酒井法子覚醒剤使用事件

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

酒井法子覚醒剤使用事件(さかいのりこかくせいざいしようじけん)は酒井法子が8月8日に覚醒剤使用で逮捕された事件である。

事件の流れ[編集]

8月2日[編集]

  • 夜 酒井法子の夫が渋谷駅ハチ公口側の路上で警官に職務質問を受ける。酒井は夫の携帯電話で呼び出され、知人男性と2人で車で現場にやって来る。しかし、酒井の目の前で夫が覚醒剤所持で現行犯逮捕され、夫の身柄は渋谷警察署へ送られる。酒井は警察に抗議するが警察側は抗議の受け入れを拒否。

8月3日[編集]

  • 酒井は東京駅の近くでATMコーナーを2回に渡って、数十万円を引き下ろし失踪する。

8月4日[編集]

8月5日[編集]

  • 知人宅から、公衆電話から酒井と通話していたことが判明。

8月6日[編集]

  • 19:15分。失踪していたと思われていた息子が夫の知人に預けられていたことが判明し、警察の手によって保護される。

8月7日[編集]

  • 逮捕されていた夫から、警察の質問に対し、「酒井も覚醒剤使用していた」述べる。
  • 酒井の自宅を家宅捜査し、覚醒剤が付着していたストローから酒井のDNAが検出される。→警察が酒井法子が覚醒剤使用で逮捕状を出す。捜索から指名手配へと変わる。
  • 夕方のニュースは酒井の逮捕状を報道する。TBSは16:45分~17:50まで酒井法子の逮捕への「臨時ニュース」を報道する。

8月8日[編集]

  • 19:55分に文京区にある富坂警察署に出頭する。
  • 21:00頃。覚醒剤使用容疑で逮捕される
  • 21:38分。身柄を渋谷警察署へ送られる。
  • 22:48分。サンミュージックの事務所で社長の相沢正久は報道陣の前に姿を見せず、代わりに政策部長の富岡弘が報道陣の前で逮捕された事で謝罪の記者会見をする。

8月9日[編集]

  • 00:08分。江東区湾岸警察署へ移送される。
  • 10:00頃。相沢正久社長が酒井の逮捕による、謝罪の記者会見する。

逮捕によっての反応[編集]

メディアの反応[編集]

  • 夫が逮捕され、8月4日~10日まで、ニュース・スポーツ誌ではトップで報道された。
  • 酒井に逮捕状が出た8月7日の新聞に夕刊では1面に乗せた。逮捕された翌日の9日は新聞各1面に逮捕の記事を載せた。
  • 中国台湾韓国でも人気を誇っていたため、ニュースで取り上げが、取り上げた各国では自殺したと言う間違いの報道した。
  • インターネット掲示板2ちゃんねるでは逮捕のことで掲示板数による新記録が生まれた。
  • 8月8日の夜、逮捕された時に放送されたTBS系列ニュース番組『情報7daysニュースキャスター』で酒井法子を逮捕の瞬間を中心に取り上げたため、平均視聴率30.4%を記録した。

自身に対しての反応[編集]

  • 8月7日に逮捕状で出た同時に出演したコマーシャルの放送中止。また、発売されてたCDも発売中止や主演PR映画「審理」も公開中止。
  • それまで、露出しなかった親族についても暴露され、父親(1989年事故死)と8つ年下の弟は共に指定暴力団山口組組員だと暴露される。それまで酒井自身はマスコミからは一人っ子であるとごまかしていた。また、弟も2009年7月に覚醒剤使用容疑で逮捕されていたことを報道された。

著名人の反応[編集]

関連項目[編集]

水戸黄門の恋。同じ理由で逮捕された。こちらは事務所解雇された。ご懐妊したようだが下妻のヤンキーのせいで取り上げられなかった