磯野波平

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

磯野波平(いその なみへい、1964年9月14日 - )は、磯野家の大黒柱である。身長175cm、体重73kg。血液型はA型。職業はサラリーマン(事務職)で、会社は銀座晴海通り沿いにある。妻は[[磯野舟] 声優は初回から2014年2月9日まで永井一郎 16日から茶風林

人物[編集]

  • 磯野家の大黒柱で、3姉弟の父。初期の役職は「局長」であったがいつの間にか降格しており(転勤した際に変わったと思われる)後期には平社員となっていた。アニメでは家族の家長として威厳があるが、原作においては威厳がなく、家族を叱るシーンもあまり多くなく、登場回数も必ずしも多くない。しかし登場した時は、話の「オチ」を担当している。性格はかなり抜けていて、お茶目なところがある。そのため、どちらかと言えば子供に威厳を示そうとしてその情けないキャラゆえにカツオに逆に手玉にとられることも多い。表情が非常に豊かである。よく一緒に外出するなど、カツオワカメタラオを大変かわいがっている。子供の頃から今に至るまで算数が苦手である。頑固な一面も多少はあり、ケンカした際に自分から謝ることはほとんどない。
  • 初期は頭頂部の髪が書かれていない回もあった。また、一度だけ髭を剃り鬘を購入したが家族の猛反対にあっている。
  • 「TTK(都下禿頭会=とかとくとうかい)」理事、「高血圧友の会」、「失われつつある礼儀を守る会」、「ノンビリいこう会」所属。嫌いなものは税務署。連載初期は名前がなくドラマ版制作の際に「波平」と名付けられた。育毛剤を愛用している。陸軍に入隊経験があり。原作の初期の頃はサザエに「パパ」とよばれることがあった。泳ぎが得意らしく、人命救助を何度もしている(1回は新聞にも載った)。正月に吉田茂から間違い電話が来たことがある。方向音痴で警官に道を聞いても元の場所に戻ってしまうほどだった。
  • 若いころは男前だったため、モテた。
  • かなりの天然ボケであったが、治ったらしい。

YouTubeで声がムスカになっている動画ある

趣味[編集]

  • 晩酌、囲碁、盆栽、釣り、俳句、書、ゴルフ、骨董品の収集、長唄、料理、日曜大工があげられる。

関連項目[編集]

大原部長、 こち亀の登場人物 こちらも良くばかもんと言っている 各ワイドショー 永井一郎死去の話題で 波平のシーンが放送された 多局も放送された しゅういち以外の ワイドショーで放送された 金田一一 佐木 金田一の登場人物 2014年7月15日に対決した 徹子で出演シーンやった為 永沢君 ちびまるこの登場人物 声が同じ 無限。YouTubeの動画で対決している。サガットになっている