古橋達弥

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

本項目「古橋達弥」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「古橋達弥 (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

古橋 達弥
[[画像:|0250px|古橋 達弥]]
名前
本名 同じ
愛称 フル、ホセ、バッテン
カタカナ フルハシ タツヤ
ラテン文字 FURUHASHI Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年11月7日(2020-1980)+((12-11)*100+(2-7)>=0)-1歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 172cm
体重 68kg
血液型 B型
選手情報
在籍チーム モンテディオ山形
ポジション MF,FW
背番号
利き足 右足
クラブチーム1
クラブ App (G)
1999-2004
2004-2008
2009
本田技研/Honda FC
セレッソ大阪
モンテディオ山形
119 (85)
146 (44)
代表歴2
代表歴
出場
得点
監督歴
2009年 モンテディオ山形
1国内リーグ戦に限る。2008年12月8日現在

2現在

Template(トーク 解説)サッカー選手pj

古橋 達弥(ふるはし たつや、1980年11月7日 - )は、日本のサッカー選手。ポジションはMFモンテディオ山形所属。静岡県浜松市出身。

来歴[編集]

磐田東高校から、1999年にJFL・本田技研工業サッカー部(現Honda FC)に入団。2年目以降は定位置をつかみ、2000年から2003年まで4年連続JFLベストイレブン、2003年には1試合1得点を越えるペースとなる、29試合出場31得点での得点王を獲得。2003年から2004年にかけては、未だにJFL記録となっている14試合連続得点を達成するなど、アマチュアを代表する選手として活躍した。

JFLで119試合85得点という圧倒的な実績を買われ、2004年の2ndステージから、J1・セレッソ大阪に完全移籍。日本のトップリーグでどこまで通用するのかが注目されたが、2ndステージだけで5得点を挙げ、C大阪でもあっという間に不動のレギュラーとなる。2005年には中心選手として、最終節まで優勝争いを繰り広げたチームの快進撃に貢献し、Jリーグベストイレブンを受賞した。

2006年からは、森島寛晃に代わりゲームキャプテンも務める。この年にC大阪はJ2に降格し、多くの主力選手が抜ける中で、いくつかのオファーを断りC大阪に残留。J2でもエースとして活躍したが、J1復帰には至らなかった。2009年より恩師・小林伸二のオファーを受けて、モンテディオ山形へ完全移籍。

評価・プレースタイル[編集]

得点感覚に優れ、攻めの意識が高く、常にシュートを狙ってくる選手である。裏を狙う動きや二列目からの飛び出しも絶妙で、無尽蔵の体力で労を惜しまず走りきる姿は、元セレッソの森島寛晃を彷彿とさせる。また、プレースキックの技術も高く、フリーキックコーナーキックも任される。2006年はチームの事情により右サイドや右サイドバックといった不慣れな守備的なポジションを任されたものの、かなり高い守備能力を発揮していた。山形移籍後は完全にFWのポジションとなった。

エピソード[編集]

  • 好きな歌はの『台風ジェネレーション』(full.verの総演奏時間4分55秒、full.verのカラオケ得点8.7点)である。
  • 彼の高祖母は1887年8月13日生まれだった。享年48歳。
  • 彼の曾祖母は1908年7月12日生まれだった。享年48歳。
  • 彼の祖母は1933年生まれらしい。
  • 3分40秒は上記の『台風ジェネレーション full.ver』の3題目の開始時間である。

所属クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

<tr> <th colspan="12">国内大会個人成績</th> </tr> <tr> <th rowspan="2" >年度</th><th rowspan="2">クラブ</th><th rowspan="2">背番号</th><th rowspan="2">リーグ</th> <th colspan="2">リーグ戦</th> {{ #ifexpr:{{ #ifeq:YY|NY|0|1}} and {{ #ifeq:YY|NN|0|1}}
<th colspan="2">リーグ杯</th>

}}{{ #ifexpr:{{ #ifeq:YY|YN|0|1}} and {{ #ifeq:YY|NN|0|1}}

<th colspan="2">オープン杯</th>

}}

<th colspan="2">期間通算</th>

</tr> <tr>

<th>出場</th><th>得点</th>

{{ #ifexpr:{{ #ifeq:YY|NY|0|1}} and {{ #ifeq:YY|NN|0|1}}

<th>出場</th><th>得点</th>

}}{{ #ifexpr:{{ #ifeq:YY|YN|0|1}} and {{ #ifeq:YY|NN|0|1}}

<th>出場</th><th>得点</th>

}}

<th>出場</th><th>得点</th>

</tr>

{{ #ifexpr:{{ #ifeq:M|F|0|1}} and {{ #ifeq:M|W|0|1}} {{ #switch:日本 スペイン=スペイン イタリア=イタリア イングランド=イングランド フランス=フランス ドイツ=ドイツ ポルトガル=ポルトガル オランダ=オランダ ギリシャ=ギリシャ ロシア=ロシア ベルギー=ベルギー スコットランド=スコットランド ルーマニア=ルーマニア ウクライナ=ウクライナ チェコ=チェコ トルコ=トルコ スイス=スイス ブルガリア=ブルガリア イスラエル=イスラエル ノルウェー=ノルウェー オーストリア=オーストリア フィンランド=フィンランド スウェーデン=スウェーデン ブラジル=ブラジル アルゼンチン=アルゼンチン ウルグアイ=ウルグアイ コロンビア=コロンビア パラグアイ=パラグアイ 日本=日本 韓国=韓国 中国=中国 イラン=イラン マレーシア=マレーシア シンガポール=シンガポール ベトナム=ベトナム オーストラリア=オーストラリア UAE=UAE アメリカ=アメリカ メキシコ=メキシコ ニュージーランド=ニュージーランド #default=日本
}}

<th colspan="2">リーグ戦</th>

{{ #ifexpr:{{ #ifeq:ALL|NY|0|1}} and {{ #ifeq:ALL|NN|0|1}}
<th colspan="2">{{ #switch:日本 スペイン=国王杯 イタリア=イタリア杯 イングランド=FLカップ フランス=リーグ杯 ドイツ=リーグ杯 ポルトガル=リーグ杯 オランダ=リーグ杯 ギリシャ=リーグ杯 ロシア=ロシア杯 ベルギー=リーグ杯 スコットランド=リーグ杯 ルーマニア=リーグ杯 ウクライナ=リーグ杯 チェコ=リーグ杯 トルコ=リーグ杯 スイス=リーグ杯 ブルガリア=リーグ杯 イスラエル=リーグ杯 ノルウェー=リーグ杯 オーストリア=リーグ杯 フィンランド=リーグ杯 スウェーデン=リーグ杯 ブラジル=ブラジル杯 アルゼンチン=リーグ杯 ウルグアイ=リーグ杯 コロンビア=リーグ杯 パラグアイ=リーグ杯 日本=ナビスコ杯 韓国=リーグ杯 中国=リーグ杯 イラン=ハズフィ杯 マレーシア=マレーシア杯 シンガポール=リーグ杯 ベトナム=リーグ杯 オーストラリア=リーグ杯 UAE=リーグ杯 アメリカ=リーグ杯 メキシコ=リーグ杯 ニュージーランド=リーグ杯 #default=リーグ杯
 }}</th>|}}{{ #ifexpr:{{ #ifeq:ALL|YN|0|1}} and {{ #ifeq:ALL|NN|0|1}}
<th colspan="2">{{ #switch:日本 スペイン=オープン杯 イタリア=オープン杯 イングランド=FAカップ フランス=フランス杯 ドイツ=DFBポカール ポルトガル=オープン杯 オランダ=オープン杯 ギリシャ=オープン杯 ロシア=オープン杯 ベルギー=ベルギー杯 スコットランド=オープン杯 ルーマニア=オープン杯 ウクライナ=オープン杯 チェコ=オープン杯 トルコ=オープン杯 スイス=オープン杯 ブルガリア=オープン杯 イスラエル=オープン杯 ノルウェー=オープン杯 オーストリア=オーストリア杯 フィンランド=オープン杯 スウェーデン=オープン杯 ブラジル=オープン杯 アルゼンチン=オープン杯 ウルグアイ=オープン杯 コロンビア=オープン杯 パラグアイ=オープン杯 日本=天皇杯 韓国=FA杯 中国=FA杯 イラン=オープン杯 マレーシア=FA杯 シンガポール=オープン杯 ベトナム=オープン杯 オーストラリア=オープン杯 UAE=オープン杯 アメリカ=USオープン杯 メキシコ=オープン杯 ニュージーランド=オープン杯 #default=オープン杯
 }}|}}
{{ #switch:日本 日本=日本 #default=日本
}}

</th><th colspan="2">リーグ戦</th>

{{ #ifexpr:{{ #ifeq:ALL|NY|0|1}} and {{ #ifeq:ALL|NN|0|1}}
<th colspan="2">{{ #switch:日本 日本=リーグ杯 #default=リーグ杯
}}

</th>|}}{{ #ifexpr:{{ #ifeq:ALL|YN|0|1}} and {{ #ifeq:ALL|NN|0|1}}

<th colspan="2">{{ #switch:日本 日本=全日本選手権 #default=オープン杯
}}

}}</th>|}}

期間通算
1999 本田 24 JFL 10 1 - - 10 1
2000 本田 15 JFL 21 14 - 3 2 24 16
2001 本田 7 JFL 28 11 - 1 0 29 11
2002 Honda 10 JFL 16 13 - 3 2 19 15
2003 Honda 10 JFL 29 31 - 3 4 32 35
2004 Honda 10 JFL 15 15 - - 15 15
2004 C大阪 9 J1 14 5 2 0 1 0 17 5
2005 C大阪 9 J1 28 8 8 4 4 3 40 15
2006 C大阪 9 J1 32 7 8 2 1 0 41 9
2007 C大阪 9 J2 47 18 - 1 0 48 18
2008 C大阪 9 J2 25 6 - 0 0 25 6
2009 山形 9 J1

利用者:Bcjp/t/fbp国内表 通算始74||20||18||6||6||3||98||29 利用者:Bcjp/t/fbp国内表 通算行72||24||colspan="2"|-||1||0||73||24 利用者:Bcjp/t/fbp国内表 通算行119||85||colspan="2"|-||10||8||129||93 利用者:Bcjp/t/fbp国内表 通算終265||129||18||6||17||11||300||146


先代:
山本正男/高山英樹
JFL得点王
2003年
次代:
林威宏
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・古橋達弥を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。