アベイ・ド・ロンシャン賞

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

アベイ・ド・ロンシャン賞Prix de l'Abbaye de Longchamp)とはフランスロンシャン競馬場直線1000メートルで行われる競馬レースである。モーリス・ド・ゲスト賞と並ぶフランスの短距離路線の最高峰レースとしてグループ1(G1)に指定されている。例年凱旋門賞と同日に行われ欧州短距離路線の最後を締めくくるレースとして欧州中からトップスプリンターが集まる事実上のフランス短距離最高峰レースであり、イギリスのジュライカップと並ぶ欧州短距離路線の最重要タイトルとされる。日本では1999年にエルコンドルパサー凱旋門賞挑戦に注目が集まる中、同日に一足早く日本調教馬アグネスワールドが優勝したことで一躍有名なレースとなった。なお、2001年には武豊が地元のJohn Hammond(ジョン・ハモンド)厩舎所属のImperial Beauty(インペリアルビューティー)で優勝している。当レース名は13世紀、現在の競馬場付近に建設された女子修道院に因んでいる。

歴史[編集]

  • 1961年 Etienne Pollet(エティエンヌ・ポレ)厩舎が毎年違う馬での3連覇を達成
  • 1966年 Francois Mathet(フランソワ・マテ)厩舎が5連覇を達成
  • 1976年 1着同着
  • 1988年 1位入線のCadeaux Genereux(カドゥージェネルー)、最下位に降着
  • 1999年 日本調教馬のアグネスワールドが優勝、同厩舎のドージマムテキは13着
  • 2001年 - 出走条件を緩和し騸馬にも開放。
  • 2005年 - 2003年優勝馬パタヴェリアン(Patavellian)の半弟エイヴォンブリッジ(Avonbridge)が優勝
  • 2008年 - ハンガリー調教馬のウーヴェルドーズ(Overdose)が1位入線(0.54.5)するも、ゲートの故障によりフリーティングスピリット(Fleeting Spirit)がスタートできておらずレース不成立。再レースとなったがほとんどの馬はゴールまで走り切っており、ウーヴェルドーズを含む3頭が疲労により出走を取り消した
  • 2009年
  • 2010年 - 史上最多の21頭立てのレースとなる
  • 2011年 - ブリーダーズカップ・チャレンジシリーズから除外[1]
  • 2012年 - 賞金総額が30万ユーロから35万ユーロに増額
  • 2016年2017年 - ロンシャン競馬場の改修工事に伴い、シャンティイ競馬場で代替開催

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1957年10月6日 Texana 牝2 1:00.48 G.Lequeux F.Mathet F.Dupré
第2回 1958年10月5日 Edellic 牡3 0:58.44 M.Garcia F.Mathet L.Volterra
第3回 1959年10月4日 Sly Pola 牝2 1:00.22 J.Massard E.Pollet
第4回 1960年10月9日 High Bulk 牝2 1:01.48 J.Massard E.Pollet P.Motte
第5回 1961年10月8日 L'Epinay 牡3 1:01.22 R.Poincelet E.Pollet J.Pierari
第6回 1962年10月7日 Fortino 牡3 0:59.60 Y.Saint-Martin F.Mathet F.Dupré
第7回 1963年10月6日 Texanita 牝3 0:59.32 Y.Saint-Martin F.Mathet F.Dupré
第8回 1964年10月4日 Texanita 牝4 0:59.62 T.Glennon F.Mathet F.Dupré
第9回 1965年10月3日 Silver Shark 牡2 0:59.66 Y.Saint-Martin F.Mathet Aga Khan IV
第10回 1966年10月9日 Farhana 牝2 1:00.54 Y.Saint-Martin F.Mathet Aga Khan IV
第11回 1967年10月8日 Pentathlon 牡3 0:59.5 F.Head H.Danner F.Ostermann
第12回 1968年10月6日 Be Friendly 牡4 1:00.2 G.Lewis C.Mitchell P.Sullevan
第13回 1969年10月5日 Tower Walk 牡3 0:59.0 L.Piggott G.Balding V.Hardy
第14回 1970年10月4日 Balidar 牡4 0:58.4 L.Piggott J.Winter D.Prenn
第15回 1971年10月3日 Sweet Revenge 牡4 1:02.0 G.Lewis T.Corbett Madame Attenborough
第16回 1972年10月8日 Deep Diver 牡3 0:57.0 W.Williamson P.Davey D.Robinson
第17回 1973年10月7日 Sandford Lad 牡3 0:59.2 A.Murray H.Price C.Olley
第18回 1974年10月6日 Moubariz 牡3 0:59.7 H.Samani F.Mathet Aga Khan IV
第19回 1975年10月5日 Lianga 牝4 0:59.2 Y.Saint-Martin A.Penna D.Wildenstein
第20回 1976年10月3日 Gentilhombre
Mendip Man
牡3
牡4
1:00.3 T.McKeown
A.Gibert
N.Adam
A.Paus
J.Murrell
J.Davis
第21回 1977年10月2日 Gentilhombre 牡4 0:56.0 P.Cook N.Adam J.Murrell
第22回 1978年10月1日 Sigy 牝2 0:59.1 F.Head C.Head-Maarek Madame A.Head
第23回 1979年10月7日 Double Form 牡4 0:56.7 J.Reid R.Johnson-Houghton B.Von Thyssen
第24回 1980年10月5日 Moorestyle 牡3 0:56.3 L.Piggott R.Armstrong Moores Int.Furnishings
第25回 1981年10月4日 Marwell 牝3 0:59.7 W.Swinburn M.Stoute E.Loder
第26回 1982年10月3日 Sharpo 牡5 1:01.2 P.Eddery C.Nelson Mlle M.Scheriffe
第27回 1983年10月2日 Habibti 牝3 0:54.3 W.Carson J.Dunlop Mohamed A.Mutawa
第28回 1984年10月7日 Commited 牝4 0:59.8 S.Cauthen D.Weld A.Paulson
第29回 1985年10月6日 Commited 牝4 0:55.2 M.Kinane D.Weld A.Paulson
第30回 1986年10月5日 Double Schwartz 牡5 0:56.8 P.Eddery C.Nelson R.Sangster
第31回 1987年10月4日 Polonia 牝3 0:56.7 C.Roche J.Bolger H.De Kwiatkowski
第32回 1988年10月2日 Handsome Sailor 牡5 0:57.0 M.Hills B.Hills R.Sangster
第33回 1989年10月8日 Silver Fling 牝4 0:59.9 J.Matthias I.Balding G.Strawbridge
第34回 1990年10月7日 Dayjur 牡3 0:58.7 W.Carson W.Hern H.Al Maktoum
第35回 1991年10月6日 Keen Hunter 牡4 0:59.4 S.Cauthen J.Gosden S.Mohammed
第36回 1992年10月4日 Mr Brooks 牡5 1:02.3 L.Piggott R.Hannon P.Green
第37回 1993年10月3日 Lochsong 牝5 0:59.7 L.Dettori I.Balding J.Smith
第38回 1994年10月2日 Lochsong 牝6 0:57.2 L.Dettori I.Balding J.Smith
第39回 1995年10月1日 Hever Golf Rose 牝4 0:57.7 J.Weaver T.Naughton M.Hanson
第40回 1996年10月6日 Kistena 牝3 0:59.3 O.Doleuze Madame C.Head-Maarek Wertheimer & Frère
第41回 1997年10月5日 Carmine Lake 牝3 0:56.9 J.Reid P.Chapple-Hyam R.Sangster
第42回 1998年10月4日 My Best Valentine 牡8 0:58.9 R.Cochrane V.Soane The Valentines
第43回 1999年10月3日 Agnes World 牡4 1:01.4 武豊 森秀行 渡辺孝男
第44回 2000年10月1日 Namid 牡4 0:55.1 J.Murtagh J.Oxx Lady Clague
第45回 2001年10月7日 Imperial Beauty 牝5 1:00.3 武豊 J.Hammond Ms J.Magnier & M.Tabor
第46回 2002年10月6日 Continent 牡5 0:57.2 D.Holland D.Nicholls Lucayan Stud
第47回 2003年10月5日 Patavellian 騸5 0:59.3 S.Drowne R.Charlton D.Deer
第48回 2004年10月3日 Var 牡5 0:55.0 L.Dettori C.Brittain M.Rashid
第49回 2005年10月2日 Avonbridge 牡5 0:56.9 S.Drowne R.Charlton D.Deer
第50回 2006年10月1日 Desert Lord 騸6 0:54.8 J.Spencer K.Ryan Bull & Bell Partnership
第51回 2007年10月7日 Benbaun 騸6 0:56.7 P.Smullen M.Wallace Ransley, Birks, Hillen
第52回 2008年10月5日 Marchand D'or 騸5 0:54.4 D.Bonilla F.Head Madame J.Giral
第53回 2009年10月4日 Total Gallery 牡3 0:55.1 J.Murtagh S.Moore Coleman Bloodstock Ltd
第54回 2010年10月3日 Gilt Edge Girl 牝4 0:57.0 L.Morris C.Cox Wood Street Syndicate V & C.Harper
第55回 2011年10月2日 Tangerine Trees 騸6 0:55.53 T.Eaves B.Smart Tangerine Trees Partnership
第56回 2012年10月7日 Wizz Kid 牝4 1:01.17 G.Mosse R.Collet Mme M.Mahony
第57回 2013年10月6日 Maarek 騸6 0:57.50 D.McDonogh B.Lalor Lisbunny Syndicate
第58回 2014年10月5日 Move In Time 騸6 0:56.42 D.Tudhope D.O'Meara A.Turton, J.Blackburn, R.Bond
第59回 2015年10月4日 Goldream 騸6 0:54.79 M.Harley R.Cowell J.Sargeant & Mrs J.Morley
第59回 2016年10月2日 Marsha 牝3 0:57.27 L.Morris Sir M.Prescott Bt Elite Racing Club
第60回 2017年10月1日 Battaash 騸3 0:57.59 J.Crowley C.Hills H.Al Maktoum
第61回 2018年10月7日 Mabs Cross 牝4 0:57.11 G.Mosse M.Dods D.Armstrong
第62回 2019年10月6日 Glass Slippers 牝3 0:58.04 T.Eaves K.Ryan Bearstone Stud Limited
第63回 2020年10月4日 Wooded 牡3 0:58.52 P-C.Boudot F-H.Graffard Al Shaqab Racing

日本調教馬の成績[編集]

回数 施行日 参戦馬名 アルファベット表記 性齢 騎手名 管理調教師 着順
第43回 1999年10月3日 アグネスワールド
ドージマムテキ
Agnes World
Dojima Muteki
牡4
牡9
武豊
蛯名正義
森秀行 1着
13着

脚注[編集]

  1. 期間内にブリーダーズカップ・ターフスプリントへ出走した優勝馬はいなかった。

関連項目[編集]

凱旋門賞ウィークエンド
アラビアントロフィー・デ・ジュモン | ショードネイ賞 | ダニエルウィルデンシュタイン賞 | ロワイヤリュー賞 | ドラール賞 | カドラン賞 | アベイ・ド・ロンシャン賞 | マルセルブサック賞 | ジャン・リュック・ラガルデール賞 | オペラ賞 | 凱旋門賞 | アラビアンワールドカップ | フォレ賞
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・アベイ・ド・ロンシャン賞を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。