研においてこれ以上鑑定できないという程度にまで資料を費消した結果、石山鑑定の段階では、ごく少量の綿をつまみ取ってよったようなものに、かすかに色がついているかどうかという状態」になった事実を知った石山教授が公判で知って驚いた旨が第一審判決で指摘されている(「この違いは、法廷でそれを知った証人石山が驚くほどのものであった」)ところ、上記書籍の指摘は、石山教授がそのような事実を知った後の見解であるか否かを明らかにしていない。

1988年の女児行方不明事件[編集]

本事件以前の事件現場周辺では、1988年12月4日に本件被害者と同一小学校で小学校1年生の女児が、弟の友人(久間の息子)を訪ねて久間宅に遊びに行ったのを最後に行方不明になる事件が発生[20][21]。本件で逮捕後の久間をポリグラフにかけた際に反応の出た山林一帯を捜索した結果、女児のジャンパーとトレーナーが発見された[20]。久間は事件当日に女児と会っていた事は認めたが、行方については知らないとした。その後はさらなる発見がなく1995年2月18日に再捜索は打ち切られ、現在も未解決である。

困ったことに、冤罪派は、そのときに見つかったジャンパーやトレーナーが妙に新しかったので、これは警察による証拠捏造であると主張している。しかし、仮に不自然にそれらの衣服が新しかったとしても、新たに2女児殺害事件が起こって家宅捜索が近いと思った犯人が慌てて所有していたこれらの衣服を捨てたと考えるのが普通であり、そこに何ら不審な点はない。仮に冤罪派の主張を採るとすれば、そもそも事件か事故かすら分かっていない行方不明の事案において、なぜ警察が密かに行方不明女児の衣服を隠し持っている必要があるのか説明できない。

参照元[編集]

  1. 1993年9月29日西部読売夕刊
  2. 日本経済新聞1994年9月24日
  3. 毎日新聞1994年9月24日
  4. K死刑囚ら2人刑執行 ペース定着、年間最多更新 47NEWS 2008年10月28日
  5. http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/books/data/hakusho_tokushu2013_1.pdf
  6. http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121025-OYT1T01330.htm[リンク切れ]
  7. http://mainichi.jp/select/news/20121026k0000m040111000c.html 毎日新聞2012年10月25日[リンク切れ]
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 8.5 テレビ朝日ザ・スクープ」2009年8月9日放送。
  9. 読売新聞1992年2月27日31面
  10. 福岡地方裁判所判決 一 事案の概要
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 11.4 日本テレビ「NEWS ZERO」2013年4月11日放送
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 12.4 日本テレビ「news every」2013年4月13日放送
  13. 13.0 13.1 13.2 13.3 13.4 13.5 日本テレビ「NNNドキュメント」2013年7月28日放送
  14. 14.0 14.1 14.2 14.3 14.4 清水潔「殺人犯はそこにいる」10章
  15. 函館地裁平成9年3月21日判例時報1608号33頁以下。
  16. 東京高等裁判所決定平成21年6月23日/平成20年(く)第94号
  17. 別冊宝島「日本の『未解決事件』100」77ページ(宝島社)。
  18. 報道特集NEXTで映された対照表より。
  19. 19.0 19.1 天笠啓祐・三浦英明「DNA鑑定―科学の名による冤罪」150ページ(緑風出版)。
  20. 20.0 20.1 読売新聞西部1995年1月3日
  21. 朝日新聞1994年11月11日夕刊