角田晃広

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
角田晃広
本名角田晃広
ニックネーム角ちゃん
生没年月日1973年12月13日(2020-1973)+((11-12)*100+(30-13)>=0)-1歳) - 
出身地日本の旗 日本東京都文京区
血液型A型
身長172cm
方言共通語
最終学歴
師匠
出身
グループ名プラスドライバー(1996年 - 2002年)
東京03(2003年 - )
相方豊本明長
飯塚悟志
芸風コント
立ち位置
事務所あ・うん→プロダクション人力舎
活動時期1996年3月 -
同期品川庄司バカリズム
現在の代表番組
過去の代表番組
作品
他の活動歌手
配偶者独身(離婚歴あり)
親族
弟子
公式サイト
受賞歴
2006年 お笑いホープ大賞大賞
2009年 キングオブコント優勝
テンプレートを表示
角田晃広
[[Image:|0px|]]
基本情報
出生名 角田晃広
別名
出生日・地 1973年12月13日(2020-1973)+((11-12)*100+(30-13)>=0)-1歳) 日本の旗 日本東京都文京区
血液型 A型
学歴 スクールJCA第2期
出身地
死没日・地
ジャンル フォークソング
職業 お笑い芸人(東京03
担当楽器
活動期間 2009年 -
レーベル MILESTONE CROWDS
事務所 プロダクション人力舎
共同作業者 大竹マネージャー(大竹涼太)(伴奏担当)
ビジトジ
ゴッドタンテレビ東京
影響 長渕剛
ブルース・スプリングスティーン
ボブ・ディラン
公式サイト 角田晃広(東京03)+大竹マネージャー
メンバー
旧メンバー
著名使用楽器
テンプレート

角田 晃広(かくた あきひろ、1973年昭和48年)12月13日 - )は、日本お笑いトリオ東京03のメンバーでボケ担当、シンガーソングライターナレーター東海大学文学部卒(アジア専攻西アジア課程)。 東京都文京区出身。プロダクション人力舎所属。身長172cm、体重63kg。

略歴[編集]

特徴[編集]

  • プロ級のギターテクニックと歌唱力を誇る。作詞作曲もこなし自作曲も多数[1]。ピンで出演するときはギター片手に出演しその腕前を披露することが多い。ネタ中でも、度々披露する。ブルースハープも演奏できる。
  • バツイチである。前妻からは一方的に別れを告げられた形のため、本人曰く、未練タラタラ。離婚から2年経っても、はっきりとした口調で「まだ好きだ」と言っていることを、飯塚の口から暴露された。前妻が、当時2人で住んでいた部屋を出ていったのは、第3回単独ライブ「祝」の初日の朝だったという。しかし前妻はすでに再婚している。[2]
  • 自分の頭髪について、やたらと気にしている。そのため、酸性雨を浴びることを嫌い、家には育毛剤がたくさんある。[3]
  • でべそ。「普通にしていると柔らかいけど、力を入れるとへそが硬くなる」という特技があるが、まず柔らかい状態のへそから気持ち悪がられて触ってもらえないため、だいたいの女性に披露することが出来ない。番組で透けたシャツを着用したときは、共演した女優に「本物ですか?」と聞かれた。[4]
  • 運が無い。「いい店を見つけたから行こう」と声をかけ行ってみるとだいたい定休日だったり、コンビニのレシートくじが応募券(はずれ)ばかりだったりといった、ついてないエピソードが多々ある。懸賞についてもまったく当たったことがないため、「発送をもって発表とかえさせて頂きます」と言いながら、実際には誰にも発送していないのだと思っていたという。 また、運が無いという話の流れで「最近ツイてたことは?」と聞かれた際には、「カバンに入れておいた鍵を失くしたと思ったら、ちゃんとカバンの中に入ってたこと」と答えた。[5]

エピソード[編集]

  • 前妻から別れを告げられた理由は、「先が見えない」[6]
  • 登龍門』の「運バツ」コーナーで「父親と一緒にAVを見る」という罰ゲームを受けた。父親にAVを渡して「これを一緒に見ようと思って」と言ったら、ビデオを手に取った瞬間、メガネの上からもう一つメガネをかけパッケージを確認。その時の父親の第一声が「これ無修正?」だったという。その後、急いでテレビの音量を下げて、カーテンを閉めてと、父親のエロさを語った。[7]
  • 2009年2月、『爆笑オンエアバトル』で出番が一緒だったパンクブーブーの黒瀬純と収録後にクラブに飲みに行き、お笑い好きだったDJに「芸能人」として紹介されるが、当時は両者ともに世間的な知名度は決して高くなかったために店内が静まり返ったという(黒瀬のブログより)。ちなみに角田がキングオブコント王者になったのはその約半年後であり、黒瀬も約一年後にM-1王者となっている。
  • キャバクラが好き。「キャバクラでもなんでも働いてなんとかやってくわよ」とキャバ嬢を甘く見る娘にキャバ嬢の大変さを教えるというネタでは、あまりにもキャバクラが好きすぎて原稿用紙数十枚分ものセリフを考えたが、飯塚に大幅カットされた。[8]
  • 長渕剛の大ファンで、「社会に物申すみたいな歌手」に憧れて作詞を試みたが、「社会に何の不満もない」ということに気が付き、断念した。[9]
  • 彼女に「ポンチョ」と呼ばれており、角田も彼女のことを「ポンチョ」と呼んでいる。このエピソードは、単独ライブで披露した「だけのノリ」というネタのモチーフになっている。ネタの内容があまりにも現実にあったエピソードに忠実なため、本人たちは「再現VTR」だと語っている[10]
  • ミスタードーナツでバイトをしていたことがある[11]オールドファッションを作るのが上手だったため、スタッフから“オールドファッションの角田”と 呼ばれていた。しかし、知らない人が聞くと“単なるダサイ人”だと思われるのが、たまにキズ。“フレンチクルーラーの山田”“オールマイティのカリヤ”という同僚がいた。要出典
  • ネタで使うリモコンをよく持ち忘れるため、飯塚に「忘れないようにメモしときなよ」と言われたが、「リモコン」ではなく「リコモン」と書いてしまい、「なにひとつちゃんと出来ねえな」と突っ込まれた[12]。 その他にも、「海老の背わた」を「せびのえわた」、「蒔いた種」を「たいたまね」、「カメルーン」を「カルメーン」など、文字を入れ替えてしまう言い間違いを頻繁に起こしており、「角ちゃんシャッフル」と呼ばれている[13]
  • シチュエーションコメディ番組でのキャラクターのせいで、共演の早見あかりから、収録以外でも冷たくされている。早見あかりから東京03のライブに花が届いた時には、「飯塚悟志 豊本明長」宛になっており、角田の名前はなかった。 また、その流れでももいろクローバーZのメンバーからも冷たくされている[14]
  • 名前の読みは「かくた」であるが、「かどた」「つのだ」「すみた」などと間違えられることがよくある。ひどい時には「かどくらさん」と呼ばれることもあるという。 相方である飯塚の母親にも「かどちゃん」と呼ばれている。[15]

出演[編集]

(角田のみ)

テレビ番組[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ゴッドタンマジ歌選手権や東京03単独ライブのオープニング・幕間映像・エンディング等で披露しており、DVDも発売されている。
  2. 東京0310周年DVD-BOX
  3. 第9回東京03単独ライブ「いらいら。」DVD副音声
  4. ウレロ☆未完成少女DVD-BOX
  5. 東京03第7回単独ライブ「スモール」DVD副音声
  6. 東京0310周年DVD-BOX
  7. 東京03第5回単独ライブ 「傘買って雨上がる」DVD副音声
  8. 東京03第12回単独公演「燥ぐ、驕る、暴く。」DVD副音声
  9. 東京0310周年DVD-BOX
  10. 第12回東京03単独ライブ「燥ぐ、驕る、暴く。」DVD副音声
  11. 東京03第5回単独ライブ「傘買って雨上がる」DVD副音声
  12. 東京03第12回単独公演「燥ぐ、驕る、暴く。」DVD副音声
  13. 東京03第14回単独公演「後手中の後手」DVD副音声
  14. () 東京03角田オフィシャルブログ「東京03角田のブログ語り」2012-10-13 22:23:56 [ arch. ] 2013-05-11
  15. 東京03第5回単独ライブ「傘買って雨上がる」DVD副音声

外部リンク[編集]