ドバイワールドカップ

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

ドバイワールドカップ(كأس دبي العالمي, Dubai World Cup)とは毎年3月下旬の日曜日にアラブ首長国連邦を構成する首長国の1国、ドバイにあるメイダン競馬場ダート2000メートルで行われる競馬レースである。ドバイの各レースではイスラームの教義上、馬券の発売はドバイ国内では行なわれない。

概要[編集]

1995年に同国の王族で国防大臣でまた世界有数のオーナーブリーダーでもあるシェイク・モハメドが当時の世界最高賞金レースだったアメリカブリーダーズカップ・クラシックを超える賞金の競馬のレースを設立を考案し誕生した国際レースである。

同レースの出走条件はサラ系北半球産は4歳以上、南半球産は3歳以上と北半球と南半球で出走年齢が分けられている。負担重量は南半球産の3歳馬が54.5キロ、それ以外が57キロ、牝馬は2キロ減と定められている。

総額賞金は世界最高金額の600万ドル(約6億9000万円)で1着賞金は360万ドル(約4億1000万円)、2着賞金は120万ドル(1億4000万円)、3着賞金は60万ドル(約6900万円)、4着賞金は30万ドル(約3500万円)、5着賞金は18万ドル(約2100万円)、6着賞金は12万ドル(約1400万円)。

その名に相応しく世界各国の最強馬クラスの競走馬が参戦する為、アメリカのケンタッキーダービーやブリーダーズカップ・クラシックと並び世界中から注目を集めるダートの世界最高峰のレースである。

同日にはドバイミーティングと題して「ドバイカハイラクラシック」「ドバイシーマクラシック」「ドバイターフ」「ドバイゴールデンシャヒーン」「ゴドルフィンマイル」「UAEダービー」など他の国際招待レースも開催され、ドバイだけでなくアラブ首長国連邦の競馬の祭典として定着している。

ダートの最高峰のレースだが、芝のG1で勝利経験のあるもしくは後に勝利する馬も多い。

歴史[編集]

  • 1999年から2002年までワールドシリーズ・レーシングチャンピオンシップに参加していたがアラブ首長国連邦の主要航空会社であるエミレーツ航空のスポンサー撤退が影響し、2003年から突然同シリーズから撤退をした。
  • 2006年は2位入線のブラスハットがレース後の検査で禁止薬物が検出されたため失格となったが、同馬の関係者からは「現地主催者の規約に従って治療用の薬を投薬したもの」として異議申し立てがあり、最終的な着順決定が同年6月26日以降となっていた。しかし6月28日の裁定の結果、失格は覆らず賞金は没収・調教師には罰金が課された。
  • 2010年には賞金総額1000万ドル、1着賞金600万ドルへと増額された。

主なプレップレース[編集]

  • ドバイ地区
    • マクトゥームチャレンジラウンド3 (Maktoum Challenge RIII) G2 北半球産4歳以上・南半球産3歳以上 ダート2000メートル
    • マクトゥームチャレンジラウンド2 (Maktoum Challenge RII) G3 半球産4歳以上・南半球産3歳以上 ダート1800メートル
  • アメリカ
  • 日本

年表[編集]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1996年3月27日 Cigar 牡6 2:03.84 J.Bailey W.Mott A.Paulson
第2回 1997年4月3日 Singspiel 牡5 2:01.91 J.Bailey M.Stoute S.Mohammed Al Maktoum
第3回 1998年3月28日 Silver Charm 牡4 2:04.29 G.Stevens B.Baffert B. & R.Lewis
第4回 1999年3月28日 Almutawakel 牡4 2:00.65 R.Hills S.bin Suroor H.Al Maktoum
第5回 2000年3月25日 Dubai Millennium 牡4 1:59.50 L.Dettori S.bin Suroor Godolphin
第6回 2001年3月24日 Captain Steve 牡4 2:00.40 J.Bailey B.Baffert M.Pegram
第7回 2002年3月23日 Street Cry 牡4 2:01.18 J.Bailey S.bin Suroor Godolphin
第8回 2003年3月29日 Moon Ballad 牡4 2:00.48 L.Dettori S.bin Suroor Godolphin
第9回 2004年3月27日 Pleasantly Perfect 牡6 2:00.24 A.Solis R.Mandella Diamond A Racing Corporation
第10回 2005年3月26日 Roses in May 牡5 2:02.17 J.Velazquez D.Romans K. & S.Ramsey
第11回 2006年3月25日 Electrocutionist 牡5 2:01.32 L.Dettori S.bin Suroor Godolphin
第12回 2007年3月31日 Invasor 牡5 1:59.97 F.Jara K.McLaughlin Shadwell Stable
第13回 2008年3月29日 Curlin 牡4 2:00.15 R.Albarado S.Asmussen Stonestreet Stables & Midnight Cry Stables
第14回 2009年3月28日 Well Armed 騸6 2:01.01 A.Gryder E.Harty WinStar Farm LLC
第15回 2010年3月27日 Gloria De Campeao 牡6 2:03.83 T.Pereira P.Bary Estrela Energia Stables
第16回 2011年3月26日 Victoir Pisa 牡4 2:05.94 M.Demuro 角居勝彦 市川義美
第17回 2012年3月31日 Monterosso 牡5 2:02.67 M.Barzalona M.Al Zarooni Godolphin
第18回 2013年3月30日 Animal Kingdom 牡5 2:03.21 J.Rosario G.Motion Arrowfield Stud & Team Valor
第19回 2014年3月29日 African Story 騸7 2:01.61 S.de Sousa S.bin Suroor Godolphin
第20回 2015年3月28日 Prince Bishop 騸8 2:03.24 W.Buick S.bin Suroor S.Mohammed
第21回 2016年3月26日 California Chrome 牡5 2:01.83 V.Espinoza A.Sherman California Chrome Llc
第22回 2017年3月25日 Arrogate 牡4 2:02.15 M.Smith B.Baffert Juddmonte Farms Inc
第23回 2018年3月31日 Thunder Snow 牡4 2:01.38 C.Soumillon S.bin Suroor Godolphin
第24回 2019年3月30日 Thunder Snow 牡5 2:03.87 C.Soumillon S.bin Suroor Godolphin
  • 馬齢表記は北半球の基準で表記している。

日本調教馬の成績[編集]

詳細は 日本調教馬の日本国外への遠征 を参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ドバイミーティング
ドバイカハイラクラシック | ゴドルフィンマイル | ドバイゴールドカップ | UAEダービー | アルクォズスプリント | ドバイゴールデンシャヒーン | ドバイターフ | ドバイシーマクラシック | ドバイワールドカップ
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・ドバイワールドカップを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。