社畜

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

社畜(しゃちく)とは、会社の奴隷のこと。


概説[編集]

主に日本で、企業に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、会社人間、企業戦士などよりも、批判が強く込められている言葉である。

言葉の考案者は小説家の安土敏(本名・荒井伸也)で、広めたのは評論家の佐高信と言われる。また、佐高は社宅(会社の保有する従業員用住宅)を「家畜小屋」と呼び、その存在を批判している(佐高によれば京セラには社員専用の“社”(物故社員慰霊碑ではない)まであるという)。


特徴[編集]

社畜には以下のような特徴がある。

  • 能力が低い。
  • 給与が低い。
  • 労働時間が長い。中身は薄い。
    • 本人はこれを誇りにしている。
  • 残業代などは出ていないことが多い。
  • 働いていない者を見下している。


社畜を飼育している企業[編集]

関連項目[編集]