ピエール・ブーレーズ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ピエール・ブーレーズ1925年生まれのフランスの作曲家・指揮者・通称「謎の男」。「ル・マルト-・サン・メートル」が代表作であり20世紀の最大傑作の一つ。あまり教育には師のメシアンと違って熱心ではなく、自作のアナリーゼなどは一切しないで隠してしまう。作曲の弟子にバーゼルの音楽大学で教えたハインツ・ホリガ-がいるだけ。ダルムシュタットではシュトックハウゼンと共鳴して,ノーノと鋭く対立していて、いまだに指揮者としてノーノの作品だけは取り上げない。BBC交響楽団やニューヨーク・フィルハーモニック・バイロイトの指揮者を歴任。カラヤンはベルリン・フィルやザルツブルクの客演を政治的な理由からバーンスタインやアーノンクールらと共に遠ざけた。パリのIRCAMの元所長。現在はフリーで活躍。