6月11日

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

 6月11日(ろくがつの とおか あまり ひとひの ひ,6 gatu 11 niti)とは、6月の 11日目(十日 あまり 一日目〈ひとひめ〉)の 言いである。この 日は、極東に 在る 日本(日の本の 大和)においては 夏の 梅雨入り時であり、「腐れたる 草 蛍と なる」 みぎり[1]に 当たる[2]。「『腐れたる 草 蛍と なる』 みぎり」とは、今時の 言葉で 言い直せば、「『朽ち草の サナギが 蛍と 成る』 みぎり」の 言いである[3]日本放送協会[4]の ラジオ(放送無線電話)番組の 「ラジオ深夜便」は、日本における この 日の 「誕生日の花」を スイカズラとする[5][6]

出来事

2016年。ワイドショーは小林まおりんとディクシーと園楽だらけだった。結局ブランチで二人の夜神月放送されなかった

誕生日の花

  • スイカズラ(吸いカズラ)(スイカズラ科)[7]

関連項目

脚注

  1. 「みぎり」とは、一年(一とせ)を 七十二(七そぢ あまり 二つ)に 小分けして およそ 五日ほどづつに まとめた それぞれの 折の 言いである。
  2. ほぼ日刊イトイ新聞 - くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記".2017年3月25日閲覧
  3. ほぼ日刊イトイ新聞 - くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記".2016年6月11日閲覧
  4. 日本放送協会とは すなわち、日本の 国における ただ 一つの 公共放送局である NHKの 言いである。
  5. "ラジオ深夜便 誕生日の花と花ことば".(日本放送協会). 2016年6月11日閲覧
  6. 日本放送協会は 「ラジオ深夜便」の ウェブサイト(モウタン)において、「その日の『花』……は、どうやって決めたの?」との 問いに 答えて 言わく、「選定は、日本の代表的な園芸研究家お二人にお願いしました。日本の季節に合った『花』……を……選定していただきました」と しかじか 述べている[1]。(日本放送協会). 2016年4月18日閲覧
  7. "ラジオ深夜便 誕生日の花と花ことば".(日本放送協会). 2016年6月11日閲覧

外部リンク(外部連接)