モノオキの神様

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ウィキペディア無し small.png ウィキペディアにも「モノオキの神様」の項目が執筆されていましたが、削除されてしまいました

モノオキの神様(ものおきのかみさま)は『サザエさん』第118話のエピソードである。日本1970年7月5日フジテレビで初回放送された。後に2003年の特番にて再放送された。この話は後に行われた特番の公式ランキングで全作品中9位となった。

概要[編集]

窓に落書きをしているところをサザエさんに見つかったタラオ。罰として物置に閉じ込められる。タラオが物置で泣いていると、そこに「モノオキの神様」と名乗る者が現れた。タラオは神様からサザエさんやワカメ、カツオ、そして波平も物置に閉じ込められたという話を聞く。フネは物置のタラオが窒息しているのではないかと心配し、サザエさんは慌ててタラオを助けに行く。タラオは神様にお酒を捧げようとするが叱られる。神様の話を聞いたマスオ、カツオ、波平、サザエさんは正体を突き止めに物置へ行くが、その正体は壁の節穴と裏のおじいちゃんだった。

解説[編集]

  • 当時のタラオは現在と性格が違っている。
  • カツオが読んでいる漫画は「サザエさん」。

YouTubeのトラウマアニメで観賞可能

登場人物[編集]

  • フグ田タラオ
  • サザエさん
  • 磯野ワカメ
  • 磯野波平
  • 磯野カツオ
  • 磯野フネ
  • フグ田マスオ
  • 裏のおじいちゃん
  • 裏のおばあちゃん

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

(1973年9月30日放送)