ルギア

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ルギア
全国 249
ジョウト 247
ホウエン 384
シンオウ
英語名 Lugia
進化
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第2世代
ポケモン学
分類 せんすいポケモン
タイプ エスパー
ひこう
高さ/重さ 5.2m/ 216.0kg
特性 プレッシャー

ルギアは、ポケットモンスターシリーズに登場する491種の架空のキャラクターモンスター)のうちの一種である。

特徴[編集]

ホウオウと対になっており、ペリカンに似た外見をしている。海の神といわれるポケモンの一種ではあるが、水タイプが一切入っていないのが実情である。飛行タイプだが海に生息。200000マイルの逆鱗があるほど、強大で凄まじい力があるため、その力を封印するために海底の奥深くでひっそりと暮らしている。

ゲームでのルギア[編集]

金・銀・クリスタル』で「伝説のポケモン」としてゲーム初登場。初めて映画から逆輸入された伝説のポケモンである。ポケモンの続篇製作が大幅に遅れ、映画の方が先にタイトルなどの情報が明らかになっていたこともあり、『金銀』に何かしらの形で登場すると言った紹介がされていた。『銀』ではパッケージを飾っていることもあり、知名度は高い。いずれのバージョンでもうずまき島の最奥で1度だけ対戦できるが、その時のレベルは『金』では70、『銀』では40、『クリスタル』では60とそれぞれ異なる。しかし、嵐の夜に姿を目撃されているという記録もある。以前は、ホウオウのようにカネの塔『やけた塔』に住んでいたが、今は焼け崩れてしまい、うずまき島に生息している。

一見攻撃面に優れているように見えるが、「こうげき」や「とくこう」より「ぼうぎょ」や「とくぼう」の方が高い(「とくぼう」については『ホウオウ』も同じ)。

固有技として「エアロブラスト」を覚えるが、『銀』以外では覚えていない(但し『ポケモンスタジアム金銀』のスーパーわざマシンで習得させることは可能)。

『ルビー・サファイア』以降は特別な手段を用いなければ入手できない「幻のポケモン」扱いとなった。『ファイアレッド・リーフグリーン』の発売に伴って存在が再公表されたが、ミュウと同様に発売から1年程度は入手手段が不明だった時期がある。『ファイアレッド・リーフグリーン』と『エメラルド』では、配布データである「しんぴのチケット」を使うと、「へそのいわ」でルギアを捕獲することが出来るようになる(レベルは70)。このルギアは『金・銀・クリスタル』と異なり、「エアロブラスト」をレベル77で覚える。

ポケモンXD』では「ダークルギア」として登場し、本来のルギアとは異なる禍々しい姿を見せる(レベルは50)。シナリオ中に奪還し、ある条件を満たせば本来の姿を取り戻すことができる。ちなみにこのルギアは「フェザーダンス」と、それまでデオキシスの専用技だった「サイコブースト」を覚えている。

ダイヤモンド・パール』では、上記の方法で入手したものをパルパークに連れてくるしかない。このバージョンでは新たに「じんつうりき」「おしおき」「ゴッドバード」をレベルアップで覚えられるようになる。

大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではモンスターボールから出現するポケモンの一体。エアロブラストを使う。3DSではフィギュアとして登場。ジバニャンもフィールドでGETした。WIIUではエアロブラストで攻撃する

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・ルギアを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。