藤田雄山

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
藤田雄山
ふじた ゆうざん
[[画像:|0200px|藤田雄山]]
生年月日 1949年4月19日(2021-1949)+((01-4)*100+(20-19)>=0)-1歳)
出生地 広島県広島市
没年月日
死没地
出身校 慶應義塾大学商学部
前職
現職
所属政党 無所属(1993 - )
自由民主党(1989 - 1993)
所属委員会
議員会館
選挙区
広島県選挙区
当選回数 4回
1回
元首
称号・勲章
世襲の有無
親族
配偶者
サイン [[画像:|128px|サイン]]
公式サイト ようこそ知事室へ
日本の旗 日本 前広島県知事
内閣
就任期間 1993年
 - 
日本の旗 日本 参議院議員
内閣
就任期間 1989年
 - 1993年 広島県知事選挙出馬のため
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
{{|textstyle=display:none}}
内閣
就任期間
 - 
その他の職歴
テンプレート

藤田 雄山(ふじた ゆうざん、1949年4月19日 - )は、前広島県知事。元参議院議員広島県広島市翠町(現南区翠町)出身。

修道高等学校から成蹊高等学校に転入し、慶應義塾大学商学部卒業。参議院議長を務めた藤田正明の長男。母方の祖父は第2代(公選)広島県知事、大原博夫。大伯父は藤田組(現・フジタ)創業者、藤田一郎。妻と一男二女の5人家族。知事4期目。(2005年)

略歴[編集]

  • 1972年4月:三井物産入社。(~1982年)
  • 1982年9月:参議院議員(父・正明)秘書に。
  • 1989年7月:参議院選挙に立候補。初当選。
  • 1993年11月:広島県知事選挙に立候補。初当選。(当時、44才、最年少の知事)
  • 1995年:ベストドレッサー賞(政治・経済部門)受賞。
  • 1997年11月9日:知事選で再選。
  • 2001年11月4日:知事選で再選。(無所属、自・民・公・由・保推薦)
  • 2005年11月6日:知事選で再選。(無所属、自・公・国民新党推薦)
  • 同12月9日:部下が政治資金規正法違反容疑で逮捕される。
  • 2006年12月18日:県議会、知事辞職勧告決議を可決
  • 2007年3月18日:県議会から2度目の辞職勧告決議

その他[編集]

  • 身長は186cmで、全国の知事の中で最も高い。
  • 戦後、広島県で4選された初めての知事である。
  • 2001年6月に藤田雄山広島県知事は自民党議員会の役員14人と料亭で、知事交際費から支出した費用48万円で会食した件で、広島地方裁判所は判決で「会合は合理的な必要性が認められない」として、全額返還を命じで敗訴が確定し藤田雄山広島県知事は費用全額を返還となった。
  • 2007年4月に行われた広島県議会選挙で藤田陣営から金銭を送られたと実名で報道(中国新聞)された、県議会議員の多数が落選したため、広島県政史上自民党系議員の数が最小になった。
  • 朝日新聞が実施した「全国知事支持率世論調査」(2007年7月21日朝刊)によれば、調査対象になった46都道府県(県知事選挙中の群馬県を除く)のなかで、最低支持率(17パーセント)と最悪不支持率(56パーセント)を記録し、広島県民からの信頼が事実上喪失していると報道された。
  • 2007年10月広島市で10代後半の女性が、アメリカ海兵隊岩国基地所属(山口県岩国市)の4人の米兵に集団暴行された事件を受け、同月20日に行なわれた「日本女性会議2007ひろしま」での挨拶で、「朝の3時ごろまで、盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思うんでありますけれども、米兵による暴行事件が起きました。誠に遺憾であり、強く抗議したい」と発言した。

兼職役職一覧[編集]

  • (社)日本住宅協会理事
  • (財)広島県水泳連盟会長

外部リンク[編集]