笠原真也

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
2人を殺害した笠原 真也

笠原 真也(かさはら しんや)とは、干されていた女子中学生の下着を見て欲情し強姦目的でその家に侵入したが、女子中学生の祖父母に見つかったため両者を殺害した、岐阜県関市の無職である。

事件概要[編集]

2014年11月11日正午頃、岐阜県関市津保川台の井上大三さん(81)方で、井上さんと妻の美智子さん(73)が血を流して倒れているのを、孫娘が発見し、近所の住民を通じて110番した。

2人は病院に運ばれたが、首などを複数か所刺されており間もなく死亡した。

県警関署は、現場付近で刃物を持っていた同市山田、無職・笠原真也(20)が犯行を認めたことから、殺人未遂で緊急逮捕した。

調べに対し、笠原は「洗濯物を見て若い女の子がいると思い、いたずらしようと思って侵入したが見つかり刺した」と容疑を認めている。県警は、殺人容疑に切り替えて詳しい動機などを調べる。

井上さん方は息子夫婦と孫娘3人の7人暮らし。当時、自宅にいた中学生の孫娘と笠原に面識はないという。現場は東海北陸自動車道関インターチェンジから西に約2キロの住宅街。

高齢夫婦殺害で無職男を起訴。少女に強姦目的で侵入(2015年3月)[編集]

岐阜県関市津保川台の民家で2014年11月、高齢夫婦が殺害された事件で、岐阜地検2015年3月6日、殺人と住居侵入などの罪で、同市の無職、笠原 真也(21)を起訴した。同地検は2014年11月末から約3カ月間、岐阜簡裁鑑定留置を請求し同容疑者の責任能力を調べており、矢野隆史次席検事は「責任能力が問えると判断した」と話した。

起訴状によると、笠原は2014年11月11日午前11時55分ごろ、女子中学生強姦しようと民家に侵入し、準備してきた刃渡り約18センチの牛刀で、井上 大三さん=当時81歳=と妻の美智子さん=同73歳=の首などを何度も刺して失血死させたとされる。