石打ち

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ファイル:Marx Reichlich 001.jpg
石打ちを受ける僧侶

石打ち(いしうち)とは、古代から伝わる処刑方法の一つである。石撃ちと表記することもある。死罪に値する罪人に対して大勢の者が石を投げつけるというもので、古代においては一般的な処刑方法であったが、残酷であるとして、現在ではほとんど行われなくなった。しかし、イランやアフリカなどのイスラム教国では、いまだにこの処刑方法を採用している地域も存在し、人権擁護団体などによる抗議の対象ともなっている。

なお、中世の日本で行われた石子詰めは、穴を掘って刑人を埋め、その上から小石を詰んで生き埋めにする処刑法であり、石打ちとは異なる。


古代の石打ち[編集]

聖書に見られる例[編集]

石打ちに値する大罪としてレビ記 20章に挙げられているのは、おおむね以下の通りである。

  • モレクに自分の子供を捧げる者
  • 霊媒や予言を行う者、また、彼らに相談する者
  • 自分の父母の上に災いを呼び求める者
  • 姦淫、同性愛、獣姦など、倒錯した性行為を行う者

他にも、安息日を守らなかった者や、偽証を行った者など、およそモーセの十戒に挙げられている命令を無視した場合には死罪が適用されたようである(民数記 15:32-36, 申命記 19:15-21)。

新約聖書の記述においては、ステファノが石打ちによって死亡した唯一の例である。パウロも石打ちに遭ったものの、なんとか生き延びている。他に、イエス・キリストも石打ちにされそうになったことを、ヨハネによる福音書のみが伝えている。

外部リンク[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・石打ちを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。