ハッピーエンドカップ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ハッピーエンドカップとは日本の競馬レースの1つである。毎年12月の中央競馬当該年最終日に、中山競馬場の最終レースとして施行されている。

1996年にダート1200mの900万下条件の牝馬限定の特別レースとして創設された。1997年からは性別の区別は無くなり、2001年からは条件クラスの基準額の見直しにより1000万下条件で施行されている。1997年は1800mで施行され、2007年からは芝1200mで施行されている。当初は午後一番あたりのレース(一日の最初の特別レース)であったが、2001年から中央競馬当該年最終日のいわゆる「東開催」の最終レースとして施行されるようになった。2010年2011年は「ハッピーエンドプレミアム」のレース名で施行された。

2017年から2019年は新設された「ベストウィッシュカップ」が中央競馬当該年最終日のいわゆる「東開催」の最終レースであったが、2020年は4年ぶりに施行された(ベストウィッシュカップは有馬記念の2レース前のレースとして施行)。

歴代優勝馬[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1996年12月22日 スリースポット 牝5 1:12.1 的場均 上原博之
1997年12月21日 ビーマイナカヤマ 牡3 1:53.9 鹿戸雄一 高市圭二
1998年12月27日 チアフルマスター 牡5 1:11.0 横山賀一 上原博之
1999年12月26日 マイネルミダス 牡4 1:11.7 横山義行 成島英春
2000年12月24日 ネオポリス 牡3 1:10.9 横山典弘 古賀史生
2001年12月23日 ケイアイシャイアン 牡3 1:11.0 武豊 松山康久
2002年12月22日 ロックスキル 牡4 1:10.4 田中勝春 本郷一彦
2003年12月28日 パラダイスリヴァー 牡5 1:12.0 武豊 田村康仁
2004年12月26日 ハリーズコメット 牡3 1:11.0 後藤浩輝 萩原清
2005年12月25日 ケイアイカールトン 牡3 1:12.3 横山典弘 松山康久
2006年12月24日 プリュネル 牝4 1:11.4 岩田康誠 宮本博
2007年12月23日 リキサンファイター 牡3 1:09.9 蛯名正義 高木登
2008年12月28日 ランチボックス 牡3 1:08.9 池添謙一 浅見秀一
2009年12月27日 ダノンムロー 騸5 1:08.3 武豊 加藤征弘
2010年12月26日 セイコーライコウ 牡3 1:09.0 柴田善臣 鈴木康弘
2011年12月25日 ヤサカシャイニー 牝3 1:08.6 福永祐一 水野貴広
2012年12月24日 ラフレーズカフェ 牝3 1:09.2 柴山雄一 小島太
2013年12月23日 スマートオリオン 牡3 1:09.5 M.デムーロ 鹿戸雄一
2014年12月28日 キタサンラブコール 牡3 1:08.8 横山典弘 昆貢
2015年12月27日 アドマイヤゴッド 牡3 1:09.0 M.デムーロ 須貝尚介
2016年12月25日 アルティマブラッド 牝4 1:09.3 M.デムーロ 音無秀孝
2020年12月27日 アルピニズム 牡3 1:09.7 武藤雅 金成貴史

関連項目[編集]