大久保智貴

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

大久保 智貴(おおくぼ ともたか)とは、女子大生宅に侵入する、筑波大病院の27歳医師である。

筑波大病院の医師、女子大生宅に侵入。窃盗未遂などで逮捕(2017年1月)[編集]

茨城県警2017年1月14日、住居侵入と窃盗未遂で、茨城県つくば市春日、筑波大病院の医師、大久保智貴(27)を逮捕した。「覚えていない」などと容疑を否認している。

大久保は、2016年9月4日午前3時半ごろ、つくば市内の女子大学生宅に侵入し金品を盗もうとしたが、女性に気づかれたため、何も取らずに逃げた。2人に面識はない。

同病院は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査の経緯を見守り、厳正に対応する」とコメントした。2019年7月、久喜市の路上で、帰宅途中の20代の女性に抱きつき体を触ったなどとして、 県警は、茨城県の医師・大久保智貴容疑者(29)を強制わいせつ致傷などの疑いで逮捕しました。警察の調べに対し大久保容疑者は「魅力的な女性を見つけてやった」などと供述し、 容疑を認めているということです。