峰不二子

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
みね ふじこ
峰 不二子
峰 不二子
プロフィール
別名
愛称
生没年月日 月日
 -  月 日(-歳)
出身地
血液型
民族
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ()
身長 / 体重 167cm/ 50kg
スリーサイズ 99.9 - 55.5 - 88.8 cm
ブラのサイズ
股下 cm
靴のサイズ cm
備考
活動
デビュー
ジャンル
モデル内容
備考
他の活動
その他の記録
アニメルパン三世』シリーズに登場する架空の人物。
外部リンク
データベース FMDIMDb
モデル テンプレート カテゴリ

峰 不二子(みね ふじこ)は、モンキー・パンチ漫画作品及びそれを原作とするアニメルパン三世』シリーズに登場する架空の人物。キャストについては後述


注意以降に核心部分が記述されています。

プロフィール[編集]

公式サイトより。ただし原作・アニメでは身長・体重の設定はされていない。スリーサイズがゾロ目なのは、原作者であるモンキー・パンチ曰く、「覚えやすいから」だそうである。

人物[編集]

原作[編集]

ルパン三世一味の紅一点。ある時はルパンの敵であり、味方であり、時には恋人である(敵として登場することが多い)。原作では一貫した人物設定はなく、話により異なった謎の人物として登場する。例えば11話では古い知人、19話では部下の一人、20話では婦人秘密捜査官、30話では探偵社の社長、64話ではルパンの入学した東西京北大学の先輩(銭形警部も同大学に在籍)、66話では同じ大学の同じ学部の同級生、69話では敵対組織ネズミ一族の一人、75話では不私刑(フリンチ)の部下、という具合で、知り合い・仲間ということもあれば初対面の赤の他人ということもある。ちなみに第11話では医者の父親を、第24話では科学者の兄をルパンによって殺されている。初回登場は原作第3話『死んでゆくブルース』であり、ルパンと共謀して罪を犯す。『ルパン三世・新冒険』よりルパンの仲間として人物が固定される。

固定後の不二子は、むしろルパンに冷遇されることが多い。男爵との勝負では次元五ェ門の救出を優先して不二子を男爵に譲ったり、不二子をクビにして別の従順な女性をメンバーにしようとしたこともあった(この時は、次元も五ェ門も不二子の擁護に回った)。「ボディ・スチール」では、アニメでは最終的に老人の脳と交換されるのは銭形だったが、原作では不二子である。ルパンの「お前と組むのはベッドの中だけと決めてるんだ」というセリフが全てを物語っているといえよう。逆に次元や五ェ門らから疎まれることはほとんどなく、「キャ!!デラックス」で五ェ門に小悪魔と評された以外は悪く言われたことはまったくない。

名前の由来は、アルセーヌ・ルパンが登場する江戸川乱歩の『黄金仮面』の登場人物という説がファンの間で唱えられることもあるが、作者モンキー・パンチは名前を考えていた時、目の前にあった富士山のポスターと、自分の吸っていたたばこの「」を合わせたと、『トゥナイト2』のインタビューで語っている(『トリビアの泉』では「富士山の峰」が由来と紹介)。

オートバイにツナギで疾走するイメージから、モデルは映画『あの胸にもういちど』のマリアンヌ・フェイスフルローリング・ストーンズミック・ジャガーの元恋人)とも言われるが、実際には、同映画は峰不二子登場の一年後(1968年)の作品であり、原作者からも完全否定されている。他方、アニメ製作会社サイドは「もしかすると(アニメ作画の時点で)映画のイメージを参考にしたことはあったかもしれない」と不完全に否定している。

実際に不二子のイメージ・モデルとなった人物は、小説「三銃士」に出てくるミレディーである。しかしこれは原作者自身も、後から気づいたそうである。とあるDVDの特典映像のインタビューではいろんな雑誌のモデルの女性を描いているうちに不二子が思い浮かんだと答えていた。 原作では偽物がルパン三世に襲いかかって来るシーンがある。筆者がいつも行っている床屋にコミックスがある。ただしモンキーパンチはイラスト書いていない

アニメ版[編集]

サービスシーン

外見は誰もが見惚れるグラマーな美女だが、性格は外見に反比例して最悪で金や宝石の執着心等物欲においては間違いなくNo.1でルパン一味で一番信頼の薄い疫病神といえる悪女。経歴などにおいて不可解な部分が多いため、つかみ所の無い人物に見えるが、実際の行動原理は「金」という単純そのものである。奪った宝や大金を独り占めにする事しか考えておらず、美術品や骨董品を欲する事もあるが、それらは全て闇ルートで現金に換金するためであり、ルパンのように美術品そのものへの興味心は全く無い。その強欲と拝金主義ぶりにおいては、間違いなくルパン一味No.1である。不二子曰く「私現金以外は信用していないんですの」とのことで、取引の際相手が小切手銀行振込等の手段を提示してきた場合でも基本的には現金取引を要求する(『ルパン三世VS名探偵コナン』)。宝石や現金以上のものでは、不老不死を求めており、それらに関する話では、次元や五ェ門からも不気味がられる程の執念を見せている。

普段は冷静だが、金や宝石への執着は凄まじく、自分の狙っていた宝を誰かに横取りされると一気に理性を失ってヒステリーを起こすなど、見境無く怒りをぶちまける。また、常識の枠を大きくはみ出している程の贅沢好きであることに加えて浪費癖もあるため、大金を手に入れてもすぐに底を突き、クリスマスイブの日に、一日で100万ドル以上も使った事がある(TV第2シリーズ第64話『クリスマスは女神の手に』)。その上に意外に騙されやすく、明らかに詐欺まがいな企画に乗っては、何度も大金をドブに捨てるような行為をしている。

ルパンの敵、味方、恋人を自認するだけあり、ルパンを騙す、利用する、裏切るは日常茶飯事的に平然と行う。その上、ルパンが自分に甘い事を見抜いているため、時には残酷といえるぐらい非情な仕打ちをする事さえもある。ルパンは不二子との約束を守っているが、不二子の方がルパンと約束を守ることは殆ど無い。不二子曰くルパンとの関係は「時には味方、時には敵、恋人だったこともある」(『カリオストロの城』)。特に酷い時には、多額の金や宝石目当て、更には自己保身のために、ルパンたちを一流の殺し屋と戦わせる事もあり、ルパンたちの行ってきた殆どの殺人(不要の殺人ではない)の元凶にもなっている。また、ルパンに催眠術をかけて富豪の狂言誘拐の実行犯にさせたり、結婚を仄めかした上で裏切り、金塊を強奪しようと企んだこともあった。不二子はルパンに裏切り行為をいつも許してもらっているが、『ルパン一世の秘宝を探せ!』では偽善者のホームズ一世と共謀しルパン一世の墓荒らしを行うという、ルパン一族そのものへの冒涜行為をした為、さすがに許してはもらえず、ルパンと対峙していた米・英・ソ連の殺し屋により手錠を自分の腕と木の枝にかけられ、吊られた(ホームズ三世とともに)状態で無人島に置いてけぼりにするという生死にかかわるお仕置をされた事がある。

ルパン同様、一応泥棒であるが、時々政府機関や各国政財界の大物から特別な依頼を受けたり(『ルパン三世 PartIII』第20話 他)重機銃を軽々と扱う、高度な機械技術、一般女性を遥かに上回る身体能力、更には色仕掛けのみでなく巧みな話術で相手を翻弄する戦術知識を備えている。『ルパン三世 PartIII』第27話ではKGBの局長クラスと面識を持つことを証明し、最終話ではKGBやCIAといった数多くの世界的スパイ組織との繋がりや顔を通じ合わせている。『ルパン三世VS名探偵コナン』では、ヴェスパニア王国(架空の国家)王女のミラに「1日でいいから自由を味わわせてやりたい」というキース伯爵の依頼を受け、日本の女子高生に変装したミラの保護者代わりを務めたりもした。

また、泥棒に転業したのは、当時一人で泥棒稼業をやっていたルパンの事件を目撃した影響という説もある。TV第1シリーズ第9話『殺し屋はブルースを歌う』ではルパンたちに出会う3年前まではプーンと共に殺し屋をやっていた過去が明らかにされている。

アニメでは、様々な悪漢や殺し屋と共謀してルパンを裏切ることが多いが、その裏切り癖が裏世界でも有名なため、成功した例は殆どと言って無い。結局それが仇となって身を滅ぼすことになり、最終的には自分に甘いルパンの元へ泣きついて戻ってくるといったパターンが多く、次元と五ェ門からはあまり信用されてはいない(次元曰く「不二子が絡むとろくな事にならない。」)。ただ、最近ではさすがに懲りたのか、ルパンも不二子を完全には信用しなくなり、「万が一、不二子が自分たちを騙したり裏切った時の保険」とも言える手段を幾つか用意してあるため、逆に不二子の方がルパンたちに出し抜かれる事も多くなった。また、ルパンが何が何でも手に入れたいと思っている宝がある場合、不二子の裏切り癖を知っているルパンが彼女に協力を申し出る事は、まずない。また不二子は1989年以降のテレビスペシャルは不二子の裏切り癖があまり見られなくなり、非道な仕打ちも『ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト』のみであり、この話もルパン一味が結成される前の話である。近年の不二子は悪女というよりルパン一味として描かれている。

ちなみに、頓挫した映画の企画書には、峰不二子がルパンのコトを「てんで坊や」、「ネンネェなのよ」と評しており、「ワタシのコト好きだなんてオカシイわ」などと述べていることから、ルパンより年上との設定だったことを窺わせる。

彼女にとってルパンは、金ヅルとしての印象しかなく、恋人の立場も、自分にとって都合の良い時にしか利用しない。ただし、ルパン三世 (TV第1シリーズ)第13話では、魔毛狂介が作ったタイムマシンでその存在が消されそうになったルパンが、ルパンの名前を残そうと不二子に求婚、それを受けて教会で結婚式をあげようとするが、その事を察知した魔毛狂介に邪魔されるものの、最後はタイムマシンを破壊する事に成功したが、これら一連の出来事を知らない不二子が、嫌がるルパンに結婚を迫った事があり、唯一「不二子がルパンを追いかける」エピソードとなっている。さらに、TV第1シリーズ第4話『脱獄のチャンスは一度』での不二子は、収監されたルパンを再三再四にわたって脱獄させようと試みる。が、「自分で脱獄するはず」と最後まで信じる次元に再三妨害され、ついに処刑の日を迎えたとき、不二子は手許に残されたワルサーを涙ながらに海へ投げるという、違和感を覚えるほどパセティックな姿を見せた。意外とも思えるが、不二子の心の底には、ルパンへの信頼、愛情があるのだと感じさせるエピソードではある。また、TV第2シリーズ第19話『十年金庫は破れるか』では、ルパンが物語の冒頭で登場した金持ち婦人を寝取り、婦人がルパンに熱を上げたことを聞かされてルパンを突き飛ばし、「絶交よ!」と本気で怒っている。TV第2シリーズ第51話『私が愛したルパン(後篇)』では、Dr.ゼルの研究所に捕えられ、コーネリアから、ルパンは助けに来ると思うかどうか尋ねられた際、「私はルパンの恋人」と明言し、コーネリアを困惑させている。彼女も女であるためか、TV第2シリーズ第85話『ICPO(秘)指令』では、愛する2人の男女を見て、助けて欲しいと懇願している(実際は、銭形と捜査局長ジャスミンの狂言)。

『カリオストロの城』では過去にルパンをふったと言い、ルパンもヒロイン・クラリスに比べて不二子には気の置けないそっけないとも取れる対応をしていた。

アニメの不二子は、話によっては男性ゲストキャラと結婚直前もしくは結婚式を挙げることがある。その場合、相手は必ず大金持ちであるか、貴族階級の二枚目である。ただ、TV第2シリーズ第81話「不二子!男はつらいぜ」だけは、相手の王子に本気で惚れていたと思われる。また全ての結婚・婚約は、結局履行にまで至っていない。

彼女だけは銭形の目の前に現れても逮捕されないが、それは付近にルパンがいる可能性が高いので、囮として目を付けられ、敢えて野放しにされているというだけにすぎない。しかし一対一になった場合は、銭形も逮捕を試みることもある(『ルパン三世 PartIII』第16話、第50話など)。一方で男性メンバー同様銭形には敵対者ながらある程度の親密さを感じているらしく、TV第2シリーズ第98話『父っつぁんのいない日』では、ルパンが銭形を射殺したと言うニュースを聞いて、ルパンに対し電話口で激しく罵った上に絶縁を叩きつけている(後に誤解と気付く)。

主要キャラの四人よりは、やはり女性であるためか戦闘力は落ちるようで、長編においてそれを感じさせられる描写がある。ただし、『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』では自分よりはるかに大柄で筋肉質の相手(女性)を投げ飛ばす描写があり、この作品では不二子が武術の達人という設定である。また徒手空拳で敵集団と大立ち回りを演じるシーンもある。新ルパン三世「不二子不死」では、ルパンが歯が立たなかった男爵を打ちのめし、自力で男爵から脱出したこともある。もっとも、ルパンたちが不二子の立ち回りに助けられた事もかなりある。

愛用の拳銃はFN ブローニングM1910。これは、初期シリーズ作画監督の大塚康生麻薬取締官当時に携帯を許されていた拳銃であるらしい。このブローニングを、不二子はミニスカートを捲り上げて、腿のホルスターから抜く。また、ルパン三世 ワルサーP38ではシグ P230を使用していた。愛用のタバコモア・メンソール。但し、ヘビースモーカーのルパンや次元と違い、不二子がタバコを吸う情景は、全作を通して殆ど存在しない。愛用の香水は「シャネルの5番」である。

霧のエリューシヴでは、500年前の先祖として盗賊の「お不三」が登場している。気の強さや、お宝への執着心などが不二子と共通しており、これらの気質は子孫に色濃く受け継がれているようである。担当声優は関根麻里。余談であるが先祖は波乱爆笑でコナンの工藤新一と2015年10月まで共演していた 2014年8月18日のZIP出て入ればぬーベーと共演していた。18日から22日は出なかった為
また、2883年(2007年から876年後)の子孫はショートヘアで、裏切り癖の血筋が引き継がれているようであった。声優は日本テレビアナウンサー西尾由佳理

アニメではルパン三世との最初の出会い場所はギリシャパルテノン神殿という設定にされている作品もある。

不二子は瞳のデザインを重視している女性キャラクターであるため、作画の変化が最も激しいキャラクターである。

その他[編集]

ルパン三世officialマガジンにて連載されている鈴木イゾ作画のコミック作品「M.F.C.」にて、主人公、山田幸子が勤務する事になる泥棒会社「M.F.C.」を経営し、社長を務めている。ただし、社員たちへの盗みの命令は、どれも不二子の個人的私怨に関わっている内容ばかりであり、更には守銭奴の不二子が社長のために、少ない経費で仕事のやりくりをせねばならなくなっている。それ故に、課長とは毎回壮絶な喧嘩をしているようで、社員たちの苦労が耐えない。

スピンオフ作品『ルパン小僧』ではルパン三世との間に子供(ルパン小僧)を設けている。 予定では2015年9月9日のスタジオパークに出る予定だった。ホームページに寄ると22日になった模様、予定では9月17日の朝1出る予定だった ご主人はごくせんの矢吹

配役[編集]

パイロットフィルム
TVシリーズ(ルパン三世 (TV第2シリーズ)ルパン三世 PartIII
TVスペシャルシリーズ
劇場版
OVA(ルパン三世 生きていた魔術師
TVシリーズ(ルパン三世 (TV第1シリーズ)
劇場版・OVA(ルパン三世 風魔一族の陰謀
実写版『ルパン三世 念力珍作戦

2013年12月1日の お任せの映画化決定の話題で 紹介されなかった 他の4人のキャスト は紹介された

ミュージカル『ルパン三世 I'm LUPIN
『ルパン三世 D2 MANGA』

黒木メイサ 実写映画 2013年11月27日 のスッキリ以外の 日本テレビワイドショー で発表された 沢城みゆき。2代目 2015年及び不二子でもも担当

関連項目[編集]

電王。2014年12月3日にお不二が対決した。2回対決した 赤マント。ぬーベーの登場人物。お不二の披露宴でお不二と共演した 社長秘書。ヘルパーの登場人物。2014年9月5日に対決した 律子。ぬーベーの登場人物。2014年9月から12月まで対決した ガメ先手。タイムスパイラルで共演した テルヒコ。ロトスケ。ヨシヒコの登場人物。同じくタイムスパイラルで共演した セーラーヴィーナス。セーラームーンの登場人物。2014年8月29日に対決した 覇鬼。ぬーベーの登場人物。水曜日にお不二が対決している K。韓国のタレント。お不二のご主人。2014年8月24日に結婚の儀した 塩田渚。暗殺教室の登場人物。以前学校革命でお不二と共演していた 神戸尊。相棒の登場人物。悪質で競演した 魔女ヴィクトリア。BDFFの登場人物。2014年8月19日に対決した ロリポップス。ポンキッキのキャラクター。2014年8月19日に対決した。 両津。こち亀の登場人物。2014年8月9日のSMAP駅と9月3日のお邪魔SMAPで共演した。30日は対決した ウルトラマンべリアル。ウルトラサーガの登場人物。2012年から水曜日にお不二と対決している。9月7日の波乱ではお不二と共演した ノリスケ。サザエさんの登場人物。2010年から日曜日にお不二が対決している ガースケ。醜いアヒルの子の登場人物。舞台で共演した。ワイスクで稽古模様放送された 金田一 2014年7月19日に対決した 剣持。同じく金田一の東京人物。2015年1月16日のブラマリでお不二と共演した 佐木。同じく金田一の人物。2015年9月22日に対決した ミキ。半沢直樹の登場人物。ブラックで共演した。日曜日にお不二が対決している アンパンマン。2014年6月10日のブラックで共演した 工藤新一。コナンの主役。新参で共演した。波乱でお不二と共演している クローズZERO。ルパン三世と共演している 矢吹隼人。ごくせんの登場人物。ご主人 小田切竜。ごくせんの登場人物。1ポンドで共演している メガネちゃん。ヤンメガの登場人物。任侠ヘルパーで共演した 神谷。ショムニの登場人物。ドラマ及び2014年3月31日のネプリで共演した 1ポンドの福音。アンジェラとして出演していた 亀山美和子。相棒の登場人物。2014年4月から6月まで対決した。ボンビーガールに美和子出ているから 女乱馬。乱馬の登場人物。2015年1月9日にお不二と対決した 乃乃美。稲妻11の登場人物。同上 アリエッティ。2015年1月17日にお不二と対決した レシラム。ポケモン。2015年9月22日に対決した

テンプレート:ルパン三世