めちんちん

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

めちんちん(雌珍々と表記)とは、生殖器の呼称におけるおちんちんの対義語として1990年代に提唱された、女性生殖器を指す言葉とされる。児童向けの性教育保健体育)に用いられるべく発明され、本来猥褻な意味は含まれない。

概要[編集]

この言葉は、1990年代に於いて氾濫する(教育上芳しくない)性的情報に対抗して、性教育を低学年の内から実施し、正しい性に関する理解を深めて、興味本位での乱用を行わないようにさせる目的で作られた、比較的新しい造語である。

同時代の性教育に於いては、男性生殖器はおちんちんという幼児語ペニスというラテン語を元とする学術用語を利用したが、女性生殖器に関しては、一般化された呼称(マンコ)はあまりに性的に露骨なニュアンスが強く性行為をも意味する場合があり、また学術用語であるラテン語のヴァギナ(ワギナ)が児童等には発音し難い事から、適切かつ健全な呼称が求められた。

なお女性生殖器の幼児語における呼称では、トイレットトレーニングをする親などが便宜的に使う言葉としておまたおまんまんという語も無いではないが、これはその場限りで便宜的に作成した造語でもあるため、あまり一般化されていない上に、「」は男女の区別ある足の付け根の分かれ目であって、男女の違いを知らしめる性教育では大雑把過ぎ、おまんま米飯もしくは食べ物を指す事もあり、無用な混乱を招く原因にもなりかねない。このため、他の幼児語にあまり似た表現が無い呼称が必要とされた。

なお同種の教育的な表現としては、過去に「おぱんぽん」「おまぽこ」「ワレメちゃん」「おてんてん」という呼称を推進しようという動きがあったが、結局定着しなかった。"人間と性"教育研究協議会などは「おちょんちょん」を普及させようと、粘り強く働きかけを進めている。

この呼称を“発明”したのは、埼玉県教育委員会であるという説がある。

健全な呼称[編集]

この呼称は、健全な表現を提示する事で猥褻なイメージを無くし、単なる肉体の一部であるという認識を通して、その扱いを再構築させようという考えから提唱されている。

以前には、児童等に男女の説明をする上で「おちんちんがあるのが男・無いのが女」という説明がまかり通っていたが、これが女性の体に欠損があるという誤解を招き、女性蔑視にも繋がる可能性が指摘されている。

存在や事象に対する呼称は、教育をする上でそれらに明確なイメージを与えうるが、呼称が存在しなければ(呼び難い・覚え難い場合も同様である)、それに関しての教育をしようが無い。まして呼称の付随イメージが自身の肉体に対する罪悪感コンプレックスを煽るようでは、適正な扱いを期待するべくも無く穢れ(けがれ)として乱雑に扱われたり、前出の欠損イメージ以上にイジメ等の問題行動を助長しかねない。

このため同語が発明されたと伝えられており、同語や児童性教育によって男女の身体の違いを正しく認識し、また適正に扱う事が期待されている。

この用語に関しては、ペニスヴァギナといった言葉を使った性教育に猛反発している保護者でさえも、抵抗なく受け入れることができるとコメントしていることから、性教育に本格的に取り入れられることが期待される。いくら性教育の必要性を唱えても、ペニスやヴァギナといった過激な言葉を使ったのでは無用な反発を招く。そういった意味で、性教育推進派は方法論を誤ったといえるだろう。初めから、造語でもいいから「めちんちん」といったソフトな表現を使うような配慮をしていれば、今日におけるような強い反発は起きなかったのではないかとの指摘もある。

関連項目[編集]