今井雅之

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
いまい まさゆき
今井 雅之
[[ファイル:|0|]]
本名 同じ
別名
生年月日 1961年4月21日
没年月日 月日
出生地 兵庫県城崎郡日高町
死没地
国籍 日本の旗 日本
民族
身長
血液型 O型
職業
ジャンル 俳優演出家
活動期間 1986年 -
活動内容
配偶者
家族
公式サイト オフィシャルプロフィール
主な作品
演劇
THE WINDS OF GOD
映画
静かな生活』/『THE WINDS OF GOD』
テレビドラマ
お金がない!』/『味いちもんめ
受賞
優秀助演男優賞受賞
1996年 『静かな生活』 キネマ旬報賞 新人男優賞 1995年
『THE WINDS OF GOD』/『静かな生活』
備考
テンプレート

今井 雅之(いまい まさゆき、1961年4月21日-)は、日本俳優演出家である。兵庫県城崎郡日高町出身。身長178cm。空手道弐段、柔道初段。オスカープロモーション所属。

代表作は原作も手がけた演劇・映画『THE WINDS OF GOD』、出身地で撮影し、初監督した『SUPPINぶるうす ザ・ムービー』など。

来歴・人物[編集]

幼いころから映画洋画)・テレビドラマが好きだった。特に千葉真一の熱狂的なファンで[1][2]、テレビドラマ『キイハンター』に影響され、友達と『キイハンター』ごっこで遊ぶときには千葉に扮していた。

兵庫県立豊岡高等学校卒業後、俳優になろうと志すが、自衛官の父に俳優になりたいのであれば自活するよういわれ、1980年4月陸上自衛隊一般曹候補学生で入隊。同年12月滋賀県今津町第3師団第3戦車大隊今津駐屯地)に配属。上官に俳優になりたいため辞めたい旨を告げ、「自衛隊は俳優養成所ではないぞ」と叱られる。1981年9月、陸士長で自己都合退職。

1986年3月法政大学文学部英文学科卒業。1986年奈良橋陽子演出『MONKEY』にて演劇デビュー。映画『静かな生活』のストーカー役で1996年日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。当初奈良橋の主宰するUPSに所属していたが、『THE WINDS OF GOD』のニューヨークオフ・ブロードウェイ公演が頓挫したことに端を発する事務所とのトラブルから独立。エル・カンパニーを立ち上げる。1998年幾多のトラブルに見舞われながらも、オフ・オフ・ブロードウェイで公演、成功を収める。

2005年3月9日の『愛のエプロン 男祭り大会』で中エプにランキングされるなど、料理が得意。売れない時代に、「ラ・ボエム」の1号店(原宿店)に7年間勤める。自衛官時代の癖で大声で客の注文を復唱し店長の顰蹙を買い調理に回される要出典

このほか岩波書店から『若いぼくらにできること-体験的教育論』(1997年、ISBN 4005002870)など複数の著作があり、日本文化チャンネル桜賛同人になったり、神社本庁日本会議、靖国会館などでの講演会で特攻隊を「武士道精神に溢れる」と語るなど、保守派右派文化人としての側面も見せるともに、『THE WINDS OF GOD』公演の最後には涙ながらに「NO MORE WAR!」と叫ぶなど、反戦への意志も強い。

出演[編集]

演劇[編集]

映画[編集]

ほか多数

テレビドラマ[編集]

NHK総合
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

テレビCM[編集]

バラエティ[編集]

  • 中居くん温泉1997年、読売テレビ) - メイン司会の中居正広とテレビ朝日のテレビドラマ「味いちもんめ」以来の久々の共演。中居の演技を絶賛し、「味 - 」撮影時に中居とつかみ合いのシーンの終了後、撮影終了しているにもかかわらず、すぐに手を離すことができずしばらくにらみ合ってしまい、ADが仲裁に入った等の話で盛り上がっていた。撮影現場の雰囲気はとてもよく、「パート157までいってほしい」と「味いちもんめ」を絶賛している[1]
  • 英語でしゃべらナイト(NHK) - 自慢の英語で、映画『ターミナル』公開時に来日していたトム・ハンクスにインタビューをした。その際、「あなたの英語は素晴らしい」と褒められる。その後、スタジオにも出演。
  • ニッポン・ダンディTOKYO MX) - 木曜ダンディ
  • バラいろダンディ(TOKYO MX) - 木曜ダンディ

エピソード[編集]

  • 2004年3月27日の『たかじんのそこまで言って委員会 春の芸能界スペシャル』(読売テレビ)において、「芸能人にプライバシーはあるか」というテーマが出された。この時、サンズエンタテインメント社長の野田義治がマネージメント戦略において、「自分たちは女衒、タレントは吉原の遊女」とあくまで遊女を芸人として例えた発言に、今井は激怒した。これに浜田幸一が「目上の人に向かってそんな口を利くんじゃない」と言うと、今井が「先生に言われたくないですよ。しょっちゅうブチギレてんじゃないですか?キレてる芸で飯食ってるじゃないですか。」と反論。浜田は立腹し途中退席する一幕があった。野田社長や他のゲストであるガッツ石松が浜田を追っていくと、今井も「行って来ますよ、もうー」と席を立つ。しかしガッツ石松に「今来ちゃだめ。来ない方が良い。」と止められるが、それを押し切って退場する。後日、浜田は『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)で島田紳助に「また、キレたそうやな」と聞かれ「すまなかった」と謝罪した。なお今井は以前にも、浜田と『イラクへの自衛隊派遣』の是非(今井はイラク派遣には反対・浜田は賛成)について、あるテレビ番組の中で激論を交わし、浜田を激怒させている。
  • 大学受験時、入学した法政大学の他、青山学院大学文学部にも合格したが、当時読売ジャイアンツの江川卓のファンだったこともあり、江川の出身校でもある法政大学を選択したが、入学して男子学生のあまりの多さに、当時の今井に華やかなキャンパスライフに映った青学を蹴って入学したことを後悔したこともあったという。[3]
  • 2013年7月18日放送のTOKYO MXの番組ニッポン・ダンディにて、「広島沖縄のように、平和教育を行っている地域が成人式の騒ぎや広島の殺人事件など問題が多い。」と具体的な論拠を示さず発言した。広島の殺人事件とは2013年7月14日広島県呉市の遺体遺棄事件のことである。
  • 大学生の時、自分の限界を知るために、様々な挑戦を行った。なお、テントや寝袋を持たず、全て野宿である。
    • 東京~大阪間のマラソン
      • 1982年の12月に東京~大阪間のマラソンを行った。冬もかかわらず、野宿をした。一週間で完走することを目標にしていたが10日かかった。長時間、連日走っていたため、途中で足を痛めてしまったが、自衛隊時代の上司に「もし足が壊れたらどうやって治すか。走れば治る!」と言っていたのを思い出し、止まらず走ってみると、走っている最中だけではあるが本当に痛みが収まったという。
    • 奥多摩でサバイバル
      • 東京~大阪間のマラソンの約半年後、奥多摩の山で塩とナイフだけで、一週間の野宿を行った。梅雨の時期ということもあり、食料が全くなかったため、木の根、蜘蛛、蟻、カエルを食べた。それだけでは当然空腹を満たすことは出来ず、あまりの空腹のため何度も腹痛が起こり、痛みに耐えられなくなり気絶した。ハイキングコースを歩いていた時、弁当が捨ててあったのを拾って食べた。その弁当のご飯はネバネバしていてカビも生えていたが、感動するほど美味しく、特に海老の天ぷらの尻尾は「この世にこんなうまいものがあるのか。」と思った。このサバイバルで、まともな物を毎日食べられるありがたさを身を持って知った。ちなみに、入山前に70kgあった体重は下山後58kgまで落ちたが、すぐに元の体重に戻った。
    • 真冬の北海道縦断
      • それから3年後、自分の寒さに対する限界を知るために、2月の北海道で稚内~函館を徒歩で横断することに挑戦した。4~5日不眠不休で歩き、吹雪に襲われることも多かった。途中で意識を失って行き倒れになったところを警察に助けられた。その後、何度も意識を失い幻覚を見ながらも函館に辿りつけた。最終的に10日かかった。
    • 真夏の本州縦断マラソン
      • その年の8月、青森~北九州(関門トンネルを抜けるまで)の本州縦断マラソンに挑戦した。この年は記録的な猛暑だったが、北海道の時のように、倒れても凍死することはないため気持ちは楽だったという。

脚注[編集]

  1. 今井雅之 (2010-10-24) 今井雅之 大先輩 今井雅之の押忍! アメーバブログ 2010-10-24 [ arch. ] 2012-3-3
  2. 今井雅之 (2011-6-28) 今井雅之 千葉先輩!!! 今井雅之の押忍! アメーバブログ 2011-6-28 [ arch. ] 2012-3-3
  3. http://journal.ocn.ne.jp/people/vol35/people04.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テンプレート:オスカープロモーション テンプレート:キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・今井雅之を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。