大本

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

大本(おおもと)、大本教(おおもときょう)は、1892年出口ナヲが開教した宗教[1]。大本の教典にあたる『大本神諭』は、開祖・出口ナヲの「お筆先(ふでさき)」(自動筆記)によって書かれたとされている[2]京都府に本部がある[3]

ナヲの養子・出口王仁三郎は、ナオが紙に書きなぐった「お筆先」をわかりやすく解説して理論付け、大本の「聖師」と呼ばれた[4]

1921年(大正10)には、大本の急速な勢力拡大が反体制運動につながることを懸念した当局によって王仁三郎が不敬罪で検挙され、京都地裁で有罪判決を受けた(第1次大本事件[5]

事件の直後から王仁三郎が口述を始めた『霊界物語』は、『大本神諭』と並ぶ大本の教典とされた[6]

1931年(昭和6)の満洲事変の後、控訴中に出口王仁三郎は蒙古へ渡航し、道院紅卍字会)やラマ教シベリア方面の回々教とも提携して外地で勢力を拡大。内地では昭和青年会を組織した。[7]

大本が教義とした「世直し」は国家改造を主張する国粋主義者や陸軍の反現状維持派の軍人から支持を得ていった[8]

1935年(昭和10)12月8日に不敬罪治安維持法違反で王仁三郎ら幹部が一斉検挙された(第2次大本事件[9]

1942年(昭和17)8月、王仁三郎が保釈され、出獄[10]

1945年(昭和20)12月8日、綾部で行われた「大本事件解決奉告祭」で、新教団・「愛善苑」を発足させることを表明。1947年(昭和22)1月22日に「宗教法人愛善苑」が正式に発足した[11]

付録[編集]

関連文献[編集]

  • 大本七十年史編纂会(編)『大本七十年史 上巻』大本、1964年、NDLJP 3003950 (閉)
  • -『大本七十年史 下巻』大本、1967年、NDLJP 3007522 (閉)

脚注[編集]

  1. 原 2009 84-85
  2. 原 2009 84-85,97
  3. 原 2009 171
  4. 原 2009 85,173
  5. 原 2009 171-175
  6. 原 2009 84-85,97-98
  7. 原 2009 171-175。松本清張『昭和史発掘 6』(文春文庫、2005)による。
  8. 原 2009 175
  9. 原 2009 175-176
  10. 森 1986 16
  11. 森 1986 18

参考文献[編集]

  • 原 (2009) 原武史『松本清張の「遺言」 - 『神々の乱心』を読み解く』〈文春新書〉文藝春秋、2009年、ISBN 978-4166607037
  • 森 (1986) 森克明「『九鬼文書』の周辺」三浦一郎『九鬼文書の研究 新装版』八幡書店、1999年、ISBN 978-4893502018
    • 初版:八幡書店、1986年