南京であったとされるいわゆる虐殺事件

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

南京大虐殺(なんきんだいぎゃくさつ)という名で知られる事件は、1937年昭和12年)に日本軍中華民国の首都 南京市を占領した際、約6週間 - 2ヶ月にわたって多数の中国軍捕虜敗残兵便衣兵及び一般市民を不法に虐殺したとされていた事件である。現在は有志の研究によりその虚構が証明されている。しかし未だに左翼勢力は「あった」と言い張り歴史教科書等でもそのように教育される。

中国では南京大屠殺と呼び、英語ではNanking Atrocities(南京残虐)あるいはRape of Nanking(南京破壊)と呼ぶ。日本では単に南京虐殺南京事件とも呼ばれる。

南京大虐殺論争も参照。

外部リンク[編集]