グルメレポーター

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

グルメレポーター ("Gourmet" Reporter) とは、グルメ番組や旅番組等で料理を紹介するレポーターである。番組グルメレポーター。

テレビ番組内で出される料理を自ら食べて、その料理がいかに素晴らしいかをコメントし視聴者に伝える。80年代以降のグルメブームで増えたグルメ番組内で、活動の場も増えた。職業としての明確な区分は無く、大半はタレント俳優お笑い芸人等からの流入組である。

【重要事項】ここでは「レポーター」と表記されているが、放送上の表記では「リポーター」が正しいとされているため、他所での表記は「レポーター(レポート)」ではなく「リポーター(リポート)」とすることが望ましい。


主なグルメレポーター[編集]

庶民的な街道沿いの店等のレポートが多い。店主に「おじちゃん・おばちゃん」と気さくに話しかけ、豪快に食べる。2015年11月14日に崩御した
元祖!でぶや」、「ぴったんこカンカン」、「メレンゲの気持ち」等で幅広く活躍。パパイヤ鈴木と共に、とにかく笑顔で食べまくる。決め台詞は「まいうー」。ケーキが出てきた時は、クリームを鼻や頬につける細かい芸をみせる。食いしん坊キャラ。
  • 磯野貴理子(2007年1月1日、「磯野貴理」に改名した。)
かつては幅広い番組で活躍していたが、最近ではバラエティ番組の企画内でネタとして扱われる事が多くなった。
若手の部類に入るが幅広い番組で活躍。なんでも美味しそうにペロリと食べる。
主にテレビ東京の番組でレポートをしている。
寿司などの和食のレポートが上手い。せっかちな感じで食べる。
関西では商店街のレポートでは右に出るものはなく、「関西No.1レポーター」、「ロケの帝王」として一目置かれる存在だが、関西以外では目にする機会はほとんどない。後々の編集までを考慮した数々のレポートテクニックは「編集いらず」とも。美味しさを目で訴えるため、メガネにはレンズが入っていない。ロケに行った店には必ずお礼の手紙を書く気配りの人でもある。
朝だ!生です旅サラダ」等で活躍。女性視聴者向けのレポートを心がける。
「元祖!でぶや」で石塚英彦と共に、食べまくる。冷静に食べている感じ。決め台詞は「まいうー」。
食べる前の前置きが長い。「うぅーわ!」「すごいですネェ!」等、元々大げさなレポートだったが最近では「味のIT革命やぁ!」「まるで宝石箱やぁ!」等大げさなレポートに更に磨きがかかり注目を集める存在になった。しかし「味のIT革命やぁ!」が後輩の土田晃之(元U-turn)の手によるものだったため本人が悩む事となっている。
力士で現在はスポーツキャスターながら、ラーメン特集のグルメレポーターもこなす。穏やかな語り口。
ジャストにて、芸能人宅での食べっぷり、奥床しさで注目される。
バカルディ時代にラーメン番組のレポーターをやっていたが、最近はグルメレポーターとしての目立った活動は無し。
くいしん坊!万才」のレポーターを長く担当していた為、安定して落ち着いたレポート。淡々と番組を進行する。
「朝だ!生です旅サラダ」等で活躍。生放送ならではのスタジオとの「かけあいトーク」も多く、いつもテンパっている雰囲気。
フリーアナウンサー。「FNNスーパーニュース」でグルメレポートを担当、コミカルでリアクションの大きなレポートをする。
「FNNスーパーニュース」でグルメレポートを担当。リアクションが大きく、特に美味しいものを食べた時には目を大きく見開きビックリした時のような顔をしてレポートするケースが多い。
落語家。「ぶらり途中下車の旅」、「FNNスーパーニュース」などで駅弁や隠れた名店や寿司屋をレポートする事が多い。

フジテレビの浅見陽一郎 ダイエット中に出てしまった。2016年1月11日のスッキリで語っていた

関連サイト[編集]

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・グルメレポーターを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。