藤あや子

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

藤 あや子(ふじ あやこ、1961年5月10日-)は日本女性演歌歌手である。所属事務所バーニングプロダクション秋田県仙北郡角館町(現・仙北市)出身。

来歴[編集]

1987年6月21日CBSソニーから「村勢真奈美」の芸名でテビュー、曲は「ふたり川」作詞:石本美由起、作曲:船村徹

1989年9月21日、「藤あや子」としてデビュー、曲は「おんな」作詞:荒川利夫作曲:叶弦大。艶やかな着物美人として知られており、着物メーカーのキャラターをつとめることも多い。また作詞・作曲を行うとき「小野彩(このさい)」というペンネームを使っており、最近では自身の作詞作曲の作品も多い。

1992年「こころ酒」から1994年女泣川おなきがわ」まで3作連続オリコンシングルチャートTOP10入りした。(女性演歌歌手として平成初の記録。現在は水森かおりが5作連続TOP10入りを継続中)

1991年、所属レコード会社・SMEの担当ディレクターが藤の自宅で自殺。

1992年、「こころ酒」で日本有線大賞を受賞。

1994年、「花のワルツ」で日本有線大賞を2度目の受賞。

さんまのまんま」にて二十歳で娘を出産をし、離婚後にデビューをしたと語っている(1981年に結婚。出産の後、翌年に離婚。なお、別れた夫も離婚後に自殺している)。本人は別に隠していた訳ではないが、妖艶な雰囲気から子持ちに見られないので知らない人も多い。

2007年9月21日放送の「ライオンのごきげんよう」にて、娘が同年の1月15日に入籍した事を話した。またその際、その婚姻届の証人欄に王貞治氏と野田秀樹氏の両氏に署名してもらうに至る経緯を披露した。

見た目からは想像しにくいが、かなりのロック好きで、ボン・ジョヴィエアロスミスの日本公演では度々藤あや子の目撃情報が音楽雑誌等に寄せられることもあり、音楽評論家で元BURRN!誌編集長の酒井康との対談で「自分の葬式には是非スティーヴン・タイラーに『アヴェ・マリア』を歌ってほしい!」と発言したこともある。

2007年、第58回NHK紅白歌合戦に落選。1992年・第43回の紅白に「こころ酒」で初出場して以来の連続出場記録が、15回で途絶えた。

主なヒット曲[編集]

  • 1989年「おんな」オリコン88位
  • 1991年「雨夜酒」オリコン57位
  • 1992年「こころ酒」オリコン6位
  • 1993年「むらさき雨情」オリコン8位
  • 1994年
    • 女泣川おなきがわ」オリコン10位
    • 「花のワルツ」オリコン19位
  • 1995年「み・れ・ん」オリコン18位
  • 1996年「紅」オリコン25位
  • 1997年「うたかたの恋」オリコン29位

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

1992年に初出場以来、15年連続15回出場。しかし2007年は初めての紅白落選となった。

年度/放送回曲目出演順対戦相手
1992年(平成4年)/第43回こころ酒11/28嘉門達夫
1993年(平成5年)/第44回2むらさき雨情22/26さだまさし
1994年(平成6年)/第45回3花のワルツ17/25沢田研二
1995年(平成7年)/第46回4み・れ・ん13/25谷村新司(1)
1996年(平成8年)/第47回522/25谷村新司(2)
1997年(平成9年)/第48回6うたかたの恋19/25吉幾三
1998年(平成10年)/第49回7雪深深22/25森進一
1999年(平成11年)/第50回8女のまごころ13/27前川清[1]
2000年(平成12年)/第51回9ふたり花08/28山本譲二(1)
2001年(平成13年)/第52回10ふたりの絆05/27山本譲二(2)
2002年(平成14年)/第53回11流氷恋唄05/27堀内孝雄
2003年(平成15年)/第54回12曼珠沙華22/30平井堅
2004年(平成16年)/第55回13雪荒野19/28(※)[2]
2005年(平成17年)/第56回14むらさき雨情(2回目)08/29森山直太朗
2006年(平成18年)/第57回15雪深深(2回目)06/27細川たかし

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

※1

バラエティー番組[編集]

  • 橋幸夫ライブ(BS朝日)

森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ) - ※テレフォンショッキングゲスト

クリームシチュースポーツ伝説2014。(2014年11月10日。日本テレビ) PON。(2016年3月2日。日本テレビ。)

ラジオ番組[編集]

1995年4月16日~1996年3月31日まで文化放送で毎週日曜日深夜0時~0時30分→1995年10月15日からは毎週日曜日夜10時~10時30分に放送していた「歌謡&スポーツ95'→96'」の週替わりパーソナリティとして登場していた。その後番組タイトルが「艶歌繚乱歌くらべ」と改題されて1996年4月7日~9月末まで日曜日朝9時~9時30分に放送され、さらにその後1998年4月より2004年3月まで文化放送で「藤あや子 うたかたの恋」→「藤あや子 でも・今も好き」というラジオ番組を毎週日曜日朝8時30分~8時55分→朝9時~9時25分→朝8時~8時30分と放送していた。(アシスタントは全て文化放送のアナウンサー竹内靖夫だった)

CM[編集]

  • 資生堂」 (tiara(ティアラ)。「オトナになったらね。」のフレーズは有名。普段の演歌歌手としての純和風の雰囲気とは全く違う、洋風のファッションモデルのような演出バージョンが作られ、新境地を開き、話題になった)

脚注[編集]

  1. 第1部トリ
  2. 2004年の紅白では4曲が1つのコーナーとして集約され、藤あや子→長山洋子→鳥羽一郎→細川たかしの順で登場した為、対戦相手の欄は空欄とする。

外部リンク[編集]