ヘブライ語

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

テンプレート:言語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית; Ivrit)は、アフロ・アジア語族セム語派に分類される言語古代パレスチナに住んでいたヘブライ人ユダヤ人)が母語として用いていた言語古典ヘブライ語(または聖書ヘブライ語)と、現在イスラエル国で話される現代ヘブライ語がある。現代ヘブライ語はヘブライ語で「イヴリート(イヴリット)」と呼ばれ、古代の聖書ヘブライ語は "Lashon HaKodesh" あるいは「聖なる言葉」すなわち「神の言語」という名前で知られていた。

古典ヘブライ語はユダヤ人が世界離散(ディアスポラ)する以前には次第に話されなくなっており、後の時代の離散ユダヤ人は、かわってアラビア語ラディーノ語イディッシュ語などの諸言語を日常的に用いた。そのためヘブライ語は二千数百年の間、ユダヤ教の言葉として聖書ヘブライ語聖書)やミシュナーなどの研究・儀式・祈り、別々の言語を話す遠隔のユダヤ人共同体同士がコミュニケーションを取る場合などに使われるのみであった。しかし、20世紀にヘブライ語が現代ヘブライ語として再生され、他の言語に替わってイスラエル国に居住するユダヤ人の多数言語の地位を占めるようになって現在に至っている。

この言語の一般的な名称として使われているヘブライの名は、ユーフラテス川を越えて移住する人たちのことを総称してヘブル人と呼んでいたことに由来する。今から紀元前3000年頃にカルデヤウル(現在のイラク)からカナンの地(現在のパレスチナ・イスラエル)に移住したとされるアブラハム一族と、その子孫である人々が他称としてヘブル人、ヘブライ人などと呼ばれるようになり、彼らが使う言語がヘブル語、ヘブライ語と呼ばれる。

特徴としてアラビア語と同様に、この言語は文章で書くときは右から左に書く。また、日本語や英語などと違って、子音を表す表記はあっても、母音を表す表記はないことが多く、言語の習得にはある程度の慣れが必要である。 一応、ニクダーという母音記号は存在はするが、言語習得の為の初等教科書や発音のわからない外来語の表記の際に使われるだけであり、普通文章を読んだり書いたりする際に使われる機会は少ない。

古典ヘブライ語[編集]

古代ヘブライ人の言葉がカナーン語と混じり合ってできあがったものだとされている。ヘブライ語で書かれた最も著名な書物は「ヘブライ語聖書」(キリスト教徒にとっての旧約聖書)である。

この言語は当時のオリエント世界の共通語であったアラム語に取って代わられていき、旧約聖書も一部はアラム語で記述された。後の新約聖書の時代においても、イエスは日常的にはヘブライ語とともにアラム語を話したと考えられており、新約聖書にはイエスの言葉として両方の言語の言葉がそのまま記載された箇所がある。

紀元70年にユダヤ人の世界離散(ディアスポラ)が起こってからは、ユダヤ教における宗教儀式において使用されるほかは、ラディーノ語イディッシュ語の中に痕跡を残すのみで一般的な話し言葉としては完全に死語になっていた。

現代ヘブライ語[編集]

現代ヘブライ語は、19世紀ロシアからパレスチナに移り住んだエリエゼル・ベン・イェフダー(1858年 - 1922年)がほぼ独力により、古典ヘブライ語をもとにして話し言葉として完成させた言語である。彼の息子ベン・ツィオンは生まれてから数年間はヘブライ語のみで教育され、約二千年ぶりにヘブライ語を母語として話した人物となった。また全16巻からなる『ヘブライ語大辞典』を編纂したが、その完成間近で没し、死後に出版された。

こうしたユダヤ人の努力によってヘブライ語は話し言葉として再生され、のちにイスラエル公用語のひとつとなった。一度滅んだ古代語が再び復活して実際に話されるようになったのは、歴史上このヘブライ語だけである。

ヘブライ語の単語・文[編集]

ヘブライ語は、正しい聖書理解、ユダヤ教、ラビ文学を含むヘブライ語文学ユダヤ音楽、イスラエルでの日常会話、セム語学、アフロアジア語学などに必須の言語である。以下には基本的なものだけを集める。

ヘブライ語単語例の一覧

感謝、有難うtodah
柘榴ざくろ)、セキリュウרימון, Rimmon, Rimonرمان ,رُمَّان, Rumman, Roman

ヘブライ語起源の言葉[編集]


ヘブライ語の文例[編集]

基本会話[編集]

Translation Hebrew Transliteration IPA
ヘブライ語 עברית ivrit テンプレート:IPA
今日は/平和 שלום shalom テンプレート:IPA
さよなら להתראות lehitraot テンプレート:IPA
どうぞよろしく נעים מאוד; Na’im Me’od
どういたしまして בבקשה bevakasha テンプレート:IPA
ありがとう תודה toda テンプレート:IPA
ありがとうございます תודה רבה; toda raba
それを/あれを את זה et ze テンプレート:IPA
いくつ?/いくら ?כמה kama テンプレート:IPA
これはいくらですか? ?כמה זה עולה Kama Zeh Oleh?
日本語 יפנית yapanit テンプレート:IPA
はい כן ken テンプレート:IPA
いや/ダメ/~せん לא lo テンプレート:IPA
かんぱい לחיים le-chaim テンプレート:IPA
おはよう בוקר טוב Boker Tov
お休みなさい לילה טוב Laila Tov
どうしたの? ?מה קורה Ma Kore?
お元気ですか? ?מה נשמע Ma Nishma?
いい טוב Tov
トイレはどこにありますか? איפה השרותים?‏ Eifo ha-sheirutim?
Common phrases in Hebrew language

その他

私は信じています אני מאמין ‘āni māāmīn

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

  • キリスト聖書塾 『現代ヘブライ語辞典』キリスト聖書塾 ISBN 4-89606-103-9 1984年1月
  • 橋 本  功 『聖書の英語とヘブライ語法』 英潮社 ISBN 4-268-00317-7 1988年10月
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・ヘブライ語を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。