ポッポ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
ポッポ
全国 016
ジョウト 010
ホウエン
シンオウ
英語名 Pidgey
進化
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 ピジョン
世代 第1世代
ポケモン学
分類 ことりポケモン
タイプ ノーマル
ひこう
高さ/重さ 0.3m/ 1.8kg
特性 するどいめ/ちどりあし

ポッポは、ポケットモンスターシリーズに登場する491種の架空のキャラクターモンスター)のうちの一種である。

特徴[編集]

カントー・ジョウトおよびシンオウ北部の森林や草原に広く生息する、小型の鳥ポケモンの一種。鳩をモチーフとしている。茶色とクリーム色というカラーリングの上、他の鳥ポケモンと比較してデフォルメ度が非常に低く、見た目は地味。

戦闘能力にたけた者の多いポケモン界では珍しく、非好戦的な性格。敵(特にイシツブテ)に襲われると羽ばたきで砂煙を起こし逃げようとする。同様の手法で草むらにいる虫を驚かし、飛び出した所を捕食しているようだ。方向感覚に優れており、長距離まで離れていても迷わずに自分のに帰ることができるという。

ゲームでのポッポ[編集]

最初のシリーズである『赤・緑』などで最初の草むらに出るポケモンとして知られる。コラッタと同じく最初にモンスターボールで捕獲されることも多く、進化させてピジョン、そしてピジョットに育て、最後まで持つトレーナーも存在する。上記の通り、非好戦的な性格のためか、すばやさ以外の能力は低め。レベルアップで覚える技の速度などのバランスがよく、扱いやすく初心者や序盤には非常に役立つポケモンでもある。秘伝技「そらをとぶ」を覚えさせ、移動を容易にするのに使われることも。かわいいと評判があるため、ゲーム中ではミニスカートなどの女性トレーナーがよく持っている。『金・銀・クリスタル』では「かぜおこし」がひこうタイプに変わり、最初の技が「たいあたり」になり「かぜおこし」の習得は少し遅れる。足跡の形がオニスズメと同じ。尚、図鑑での記述に反し、「すなかけ」攻撃はしてくるものの逃げようとしない。 ゴーでアテムがスカウトした。アテムの自宅にいた

アニメでのポッポ[編集]

1話でサトシがゲットしようとしたがあっさり逃げられた。211話では丸々太ったポッポであるデカポッポたちと、そのなかで唯一の普通サイズのポッポのオルドリンが登場した。このオルドリンはどこまでも空を飛びたいという夢を持ち、ニャースが共感して友情が芽生えた。また245話では、オーキド博士が来る途中で捕まえたポッポを使いロケット団三人組を倒す場面もあった。

映画でのポッポ[編集]

劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』の序盤では、群れをなしてマサラタウンを離れるシーンがあった。

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス』では水飲み場の様な場所で水浴びをするポッポがみられる。

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』では舞台となった町中にたくさんのポッポが出てきて、耳を澄ませて音楽に聴き入ったり、気球のバルーンを広げるのを手伝ったりしているシーンが見られる。

ポケモンカードでのポッポ[編集]

初登場は拡張パック第一弾。その後、ジム拡張第2弾「闇からの挑戦」でキョウのポケモンとして登場した。また、「ランダムスターター」に集録されていたのだがその中の「リザードンデッキ」にしか入っておらず、その後生産中止になり、ポッポの進化後のピジョットが人気のあるカードだったという事もあってオークションでは万単位で落札された。

関連項目[編集]

昼何。2016年5月31日放送で同名の喫茶店放送された。余談であるが藤田ニコル出ていた