久保田直己

提供: Yourpedia
闇のあざらし隊から転送)
移動: 案内検索

久保田 直己(くぼた なおみ)は、日本の活動家にして、対レイシスト行動集団構成員の一人である。元一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会ワーキンググループリーダー。元クオリティソフトビジネス企画本部営業戦略室室長。元F-Secureマーケティングマネージャー。

人物[編集]

レイシストをしばき隊(現・対レイシスト行動集団)のメンバーとして活動していた。在日特権を許さない市民の会を敵視して『レイシスト』と認定してカウンターデモに参加している。

Facebookに投稿されたはすみとしこ氏の『そうだ難民しよう!』と書かれた、偽装難民を揶揄するイラストをみて激怒し、『いいね』ボタンを押した人物433人分の個人情報リスト『はすみしばきリスト』の作成を石野雅之に依頼、作成されたリストをTwitterに投稿して個人情報を公開するという不祥事を起こし、F-Secureの信用を大きく落とした。ネットユーザーの調査により、過去のツイートの発掘によって問題発言が次々と明らかになり、かつて反原発の仲間だった千葉麗子氏と不倫関係にあったこと、そして千葉氏に対して「レイちん、あけおめ、ぱよぱよちーん」という恥ずかしい挨拶のツイートをしていたことが判明した。

この事件を受け、F-Secureは謝罪し、警視庁麹町署は日本スマートフォンセキュリティ協会の相談を受けて捜査に入るが、不祥事を起こした張本人である久保田は依願退職をしている。

余談[編集]

問題の恥ずかしい挨拶はパヨクという侮蔑語の語源となるなど、非常に悪名高いものとなった。久保田にとってこの不名誉は耐え難かったらしく、SNS等で盛んに「パヨクとはパワー左翼のことにしないか」「パヨクとはパーな右翼のことにしよう」等と歴史修正を試みている。

また、己の実名を記述しているネット記事に対して、片端から削除申請や白紙化を行っており、騒動当初に嘯いていた「実名を晒す行為は問題ない。個人情報の管理が甘い馬鹿が全て悪い」という自説を自ら撤回する形となった。

外部リンク[編集]