「福島県」の版間の差分

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
(Category:ユアペディア {|八王子市生活保護課 安藤 弱者への対応を電話一本で断る class="wikitable" style="float:right; font-size:100%;" border="1" |+  <big>ぷちFM897すみだリヴァー</big> <!-- 正式な放送)
(後遺症 (トーク) による版 302558 を取り消し 荒らし)
13行目: 13行目:
 
鳥=[[キビタキ]]|
 
鳥=[[キビタキ]]|
 
シンボル名=県民の日|
 
シンボル名=県民の日|
歌など=[[8月21日]]|[[Category:ユアペディア]]
+
歌など=[[8月21日]]|
{|八王子市生活保護課 安藤 弱者への対応を電話一本で断る class="wikitable" style="float:right; font-size:100%;" border="1"
+
|+  <big>ぷちFM897すみだリヴァー</big> <!-- 正式な放送局名(商号)を、会社の種類([https://ja.wikipedia.org/wiki/株式会社(日本) 株式会社]・[https://ja.wikipedia.org/wiki/有限会社 有限会社]・特定非営利活動法人など)をつけて記入します。 -->
+
|-
+
!style="background-co<div class="template-documentation" style="clear: both; margin: 1em 0 1em 0; border: 1px solid #aaa; background-color: #ecfcf4; padding: 5px">
+
''この記事から呼び出されているウィキペディア由来のテンプレート「[[Tem |{{#ifexist: {{{2}詳細は{{#if:{{{1}}}|「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{1}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{1}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{1}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{1}}}|{{{1}八王子市生活保護課 安藤 弱者への対応を電話一本で断る}}]]|{{{1}}}}}」 | 「{{#invoke:Error|error|エラー:記事名が入力されていません|tag=}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{2}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{2}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{2}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{2}}}|{{{2}}}]]|{{{2}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{3}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{3}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{3}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{3}}}|{{{3}}}]]|{{{3}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{4}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{4}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{4}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{4八王子市生活保護課 安藤 弱者への対応を電話一本で断る}}}|{{{4}}}]]|{{{4}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{5}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{5}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{5}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{5}}}|{{{5}}}]]|{{{5}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{6}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{6}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{6}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{6}}}|{{{6}}}]]|{{{6}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{7}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{7}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{7}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{7}}}|{{{7}}}]]|{{{7}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{8}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{8}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{8}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{8}}}|{{{8}}}]]|{{{8}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{9}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{9}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{9}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{9}}}|{{{9}}}]]|{{{9}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{10}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{10}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{10}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{10}}}|{{{10}}}]]|{{{10}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{11}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{11}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{11}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{11}}}|{{{11}}}]]|{{{11}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{12}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{12}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{12}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{12}}}|{{{12}}}]]|{{{12}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{13}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{13}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{13}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{13}}}|{{{13}}}]]|{{{13}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{14}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{14}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{14}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{14}}}|{{{14}}}]]|{{{14}}}}}」 }}{{#if:|、および「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{15}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{15}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{15}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{15}}}|{{{15}}}]]|{{{15}}}}}」 }}{{#if:|…{{#invoke:Error|error|最大15記事までです。|tag=}} }}を参照
+
+
+
これは記事の内容を補足する記事へのリンクを生成するテンプレートです。plate:未完]]」は、正しく機能しないため無効化されています([[wiki:Template:{{PAGENAME}}|原版はこちら]])。''
+
</div><noinclude>
+
問題を起こしている機能を使用しない形にテンプレートを改良するか、或いはテンプレートの機能に必要なMediaWiki拡張機能が復旧した際に、無効化される前の版に戻すことが可能です。
+
 
+
[[Category:お知らせテンプレート|*]]</noinclude>
+
lor:#AFDFE4" | 英文社名 <!-- 文の企業名を記入します。正式な英文社名を記入してください。省略可能です。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 愛称 <!-- 放送局の愛称・ステーションネームを記入してください。省略可能です。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | コールサイン <!-- JOZZ●●●-FMの、●●●の部分を記入します。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 周波数 <!-- ○MHzを記入。 -->
+
| 89.7MHz([https://ja.wikipedia.org/wiki/ミニFM ミニFM])<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 出力 <!-- 本局の送信出力○Wを記入します。 -->
+
| 微弱<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 郵便番号 <!-- 登記上の本社の郵便番号を記入します。〒マークは不要です。不明な場合は省略可能です。 -->
+
| 130-0004<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 都道府県名 <!-- 登記上の本社が所在する都道府県名を記入します。 -->
+
| [https://ja.wikipedia.org/wiki/東京都 東京都]
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 郡名 <!-- 登記上の本社が所在する郡名を記入します。省略可能です。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 市区町村名 <!-- 登記上の本社が所在する市区町村を記入します。 -->
+
| [https://ja.wikipedia.org/wiki/墨田区 墨田区]
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 所在地 <!-- 登記上の本社が所在する、市区町村名以降の住所を記入します。 -->
+
| [https://ja.wikipedia.org/wiki/本所_(墨田区) 本所] 1丁目<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 会社設立日 <!-- 会社の設立年月日を西暦で記入します。省略可能です。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 開局日 <!-- 放送局の開局年月日を西暦で記入します。省略可能です。 -->
+
| 2013年8月7日<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 廃局日 <!-- 放送局が廃局している場合、その開局年月日を西暦で記入します。省略可能です。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | [https://ja.wikipedia.org/wiki/演奏所 演奏所] <!-- ラジオ局でいうスタジオ所在地の住所を記載します。省略可能です。 -->
+
| [https://ja.wikipedia.org/wiki/東京都 東京都][https://ja.wikipedia.org/wiki/墨田区 墨田区][https://ja.wikipedia.org/wiki/本所_(墨田区) 本所] 1丁目<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 中継局 <!-- 中継局の所在地の住所と送信出力を記載します。複数ある場合は、中継局1、中継局2、中継局3と分けて書いてください(最大3局まで)。それ以上ある場合は、本文に別項付けて下さい。省略可能です。 -->
+
| <!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 放送区域 <!-- 実際に放送を受信できるエリアではなく、無線局免許状記載の放送区域(サービスエリア)を記入します。局公式サイトでは、可聴範囲と記載されていることもあります。-->
+
| [https://ja.wikipedia.org/wiki/東京都 東京都][https://ja.wikipedia.org/wiki/墨田区 墨田区][https://ja.wikipedia.org/wiki/本所_(墨田区) 本所] 1丁目<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 受信可能エリア <!-- 実際に放送を受信できるエリアを記載する必要があれば、ここに書いてください。省略可能です。 -->
+
| [https://ja.wikipedia.org/wiki/東京都 東京都][https://ja.wikipedia.org/wiki/墨田区 墨田区][https://ja.wikipedia.org/wiki/本所_(墨田区) 本所] 1丁目周辺<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 公式ウェブサイト <!-- 公式サイトのURLを貼ります。 [URL ○○(サイト名)]のように記入してください。 省略可能です。 -->
+
| [http://zarya-music.com/fm897/ ぷちFM897すみだリヴァー 公式ウェブサイト] {{ja icon}}<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 公式Twitter <!-- 公式TwitterのURLを貼ります。 [URL @○○]のように記入してください。 省略可能です。 -->
+
| {{Twitter|fm897_staff|ぷちFM897すみだリヴァー 公式Twitter}} {{ja icon}}<!-- <!--の外側に書く。-->
+
|-
+
!style="background-color:#AFDFE4" | 特記事項 
+
| ※ [https://ja.wikipedia.org/wiki/ミニFM ミニFM]のため、[https://ja.wikipedia.org/wiki/本所_(墨田区) 本所] 1丁目周辺でしか聴くことが出来ない。<br />   受信可能エリア以外からは[http://www.ustream.tv/channel/%E3%81%B7%E3%81%A1fm897%E3%81%99%E3%81%BF%E3%81%A0%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC Ustream]で視聴できる。
+
|-
+
<!--
+
※ 記入する内容がない項は削除しても構いませんが、未記入のまま残しておくことを推奨します。
+
※ 長くなりそうな行には <br /> で改行を入れることを推奨します。
+
-->
+
|}
+
<big>
+
'''ぷちFM897すみだリヴァー'''は[https://ja.wikipedia.org/wiki/東京都 東京都][https://ja.wikipedia.org/wiki/墨田区 墨田区][https://ja.wikipedia.org/wiki/本所_(墨田区) 本所] 1丁目に開局している[https://ja.wikipedia.org/wiki/ミニFM ミニFM局]。
+
 
+
 
+
 
+
__TOC__{{-}}
+
== 概要 ==
+
{{節スタブ|{{subst:DATE}}}}
+
 
+
 
+
 
+
== 沿革 ==
+
{{節スタブ|{{subst:DATE}}}}
+
 
+
* 2013年
+
** 8月7日 - 開局
+
 
+
 
+
== 配信中の番組(2015年8月 現在) ==
+
=== 月曜日 ===
+
* [[ジャンボリー鶴田の「ウィークリージャンボリー」]]
+
* [[唐木田TIS、吉田 陽宏の「〜冷めないうちに召し上がれ〜」]]
+
* [[大森 真理子と松岡 里果の「天真らん×2♪Monday II」]] '''※ 隔週:第1・第3・第5週 配信'''
+
* [[「★THE!秋田犬★」]](2015年9月14日 - ) '''※ 隔週:第2・第4週 配信'''
+
 
+
 
+
=== 火曜日 ===
+
* [[アンライヴァルドの「囲碁と音楽と私。」]]
+
* [[輝け☆! 元気がでる☆火曜日〔AHBE TIMEアーベータイム〕]]
+
* [[せきやみずほの「薔薇空間」]]
+
* [[ふみ亀の「シンガーソングライターへの道」]]
+
* [[福島 環と保科 智幸の「どうか聞いて下さい!」]]
+
 
+
 
+
=== 水曜日 ===
+
* [[「とんちんかんで行こう!」]]
+
* [[「おしゃべりいちゃりばちょうでい」]]
+
* [[「輝く明日を信じて」]]
+
* [[POPCORN O-G'sとシモンヌの「今日も舞台は楽しいね」]]
+
* [[「RUKAの時間」]] '''※ 隔週:第2・第4週 配信'''
+
 
+
 
+
=== 木曜日 ===
+
* [[ユイの「Amazing Time♪」]] '''※ 隔週:第1・第3・第5週 配信'''
+
* [[「まぁ! 散歩」]] '''※ 隔週:第2・第4週 配信'''
+
* [[「AKILAND STUDIO」]]
+
* [[「オガラボトーーーク」]] '''隔週:第1・第3週 配信'''
+
* [[ウンティーとのぐさんの「わたあめラジオ」]] '''※ 隔週:第2・第4週 配信'''
+
* [[「kudan.de.matoi」]]
+
* [[発素勇気の「気ままにマンガTIME!」]]
+
* [[「N郎♪ON AIR ラベンダーな夜」]]
+
 
+
 
+
=== 金曜日 ===
+
* [[Mintの「なんとかなるよ」]]
+
* [[チキンズキッチンの「Hey! you! Myfriend!」]]
+
* [[rigina yukiの「読書三昧 金曜どうざんしょ。」]]
+
* [[かん×shige×shoco×JUN×もう1人の「音楽番組!」]]
+
 
+
 
+
=== 土曜日 ===
+
* [[「Mr.Bのリヴァーな気分」]]
+
* [[「モリオカン・サタデー」]] '''※ 録画配信'''
+
* [[あばうとウォーク]]
+
 
+
=== 日曜日 ===
+
* [[「LIFE is “L”」]] '''※ 月1回配信'''
+
 
+
 
+
=== 不定期 ===
+
* [[「Come To The Sunshine」]]
+
* [[キャベツラブの「ちっちゃなイベント見っけた」]]
+
* [[「ユウキとユイのワイワイショッピング」]]
+
* [[airlyの「airLism」]]
+
 
+
 
+
<!-- === 過去に配信していた番組 === -->
+
 
+
== 外部サイト ==
+
* [http://zarya-music.com/fm897/ ぷちFM897すみだリヴァー 公式ウェブサイト] {{ja icon}}
+
* {{Twitter|fm897_staff|ぷちFM897すみだリヴァー 公式Twitter}} {{ja icon}} (2013年7月29日 01:26 - ) '''※ [https://ja.wikipedia.org/wiki/協定世界時 UTC]表記。'''
+
* {{Facebook|puchifm897|ぷちfm897 すみだリヴァー 公式Facebook}} {{ja icon}} (2013年7月20日 - )
+
 
+
 
+
</b<div class="template-documentation" style="clear: both; margin: 1em 0 1em 0; border: 1px solid #aaa; background-color: #ecfcf4; padding: 5px">
+
''この記事から呼び出されているウィキペディア由来のテンプレート「[[Tem |{{#ifexist: {{{2}詳細は{{#if:{{{1}}}|「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{1}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{1}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{1}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{1}}}|{{{1}}}]]|{{{1}}}}}」 | 「{{#invoke:Error|error|エラー:記事名が入力されていません|tag=}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{2}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{2}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{2}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{2}}}|{{{2}}}]]|{{{2}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{3}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{3}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{3}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{3}}}|{{{3}}}]]|{{{3}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{4}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{4}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{4}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{4}}}|{{{4}}}]]|{{{4}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{5}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{5}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{5}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{5}}}|{{{5}}}]]|{{{5}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{6}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{6}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{6}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{6}}}|{{{6}}}]]|{{{6}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{7}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{7}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{7}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{7}}}|{{{7}}}]]|{{{7}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{8}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{8}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{8}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{8}}}|{{{8}}}]]|{{{8}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{9}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{9}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{9}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{9}}}|{{{9}}}]]|{{{9}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{10}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{10}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{10}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{10}}}|{{{10}}}]]|{{{10}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{11}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{11}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{11}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{11}}}|{{{11}}}]]|{{{11}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{12}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{12}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{12}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{12}}}|{{{12}}}]]|{{{12}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{13}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{13}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{13}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{13}}}|{{{13}}}]]|{{{13}}}}}」 }}{{#if:|{{#if:|、|、および}}「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{14}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{14}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{14}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{14}}}|{{{14}}}]]|{{{14}}}}}」 }}{{#if:|、および「{{#if:{{#ifeq:{{#titleparts:{{{15}}}}}|-||{{#ifeq:[[:特別:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{15}}}}}]]|{{raw:Special:Whatlinkshere/{{#titleparts:{{{15}}}}}}}|valid}}}}|[[:{{{15}}}|{{{15}}}]]|{{{15}}}}}」 }}{{#if:|…{{#invoke:Error|error|最大15記事までです。|tag=}} }}を参照
+
+
+
これは記事の内容を補足する記事へのリンクを生成するテンプレートです。plate:未完]]」は、正しく機能しないため無効化されています([[wiki:Template:{{PAGENAME}}|原版はこちら]])。''
+
</div><noinclude>
+
問題を起こしている機能を使用しない形にテンプレートを改良するか、或いはテンプレートの機能に必要なMediaWiki拡張機能が復旧した際に、無効化される前の版に戻すことが可能です。
+
 
+
[[Category:お知らせテンプレート|*]]</noinclude>
+
ig>
+
{{DEFAULTSORT:ふちえふえむ897すみだりうああ}}
+
[[Category:日本のミニFM放送局]]
+
 
+
'''東京地下鉄株式会社'''(とうきょうちかてつ、[[英語|英称]] : {{lang|en|Tokyo Metro Co., Ltd.}})は、[[東京都]]の[[特別区]](東京23区)およびその付近<ref>[http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO188.html 東京地下鉄株式会社法] 第1条</ref> で[[地下鉄]]を経営する[[鉄道事業者]]である。
+
 
+
愛称は'''東京メトロ'''。[[東京の地下鉄]]路線のうち、[[東京メトロ銀座線|銀座線]]などの9路線を運営している。
+
 
+
== 概要 ==
+
{{See also|帝都高速度交通営団#営団の廃止・株式会社化}}
+
1941年に設立された[[特殊法人]]([[営団]])である[[帝都高速度交通営団]](交通営団)を国の[[行政改革]]の一環として民営化するにあたり、同営団の事業を承継する法人として、[[2004年]]([[平成]]16年)[[4月1日]]に[[東京地下鉄株式会社法]]に基づいて設立された[[特殊会社]]である。9路線11系統・195.1km([[営業キロ]])の地下鉄路線を運営するほか、関連事業を営む。
+
 
+
設立の経緯もあり、設立時に発行された株式は営団時代の出資者がそのまま引き継いでおり、現在の株主は旧[[日本国有鉄道|国鉄]]の出資金を承継した[[日本国政府]](名義上は[[財務大臣]])と、[[東京都]]となっている。[[2009年]](平成21年)度までに[[株式]]を[[株式公開|上場]]することを目標としていた<ref>[http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/management_plan/index.html 東京メトログループ中期経営計画「Step Up Tokyo Metro Plan 2009」].[[東京地下鉄]].(2007年3月28日)</ref>が、2009年に[[2010年]](平成22年)度以降へ延期されており<ref>[http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200910140068a.nwc 東京メトロ、10年度に上場を延期].[[日本工業新聞新社]].(2009年10月14日)</ref>、現在は公式サイト上で「できる限り早期の株式上場を目指します」と上場目標時期を明言していない状態となっている<ref>[http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/strategy/index.html 経営戦略 - 持続的な企業価値の向上を目指して].[[東京地下鉄]]</ref>。このように完全に公的資本会社であるが、民営化前の営団時代から[[日本民営鉄道協会]]に加盟しており、民営化後は16社目の[[大手私鉄]]とみなされている。
+
 
+
=== 愛称とシンボルマーク ===
+
正式名称の「'''東京地下鉄'''」および愛称の「'''東京メトロ'''」はいずれも営団末期に社内(団内)で募集したものの中から採用された<ref>[http://www.recruiting-site.com/tokyometro/special/unknown01.html 知られざる東京メトロ コーポレートアイデンティティ] .東京メトロ 2012年度総合職採用サイト .[[東京地下鉄]]</ref>。「メトロ」という言葉は(イギリスやアメリカを除く<ref>イギリスでは「Underground」「Tube」、アメリカでは「Subway」が地下鉄の意味として用いられる。</ref>)世界各地で「地下鉄」の意味として用いられているが、これは1863年にロンドンで世界初の地下鉄を開業させた[[メトロポリタン鉄道]]に由来する<ref>「深迷怪鉄道用語辞典」313ページ ISBN 4-907727-18-6</ref>。
+
 
+
東京地下鉄では、前身の営団時代から地下鉄路線網を「メトロネットワーク」と呼び[[路線図]]に記載していたほか、[[プリペイドカード]]の[[メトロカード]]や駅売店の「Metro's」(メトロス)、オリジナルキャラクターで[[アリ]]の「メトロン」、[[ドメイン名]]「www.tokyometro.jp」(旧営団時代は「www.tokyometro.go.jp」)など、「メトロ」という語を多用している。また、[[パスネット]]対応カードを「[[メトロカード|SFメトロカード]]」という名称で発行していた。
+
 
+
[[シンボルマーク]]は、営団時代の「S」(地下鉄の「SUBWAY」のほかにSAFETY(安全)、SECURITY(保安)、SPEEDY(速さ)、SERVICE(サービス)の「S」の意味を含む)を図案化したものから、メトロ (METRO) の「'''M'''」を図案化した「ハートM」を採用している。これは、[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]のシンボルマーク開発も手掛けた英国のデザイン会社{{仮リンク|ウルフオリンズ|en|Wolff Olins}}社に依頼したものである。
+
 
+
[[コーポレートカラー]]は、シンボルマークの背景色でもある「ブライトブルー」。「東京メトロ」の背景色は「ダークブルー」とし、ブライトブルーを常にメインとしながらも両色を並べて表示する。シンボルマークと愛称を知ってもらうために、基本的に2つのボックスと2つの色を常に並べて表示し、これをコミュニケーションマークと制定した。
+
 
+
=== 理念・キャッチコピー ===
+
東京メトログループ理念は'''「東京を走らせる力」'''。[[2013年]](平成25年)[[4月]]からの[[キャッチコピー]]は'''「Color your days.」'''である。
+
 
+
2013年(平成25年)4月から7代目の[[キャラクター|イメージキャラクター]]として[[俳優|女優]]の[[堀北真希]]を起用している(歴代のキャッチコピーとイメージキャラクターは「[[#キャッチコピーおよびイメージキャラクター|キャッチコピーおよびイメージキャラクター]]」を参照)。
+
 
+
== 路線 ==
+
[[ファイル:Tokyo metro map ja - Tokyo Metro lines.png|thumb|none|500px|東京地下鉄の路線図]]
+
<!-- 色を変更される際は、できれば各路線の記事中の○マーク・駅一覧の帯色、[[日本の鉄道ラインカラー一覧]]の路線色、各路線のテンプレート[[Template:東京メトロ○○線]]のラインカラーも変更してください。
+
表示環境(装置の違いや色数など)によって色の見え方が違います。RGB値までこだわっても他の環境で同じ色調に見えるとは限りません。-->
+
{| class="wikitable sortable" style="font-size:90%;"
+
|-
+
!class="unsortable"|色
+
!記号
+
!data-sort-type="number"|路線番号
+
!style="width:5em;"|路線名
+
!class="unsortable"|区間
+
!data-sort-type="number"|キロ程
+
!class="unsortable" style="width:5em;"|色名<!--東京メトロ・都営共通の構内・周辺案内公式掲示で確認済。-->
+
|-
+
|style="background:#f39700;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="G"|[[ファイル:Subway TokyoGinza.png|21px|G]]
+
|style="text-align:center;"|3号線
+
|data-sort-value="ぎんざ"|[[東京メトロ銀座線|銀座線]]
+
|[[浅草駅]](G-19) - [[渋谷駅]](G-01)
+
|style="text-align:right;"|14.3 km
+
|style="text-align:center;"|オレンジ
+
|-
+
|style="background:#e60012;" rowspan="2"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="M"|[[ファイル:Subway TokyoMarunouchi.png|21px|M]]
+
|rowspan="2" style="text-align:center;"|4号線
+
|rowspan="2" data-sort-value="まるのうち"|[[東京メトロ丸ノ内線|丸ノ内線]]
+
|本線:[[池袋駅]](M-25) - [[中野坂上駅]](M-06) - [[荻窪駅]](M-01)
+
|style="text-align:right;"|24.2 km
+
|rowspan="2" style="text-align:center;"|レッド
+
|-
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="m"|[[ファイル:Subway TokyoMarunouchi b.png|21px|m]]
+
|分岐線:中野坂上駅(M-06) - [[方南町駅]](m-03)
+
|style="text-align:right;"|3.2 km
+
|-
+
|style="background:#9caeb7;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="H"|[[ファイル:Subway TokyoHibiya.png|21px|H]]
+
|style="text-align:center;"|2号線
+
|data-sort-value="ひびや"|[[東京メトロ日比谷線|日比谷線]]
+
|[[北千住駅]](H-21) - [[中目黒駅]](H-01)
+
|style="text-align:right;"|20.3 km
+
|style="text-align:center;"|シルバー
+
|-
+
|style="background:#00a7db;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="T"|[[ファイル:Subway TokyoTozai.png|21px|T]]
+
 
+
|style="text-align:center;"|5号線
+
|data-sort-value="とうざい"|[[東京メトロ東西線|東西線]]
+
|[[中野駅 (東京都)|中野駅]](T-01) - [[西船橋駅]](T-23)
+
|style="text-align:right;"|30.8 km
+
|style="text-align:center;"|スカイ
+
|-
+
|rowspan="2" style="background:#009944;"|&nbsp;
+
|rowspan="2" style="text-align:center;" data-sort-value="C"|[[ファイル:Subway TokyoChiyoda.png|21px|C]]
+
|rowspan="2" style="text-align:center;"|9号線
+
|rowspan="2" data-sort-value="ちよだ"|[[東京メトロ千代田線|千代田線]]
+
|本線:[[綾瀬駅]](C-19) - [[代々木上原駅]](C-01)
+
|style="text-align:right;"|21.9 km
+
|rowspan="2" style="text-align:center;"|グリーン
+
|-
+
|支線:綾瀬駅(C-19) - [[北綾瀬駅]](C-20)
+
|style="text-align:right;"|2.1 km
+
|-
+
|style="background:#d7c447;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="Y"|[[ファイル:Subway TokyoYurakucho.png|21px|Y]]
+
|style="text-align:center;"|8号線
+
|data-sort-value="ゆうらくちょう"|[[東京メトロ有楽町線|有楽町線]]
+
|[[和光市駅]](Y-01) - [[小竹向原駅]](Y-06) - [[新木場駅]](Y-24)
+
|style="text-align:right;"|28.3 km
+
|style="text-align:center;"|ゴールド
+
|-
+
|style="background:#9b7cb6;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="Z"|[[ファイル:Subway TokyoHanzomon.png|21px|Z]]
+
|style="text-align:center;"|11号線
+
|data-sort-value="はんぞうもん"|[[東京メトロ半蔵門線|半蔵門線]]
+
|渋谷駅(Z-01) - [[押上駅]](Z-14)
+
|style="text-align:right;"|16.8 km
+
|style="text-align:center;"|パープル
+
|-
+
|style="background:#00ada9;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="N"|[[ファイル:Subway TokyoNamboku.png|21px|N]]
+
|style="text-align:center;"|7号線
+
|data-sort-value="なんぼく"|[[東京メトロ南北線|南北線]]
+
|[[目黒駅]](N-01) - [[白金高輪駅]](N-03) - [[赤羽岩淵駅]](N-19)
+
|style="text-align:right;"|21.3 km
+
|style="text-align:center;"|エメラルド
+
|-
+
|style="background:#bb641d;"|&nbsp;
+
|style="text-align:center;" data-sort-value="F"|[[ファイル:Subway TokyoFukutoshin.png|21px|F]]
+
|style="text-align:center;"|13号線
+
|data-sort-value="ふくとしん"|[[東京メトロ副都心線|副都心線]]
+
|和光市駅(F-01) - 小竹向原駅(F-06) - 渋谷駅(F-16)
+
|style="text-align:right;"|11.9 km
+
|style="text-align:center;"|ブラウン
+
|}
+
*有楽町線のうち和光市 - 小竹向原間は、東京圏鉄道網整備計画などでは13号線(副都心線)の一部となっており、東京地下鉄によると副都心線の起点駅は和光市となっている。そのため、和光市 - 小竹向原間は有楽町線と副都心線の共有区間となっている。なお、副都心線開業前は、先行開業していた小竹向原 - 新線池袋(現・池袋)間を[[東京メトロ副都心線|有楽町線新線]]として営業していた。
+
*副都心線の営業キロは小竹向原 - 渋谷間のもので、有楽町線との共用区間は含まない。
+
*路線番号に欠番(1・6・10・12号線)があるのは、都営地下鉄と共通の連番にしているためである。
+
 
+
銀座線と丸ノ内線は[[標準軌]](軌間1,435mm)・[[第三軌条方式]]([[直流電化|直流]]600[[ボルト (単位)|V]])、それ以外の路線は他社線との[[直通運転|相互乗り入れ]]を行う必要性などから[[狭軌]](軌間1,067mm)・[[架空電車線方式]](直流1,500V)による電気鉄道となっている。また、車両の大きさも銀座線が小型車(16m級)、丸ノ内線と日比谷線が中型車(18m級)、その他の線区が大型車(20m級)と、建設時期や他社乗り入れ車両の関係から線区ごとに異なっている。
+
 
+
<!--他のページに於いて、A線B線の語句を使用した方が上り下りよりも分かりやすいと思われるためその説明(他のページからリンクして参照)用に書いたため、不要でしたら削除して頂きますようお願い致します。-->
+
なお、東京地下鉄では起点から終点に向かう下り線を「A線」、終点から起点に向かう上り線を「B線」と呼んでいる。<!--ただし、銀座線に限り渋谷→浅草が下り、浅草→渋谷が上りとなる。←要出典。-->駅ではホームの番号が若い方をA線としている(綾瀬・中野坂上および半蔵門線各駅をのぞく自社管理駅に限る)。また、[[列車番号]]では上下で奇数偶数の区別をしていないため、直通のない銀座・丸ノ内線をのぞいて「A○○△△S」「B○○△△K」(○○はその列車の始発「時」、△△は運用番号、末尾のアルファベットは車両の所属元の符号)のように頭にA・Bが付く。
+
 
+
ちなみに、2004年の発足時に導入された駅番号([[駅ナンバリング]])は、基本的に西・南から東・北方面に向かって振られており、路線によっては起点ではなく終点側の駅が「01」である場合もある点に注意が必要である。上表では左側の駅が起点である。なお、各線の記事の駅一覧では駅番号順で記載している。
+
 
+
今後の新線開業については、当初の営団の目標である「地下鉄網の整備」に目途が立ち、民営化を目指すために東京地下鉄が設立されたという経緯を勘案し、副都心線以降は行わない方針である。ただし、今後新線建設に対する協力を求められる場合には、東京地下鉄の都市鉄道ネットワークの一部を構成する事業者としての立場から、「当社の経営に悪影響を及ぼさない範囲内において行う」という方針であるともいう。
+
 
+
1982年1月に免許申請を行った8号線(豊洲 - 亀有間14.7 km)については、半蔵門線(水天宮前 - 押上間)の開業や輸送需要予測の減少等、免許申請時とは事業環境が異なってきたことから、東京地下鉄としては、整備主体となることはきわめて困難と表明している。
+
 
+
=== 直通運転区間 ===
+
東京地下鉄では、銀座線・丸ノ内線をのぞく7路線で他社線との[[直通運転|相互直通運転]]を行っている。ここではその概要のみ示す。詳細は各路線の記事を参照のこと。
+
 
+
東京地下鉄の所有車両は、[[東武鉄道]](日比谷線・有楽町線・半蔵門線・副都心線)、[[東京急行電鉄]](半蔵門線・南北線・副都心線)、[[横浜高速鉄道]](副都心線)、[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)(東西線・千代田線)、[[小田急電鉄]](千代田線)、[[西武鉄道]](有楽町線・副都心線)、[[東葉高速鉄道]](東西線)、[[埼玉高速鉄道]](南北線)と相互乗り入れを行っており、[[埼玉県]]・[[千葉県]]・[[神奈川県]]・[[茨城県]]までの広範囲で運転されている。ただし、茨城県内の乗り入れ駅は[[取手駅]]のみであり、乗り入れ時間帯も通勤時間帯に限定される。
+
 
+
()内の駅名は'''通常のダイヤにおける最長直通運転区間'''([[臨時列車]]、有料特急列車をのぞく)で、一部時間帯のみしか直通運転を行わない区間もある。[ ]内の英字は当該社所属車両に割り当てられる運用番号の末尾の記号(列車記号)で、この英字によって所属を区別する。なお、東京地下鉄の所有車両の識別符号はメトロを示す「M」ではなく、営団時代から引き続き「S」が使われている。おおむね各鉄道会社の所属車両の表示は東武と東葉高速が「T」<ref>南北線の白金高輪から目黒まで直通する都営地下鉄車も「T」である。</ref>、東急・横浜高速・JR東日本は「K」、小田急は「E」、西武と埼玉高速は「M」である。
+
 
+
* [[東武伊勢崎線|東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)]]・[[東武日光線|日光線]] ([[南栗橋駅]])[T] - '''日比谷線'''
+
** 2013年3月15日までは[[東急東横線]][[菊名駅]]まで相互直通運転を行っていた(ただし3社直通運転は行われなかった)。
+
* JR[[中央・総武緩行線|中央線(各駅停車)]]([[三鷹駅]])[K] - '''東西線''' - [[東葉高速鉄道東葉高速線]]([[東葉勝田台駅]])[T]・JR総武線(各駅停車)([[津田沼駅]])[K]
+
** 3社直通運転は東京地下鉄の車両でのみ運用される(JRの車両が東葉高速へ、あるいはその逆の運用はない)。
+
* JR[[常磐線]][[常磐緩行線|(各駅停車)]]([[取手駅]])[K] - '''千代田線''' - [[小田急小田原線]]([[本厚木駅]])・[[小田急多摩線|多摩線]]([[唐木田駅]])[E]
+
** 3社直通運転は東京地下鉄の車両でのみ運用される(JRの車両が小田急へ、あるいはその逆の運用はない)。
+
** これとは別に[[小田急ロマンスカー|特急ロマンスカー]]が北千住駅から小田急線経由[[箱根登山鉄道鉄道線|箱根登山鉄道]] [[箱根湯本駅]]まで運行される。
+
* [[東武東上本線|東武東上線]]([[森林公園駅 (埼玉県)|森林公園駅]])[T]・[[西武池袋線]]・[[西武有楽町線|有楽町線]]([[飯能駅]])[M] - '''有楽町線'''
+
** 西武から東武への直通運転、あるいはその逆は行われないが、西武の直通運転区間ではない[[小竹向原駅]] - [[和光市駅]]間に西武の車両が乗り入れる運用はある。
+
* 東武東上線(森林公園駅)[T]・西武池袋線・有楽町線(飯能駅)[M] - '''副都心線''' - 東急東横線・[[横浜高速鉄道みなとみらい21線|横浜高速鉄道みなとみらい線]]([[元町・中華街駅]])[K]
+
** 各社車両による5社直通運転が行われている。
+
* [[東急田園都市線]]([[中央林間駅]])[K] - '''半蔵門線''' - [[東武伊勢崎線]]([[久喜駅]])・[[東武日光線|日光線]]([[南栗橋駅]])[T]
+
** 各社車両による3社直通運転が行われている。
+
* [[東急目黒線]]([[日吉駅 (神奈川県)|日吉駅]])[K] - '''南北線''' - [[埼玉高速鉄道線]]([[浦和美園駅]])[M]
+
** 各社車両による3社直通運転が行われている。
+
** 東急目黒線は[[都営地下鉄三田線|都営三田線]]([[東京都交通局]])とも直通運転を行っている(目黒駅 - [[白金高輪駅]]間は南北線と三田線の共用区間)が、都営地下鉄の車両が埼玉高速鉄道へ、あるいはその逆の運用はない。
+
 
+
== 歴史 ==
+
東京の地下鉄の歴史は、[[1927年]]([[昭和]]2年)[[東京地下鉄道]]株式会社が、[[早川徳次 (東京地下鉄道)|早川徳次]]により[[浅草駅]] - [[上野駅]]間(現在の[[東京メトロ銀座線|銀座線]]の一部)を開業したことによって始まった。その後、[[新橋駅]]までの延伸と[[1938年]](昭和13年)に部分開業した[[東京高速鉄道]]の新橋駅-[[渋谷駅]]間との[[1939年]](昭和14年)の相互[[直通運転]]開始を経て、[[戦中|戦時下]]の政府による交通事業の統制([[陸上交通事業調整法]])によって東京市内の[[都営バス|乗合バス]]と[[東京都電車|軌道]]は[[東京市]]へ、地下鉄両社は[[1941年]](昭和16年)[[9月1日]]に新たに設立された帝都高速度交通営団に引き継がれた。
+
 
+
[[営団]]とは戦争([[日中戦争]])遂行のための統制管理目的の組織である。帝都高速度交通営団は[[住宅営団]]、[[食糧営団]]などとともにその営団の一つであり、その運営は[[帝都高速度交通営団法]]に規定されている。終戦後、[[連合国軍最高司令官総司令部|GHQ]]の指令によって、他のほとんどの営団は解体されたが、帝都高速度交通営団はその運営が戦争目的ではないと認められ存続された。このため、新線建設の資金調達に関しては[[財政投融資]]が活用され、[[公団]]に近い形で運営が行われてきた。また公共企業体ながら[[日本民営鉄道協会]](民鉄協)に加盟した。
+
 
+
[[戦後]]は、[[日本国有鉄道]]([[国鉄分割民営化]]以降は日本政府)と東京都が出資する[[特殊法人]]という位置付けにあったが、[[1986年]](昭和61年)[[6月10日]]の[[臨時行政改革推進審議会]]の答申で、営団地下鉄民営化の基本方針が打ち出された。その後も[[1995年]](平成7年)2月24日と[[2001年]](平成13年)[[12月19日]]の[[閣議]]決定を経て、[[2002年]](平成14年)[[12月18日]]に[[東京地下鉄株式会社法]]が公布され、2004年(平成16年)4月1日に東京地下鉄株式会社となった。株式会社化後も、引き続き出資比率は政府53.4%と東京都46.6%となっており、[[2008年]](平成20年)[[6月14日]]の副都心線開業後に株式を上場して、完全民営化を目指すとしている。
+
 
+
[[1995年]](平成7年)[[3月20日]]、[[オウム真理教]]による無差別テロ事件である[[地下鉄サリン事件]]が発生した。当日は営団地下鉄全線で一時運休、中でも[[サリン]]を散布された[[東京メトロ日比谷線|日比谷線]]は終日運休した。[[霞ケ関駅 (東京都)|霞ケ関駅]]などの事件現場となった駅は、3-6日間営業を中止した。
+
 
+
東京地下鉄発足後は、[[表参道駅]]を皮切りに商業施設「[[エチカ (商業施設)|エチカ]]」を展開するなど新しい動きが見られるほか、主要駅に「サービスマネージャー」を配し、様々な質問に対応している。
+
 
+
車内の自動放送も変更され、新たに[[英語]]による案内放送が開始された<!--(詳細は[[#案内放送|案内放送]]の節を参照)-->。さらに、新しい[[サインシステム|案内サインシステム]]の導入を進めている(詳細は「[[#サインシステム|サインシステム]]」の節を参照)。
+
 
+
また、[[フリーペーパー]]にも力を入れており、外部の編集・発行分を含めて自社系列の定期刊行フリーペーパーを7誌発行して各駅の専用ラックにて配布しているほか(筆頭は広報紙「メトロニュース」。民営化に伴うリニューアルで「TOKYO METRO NEWS」。「メトロ―」当時は現業部門の裏話なども掲載していた)、2006年秋からは、専用ラックをリニューアルさせると同時に、他社にも門戸を開放して、全部で6社18紙誌の配布を行っている。
+
 
+
そして、発足当時よりテレビの[[ミニ番組]]『[[東京日和 (テレビ番組)|東京日和]]』を[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]で放送するなど、沿線以外からも旅客誘致に努めている。
+
 
+
=== 年表 ===
+
{{Main2|各路線の詳しい沿革・乗り入れ区間の変遷などは各路線の記事の沿革・歴史の項を}}
+
==== 前史 ====
+
*[[1927年]]([[昭和]]2年) [[東京メトロ銀座線|銀座線]](12月30日)開業。当時は[[東京地下鉄道]]。
+
*[[1938年]](昭和13年) [[東京高速鉄道]]開業。
+
*[[1939年]](昭和14年) 銀座線全面完成、東京地下鉄道と東京高速鉄道が直通運転を開始。
+
*[[1941年]](昭和16年) [[帝都高速度交通営団]]発足。
+
*[[1951年]](昭和26年) [[東京メトロ丸ノ内線|丸ノ内線]]着工、この年から新路線の建設が始まる。
+
*[[1954年]](昭和29年) 丸ノ内線が戦後最初の路線として開業(1月20日)。
+
*[[1961年]](昭和36年) [[東京メトロ日比谷線|日比谷線]](3月28日)開業、[[東京メトロ丸ノ内線|荻窪線]](11月1日)開業と同時に旅客運賃を対キロ区間制とする<ref>『帝都高速度交通営団史』 東京地下鉄株式会社、2004年12月、579-580頁。</ref>。
+
*[[1962年]](昭和37年) 荻窪線が全面完成し、現在の丸ノ内線が全面完成、わずか8年弱で完成した。日比谷線、[[東武伊勢崎線]]と相互直通運転開始。
+
*[[1964年]](昭和39年) 日比谷線、わずか3年弱で全面完成、[[東急東横線]]と相互直通運転開始。[[東京メトロ東西線|東西線]]開業(12月23日)。
+
*[[1966年]](昭和41年) 東西線、国鉄[[中央・総武緩行線|中央線]]と相互直通運転開始、都内の[[ベッドタウン]]へ乗り入れ。
+
*[[1969年]](昭和44年) 東西線全面完成、営団地下鉄として初めて千葉県へ路線を延ばす。国鉄[[中央・総武緩行線|総武線]]と相互直通運転開始。[[東京メトロ千代田線|千代田線]]開業(12月20日)。営団で5番目の路線開業となった。
+
*[[1971年]](昭和46年) 千代田線、国鉄[[常磐緩行線|常磐線]]と相互直通運転開始、千葉県へ乗り入れると共に[[営団6000系電車|6000系]]電車運転開始。
+
*[[1972年]](昭和47年) 荻窪線の名称を廃止し、丸ノ内線に統一。
+
*[[1974年]](昭和49年) マナーポスター開始。第1号は[[森昌子]]と[[原ひさ子]]を起用した「少年老イ易ク楽成リ難シ」(9月)。[[東京メトロ有楽町線|有楽町線]]開業(10月30日)。
+
*[[1978年]](昭和53年) 千代田線全面完成。[[小田急小田原線]]と相互直通運転開始。[[東京メトロ半蔵門線|半蔵門線]]開業(8月1日)。当時は路線距離が短いため営団は車両を所有せず、東急の車両で[[東急田園都市線|新玉川線・田園都市線]]から直通運転。営団が建設し1977年4月7日に東急新玉川線の駅として開業していた半蔵門線渋谷駅の管理を乗り入れ先の東急から移管。
+
*[[1981年]](昭和56年) 半蔵門線、[[営団8000系電車|8000系]]電車運転開始。
+
*[[1982年]](昭和57年) 千代田線、国鉄常磐線の乗り入れ区間を延長、[[茨城県]]の[[取手駅]]まで乗り入れる。
+
*[[1983年]](昭和58年) 有楽町線、[[西武有楽町線]]への直通運転開始。
+
*[[1984年]](昭和59年) 銀座線、[[営団01系電車|01系]]電車運転開始。
+
*[[1987年]](昭和62年) [[国鉄分割民営化]]により東西線と千代田線の直通先は[[東日本旅客鉄道]]になる。有楽町線、営団地下鉄として初めて埼玉県へ路線を延伸、[[東武東上本線|東武東上線]]との相互直通運転開始。東西線、8000系電車運転開始。
+
*[[1988年]](昭和63年) 有楽町線全面完成。日比谷線、[[営団03系電車|03系]]電車、丸ノ内線、[[営団02系電車|02系]]電車、東西線、[[営団05系電車|05系]]電車運転開始。[[メトロカード]]を発売。
+
*[[1991年]]([[平成]]3年) [[東京メトロ南北線|南北線]]開業(11月29日)、平成初の地下鉄路線として開業、[[営団9000系電車|9000系]]電車運転開始。NSメトロカードを発売。
+
*[[1993年]](平成5年) 千代田線、[[営団06系電車|06系]]電車、有楽町線、[[営団07系電車|07系]]電車運転開始。銀座線、[[営団2000形電車|2000形]]電車を全廃。
+
*[[1994年]](平成6年) 有楽町線新線開業、平成に入り2番目の路線開業となる。日比谷線、[[営団3000系電車|3000系]]電車を全廃。
+
*[[1995年]](平成7年) [[地下鉄サリン事件]]。全路線が午前中の運転を休止。駅係員2名が殉職。また、丸ノ内・日比谷・千代田の各線は1週間近く運転を休止。
+
*[[1996年]](平成8年) 東西線、[[東葉高速鉄道東葉高速線|東葉高速線]]と相互直通運転開始。丸ノ内線、[[営団500形電車|500形]]電車を全廃、営団全車両で冷房化達成。SFメトロカードを発売。
+
*[[1998年]](平成10年) 有楽町線、[[西武池袋線]]との相互直通運転開始。
+
*[[2000年]](平成12年) 東西線、新05系電車運転開始。南北線全面完成、[[東急目黒線]]と相互直通運転開始。[[パスネット]]を導入。
+
*[[2001年]](平成13年) 南北線、[[埼玉高速鉄道線]]と相互直通運転開始。
+
*[[2002年]](平成14年) 千代田線、[[小田急多摩線]]と相互直通運転開始。
+
*[[2003年]](平成15年) 半蔵門線が全面完成、東武伊勢崎線・[[東武日光線|日光線]]と相互直通運転開始、営団最後の車両系列となった[[営団08系電車|08系]]電車運転開始。
+
 
+
==== 東京地下鉄発足後 ====
+
*[[2004年]](平成16年) 帝都高速度交通営団が民営化されて東京地下鉄が発足。愛称は「東京メトロ」。同時に1990年5月31日認定の[[相模鉄道]]以来14年振りの大手私鉄(16社目)となる。
+
*[[2006年]](平成18年) 有楽町線、東京地下鉄発足後最初の車両系列となる[[東京メトロ10000系電車|10000系]]電車運転開始。営団時代からの特徴であった160円区間・190円区間専用の券売機を廃止。
+
*[[2007年]](平成19年) 東西線、[[営団5000系電車|5000系]]電車を全廃。[[PASMO]]を導入、同時に[[Suica]]相互利用開始。あわせて[[提携カード]]「Tokyo Metro To Me Card」を発行。半蔵門線渋谷駅の管理を乗り入れ先の東急に移管。
+
*[[2008年]](平成20年) パスネットの発売終了。千代田線で[[小田急ロマンスカー]]の乗り入れによる日本初の地下鉄での有料特急運行開始(3月15日)。[[東京メトロ副都心線|副都心線]]開業(6月14日)。副都心線、東武東上線・西武有楽町線・西武池袋線との相互直通運転を開始。
+
*[[2010年]](平成22年) 東西線、[[東京メトロ15000系電車|15000系]]、千代田線、[[東京メトロ16000系電車|16000系]]電車運転開始。
+
*[[2011年]](平成23年) [[東北地方太平洋沖地震]]([[東日本大震災]])が発生し、各地で[[帰宅困難者]]が続出し、乗客が滞留する。帰宅困難者を救済して乗客滞留を解消するため、[[終夜運転]]を実施する(3月11日)。[[東日本大震災による電力危機]]で[[東京電力]]が[[輪番停電|輪番停電(計画停電)]]を実施。これに伴い、各線で節電ダイヤが適用され、同年9月10日まで減便もしくは直通運転の中止などの処置がなされる(3月13日)。
+
*[[2012年]](平成24年) 銀座線、[[東京メトロ1000系電車|1000系]]電車運転開始(4月11日)。
+
*[[2013年]](平成25年) 副都心線、東急東横線、[[横浜高速鉄道みなとみらい21線|みなとみらい線]]と相互直通運転開始。日比谷線、東急東横線との相互直通運転を廃止(3月16日)。[[乗車カード#交通系ICカード全国相互利用サービス|IC乗車カード全国相互利用]]開始で、[[Kitaca]]、[[manaca]]、[[TOICA]]、[[ICOCA]]、[[PiTaPa]]、[[nimoca]]、[[はやかけん]]、[[SUGOCA]]が利用開始になる(3月23日)。
+
*[[2016年]](平成28年)日比谷線に20m級片側4ドア7両編成の新型車両を導入。形式称号は未定。03系置換え完了後に各駅に順次ホームドア設置予定。
+
 
+
== 車両 ==
+
以下の車両は、2004年の東京地下鉄発足後に運用された<!--、または今後導入される予定の-->ものである。営団地下鉄時代に運用を終了した過去の車両については「[[帝都高速度交通営団#営団が保有していた車両|帝都高速度交通営団]]」の項を参照。
+
 
+
* 銀座線
+
**[[営団01系電車|01系]]
+
**[[東京メトロ1000系電車|1000系]]
+
*丸ノ内線
+
**[[営団02系電車|02系]]
+
*日比谷線
+
**[[営団03系電車|03系]]
+
*東西線
+
**[[営団5000系電車|5000系]](東西線用。2007年に運用終了)
+
**[[営団05系電車|05系]]
+
**[[営団07系電車|07系]](新造配置は全車有楽町線であったが、転属により全車が東西線で使用されている)
+
**[[東京メトロ15000系電車|15000系]]
+
*千代田線
+
**[[営団5000系電車|5000系]](北綾瀬支線用。2014年に運用終了)
+
**[[営団6000系電車|6000系]](北綾瀬支線用の1次試作車は2014年に運用終了)
+
**[[営団05系電車|05系]](北綾瀬支線用)
+
**[[営団06系電車|06系]]
+
** [[東京メトロ16000系電車|16000系]]
+
* 有楽町線・副都心線
+
**[[営団7000系電車|7000系]]
+
**[[営団07系電車|07系]](有楽町線・有楽町線新線のみ。現在は全車が東西線に転属)
+
**[[東京メトロ10000系電車|10000系]]
+
* 半蔵門線
+
**[[営団8000系電車|8000系]]
+
**[[営団08系電車|08系]]
+
* 南北線
+
**[[営団9000系電車|9000系]]
+
 
+
== 運賃 ==
+
大人普通旅客[[運賃]](小児半額・端数は1円単位で切り捨て)。2014年4月1日改定。
+
* 下表は[[乗車カード|ICカード]]利用時の運賃である。[[乗車券#鉄道|切符]]の運賃は10円単位で、端数は切り上げる(小児半額・端数は10円単位で切り上げ)。
+
 
+
{| class="wikitable" style="text-align: center;"
+
|-
+
!キロ程!!運賃(円)
+
|-
+
|初乗り6km||165
+
|-
+
|7 - 11 km||195
+
|-
+
|12 - 19 km||237
+
|-
+
|20 - 27 km||278
+
|-
+
|28 - 40 km||308
+
|}
+
 
+
* 都営地下鉄との乗り継ぎには割引がある。東京地下鉄全駅と都営地下鉄全駅が対象で、最も安い経路の運賃から70円値引き。パスネット・PASMO・[[Suica]]使用時も対象となる。
+
* 千代田線綾瀬 - 北千住間(2.6km)の相互発着は133円(切符は140円)の特定運賃。また、前後のJR[[常磐線]]と跨って利用する場合は、同区間をJR線(2.5km)として取り扱う。この区間はJR常磐線と運賃計算上の二重戸籍区間となっており、東京地下鉄で唯一JRの乗車券が使用できる。また、この区間ではPASMOのサービス開始前、ICカード全国相互利用サービス開始前から、SuicaおよびSuicaと相互利用可能なIC乗車券も使用できた。
+
* 南北線目黒駅 - 白金高輪駅間のみの乗車の場合は、線路・ホームを都営三田線と共有しているため、都営地下鉄の乗車券でも乗車することができる。同区間のみの利用の場合は東京地下鉄の運賃を適用、白金高輪以遠に跨る場合は、全区間を引き続き利用する方(あるいは乗ってきた方)の運賃として適用する。
+
* 近距離では他社に比べてやや割高感があるが、中・遠距離は割安である。
+
** 例1:中野から西船橋まで308円(切符は310円)。同区間をJR東日本で利用すると550円<!--(東京で分割すると500円)←確かに安いですが、一般的に使われるルートとは考えにくくありません?-->であり、両駅の周辺駅への利用や通過連絡運輸を適用した場合でも地下鉄線経由の方が安くなるケースが多い。
+
** 例2:和光市から西船橋まで308円(切符は310円。有楽町線と東西線を利用、飯田橋乗り換え)。他のルートでは、
+
**:A 東武東上線、JR武蔵野線利用(朝霞台・北朝霞乗り換え)では943円(切符は950円)。
+
**:B 東武東上線、JR山手線、総武線利用(池袋、秋葉原乗り換え)では711円(切符は720円)。
+
**:であり、所要時間の差もA、Bともに東京地下鉄のみのルートと比較して、数分から10分ほどしかない。
+
 
+
=== 一日乗車券・回数券について ===
+
有効期間内の1日に限り、東京地下鉄線全線が乗り降り自由な「[[東京地下鉄一日乗車券]]」(大人600円、小人300円)がある。当日券と前売券の2種類があり、当日券は[[自動券売機]]と[[定期乗車券|定期券]]売り場で、前売券は発売日から6か月間以内の1日のみ有効で定期券売り場のみで販売されている。なお、自動券売機で販売する一日乗車券(発売当日限り有効)はパスネット・PASMO・Suicaでも購入可能で、他社が管理する駅(中野・西船橋・日比谷線北千住・中目黒・代々木上原・半蔵門線/副都心線渋谷・和光市・目黒)も含めた東京地下鉄線全駅で購入できる。2015年2月10日発売分から従来の大人710円、小人360円から値下げされた。
+
 
+
このほか、[[都営地下鉄]]と組み合わせた「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」や、23区内の都営交通(都営地下鉄・[[都営バス]]([[多摩地域]]を含む)・[[都電荒川線]]・「[[東京都交通局日暮里・舎人ライナー|日暮里・舎人ライナー]]」)やJR線と組み合わせた「[[東京フリーきっぷ]]」、各私鉄などと組み合わせた一日乗車券も販売されている。また、東京への訪問者や学生の[[修学旅行]]のために、1日間または2日間有効のオープンチケットも販売されている。なお、オープンチケットは、関東1都6県および山梨県をのぞく全国の旅行代理店で東京方面向けの旅行商品(JR乗車券等を含む)とセット販売となる。
+
 
+
営団地下鉄から民営化されて以降、「○○東京メトロパス」として自社の一日乗車券と私鉄など各交通機関と組み合わせた多数の企画乗車券が発売されている。
+
 
+
また、民営化以後、[[映画]]や[[美術館]]などのイベントなどの図柄を印刷した一日乗車券が枚数限定で発行されている(2006年春の[[ドラえもん]]、同年夏の[[ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー]]、同年冬のさようなら東西線5000系、2012年5月の[[東京スカイツリー]]グランドオープンなど)。SFメトロカードの記念図柄カードは2007年2月をもって新規発売を終了した。2007年秋の「第24回全国都市緑化ふなばしフェア おとぎの国の花フェスタinふなばし」に併せて[[東葉高速鉄道]]とのセット一日乗車券を発売するほか、[[ぐるっとパス]]とのセット一日乗車券も同時期から発売された。さらに100以上の都内のスポットに一日乗車券を提示するだけで割引などを受けられる「ちかとく」サービスも利用することも可能である。<!--本サービスは2014年4月1日から、メトロ・都交通局共同で実施中。-->
+
 
+
[[回数乗車券|回数券]]は「同一運賃帯に有効」という方式(券面には運賃のみが記載されており、入場時に入場駅名が印字される。乗り越しの場合は差額のみ精算する)を採用しており、普通回数券(11枚綴り)、時差回数券(12枚綴り/平日10時-16時の入場か精算および土曜・休日の全時間帯に有効)、土休日回数券(14枚綴り)の3種類がある。いずれも普通片道運賃の10倍で発売日から3か月間有効、自動券売機で現金かパスネット・PASMO・Suicaで購入できる。なお、綾瀬-北千住間の相互発着については両駅でのみ(北千住駅は千代田線のみ)当該区間の140円回数券(普通回数券・時差回数券・土休日回数券)を発売している。
+
 
+
== サインシステム ==
+
発足時より新しい[[サインシステム|案内サインシステム]]の導入を進めている。東京都渋谷区のデザイン会社・[http://www.rei-jp.com/REI/index.html アール・イー・アイ]がデザインを手がけたもので、旧営団地下鉄のサインシステムが検討された1975年当時から「利用者の高齢化」「国際都市化」「鉄道の複雑化」が進展したことを受け、全般的に[[ユニバーサルデザイン]]を取り入れつつも、サインの数を増やさず、かつ大型化もせずに表示の重点整備や簡略化をすすめ、字体もぼやけた状態でも誤読の少ない書体を選定している<ref>[http://www.rei-jp.com/REI/tokyometro.html 東京メトロ 旅客案内サインシステム基準制作] - アール・イー・アイ公式サイト内</ref>。
+
 
+
発足時は[[大手町駅 (東京都)|大手町駅]]と[[銀座駅]]に試験的に設置され<ref>[http://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-13_2.html お客様の心に響くサービスを目指して 「東京メトロ」の新しいサービスが始まります。(別紙)].[[営団地下鉄]](2004年3月11日)</ref>、[[2005年]]10月から本格導入を開始<ref>[http://www.tokyometro.jp/news/2005/2005-32.html 新しい旅客案内サインシステムをスタート! - 平成18年度中に全駅に展開].[[東京メトロ]].(2005年10月3日)</ref>、[[2006年]]3月までに乗り換え駅を中心に83駅に、残る駅も副都心線接続予定駅と他社管轄駅をのぞき[[2007年]]3月末までに導入された。半蔵門線[[渋谷駅]](2008年6月に開業した副都心線も)は、2007年12月2日の東急への業務移管に伴い、東急様式のサインシステムが設置された。
+
 
+
有楽町線の[[地下鉄成増駅]] - [[池袋駅]]間の各駅と[[新宿三丁目駅]]・[[明治神宮前駅]]は、[[2008年]][[6月14日]]の副都心線開業に合わせてさらに新しい案内サインシステムが設置された。[[トピー工業]]が納入した[[発光ダイオード|LED]]誘導サインが用いられており、薄型化と省電力を実現している<ref>[http://www.topy.co.jp/release/archives/2008/06/16/entry369.html 東京メトロ 副都心線に超薄型LED誘導サイン680面を納入!!].[[トピー工業]].(2008年6月16日)</ref>。ただし、副都心線開業後も[[駅名標]]や改装工事中のエリアには、更新されずに残っているサイン類があったが、2010年3月6日に明治神宮前駅が「明治神宮前〈原宿〉駅」と案内を改めるのに伴い、駅名標は更新されている。
+
 
+
== 英字表記 ==
+
[[2006年]]頃より駅の[[看板]]・車内の案内表示器の英字表記([[ラテン文字]]表記)に対して[[長音符]]([[マクロン]])が使われなくなり、以前から存在する長音符が付いている看板類と混在している状態である。しかし、他社の路線名・駅名などには使われている。
+
 
+
<!--== 発車サイン音の音源・曲名など ==
+
{{Main2|「[[東京メトロの発車サイン音]]」および各路線・各駅の記事を}}
+
-->
+
== 乗降人員上位15位 ==
+
*乗降人員は東京地下鉄の駅および共用駅のもの。{{↑}}{{↓}}{{→}}は前年度に比較した増({{↑}})減({{↓}})増減なし({{→}})を表す。
+
{| class="wikitable" style="width:100%; font-size:90%;"
+
|-
+
|+東京地下鉄の駅別乗降人員上位15位(2012年度)<ref>[http://www.tokyometro.jp/corporate/enterprise/passenger_rail/transportation/passengers/index.html 各駅の乗降人員ランキング 2012年度] 2014年7月5日閲覧</ref><ref>[http://www.tokyometro.jp/corporate/enterprise/passenger_rail/transportation/passengers/index02.html 各駅の乗降人員ランキング 2011年度]2014年7月5日閲覧</ref>
+
!順位!!駅名!!人数<br />(人)!!前年比<br />(%)!!前年<br />順位!!前年人数<br />(人)!!所在地!!style="width:45%;"|備考
+
|-
+
!{{→}} 1
+
|[[渋谷駅]]||style="text-align:right;"|839,465||style="text-align:right;"|{{↑}} 5.3||style="text-align:right;"|1||style="text-align:right;"|797,484||[[東京都]][[渋谷区]]||[[東急田園都市線]]・[[東急東横線]]([[横浜高速鉄道みなとみらい21線]])の直通人員含む。
+
|-
+
!{{→}} 2
+
|[[北千住駅]]||style="text-align:right;"|576,757||style="text-align:right;"|{{↑}} 1.4||style="text-align:right;"|2||style="text-align:right;"|568,680||東京都[[足立区]]||[[東武伊勢崎線]]([[東武日光線|日光線]])の直通人員含む。
+
|-
+
!{{→}} 3
+
|[[池袋駅]]||style="text-align:right;"|483,952||style="text-align:right;"|{{↑}} 2.9||style="text-align:right;"|3||style="text-align:right;"|470,284||東京都[[豊島区]]||&nbsp;
+
|-
+
!{{→}} 4
+
|[[綾瀬駅]]||style="text-align:right;"|435,540||style="text-align:right;"|{{↑}} 0.4||style="text-align:right;"|4||style="text-align:right;"|433,614||東京都足立区||[[常磐緩行線]]の直通人員含む。
+
|-
+
!{{↑}} 5
+
|[[大手町駅 (東京都)|大手町駅]]||style="text-align:right;"|277,336||style="text-align:right;"|{{↑}} 2.8||style="text-align:right;"|6||style="text-align:right;"|269,848||東京都[[千代田区]]||&nbsp;
+
|-
+
!{{↓}} 6
+
|[[西船橋駅]]||style="text-align:right;"|274,785||style="text-align:right;"|{{↑}} 1.4||style="text-align:right;"|5||style="text-align:right;"|271,057||[[千葉県]][[船橋市]]||[[東葉高速鉄道東葉高速線|東葉高速線]]・[[中央・総武緩行線|総武緩行線]]の直通人員含む。
+
|-
+
!{{→}} 7
+
|[[銀座駅]]||style="text-align:right;"|245,548||style="text-align:right;"|{{↑}} 1.7||style="text-align:right;"|7||style="text-align:right;"|241,513||東京都[[中央区 (東京都)|中央区]]||&nbsp;
+
|-
+
!{{→}} 8
+
|[[代々木上原駅]]||style="text-align:right;"|234,945||style="text-align:right;"|{{↑}} 4.1||style="text-align:right;"|8||style="text-align:right;"|225,658||東京都渋谷区||[[小田急小田原線]]([[小田急多摩線|多摩線]])の直通人員含む。
+
|-
+
!{{→}} 9
+
|[[新橋駅]]||style="text-align:right;"|223,335||style="text-align:right;"|{{↑}} 3.6||style="text-align:right;"|9||style="text-align:right;"|215,520||東京都[[港区 (東京都)|港区]]||&nbsp;
+
|-
+
!{{→}} 10
+
|[[新宿駅]]||style="text-align:right;"|220,154||style="text-align:right;"|{{↑}} 3.8||style="text-align:right;"|10||style="text-align:right;"|212,024||東京都[[新宿区]]||&nbsp;
+
|-
+
!{{→}} 11
+
|[[上野駅]]||style="text-align:right;"|212,509||style="text-align:right;"|{{↑}} 5.4||style="text-align:right;"|11||style="text-align:right;"|201,602||東京都[[台東区]]||&nbsp;
+
|-
+
!{{↑}} 12
+
|[[中目黒駅]]||style="text-align:right;"|188,879||style="text-align:right;"|{{↑}} 4.4||style="text-align:right;"|13||style="text-align:right;"|180,954||東京都[[目黒区]]||[[東急東横線]]の直通人員含む。
+
|-
+
!{{↓}} 13
+
|[[高田馬場駅]]||style="text-align:right;"|186,629||style="text-align:right;"|{{↑}} 2.6||style="text-align:right;"|12||style="text-align:right;"|181,871||東京都新宿区||&nbsp;
+
|-
+
!{{→}} 14
+
|[[飯田橋駅]]||style="text-align:right;"|169,830||style="text-align:right;"|{{↑}} 2.0||style="text-align:right;"|14||style="text-align:right;"|166,452||東京都千代田区・新宿区||
+
|-
+
!{{→}} 15
+
|[[東京駅]]||style="text-align:right;"|169,152||style="text-align:right;"|{{↑}} 7.9||style="text-align:right;"|16||style="text-align:right;"|156,736||東京都千代田区||&nbsp;
+
|}
+
 
+
== キャッチコピーおよびイメージキャラクター ==
+
{{Main2|CM挿入歌の作詞・作曲者は「[[#関連項目|関連項目]]」節も}}
+
;[[キャッチコピー]]
+
:*2004年度 - 「東京ポジティブで行こう」「ココロも動かす地下鉄へ。」
+
:*2005年度 - 「東京スピード」「東京のスピードで楽しもう。」→「東京はポジティブに楽しもう。」([[JR福知山線脱線事故]]が発生したため、キャッチコピーが変更となった)
+
:*2006年度 - 「東京□.net」「東京の楽しみをつなぐチカラ。」
+
:*2007年度、2010年度 - 「TOKYO HEART」「メトロが心をつないでく。」(キャッチコピーの再利用は初めて)
+
:*2008年度 - 「DO! TOKYO HEART」
+
:*2009年度 - 「TOKYO HEART」「東京にもっとハートを。」
+
:*2011年度 - 「TOKYO WONDERGROUND」([[東日本大震災]]の影響により開始が1か月遅れた)
+
:*2012年度 - 「We are the Tokyo Navigator」
+
:*2013年度、2014年度 - 「Color your days.」
+
: <!-- このコロンだけの行は消さないでください。「Help:箇条書き#定義の箇条書き中の箇条書き」参照-->
+
;[[キャラクター|イメージキャラクター]]
+
:*初代(2004年度) - [[山田孝之]]・[[井川遥]]
+
:*2代目(2005年度 - 2006年度) - [[山田優]]
+
:*3代目(2007年度 - 2009年度) - [[宮崎あおい|宮﨑あおい]]
+
:*4代目(2010年度) - [[新垣結衣]]
+
:*:CM挿入歌は『[[福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち|福笑い]]』([[高橋優]])
+
:*5代目(2011年度) - [[杏 (女優)|杏]]
+
:*:CM挿入歌は『[[大発見|新しい文明開化]]』([[東京事変]])
+
:*6代目(2012年度) - [[武井咲]]
+
:*:CM挿入歌は『[[月光 (斉藤和義の曲)|メトロに乗って]]』([[斉藤和義]])
+
:*7代目(2013年度 - 2014年度) - [[堀北真希]]
+
:*:2013年度のCM挿入歌は『[[POP CLASSICO|Hey girl! 近くても]]』([[松任谷由実]])
+
:*:2014年度のCM挿入歌は『[[YANKEE (アルバム)|アイネクライネ]]』([[米津玄師]])
+
: <!-- このコロンだけの行は消さないでください。「Help:箇条書き#定義の箇条書き中の箇条書き」参照-->
+
;[[マスコット|マスコットキャラクター]]([[ゆるキャラ]])
+
:;'''メトポン'''
+
::東京地下鉄所有車両の[[ドアステッカー]]に使用されている[[タヌキ]]のキャラクター。メトポンの妻「ちかポン」、その子供「ポン太」も存在する。メトポンは、東京地下鉄の各種イベントのポスターにも登場する。メトポンがドアステッカーに登場したのは2007年からであり、それまでは[[ネコ]]がドアに[[尾|しっぽ]]を挟まれた絵であった。主な特徴は以下の通り<ref>[http://www.tokyometro.jp/news/2009/2009-51.html 「メトポン!みてポン!歩いてポン!スタンプラリー」を実施!].[[東京地下鉄]].(2009年9月29日)</ref>。
+
::*地方出身で大人になってから上京
+
::*趣味は東京食べ歩き(特に[[下町]]が大好き)
+
::*特技は[[野球]]
+
::*大好物は[[カレー]]と[[ビール]]
+
:;'''一日太郎'''
+
::[[東京地下鉄一日乗車券]]のキャラクター。頭部に「1」の文字がある。全身白色。
+
:;'''ぎんちゃん'''・'''まるちゃん'''
+
::[[地下鉄博物館]]のキャラクター。卵形の体に羽が生えている妖精。ぎんちゃんは銀座線、まるちゃんは丸ノ内線からそれぞれ抜け出てきた設定。
+
 
+
== 関連企業・団体 ==
+
=== グループ企業 ===
+
*[[メトロ車両|メトロ車両(株)]] [http://www.metosha.co.jp/top.html] - [[鉄道車両の検査|車両検査]]・改修工事
+
*[[メトロ開発|メトロ開発(株)]] [http://www.metro-dev.co.jp/ ] - [[建築コンサルタント|土木・建築コンサル]]、高架下店舗・倉庫などの運営
+
*[[メトロレールファシリティーズ|(株)メトロレールファシリティーズ]] [http://www.metrorailfa.co.jp/ ] - 鉄道施設の保守管理
+
*[[メトロコマース|(株)メトロコマース]] [http://www.metocan.co.jp/ ] - 駅業務、定期券発売所や売店などの運営
+
*[[地下鉄メインテナンス|(株)地下鉄メインテナンス]] [http://www.chikamen.co.jp/ ] - 鉄道電気設備の保守管理
+
*[[メトロプロパティーズ|(株)メトロプロパティーズ]] [http://www.metro-pro.co.jp/ ] - [[エチカ (商業施設)|Echika]]・メトロピア、メトロエムなどの運営
+
*[[地下鉄ビルデイング|(株)地下鉄ビルデイング]] [http://www.subway-bld.co.jp/ ] - [[青山エムズタワー]]や[[東陽町駅]]近くの[[ゴルフ練習場]]<ref>2013年4月1日付けでメトロスポーツ[http://www.metrogreen.co.jp/ ]を吸収合併。</ref>などの運営
+
*[[メトロフードサービス|(株)メトロフードサービス]] [http://www.metrofood.co.jp/index.html ] - 給食および「そば処めとろ庵」など飲食店の運営
+
*[[メトロアドエージェンシー|(株)メトロアドエージェンシー]] [http://www.metro-ad.co.jp/ ] - [[Tokyo Metro ビジョン]]の運用など[[広告代理店|広告代理]]業務
+
*[[メトロセルビス|(株)メトロセルビス]] [http://www.metro-service.co.jp/ ] - 駅構内・車両清掃業務
+
*[[メトロフルール|(株)メトロフルール]] [http://www.tokyometro.jp/corporate/csr/workplace/index.html ] - [[特例子会社]]([[福利厚生]]施設等の清掃業務)
+
<!--各社の業務は、猪瀬直樹・副都知事(当時)著「地下鉄は誰のものか」67ページより要約。-->
+
 
+
=== 公益法人 ===
+
*[[メトロ文化財団|(財)メトロ文化財団]] [http://www.metrocf.or.jp/ ] - [[地下鉄博物館]]の運営等
+
 
+
=== 東京地下鉄向け車両を製造したメーカー ===
+
*[[東急車輛製造]]
+
*[[汽車製造|汽車製造会社]]
+
*[[日本車輌製造]]
+
*[[近畿車輛]]
+
*[[帝國車輛工業]]
+
*[[川崎重工業]]
+
*[[日立製作所]]
+
*[[富士重工業]]
+
*[[メトロ車両]] - 更新車(CR)担当
+
上記は営団時代を含む。東京地下鉄移行後に新車を納入したメーカーは日立製作所、日本車輌製造と川崎重工業。
+
 
+
== 不祥事 ==
+
* [[2007年]]([[平成]]19年)[[8月16日]]、[[浅草駅]]に勤務していた男性駅員が、顧客の記名式[[Suica]]に格納されていた[[個人情報]]を、自らの[[ブログ]]に掲載した<ref name="fushoji01">[http://www.j-cast.com/2007/08/20010470.html?p=all 駅員がスイカ情報検索 ブログでセクハラ書き込み].[[J-CAST]].(2007年8月20日)</ref>。この男性駅員は端末の窓口処理機を[[写真]]に撮って、[[氏名]]と[[生年月日]]を窓口処理機に打ち込んで、検索結果をブログで公開。被害に遭った本人から抗議されても「[[電話番号]]登録したお前のほうが悪い」などと開き直っていた<ref name="fushoji01"/>。
+
* [[飯田橋駅]]勤務で32歳の男性駅員(当時)が[[2011年]](平成23年)[[2月11日]]・[[2月12日|12日]]・[[2月15日|15日]]の3日間で10回にわたり、記名式[[PASMO]]を利用していた女性の乗車履歴を窓口処理機にて入手し、[[電子掲示板|インターネット掲示板]]「[[2ちゃんねる]]」に書き込みを行い、その女性に対して誹謗中傷を書き込んだ。さらにその情報を使って女性に対して[[ストーカー]]行為をし、被害を受けた女性が[[警視庁]]に被害相談をしていた事実が発覚<ref name="fushoji02">[http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120417/crm12041712450006-n1.htm 女性のパスモ履歴引き出し→「2ちゃんねる」で公開 東京メトロ駅員を懲戒解雇].[[MSN産経ニュース]].(2012年4月17日)</ref>。2011年(平成23年)12月には「精神的苦痛を被った」として東京地下鉄に対して[[慰謝料]]の請求を求める[[民事訴訟]]を[[東京地方裁判所]]に起こした<ref name="fushoji02"/>。事件から1年以上経った[[2012年]](平成24年)[[4月17日]]に、東京地下鉄は[[プレスリリース]]にて事実を公表したが「被害にあった客の強い意向により、事件発生時点には、公表を差し控えていた」と釈明し、当該駅員を[[懲戒解雇]]処分にしたとしている<ref>{{PDFlink|[http://www.tokyometro.jp/news/2012/pdf/20120417metronews_01.pdf お客様のICカード乗車券乗車履歴の漏えいについて]}}</ref>。
+
* [[2013年]](平成25年)[[6月19日]]、[[白金高輪駅]]において一部の運賃表示を3か月間にわたり誤って表示していたことが発覚した。同年3月16日の[[東京メトロ日比谷線|日比谷線]][[秋葉原駅]]と[[都営地下鉄新宿線|都営新宿線]][[岩本町駅]]の乗り継ぎ運賃適用開始に伴う運賃変更により白金高輪駅 - [[南千住駅]]間の運賃が300円に変更となった<ref><従来の最短ルート> 都営三田線・日比谷駅・東京メトロ日比谷線経由。<br /><変更後の最短ルート> 都営三田線・神保町駅・都営新宿線・岩本町駅/秋葉原駅・東京メトロ日比谷線経由。<br />あるいは都営三田線・三田駅・都営浅草線・東日本橋駅/馬喰横山駅・都営新宿線・岩本町駅/秋葉原駅・東京メトロ日比谷線経由。</ref>が、従来の運賃である330円と表示していた<ref>[http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061900282&rel=j&g=pol 白金高輪駅で運賃誤表示=3か月気付かず-東京メトロなど] - 時事通信社(2013年6月19日付、同月30日閲覧)</ref>。
+
* 2013年(平成25年)[[7月18日]]、お忘れ物総合取扱所の社員が、現金の拾得物があった[[東京駅]]で「[[自動券売機]]のつり銭を取り忘れた」と嘘をついて、現金5,000円を不正に[[着服]]した。その後の調べで、同日に[[二重橋前駅]]と[[六本木駅]]でも同様の手口で着服したほか、2件の未遂も認めた<ref>{{PDFlink|[http://www.tokyometro.jp/news/2013/pdf/metroNews20130719_soutorijo0719.pdf 当社社員による拾得物着服について]}} - 東京地下鉄、2014年4月28日閲覧</ref>。わずか8日前に上記の件が起きた直後のことであった。
+
* [[2014年]](平成26年)[[3月27日]]、[[四ツ谷駅]]に勤務していた男性社員が、当駅で誤って下車した乗客の[[ICカード|ICカード乗車券]]を預かって処理する際、自分が持っていた[[乗車券]]とすり替えた上で着服した。また[[4月8日]]に、[[四谷三丁目駅]]で勤務し別の乗客から、ICカード乗車券を預かって処理する時にも同じことをした。その後の調べで、着服した残額は物販などの購入に充てていたほか、自分が乗ってきた記録を窓口で消去して正規の運賃を支払わず、[[不正乗車]]で通勤していたことも判明した<ref>{{PDFlink|[http://www.tokyometro.jp/news/2014/pdf/metroNews20140416_0416.pdf 当社社員によるICカード乗車券の着服及び不正乗車について]}} - 東京地下鉄、2014年4月28日閲覧</ref>。
+
 
+
== 格付け ==
+
株式会社[[日本格付研究所]]による[[信用格付け|格付け]]は、「'''AAA'''」となっている。(2011年11月21日現在)<ref>{{PDFlink|[http://www.jcr.co.jp/release/pdf/11d0676TMR.pdf 株式会社日本格付研究所による格付け(2012年8月11日閲覧)]}}</ref>
+
 
+
== その他 ==
+
*駅の水飲み施設が各社で減っているなか、東京地下鉄では多くの駅に[[冷水機]]が設置されている。
+
*1998年10月に丸ノ内線新宿三丁目駅で、駅構内での[[携帯電話]]の使用が可能になり、2003年8月より全駅の構内で携帯電話が使えるようになった。2012年3月30日には南北線本駒込 - 赤羽岩淵間のトンネル内で携帯電話が使えるようになり、以後順次提供区間を拡大し、2013年3月21日に連絡線工事中の有楽町線・副都心線小竹向原駅 - 千川駅間(2016年度中を予定)をのぞく全線の列車内で携帯電話の利用が可能となった<ref>[http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130318_592175.html 東京メトロ、3月21日に全線エリア化]、ケータイWatch、2013年3月18日</ref><ref>[http://www.tokyometro.jp/news/2013/pdf/metroNes20130318_mobile.pdf 平成25年3月21日(木)正午より、東京メトロの全線で携帯電話が利用可能に!]</ref>。
+
*ほぼ全駅で[[NTTドコモ]]の[[docomo Wi-Fi]]、[[東日本電信電話|NTT東日本]]の[[フレッツ#フレッツ・スポット|フレッツ・スポット]](以上2004年12月より)、[[ソフトバンクモバイル]]の[[ソフトバンクWi-Fiスポット]](2011年11月1日より<ref>[http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2011/20111025_01/ 東京メトロ全線の駅構内で「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始]、ソフトバンクモバイル、2010年10月25日</ref>)といった[[公衆無線LAN]]サービスが利用できる(2013年7月末までは[[NTTコミュニケーションズ]]の[[ホットスポット (NTT)|HotSpot]]も利用可能だった)。[[2013年]][[2月14日]]から2014年11月まで[[NTTブロードバンドプラットフォーム]]と共同で、銀座線の全駅などで構内無線LANを使用した無料インターネット接続サービスや情報配信サービス「[[MANTA]]」の試験提供を行っていた<ref>[http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130212/455723/ 東京メトロとNTTBP、駅構内無線LANの無償化と情報配信の試験を実施]、ITpro、2013年2月13日</ref><ref>[http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/112602037/ 東京の地下鉄143駅で訪日外国人向け無料Wi-Fi、「MANTA」はサービス終了]、ITpro、2014年11月26日</ref>。また[[UQコミュニケーションズ]]の[[WiMAX]]通信設備を設置することで合意、2012年3月31日中野富士見町駅の駅構内でWiMAXサービスの提供を開始、2013年5月28日に全線の駅構内・トンネル内にてWiMAXサービスが使えるようになった<ref>[http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201305221.html 平成25年5月28日(火)正午より、東京メトロの全線でWiMAX(ワイマックス)が利用可能に!]</ref>。
+
*PASMO導入に併せ、2007年からハウスカード『[[Tokyo Metro To Me CARD]]』の発行を開始した。[[PASMO#PASMOオートチャージサービス|PASMOオートチャージサービス]]に対応するほか、PASMO残高引き去り回数ごとにポイントが付与される独自のポイントサービス「[[Tokyo Metro To Me CARD#メトロポイント|メトロポイント]]」を導入している。
+
 
+
== 脚注 ==
+
{{脚注ヘルプ}}
+
{{Reflist}}
+
 
+
== 参考文献 ==
+
*中村建治『メトロ誕生〜地下鉄を拓いた早川徳次と五島慶太の攻防』交通新聞社、2007年7月、ISBN 978-4330-93607-9
+
 
+
== 関連項目 ==
+
*[[帝都高速度交通営団]](営団地下鉄) - 東京地下鉄の前身。
+
*[[日本の地下鉄]]
+
*[[東京の地下鉄]]
+
*[[出口番号]]
+
*[[メトロプロムナード]]
+
*[[メトロビアスS.A.]]([[アルゼンチン]]の首都[[ブエノスアイレス]]地下鉄)
+
*[[箭内道彦]](「TOKYO HEART」「TOKYO WONDERGROUND」「We are the Tokyo Navigator」CMディレクションを担当)
+
*CMソング作詞・作曲者
+
**[[菅野よう子]](2004年度CMソング「From Metropolis」を作曲)
+
**[[リチャード・ロジャース]](2005年度CMソング「Happy Talk」を作曲)
+
**[[PES]]([[RIP SLYME]]のメンバー。2007年度CMソング「Tales」を作曲)
+
**[[峯田和伸]]([[銀杏BOYZ]]のメンバー。2008年度CMソング「銀河鉄道の夜 第二章 〜ジョバンニに伝えよ、ここにいるよと〜」を作曲)
+
**[[阿部義晴]]([[ユニコーン (バンド)|ユニコーン]]のメンバー。2009年度CMソング「[[シャンブル|HELLO]]」を作詞・作曲)
+
**[[高橋優]](2010年度CMソング「[[福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち|福笑い]]」を作詞・作曲)
+
**[[東京事変]]
+
***[[椎名林檎]](2011年度CMソング「[[大発見|新しい文明開化]]」を作詞)
+
***[[伊澤一葉]]・椎名林檎(同上・作曲)
+
**[[斉藤和義]](2012年度CMソング「[[月光 (斉藤和義の曲)|メトロに乗って]]」を作詞・作曲)
+
**[[松任谷由実]](2013年度CMソング「Hey girl! 近くても」を作詞・作曲)
+
**[[米津玄師]](2014年度CMソング「アイネクライネ」を作詞・作曲)
+
*東京メトロがスポンサーの番組およびイベント
+
**[[東京日和 (テレビ番組)|東京日和]]([[日本テレビ放送網|日本テレビ]]の5分ミニ番組、一社提供、既に終了)
+
**[[メトログ]]([[TBSテレビ|TBS]]の5分ミニ番組、一社提供)
+
**[[ウチくる!?]]([[フジテレビジョン|フジテレビ]]系、関東地区のみ、2006年4月から2007年3月まで提供) - ホームページ連動CM「東京□.net」を放送していた。
+
**[[東京国際マラソン]](2005年・2006年のスポンサー)→[[東京マラソン]](2007年の開始時からスポンサー、全国ネット)
+
*[[タモリ倶楽部]]([[テレビ朝日]])
+
**[[東出有輝]](社員。上記番組がきっかけとなり、芸能マネージャーから転職した)
+
 
+
== 外部リンク ==
+
*[http://www.tokyometro.jp/ 東京メトロ]
+
*[http://www.chikahaku.jp/ 地下鉄博物館]
+
*{{Twitter|tokyometro_info|東京メトロ【公式】}}
+
 
+
{{DEFAULTSORT:とうきようちかてつ}}
+
[[Category:東京地下鉄|*]]
+
[[Category:特殊会社]]
+
[[Category:台東区の企業]]
+
[[Category:日本の鉄道事業者]]
+
[[Category:大手私鉄・準大手私鉄]]
+
[[Category:日本の地下鉄]]
+
[[Category:特殊法人]]
+
[[Category:2004年設立の企業]]
+
としては、今回は「編集合戦」とは認識しておりません。<br>
+
例えば、<br>
+
http://ja.yourpedia.org/mediawiki/index.php?title=%E8%B3%80%E6%B2%BB_%E7%A7%80%E4%BF%8A&oldid=299451<br>
+
においては、私は何の異論もありません。<br>
+
 
+
無論、途中ページの白紙化がある等の明確な荒らしはありますが、それ以外についてはよしんば私の版が編集されていたとしても異論はありません。<br>
+
従いまして保護は解除していただいてもこちらは構いません。--[[利用者:ネット右翼(笑)|火事!ひでぇ年]] ([[利用者・トーク:ネット右翼(笑)|トーク]]) 2015年8月3日 (月) 08:07 (CDT)
+
 
+
すみません。今回は荒らしにつき保護しました。以前、トークページにて私の記述したページを全て削除してください。等の投稿がありましたが、今回はよく考えて投稿していますよね?--[[利用者:Takumi3|Takumi3]] ([[利用者・トーク:Takumi3|トーク]]) 2015年8月3日 (月) 08:17 (CDT)
+
 
+
私も今回の件を、「編集合戦」と考えておりません。
+
例えば、<br>
+
http://ja.yourpedia.org/mediawiki/index.php?title=%E8%B3%80%E6%B2%BB_%E7%A7%80%E4%BF%8A&oldid=299451<br>
+
につきまして、私も何の依存もありません。<br>
+
 
+
無論、途中ページの白紙化がある等の明確な荒らしはありますが、それ以外については、ネット右翼(笑)氏やほかの方の記載も含め、ニュアンスの問題と考えています。<br>
+
つきましては、保護の解除をご検討いただければ幸いです。--[[利用者:さいたま市緑区国道122号沿線在住38歳]] ([[利用者・トーク:さいたま市緑区国道122号沿線在住38歳|トーク]]) 2015年8月4日 (火) 11:17 (JST)
+
 
+
繰り返しなりますが、保護理由に書いてある通り、荒らしによる保護です。--[[利用者:Takumi3|Takumi3]] ([[利用者・トーク:Takumi3|トーク]]) 2015年8月3日 (月) 21:57 (CDT)
+
「スカート、ひらり」のジャケット。左から小嶋陽菜、成田梨紗、前田敦子、高橋みなみ、板野友美、折井あゆみ、大島麻衣]]
+
[[Image:AKB48の2.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB48の3.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB485.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB486.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
'''AKB48'''(エーケービー フォーティエイト)は、[[日本]]の[[女性アイドルグループ]]。[[秋元康]]の[[プロデュース]]により、[[2005年]]に誕生した。
+
 
+
== 概要 ==
+
[[Image:菊地彩香.jpg|400px|thumb|解雇された[[菊地彩香]](現・菊地あやか)]]
+
[[東京都]][[千代田区]]・[[秋葉原]]([[外神田]])に専用[[劇場]]である[[AKB48劇場]]を持ち、「'''会いに行けるアイドル'''」を[[概念|コンセプト]]に、専用劇場でチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行っている。メディアを通した遠い存在だった[[アイドル]]を身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、共に成長していくアイドル・プロジェクトとされている。人気の上昇に伴って本業以外でも個々で活動するメンバーが増えている。
+
 
+
2005年、専用劇場で初の公演を行い、2006年2月にシングル「桜の花びらたち」でインディーズデビュー。同年8月シングル「会いたかった」で[[メジャー・デビュー (音楽家)|メジャーデビュー]]。当初は全くの無名で、関係者からの期待も薄かった。しかし、[[口コミ]]などでアイドルファンを中心に話題となり、徐々に専用劇場が連日満員になっていく。2007年には「アキバ枠」で『[[第58回NHK紅白歌合戦]]』に出場するものの、当時は「秋葉原の[[おたく|オタク]]向けアイドル」というイメージが強かったこともあり、世間の関心は薄かった。しかし、2008年にシングル「大声ダイヤモンド」で本格的にブレイク。2000年代の[[CD不況]]の逆風の中ヒット曲を次々と生み出し、いわゆる[[ライブアイドル|地下アイドル]]出身で史上初めて[[ミリオンセラー]]を記録し、メディアから「AKB現象」「国民的アイドル」と呼ばれるほどの人気を博した唯一の例となる。CD総売り上げは、2011年10月26日の23枚目シングル「風は吹いている」発売の時点で1034万枚となり、日本の女性グループとしては4組目の1000万枚突破を記録、21世紀にCDデビューした日本のアーティストでは最高売上を記録している。
+
 
+
[[バンダイ]]が行った「バンダイこどもアンケートレポート」によると、3歳から12歳までの児童の保護者を対象に2011年2月(集計は前年12月に実施)に行われたアンケートで、「お子様の好きな芸能人は誰ですか?」の総合2位にランクインしている。集計を行ったバンダイは、この年代の女の子にとってAKB48は憧れの存在であると分析している。
+
 
+
== 略歴 ==
+
[[人数の推移や加入、卒業、昇格などメンバー構成に関する略歴|AKB48のグループ構成]]参照
+
=== 2005年 ===
+
[[image:西川七海.jpg|400px|thumb|解雇された[[西川七海]] のち[[乃木坂46]]に移るが続かず引退]]
+
* 7月、総合プロデューサーの秋元康が主導で「秋葉原48プロジェクト」第1期生メンバー募集を開始する。
+
* 10月30日、東京都港区の芝浦スタジオで最終審査を開催。全応募者7924人のうち、書類審査で絞られた45人の中から、最終的に24人の合格者(倍率約330倍)が発表される。このうち2012年1月現在も継続してAKB48に在籍するのは[[板野友美]]、[[小嶋陽菜]]、[[高橋みなみ]]、[[平嶋夏海]]、[[前田敦子]]、[[峯岸みなみ]]の6名。
+
* 11月3日、都内スタジオで、[[夏まゆみ]]指導による合格者のシアターレッスン開始、約1か月間の集中特訓が行われる。その後、11月23日からは突貫工事中の[[AKB48劇場|秋葉原48劇場]]ステージに場所を移す。
+
* 当初劇場グランドオープンを12月1日としていたが、11月28日になり1週間の延期を発表、12月8日、秋葉原48劇場の[[こけら落し|杮落とし]]となる第1回公演を実施。しかし一般の観客は7人であった(72人中65人が関係者)。
+
 
+
=== 2006年 ===
+
[[Image:石黒貴己.jpg|400px|thumb|解雇された[[石黒貴己]]]]
+
* 2月1日、初のCDシングル「[[桜の花びらたち]]」をインディーズレーベルから発売。
+
* 2月4日、シアター公演初の満員御礼を記録。
+
* 2月19日、第2期オーディション開始。業界初の[[テレビ電話]]オーディションを実施。26日に19人の合格者発表、チームK誕生。このうち2012年1月現在も継続してAKB48に在籍するのは[[秋元才加]]、[[梅田彩佳]]、[[大島優子]]、[[河西智美]]、[[小林香菜]]、[[佐藤夏希]]、[[増田有華]]、[[松原夏海]]、[[宮澤佐江]]の9名。
+
* 3月1日、初写真集「密着!『AKB48』〜写真集 Vol.1 the・デビュー」発売。
+
* 4月1日、チームK劇場初公演。初日は満員であったが、3日目には観客数が半減する。
+
* 6月4日、同7日に発売される2ndシングル「[[スカート、ひらり]]」発売記念として、チームA、K初の合同ライブを[[秋葉原UDX]]で開催、約1500人を動員。
+
* 6月9日、「スカート、ひらり」で、『[[ミュージックステーション]]』『[[音楽戦士 MUSIC FIGHTER]]』両番組に出演、歌でのテレビ初出演を果たす。
+
* 7月23日、「AKB48と行く[[浅草花やしき|花やしき]]ツアー」開催。
+
* 8月22日、公式ファンクラブ「柱の会」結成。
+
* 10月25日、[[デフスターレコーズ]]から1stシングル「[[会いたかった]]」をリリース、メジャーデビューを果たす。オリコンウィークリーチャート12位。
+
* 11月3 - 4日、[[日本青年館]]で、劇場外で初となるコンサート『AKB48 ファーストコンサート「会いたかった 〜柱はないぜ!〜」』を開催。
+
* 12月3日、3期生の合格者20名を発表、チームB誕生。但し、その後辞退者が相次ぎ、実際にデビューしたのは13名だったため、当時のチームAから「サポートメンバー」として3名をチームBに異動させることとなる。13名のうち2012年1月現在も継続してAKB48に在籍するのは[[多田愛佳]]、[[柏木由紀]]、[[片山陽加]]、[[田名部生来]]、[[仲川遥香]]、[[仲谷明香]]、[[米沢瑠美]]、[[渡辺麻友]]の8名。
+
 
+
=== 2007年 ===
+
* 1月31日、メジャー2ndシングル「[[制服が邪魔をする]]」リリース。発売日に渋谷でストリートライブ敢行。同曲はオリコンウィークリーチャートで7位となり初のトップ10入り。
+
* 3月10日 - 4月1日、初の全国ツアー「AKB48 春のちょっとだけ全国ツアー 〜まだまだだぜAKB48!〜」を東京、名古屋、福岡、大阪で開催。
+
* 4月8日、チームB劇場初公演。初日から千秋楽まで満員御礼となる。
+
* 7月20日、劇場公演500回目を記念し、紅白饅頭がメンバーから劇場入場者一人一人に手渡される。
+
* 8月18日 - 25日、映画「[[伝染歌]]」に出演したメンバー10名が、先行上映が行われていた東京都[[中央区 (東京都)|中央区]][[築地]]の[[東京劇場]]で「ギネスに挑戦 怒涛の1週間・連続舞台挨拶」として30回連続で舞台挨拶を敢行。
+
* 9月22日、チームBが、[[中華人民共和国|中国]]・[[北京市|北京]]で行われた「中日文化人懇談会2007〜オープンカレッジ in 北京〜」に秋元康とともに参加、中国芸術研究院でAKB48初の日本国外公演となるライブを行い、6曲を披露。
+
* 12月31日、『第58回NHK紅白歌合戦』に、[[中川翔子]]、[[リア・ディゾン]]らとともにいわゆる「アキバ枠」で初出場。1グループでの紅白出場としては当時最多となる43人が出演。
+
 
+
=== 2008年 ===
+
[[Image:豊田早姫.jpg|400px|thumb|解雇された[[豊田早姫]]]]
+
* 1月1日、ファーストアルバム『[[SET LIST〜グレイテストソングス 2006-2007〜]]』発売。
+
* 1月24日、AKB48地上波初の[[冠番組]]『[[AKB1じ59ふん!]]』がスタート。その後『[[AKB0じ59ふん!]]』を経て2012年現在も『[[AKBINGO!]]』として放送中。
+
* 2月、9thシングル「[[桜の花びらたち#桜の花びらたち2008|桜の花びらたち2008]]」の販売方法を巡るトラブル([[#独占禁止法違反騒動|後述]])が発生。デフスターレコーズとの契約が打ち切られてしまう。それ以後、メジャー・シングルが出せない状態となり次作シングルはネット配信のみとなる。デフスターレコーズはその後2010年7月14日にデフスター時代のミュージック・ビデオを収録したDVD「[[逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜]]」をリリースしている。
+
* 10月22日、[[キングレコード]]([[You, Be Cool!]])へのレコード会社移籍後初となるシングル「[[大声ダイヤモンド]]」リリース。
+
 
+
=== 2009年 ===
+
[[Image:AKB48_4.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
* 1月31日、[[エプソン品川アクアスタジアム#Stellar Ball(ステラボール)|品川ステラボール]]で開催された「アイドル選手権 Push★1」イベントにて、AKB48の7名(板野、大島麻、大島優、小野、河西、小嶋陽、前田敦)およびSKE48・[[松井珠理奈]]の8名と、[[アイドリング!!! (グループ)|アイドリング!!!]]の8名、計16名からなるグループ、[[AKBアイドリング!!!]]が、デビュー曲「[[チューしようぜ!]]」を初披露、同曲は4月1日に[[ポニーキャニオン]]からシングルリリース。
+
* 6月 - 7月、『[[AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」]]』(第1回選抜総選挙)を実施、前田敦子が1位となり、13thシングル「[[言い訳Maybe]]」のセンターを獲得。
+
* 8月22日 - 23日、[[日本武道館]]2DAYSコンサート『AKB104選抜メンバー組閣祭り』を開催、組閣(チームシャッフル)を発表。一部メンバーのチーム異動と研究生の昇格、および4名のSDN48への完全移籍を発表。新チームにキャプテン制を導入、チームAは高橋みなみ、チームKは秋元才加、チームBは柏木由紀をそれぞれキャプテンに指名。
+
* 10月21日、14thシングル「[[RIVER (AKB48の曲)|RIVER]]」をリリースし、グループ'''初の[[オリコンチャート|オリコンウィークリーチャート]]1位'''を獲得。
+
* 12月31日、『[[第60回NHK紅白歌合戦]]』に2年ぶり2度目の出場。
+
 
+
=== 2010年 ===
+
* 2月17日、15thシングル「[[桜の栞]]」を発売、女性グループとして7年ぶりの初動売上30万枚突破記録を記録。
+
* 2月21日 - 7月27日、組閣(チームシャッフル)の実施([[#メンバー|後述]])。
+
* 5月26日、16thシングル「[[ポニーテールとシュシュ]]」を発売し、女性グループとして9年5か月ぶりとなる初動50万枚超えを達成。
+
* 5月 - 6月、『[[AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」]]』(第2回選抜総選挙)を実施し、大島優子が初のセンターを獲得。
+
* 7月14日、デフスターレコーズよりDVD『逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜』、CD『[[SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤]]』をリリース。
+
* 8月18日、17thシングル「[[ヘビーローテーション (曲)|ヘビーローテーション]]」を発売し、女性グループとして初となる2作連続での初動50万枚超えを達成したほか、2010年8月25日発表の[[レコチョク]]週間ランキングで、[[着うた]]・[[着うたフル]]・[[ミュージック・ビデオ|ビデオクリップ]]・着信ムービー・[[着信メロディ]]の各ウィークリーランキングで5冠を獲得。
+
* 8月31日、公式ファンクラブ「柱の会」を2011年9月をもって廃止することを発表
+
* 9月21日、日本武道館で『[[AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会]]』が開催され、[[内田眞由美]]が初のセンターを獲得。
+
* 9月30日、この日をもって「柱の会」の新規入会および更新受付を終了。
+
* 10月15日、『[[AKB48のオールナイトニッポン]]』に出演した秋元才加が、13日に発覚した[[広井王子]]との関係を巡る一連の騒動の責任を取り、チームKキャプテンを辞任することを表明、以後チームKはキャプテン不在となる。
+
* 10月24日、日本国外初となるAKB48 OFFICIAL SHOP HONG KONG(AKB48香港專門店)を、「[[香港]]の秋葉原」こと[[深水ホ|深水埗]](サムスイポー)のショッピングモール『西九龍中心』内にオープン。12月1日には[[銅鑼湾|コーズウェイベイ]]の[[タイムズスクウェア (香港)|タイムズスクウェア]]前にAKB48 MUSEUM HONG KONG(AKB48香港資料館)がオープン。
+
* 10月27日、18thシングル「[[Beginner]]」を発売し、グループ初の[[ミリオンセラー#音楽|ミリオンセラー]]を達成。ならびに日本における女性アイドルグループ5作連続1位、シングル年間1位、および21世紀最大の初動売上を記録。
+
* 11月18日、『[[ギネス・ワールド・レコーズ]]』により「世界一人数の多いポップグループ("Largest Pop Group")」(正規メンバー48名)として認定される。
+
* 12月31日、『[[第61回NHK紅白歌合戦]]』に2年連続3回目の出場。研究生、SKE48、またまだ公演を行っていない[[NMB48]]メンバーも含めた、1グループ名義としては史上最多の130人で出演。
+
 
+
=== 2011年 ===
+
[[Image:AKB486.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
* 1月10日付のオリコン週間シングルランキングにおいて、女性グループ初となる4曲同時トップ10入りを果たす。さらに4曲同時トップ10入りは計3週間続き、オリコン史上初の記録達成。
+
* 1月22日、AKB48初のドキュンタリー映画『[[DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?]]』が公開。
+
* 2月22日、同月16日に発売されたシングル「[[桜の木になろう]]」の初週売上枚数が94.2万枚に達し、発売1週目売上で歴代6位、女性アーティストの楽曲としては[[宇多田ヒカル]]「[[Addicted To You]]」に次ぐ歴代2位となると同時に、同曲以来11年3か月ぶりの初週売上90万枚超を記録。同時に女性グループとして[[ピンク・レディー]]以来<ref group="注">「[[S・O・S]]」から「[[カメレオン・アーミー (ピンク・レディーの曲)|カメレオン・アーミー]]」まで9作連続1位。</ref>となるシングル7作連続首位を達成。
+
* 2月27日、[[東京マラソン2011]]でフルマラソンを完走した秋元才加が、総合プロデューサーの秋元康からメールによりチームKキャプテン復帰を告げられる。
+
* 3月4日、「桜の木になろう」の同日付累計出荷枚数が115万枚となり、18枚目のシングル「Beginner」以来2作品目のミリオンセラーとなる。
+
* 3月11日、[[東北地方太平洋沖地震]]([[東日本大震災]])の発生により発生後は終日公共交通機関が麻痺したこと、また劇場内部の施設の安全確認が必要となったことなどから、当日予定されていたSDN48公演以降、28日までAKB48劇場での公演を休止。
+
* 3月14日、東北地方太平洋沖地震の被災者へ向けたAKB48プロジェクト義援金受付口座を[[りそな銀行]]渋谷支店および[[三菱東京UFJ銀行]]五反田支店に開設。翌15日、AKB48プロジェクトとして同口座に5億円を寄付することを発表。
+
* 3月26-27日、東日本大震災の為中止となったコンサート「たかみなについて行きます」の代替として、26-27日まで会場に予定されていた[[横浜アリーナ]]で『「誰かのために」チャリティイベント』を開催した。
+
* 3月15日、4月6日発売予定であった3rdアルバム『[[ここにいたこと]]』の発売延期、および劇場盤発売記念握手会の開催中止・劇場盤のキャンセルを発表。なお3月29日に、『ここにいたこと』の新たな発売日を6月8日と発表。
+
* 4月1日、『[[チームA 3rd Stage「誰かのために」]]』公演曲の再収録版「[[誰かのために -What can I do for someone?-]]&lt;配信限定チャリティソング&gt;」を[[レコチョク]]『[[着うた]]』『[[着うたフル]]』『[[着うたフルプラス]]』(ビデオクリップは同6日 映像の内容は沖縄国際映画祭への飛び入り、「たかみなに――」の中止の代替として行なわれた横浜アリーナでの義援金募集の様子、再レコーディングのスタジオで「私たちにできることをしなくちゃ」と涙ぐむ高橋みなみの姿など)配信。全収益を東北地方太平洋沖地震被災者へ寄付された。
+
* 3月29日、「AKB48プロジェクト」改め「誰かのためにプロジェクト」の一環として、21stシングルを5月25日に発売し、収益の一部を東北地方太平洋沖地震の義援金として寄付すること、併せて、「22ndシングル選抜総選挙」を開催することを発表。
+
* 4月8日、AKB48劇場での公演形態が、この日から劇場オープン以来行われていたチーム別公演から演目別公演に変更。
+
* 5月14日、[[シンガポール]]のショッピングモール『*SKAPE』内に、AKB48 OFFICIAL SHOP SINGAPOREと、併設のAKB48 Cafeを開業。翌15日から併設のAKB48 THEATER SINGAPOREで日本国外初の定期公演を開始。
+
* 5月25日、21stシングル「[[Everyday、カチューシャ]]」を発売。発売初週に133.4万枚を売り上げ、初週ミリオンを達成。
+
* 6月6日、昇格後もチーム研究生に留め置かれていた正規メンバーら10名によりチーム4を結成。
+
* 5月 - 6月にかけて『[[AKB48 22ndシングル選抜総選挙]]』(第3回選抜総選挙)を実施し、前田敦子がセンターを獲得。
+
* 7月23日、AKB48 OFFICIAL SHOP TAIWAN(AKB48台灣專門店)を、[[台湾]]・[[台北市]][[万華区]]の、「台北の[[原宿]]」と言われる[[西門町]]のファッションビル『誠品116』内にオープン。10月20日には、「AKB48 Cafe」を同店に併設開業。
+
* 7月30日、AKB48 OFFICIAL SHOP HARAJUKUをJR[[原宿駅]]前の[[竹下通り]]にオープン。
+
* 8月24日、22ndシングル「[[フライングゲット (曲)|フライングゲット]]」を発売。8月23日付オリコンデイリーチャートで約102.6万枚を売り上げ、オリコンランキング史上初となる発売初日ミリオンを達成。また、初週に135.4万枚を売り上げ、前作に続き2作連続の初週ミリオンとなった。
+
* 9月20日、日本武道館で『[[AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会]]』が開催され、[[篠田麻里子]]が初のセンターを獲得。
+
* 9月29日、AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARAをJR[[秋葉原駅]]前にオープン。
+
* 9月30日、この日をもって「柱の会」会員向けサービスを終了し、「柱の会」を廃止。
+
* 10月6日、『[[第62回NHK紅白歌合戦]]』の紅白応援隊に[[テリー伊藤]]と共に就任。
+
* 10月10日、チーム4劇場初公演。
+
* 10月26日、23rdシングル「[[風は吹いている]]」を発売。10月25日付オリコンデイリーチャートで前作「フライングゲット」を抜き、約104.6万枚を売り上げた。
+
* 11月22日、[[中華人民共和国|中国]]・[[上海市|上海]]にオフィシャルショップオープン。
+
* 12月7日、24thシングル「[[上からマリコ]]」を発売。
+
* 12月8日、「柱の会」に代わる新しい公式ファンクラブ「二本柱の会」発足。同日、[[Google]]社との協力により[[Google+]]の[[プラットフォーム (コンピューティング)|プラットフォーム]]を利用したAKB48グループメンバーとファンとの交流サービス「AKB48 on Google+」を開始することを発表。
+
* 12月19日、この日発表された「オリコン2011年年間ランキング」で史上初の年間シングルTOP5を独占。また、年間売上1位の歌手に送られる「アーティスト別トータルセールス」を初受賞し、全16部門中最多の7冠を獲得。
+
* 12月30日、『[[第53回日本レコード大賞]]』日本レコード大賞、初受賞。
+
* 12月31日、『第62回NHK紅白歌合戦』に3年連続4回目の出場。前年に打ち立てた最多記録をさらに更新する210人で出演。
+
 
+
=== 2012年 ===
+
[[Image:AKB4812.jpg|350px|thumb|篠田麻里子]]
+
[[Image:AKB4813.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
* 1月27日、AKB48ドキュンタリー映画第2弾となる『[[DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る]]』が公開。
+
* 2月15日、25thシングル「[[GIVE ME FIVE!]]」を発売。表題曲はAKB48シングル史上初のバンド曲となる。2月27日付オリコン1位を獲得し、6作連続ミリオン・12作連続12作目の首位を獲得した。総売上枚数も1315.5万枚となり、モーニング娘の1180.8万枚(当時)を抜いた。
+
* 3月20日、「AKB48 CAFE & SHOP HAKATA」を[[福岡県]][[福岡市]]にオープン。
+
* 3月23日、3日間連続の『AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長!in[[さいたまスーパーアリーナ]]』初日公演において[[東京ドーム]]公演を開催することを発表した。
+
* 3月24日、コンサート2日目にSKE48チームSの松井珠理奈がAKB48のチームKへ、NMB48チームNの[[渡辺美優紀]]がAKB48のチームBへ期間限定で兼任することを発表した。さらに、秋元康のGoogle+ではチーム8を結成する予定であることを公表した。ただし、後述する東京ドーム公演でのチーム再編発表では3チーム体制に戻すことが明らかにされている。
+
* 3月25日、コンサート3日目に、「AKB48 27thシングル選抜総選挙」を開催することを発表した。同じ公演で、前田敦子がグループから卒業することを宣言した。
+
* 3月30日、東京ドームで開催された[[日本プロ野球|プロ野球]][[セントラル・リーグ]]公式戦[[読売ジャイアンツ]]対[[東京ヤクルトスワローズ]]第1回戦において[[国歌斉唱]]を務めた。
+
* 4月4日、「AKB48 CAFE & SHOP NAMBA」を[[なんばグランド花月]]内にオープン。
+
* 5月23日、26thシングル「[[真夏のSounds good !]]」を発売。初日売上で自身が持つ最高記録を超える約117.1万枚を売り上げた。8月時点でも売上は約182万枚となり、当時自身の売上No.1シングルとなった。
+
* 6月6日、『[[AKB48 27thシングル選抜総選挙]]』(第4回選抜総選挙)を実施し。大島優子が1位となり、センターポジションを獲得。
+
* 8月15日、4thアルバム『[[1830m]]』を発売。
+
* 8月21日、これまで、AKB48公式サイト・ショップでのみの販売であったAKSレーベルのAKB48関連DVD作品の大半が、CD・DVDショップでの販売を開始。
+
* 8月24日 - 26日、東京ドームで『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』を開催。初日公演において、2度目のチーム再編(組閣)とその概要を発表。チーム4を廃止しての3チーム体制への回帰、チームAのキャプテンだった高橋みなみの総監督就任とチームキャプテンの総入れ替えも発表された。チームAは篠田麻里子、チームKは秋元才加に代わり大島優子、チームBは柏木由紀に代わり梅田彩佳が就任(梅田はチームKからの異動)。
+
* 8月27日、[[京楽産業.]]より「[[CRぱちんこAKB48]]」がホールデビュー。
+
* 8月29日、27thシングル「[[ギンガムチェック]]」を発売。グループ9枚目の100万枚突破を記録。
+
* 9月18日、日本武道館で『[[AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会]]』を開催。[[島崎遥香]]が優勝し、初のセンターポジションを獲得。
+
* 10月25日、Nintendoゲーム「AKB48+Me」が発売された。
+
* 10月31日、28thシングル「[[UZA (曲)|UZA]]」を発売。
+
* 12月5日、29thシングル「[[永遠プレッシャー]]」を発売。グループ11枚目の100万枚突破を記録。
+
* 12月20日、[[バンダイナムコゲームス]]より、[[PlayStation Portable|PSP]],[[PlayStation Vita|PSVITA]]用ソフト「[[AKB1/149 恋愛総選挙]]」を発売。
+
* 12月30日、『[[第54回日本レコード大賞]]』日本レコード大賞、史上6組目の2年連続受賞。女性グループとして連覇は史上初。
+
* 12月31日、『[[第63回NHK紅白歌合戦]]』に4年連続5回目の出場。前年出場時の最多記録である210名より40名少ない170名で出演。人文字は配置転換を用いた二段構えで「日本ラララ」「がんばろう」。
+
 
+
=== 2013年 ===
+
[[Image:AKB4814.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4815.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
* 1月1日、AKB48劇場公演曲をスタジオレコーディングした『studio recordings コレクション』全20タイトルを発売。
+
* 1月3日、「AKB48 OFFICIAL SHOP HARAJUKU」、入居先ビルの改築に伴い閉店。
+
* 1月25日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』2日目公演においてSKE48劇場支配人(当時)の湯浅洋がAKB48劇場新支配人に、AKB48劇場支配人(当時)の[[戸賀崎智信]]のAKB48グループ総支配人にそれぞれ就任する人事案とファンによる信任投票の実施を発表。27日の同最終日公演において信任投票の結果、湯浅洋のAKB48劇場支配人就任が信任されず、これに伴いAKB48劇場支配人はAKB48グループ総支配人に就任した戸賀崎智信が兼任となり、湯浅は戸賀崎の下で支配人研究生として活動していくことが発表された。
+
* 2月1日、AKB48ドキュンタリー映画第3弾となる『[[DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?]]』が公開。
+
* 2月20日、30thシングル「[[So long !]]」を発売。グループ12枚目の100万枚突破を記録。
+
* 4月、[[朝日新聞]]夕刊にてコラム『AKB的人生論 大人たちに言いたい』連載開始。筆者は交代制。掲載は毎週金曜日。
+
* 4月10日、[[全日本空輸]] (ANA) との共同プロジェクト『Challenge for ASIA by ANA × AKB48』を開始することを発表。
+
* 4月25日 - 28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』を日本武道館で開催、AKB48としては27日夜に単独、28日は48グループ総出演の一部として出演。
+
* 5月22日、31stシングル「[[さよならクロール]]」を発売し、初日の売り上げで「真夏のSounds good !」の持つ最高記録を超える約145万枚の歴代売上枚数1位を記録。また累計売り上げが約2185.2万枚となり、浜崎あゆみの約2141.6万枚を上回って、女性アーティスト最多となった。12月時点で売上は約194万枚となり、自身の売上No.1シングルとなった。
+
* 6月5日、「AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』」を日本武道館で開催。
+
* 6月8日、[[横浜国際総合競技場|日産スタジアム]]で『AKB48スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小(ち)っちぇ!小(ち)っちゃくないし!!〜』と『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』開票イベントを開催。[[指原莉乃]](HKT48)が1位となり、初のセンターポジションを獲得。また、篠田麻里子が7月での卒業を発表。
+
* 7月 - 8月、[[福岡ドーム|福岡 ヤフオク!ドーム]](福岡県)・[[札幌ドーム]](北海道)・[[大阪ドーム|京セラドーム大阪]](大阪府)・[[ナゴヤドーム]](愛知県)・東京ドーム(東京都)で5大ドームツアー『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』を開催。
+
* 8月21日、32ndシングル「[[恋するフォーチュンクッキー]]」を発売。初週で約133万枚を売上げ、13作連続ミリオンを達成。[[B'z]]と並んで歴代1位タイ記録となった。
+
* 8月24日、当日新たに研究生から昇格したメンバー16名によりチーム4を再結成。キャプテンは峯岸みなみ。湯浅AKB48劇場支配人も研究生から正式な支配人に昇格した。
+
* 9月12日、『[[AKB1/149 恋愛総選挙]]』の[[PlayStation 3]]版を発売。
+
* 9月18日、日本武道館において『[[AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会]]』を開催。[[松井珠理奈]]がセンターポジションを獲得。
+
* 10月30日、33rdシングル「[[ハート・エレキ]]」を発売。初週で約120.4万枚を売上げて14作連続ミリオンを達成し、B'zを抜いて日本歴代単独1位記録、通算ミリオン獲得数記録でもB'zの15作に並んで歴代1位タイ記録となった。またオリコン初登場1位が20作連続となり[[松田聖子]]、[[浜崎あゆみ]]と並んで女性アーティスト歴代1位タイ記録となった。
+
* 11月9日、youtube内AKB48 Official Channel!で配信された動画にて、2014年1月から「チームの公演倍率、ファンの支持率をプロ野球やサッカーのように競い合うペナントレースを実施する」ことと、また翌日行われるドラフトで交渉成立した場合にキャプテンの意向で正規メンバーか育成メンバーに振り分け可能な「育成メンバー制度」の導入を発表。
+
* 11月10日、[[グランドプリンスホテル新高輪]]において『AKB48グループドラフト会議』開催。
+
* 11月21日、「恋するフォーチュンクッキー」が『[[第55回日本レコード大賞]]』の大賞候補曲となる優秀作品賞にノミネートされる。
+
* 12月11日、34thシングル「[[鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの]]」を発売。初週で約103万枚を売り上げて15作連続ミリオンを達成。通算ミリオン獲得回数も16に伸ばし、B'zを抜いて日本歴代単独1位の記録となる。またデビュー以来のシングル総売上枚数も2583万5000枚に上り、[[サザンオールスターズ]]の記録を上回る歴代3位となる。
+
* 12月15日、12月16日付オリコン年間ランキングの「シングルセールス部門」で「さよならクロール」が史上初の4年連続年間1位獲得で自身の持つ年間1位獲得回数の記録を4に伸ばした。また1位の「さよならクロール」、2位に「恋するフォーチュンクッキー」、3位に「ハート・エレキ」、4位には「So long !」が入り3年連続のTOP4を独占する。
+
* 12月17日、TOKYO DOME CITY HALLにて『第3回 AKB48紅白対抗歌合戦』を開催。当該イベントにおいて、2014年3月29日にAKB48単独公演、30日にAKB48グループ総出演公演を[[国立霞ヶ丘陸上競技場]]で開催することを発表。併せて同年4月には、さいたまスーパーアリーナでSKE48、NMB48、HKT48が単独公演を開催することも発表される。
+
* 12月24日 - 25日、『[[ラジオ・チャリティー・ミュージックソン|第39回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン]]』([[ニッポン放送]])のメインパーソナリティとしてAKB48が出演。
+
* 12月30日、3連覇のかかった『第55回日本レコード大賞』に出演したが、AKB48が受賞する前に3連覇を果たした[[EXILE]]に敗れた。
+
* 12月31日、『[[第64回NHK紅白歌合戦]]』に紅組出場歌手として5年連続6回目の出場を果たす。番組内のMCで大島優子が卒業を発表。
+
 
+
=== 2014年 ===
+
[[Image:AKB4814.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
* 1月22日、5thアルバム『[[次の足跡]]』発売。
+
* 1月23日 - 26日、TOKYO DOME CITY HALLにおいて『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014』(200位 - 101位)を開催。同イベント初日の23日、「会いに行くアイドル」をコンセプトに、47人のメンバー候補を47都道府県ごとに全国テレビ局主導のオーディションを実施し、[[トヨタ自動車]]が全面サポートする新チーム「チーム8」メンバーを決定する『AKB48 × TOYOTA Team 8 プロジェクト』始動を発表。
+
* 2月24日、[[Zepp|Zepp DiverCity Tokyo]]にて「AKB48グループ大組閣祭り」開催予定。
+
* 2月26日、35thシングル「[[前しか向かねえ]]」発売予定。
+
* 3月29日、[[国立霞ヶ丘陸上競技場]]にてAKB48単独で、翌30日にはAKB48グループ全体でコンサート開催予定。
+
* 4月6日、さいたまスーパーアリーナにおいて『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014』(100位 - 1位)を開催予定。
+
* 4月17日、[[江崎グリコ]]『[[パピコ]]』のテレビCMでセンターとして登場するメンバーとして3月4日から募集していた「大人AKB48」について、応募者5066人の中から、2児の母で専業主婦の塚本まり子が選ばれたことが公表される。CMは5月14日から放送予定で、活動期間は同年8月31日までとなり、キャンペーン終了をもって卒業予定。
+
* 4月22日より10月31日まで『AKB48グループ ペナントレース 〜AKB48グループは競い合って磨かれる〜』が実施される。
+
* 4月24日、新チーム体制へ移行。
+
* 5月21日、36thシングル「[[ラブラドール・レトリバー (曲)|ラブラドール・レトリバー]]」を発売。
+
* 5月25日、[[岩手県]][[滝沢市]]の[[岩手産業文化センター]]で開催された握手会で、刃物を持った暴漢により川栄李奈・入山杏奈・男性スタッフの3名が負傷する事件が発生。この事件をきっかけに当面の間AKB48劇場の休館、握手会の中止・延期が決定した。
+
* 6月2日よりAKB48劇場での公演を再開。
+
* 6月7日、[[東京スタジアム (多目的スタジアム)|味の素スタジアム]]で『[[AKB48 37thシングル選抜総選挙]]』開票イベントを開催。[[渡辺麻友]]が1位となり、センターポジションを獲得。
+
* 6月8日、味の素スタジアムで、荒天のため中止となった『AKB48単独&グループ 春コンin国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』2日目のAKB48グループによるコンサートを代替開催。。
+
* 7月4日、AKB48ドキュンタリー映画第4弾となる『[[DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?]]』が公開。
+
*8月18日~20日、東京ドームにおいて、「AKB48グループ 東京ドームコンサート〜するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?〜」を開催。18日にはAKB48単独公演、19日、20日にはAKB48グループ総出演公演を開催。
+
*8月27日、37thシングル「[[心のプラカード]]」発売
+
*9月17日、日本武道館において、「[[AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜]]」開催予定。
+
 
+
'''2014年京セラドームでの握手会'''<br/>
+
2014年11月16日の握手会に参加した"次世代のエース"と呼ばれる[[小嶋真子]](17)は、自身の[[Google+]]で
+
 
+
「先輩方に頼らず、今の状況を自分たちで受け止めて、どうしていくかは私たち次第。これからのAKBの未来を私たちが照らせるようにもっともっと頑張らなくちゃいけないと今日すごく思いました」
+
 
+
「もしかしたら、もっと大きな声援やもっとたくさんの人数を期待してる人もたくさんいたと思います。でも、応援してくれる人が一人でもいるならその人のために全力で歌って踊って思いを伝えなくちゃって思います」
+
 
+
などと綴り、少ない集客に何かしら感じたものがあった様子だ。また、同じく同日に参加した[[大島涼花]](16)は
+
 
+
「私たち若いメンバーがもっともっと頑張らなきゃなって思います。これからもよろしくお願いします!!いつかは京セラドームを私たちで埋められるようにがんばります!」
+
 
+
と記し、[[高橋朱里]](17)は
+
 
+
「先輩メンバーさんがほぼいない環境での全国握手会でした!不安だなって思った分、いつも先輩がいることに当たり前を感じてる自分を見つめ直す事も出来ました」
+
 
+
とイベントを振り返った。ほかのメンバーも口々に反省を綴るなど若手メンバーにとってはハードな試練となってしまったようだが、AKB運営ほどのリサーチ力があればこのような事態は防げたはずではないのだろうか。
+
 
+
「いまだにシングルミリオンを連発しているAKBですが、握手会の動員は徐々に下がってきており、さらには若手が育っていないという問題を抱えている。また、有名メンバーばかりに人気が集中し、若手を青田買いしようという熱心なファンも減っている。握手会の会場は前年の実績を基に昨年の段階で押さえていますから、その変化に対応できなかったのでしょう。若手中心だったからガラガラでも仕方ないという擁護もできますが、ファンが若手メンバーに関心を示さない状況はグループの将来に暗い影を落とす。いわゆる『終わりの始まり』が露呈してしまったともいえるでしょう」(前同)
+
 
+
かつての[[モーニング娘。]]に比べれば世代交代を上手にやっていると評されていたAKBだが、グループ自体の勢いの低下も相まって深刻な壁にぶつかっているようだ。数年後、現在の人気メンバーが軒並み卒業した後にAKBが人気を持続できているかどうかは若手メンバーの頑張りに掛かっている。だが、それだけではどうにもできない時代の流れもあるだけに、先行きは微妙といわざるを得ないようだ。
+
 
+
[[Image:2014AKB握手会1.jpg|300px]] [[Image:2014AKB握手会2.jpg|300px]] [[Image:2014AKB握手会3.jpg|300px]]
+
==== 2015年====
+
9月16日。じゃんけんで藤田那奈が優勝した
+
 
+
== 活動方針 ==
+
[[Image:AKB商法1.jpg|600px|thumb|[[AKB商法]]]]
+
専用劇場(後述)で行われるコンサートは全て「'''公演'''」と銘打っており(「ライブ」「コンサート」と呼称されることはない)、2011年現在でもグループ活動の肝となっている。公演は全てオリジナル曲で行われ、オリジナル曲の数は2010年12月現在で380曲を越える。また、そのうちのほぼ全ての楽曲で総合プロデューサーの秋元康が作詞を担当(渡り廊下走り隊6thシングル「[[ギュッ]]」に収録される3曲は[[島田紳助|カシアス島田]]が、DiVA 1stシングル「[[月の裏側 (DiVAの曲)|月の裏側]]」に収録されている「インフォメーション」は[[小室哲哉]])が作詞している。秋元康は1回の公演につき1000曲以上のデモテープを集め、何日もかけてそれを聴きながら使用する曲を選んでいるという)。
+
 
+
メンバー間及びメンバー以外とは恋愛禁止とされている(厳密には片想いはOKだが、両想いは厳禁とされる。ただ、恋愛相手がメンバー以外であり、片想いから両想いになった場合や、両想いであるが、当人同士がそのことに気づいていない場合などのルールは決まっていないため、形骸化されているものとされる)。メンバーには、特に初期に加入した者を中心に「AKB48は一つの通過点」という認識を持つ者が多く、全員が[[歌手]]を目指している訳ではなく、歌手・[[声優]]・[[ファッションデザイナー]]・[[俳優|女優]]など志望する職業まで様々である。ただし、AKB48が音楽番組等に出演、さらにメジャーデビューしたことにより、AKB48が「結構知ってる存在」になったため、特にメジャーデビュー直後の[[#第三期AKB48追加メンバーオーディション|第三期オーディション]]以降に加入したメンバーには、AKB48そのものが「大好きで入りたい」という者も多く、大島優子によれば、特に8期生以降の新加入メンバーにはその傾向が顕著となっている。5期生位までは[[モーニング娘。]]に憧れての加入者が多い。小嶋陽菜はAKB48よりもモー娘に入りたかったとショージキ将棋で言っており、指原・北原・柏木・宮澤が秋祭りで[[ミニモニ]]を披露した際も練習はしてなかったと言う。公式ブログのタイトルが示すように、[[東京ドーム]]でのコンサート開催を目標に置いている。当初は、メジャーデビューを目標にしていた。メンバーが着用する衣装のデザインは女子高生の制服をモチーフとした形と思われるがデザイナーの茅野しのぶが一手に担当しており、各楽曲のイメージに合わせてデザインした衣装に、各メンバーのキャラクターや体形に合わせ調整を加えるため、その総数は1000着を超える。2010年代に入り、楽曲「言い訳Maybe」の衣装に使用された赤チェック柄が女性の間で流行するなど、ファッション業界からも注目されるようになっている。なお、実際の製作作業には、[[京都造形芸術大学]]も協力している。
+
 
+
=== グループ名の由来 ===
+
グループ名の'''AKB'''の由来は、ホームグラウンドが位置する'''秋葉原'''(あきはばら、'''AK'''IHA'''B'''ARA)からであるとされる。当初募集告知をした際には、「'''秋葉原48プロジェクト'''」と銘打っており、[[NTTドコモ]]とのメンバー募集タイアップCMなどを始め、インディーズデビュー当時の各種メディアでは「'''Akihabara48'''」とされていたこともある。その後、グループ名は「AKB(エーケービー)48」に統一されたが、公式ブログのURLは2011年現在も「'''akihabara48'''」となっている。ただし、これは表向きであり、実際には「'''A'''ho'''K'''ichigai'''B'''aka'''48'''」が正式名称である。
+
 
+
'''48'''の由来は、秋元康のイメージでは「あくまで商品番号で意味はない」と語っている。その名の通り、構成人数は総勢48人程度である(メンバーの加入・脱退などの都合により多少の変動はある)。初期の構想では1軍24人+2軍24人の計48人というものだった。AKB48劇場支配人の[[戸賀崎智信]]は、結成当初の所属事務所である[[office48]]の社長([[芝幸太郎]])の好きな数字が48であったため、50人程度のグループをつくるなら48人にしてくださいと言われたと述べている。
+
 
+
=== AKB48劇場 ===
+
[[AKB48劇場]]参照
+
 
+
[[ドン・キホーテ (企業)|ドン・キホーテ]]秋葉原店の8階にある専用劇場「AKB48劇場」をホームグラウンドとして活動している。また、ドン・キホーテ秋葉原店の5階にはDVDやグッズを販売する「AKB48 SHOP」が開設されている。
+
 
+
なお、2009年6月から10月まで[[シアターGロッソ]]([[東京ドームシティアトラクションズ]])をセカンドフランチャイズとして、不定期で公演を行っていた。2009年11月以降も公演を行う計画はあり、AKB48公式サイトにもシアターGロッソが案内されていたが、2011年10月のサイトリニューアルに伴い記述は消滅した。
+
 
+
===ファンコミュニティ===
+
[[Image:AKB487.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
AKB48は専用劇場を設置して公演を行う方法でアイドルとファンの距離を縮めることに成功しているが、同時にこれはファン同士の結びつけを強めることにもなった。特に劇場前のロビーは見知らぬファン同士が知り合うきっかけとなる空間として機能している。オンライン上でも、[[mixi]]をはじめとする[[ソーシャル・ネットワーキング・サービス]]が台頭したことからそれらを利用して交流を深める動きが見られる。
+
 
+
運営側は、ファンの意見を積極的に取り入れている。劇場が混雑していなかった頃はプロデューサーの秋元康が直接劇場でファンから意見を聞いていたこともあり、ヒットしてからもスタッフから間接的に伝えてもらっている。特に初期段階は運営スタッフ側に芸能関係の経験が少なかったため、チケットの販売・抽選や整列の具体的な方法などについてファンからアドバイスを受けていた。[[岩崎夏海]]がアシスタントプロデューサーをしていた頃は、彼がネットに強かったことから電子掲示板[[2ちゃんねる]]や[[ブログ]]に書き込まれた公演についてのファンの反応をまとめて秋元康に伝えていたという。
+
 
+
また、公式ファンクラブ「柱の会」の運営を2006年8月22日より開始。しかし、1人複数口の会員登録が可能な会員登録制度や、これが起因となった公演チケットの[[インターネットオークション]]での転売などが問題となり、2011年9月30日をもって廃止。同年12月8日よりこれに代わる新たな公式ファンクラブ「二本柱の会」が発足した。
+
 
+
=== 握手会 ===
+
AKB48ではCD購入者を対象にした握手会を実施しており、ファンがメンバーと直接握手や会話ができる数少ない機会として「会いにいけるアイドル」のコンセプトを果たす役割を担っている。当初は機材の故障により中止になった劇場公演の代替として行われたが、その後シングルCDのタイトルを冠して定期的に実施されるようになった。劇場公演やテレビ番組とは異なり、メンバーは私服での参加が原則となっている。
+
 
+
=== 日本国外への展開 ===
+
2007年9月22日には初の日本国外での公演として、チームBが[[北京市|北京]]の中国芸術研究院で開催された「日中文化人懇談会2007」に参加。
+
 
+
2009年には[[パリ]]、[[ニューヨーク]]、[[カンヌ]]で、2010年には[[ロサンゼルス]]、[[ソウル特別市|ソウル]]、[[シンガポール]]、[[モスクワ]]、[[マカオ]]などでライブを行った。
+
 
+
2011年5月15日より、シンガポールで日本国外で初の定期公演を開始。
+
 
+
2011年12月8日、Google+上での交流サービス「'''AKB48 on Google+'''」を開始。メンバーが書き込んだ記事は、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語に自動翻訳されて配信される。
+
 
+
;オフィシャルショップ
+
* 中国・香港(2010年10月24日 - )
+
* シンガポール(2011年5月14日 - )
+
* 台湾(2011年7月23日 - )
+
* 中国・上海(2011年11月22日 - )
+
 
+
=== 姉妹プロジェクト ===
+
[[Image:AKB488.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
2008年夏には、[[名古屋市]]・[[栄 (名古屋市)|栄]]を拠点とする姉妹ユニット[[SKE48]]が、2009年夏には、AKB48劇場を本拠地とする第二のグループとして20歳以上のメンバーのみを集めた姉妹ユニット[[SDN48]]が、2010年秋には、[[大阪市]]・[[難波]]を拠点とする姉妹ユニット[[NMB48]]が、2011年秋には[[九州]]・[[福岡市]]を拠点とする姉妹ユニット[[HKT48]]がそれぞれ誕生している。なお、その他の都市でグループを作ることも構想段階として発表されており、その中で秋元康は[[札幌市]]に新たな姉妹ユニットを作ることを示唆している。また、日本国外でも2011年に[[インドネシア]]・[[ジャカルタ]]に[[JKT48]]が誕生。さらに[[台北市]]に[[TPE48]]を作る予定である。
+
 
+
AKB48の知名度が上がり、イベントの規模が拡大するにつれて各種イベントでの姉妹ユニットとの共演も増加している。
+
 
+
=== AKB48の定義 ===
+
プロジェクトが拡大するにしたがって、おなじ「AKB48」という名称でもその意味は場合によって大きく異なる。主に以下の3つの意味で用いられることが多い。
+
* チームA、チームK、チームB、チーム4とその研究生からなる秋葉原を拠点に活動するグループのみを指す最も狭義の用途。姉妹ユニットと併記されて用いられる場合が多い。
+
* 上記のAKB48以外に姉妹ユニットであるSKE48やNMB48を含めて「AKB48」と呼ばれることがある。また、姉妹ユニットからAKB48の選抜メンバーに選ばれることもある。
+
* AKB48以外にSDN48も含めた全ての姉妹ユニットの総称を指す最も広義の用途。
+
 
+
=== 選抜総選挙 ===
+
AKB48のニューシングルに参加するメンバーを選抜する選挙。[[2009年]]から始まった企画で、[[シングル]][[コンパクトディスク|CD]]の購入者や[[ファンクラブ]]会員等に投票資格が与えられ、AKB48・[[SKE48]]・[[NMB48]](第3回から)のメンバーとその研究生が投票対象となる。開票の結果、21位までに入った選抜メンバーと22位以下定数のアンダーガールズが選出され、対象シングルの楽曲を歌唱することができる。選抜メンバーのうち、12位までに入ったメンバーは特にメディア選抜と呼ばれ、さらに1位となったメンバーはその曲のセンターポジションを務めることができる。
+
 
+
これまで実施された選抜総選挙は以下のとおり。
+
 
+
* [[AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」]](2009年)
+
* [[AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」]](2010年)
+
* [[AKB48 22ndシングル選抜総選挙|AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」]](2011年)
+
 
+
=== 選抜じゃんけん大会 ===
+
選抜総選挙に続いて創設されたメンバー選抜イベント。知名度や実績などを一切考慮せず、じゃんけんの結果のみで選抜メンバーが決定する。トーナメントを勝ち抜いた16人が選抜メンバーとなり、1位になったメンバーがセンターポジションを務めることができる。選抜総選挙と違い、アンダーガールズは選出されない。
+
 
+
これまで実施された選抜じゃんけん大会は以下のとおり。
+
 
+
* [[AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会]](2010年)
+
* [[AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会]](2011年)
+
 
+
== AKB柏木とサッカー扇原&杉本らの合コン会場は関東連合ビル(2013年2月) ==
+
[[Image:AKB489.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
[[AKB48]]の[[柏木由紀]](21歳)が、2013年2月7日発売の週刊誌「週刊文春」に、[[セレッソ大阪]]の選手や人気AV女優・[[明日花キララ]]との“朝まで合コン”を報じられている。
+
 
+
同誌に掲載された「AKB柏木由紀 Jリーガーとの『深夜合コン』撮った!」には、先週“[[EXILE]]の弟分”[[GENERATIONS]]の[[白濱亜嵐]](19歳)とのお泊まり愛が報じられ、丸刈り謝罪した[[峯岸みなみ]](20歳)も再び登場。合コンが行われたのは1月12日の深夜0時過ぎからで、柏木は峯岸の誘いで参加、その場にはセレッソ大阪の[[扇原貴宏]]選手(20歳)、[[杉本健勇]]選手(20歳)とほかに友人男性が1人、女性側は峯岸の友人と思われる女性と、峯岸と仲の良いAV女優の明日花キララ(24歳)が同席していた。
+
 
+
会場は[[半グレ集団|関東連合]]が経営する、[[バルビゾンビル]]である。[[市川海老蔵]]殴打事件の舞台であり、またこのビルを経営する「バルビゾン27」の常務取締役は、「[[Office48]]」の取締役でもある[[伊藤健志]]である。
+
 
+
合コンは店内に男女のはしゃぐ声が響き渡るほど盛り上がり、峯岸は午前3時過ぎに連れの女性と共に退店。残された柏木と明日花は男性陣と共に盛り上がり、午前7時半過ぎに上機嫌な表情で帰宅の途についた――複数の写真付きで伝えている。
+
 
+
ちなみに、同誌は柏木本人にも直撃しているがリアクションはなく、所属事務所は店に行った事実は認めているものの「男性がいるとは事前に知らされていなかった」「明日花さんのことも知らなかった」と合コンを否定。峯岸の所属事務所も「合コンではありません。女性だけの食事会と聞いております」と否定したが、柏木サイドはJリーガーとの同席を認めているため、この点において双方の事務所の認識に違いがある。
+
 
+
この報道の内容は、同誌の中吊り広告を撮影した写真が出回り始めた5日頃から、ネットで大騒動となっている。柏木がAKB48の中心メンバーの一人であることに加え、“恋愛禁止”のルールがあるAKB48において、過去に合コンが問題視されグループを脱退・解雇されたメンバーもいるためだ。ただし、同じビルで2012年9月にAKB48卒業直後の[[前田敦子]](21歳)と、[[大島優子]](24歳)、[[仲川遥香]](20歳)が、俳優の[[佐藤健]](23歳)らと合コンしていたことが報じられた際には、特に処分は下されていない。
+
 
+
事態をややこしくしているのは、“清純派”のキャラクターとして人気を獲得してきた柏木が、これまで各所のインタビューで「恋愛よりも仕事」などと語ってきたこと。つい先日、2月2日に[[毎日新聞]]に掲載されたインタビューでも「(恋愛禁止は)中学3年生からグループに入っているので、それが当たり前だった」「恋愛があると、ファンの応援したいという気持ちがもしかしたら薄れちゃうかもしれない」「恋愛やプライベート、自由を捨ててもAKB48に夢を懸けているので、ファンにそういうところを応援してもらいたいです。みんなの意思を統一するためにも(恋愛禁止条例は)必要だと思います」と持論を披露していた。
+
 
+
今回の合コンを報じた「週刊文春」発売日前日、6日には柏木がシングル「ショートケーキ」をリリースし、6年越しの夢のソロデビューを果たしている。そのため、一部では話題性を狙った“炎上商法”なのではないかとの見方もあるようだ。
+
 
+
なお、6日までに運営サイドに動きはなく、柏木は7日に更新した公式ブログでもこの件には触れていない。
+
 
+
=== 六本木暴行死事件で再び注目される「AKB48と関東連合の関係」 ===
+
[[Image:AKB4810.jpg|400px|thumb|AKB48]]
+
それだけでなく、関東連合によってAKBメンバーが接待合コンや乱交パーティーに駆り出されているというウワサもある。2011年6月に「週刊新潮」(新潮社)が、未成年メンバーの“飲酒&乱交疑惑”を報じたが、そのようなことは日常的に行われているという情報がある。
+
 
+
「裏社会だけでなく表社会でも力を伸ばしている関東連合は、有力者に美人タレントやアイドルをあてがうことで成長してきた側面がある。高級ホテルの一室などで接待合コンが行われ、複数のAKBメンバーが参加してきた。AKB運営の実力者が手をつけていない有力メンバーは、ほとんどが接待要員に駆り出されています。収入の低い下位メンバーの中には、関東連合が仕切るパーティーに参加して小遣いを稼いでいる者もいる。接待に使われるだけでなく、関東連合メンバーの女となるメンバーもいるようだ」(実話誌編集者)
+
 
+
=== Office48違法キャバクラのまとめ ===
+
[[Image:AKB4811.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
海老蔵事件の起きたバルビゾンビルのオーナーの息子が、Office48常務の伊藤健志である。バルビゾンは関東連合構成員が運営しているキャバクラなどがテナントとして入っており、事件後摘発もされている。
+
:↓<br/>
+
西麻布ブラックダイアモンドがOffice48の違法無許可キャバクラであり、AKBの研究生がバイトしてる。その他にも、店員がジャンキー・レイプまがいの行為・お持ち帰り自由だからやる気があれば儲かる、という書き込みがある。
+
:↓<br/>
+
ブラックダイアモンドのNO1キャバ嬢、じゅりちやんのブログが見つかる。2009年11月9日のブログに、ブラックダイヤモンド→grasseeds(belta salone)移籍時に系列店と書いてあった。grasseedsはOffice48の子会社であると公式HPに出ており、Office48が風俗経営会社という明らかな証拠が見つかった。
+
:↓<br/>
+
無許可営業・脱税などの疑いがあり、すでにあみなちやんの存在そのものがどうでも良くなる
+
:↓<br/>
+
支配人戸賀崎が以前に六本木HANAKOというキャバクラで店長をしていたことが発覚
+
:↓<br/>
+
系列店が見つかる。ショーパブには現在のAKBのような人気投票による選抜・アンダーの形式がすでに存在し、AKB商法の根源が見つかる。さらに「ポニーテール」・「Chou Chou」という店もあり、曲名自体が店の名前だった可能性が浮上。
+
:↓<br/>
+
2009年2月までは存在していた
+
 
+
「週刊文春」
+
:「オフィス48」の芝幸太郎社長が過去に闇金や裏カジノ経営、パチンコの裏ロム販売などの違法ビジネスに手を染めていたと報道。AKB48の運営会社「AKS」の窪田康志社長の"野球賭博スキャンダル"をスクープしている。
+
 
+
「週刊新潮」
+
:複数のAKBメンバーとセックスしたという男性の証言などを基に、メンバーの"未成年飲酒&乱交疑惑"などを報じた。
+
 
+
「週刊朝日」
+
:「電話の主は"元"ヤクザ AKB48所属プロ社長の周辺取材中、本誌記者が受けた『口止め』電話」と題した記事を掲載。文春が報じた芝氏の"黒い過去"と関係の深い新情報を追って、芝氏の代理人弁護士に質問状を送ったところ、ある新聞社に務める元ヤクザの男性から「もう取材はやめてくれませんかね」と口止めを要求する電話があったという。
+
:「その新聞社は一般的な新聞とは違った思想色の強い業界紙ですが、暴力団とも関係が深いといわれています。しかし、今回の口止めは元暴力団員の記者が、ある人物に個人的に頼まれて動いたようです。経緯については情報が錯綜していますが、週刊朝日が国民的アイドルグループの関係者を取材中に、元暴力団員から取材をやめるよう圧力を掛けられたのは事実。巨額のカネが動くようになったAKBの周りには、闇の深い人物たちが群がっていますよ」(週刊誌記者)
+
 
+
=== 芝幸太郎の経歴 ===
+
[[Image:AKB4816.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4817.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
* 1973年11月8日に[[高知県]][[幡多郡]][[十和村]]([[四万十町]])で生誕(父、母、姉3人) 
+
* 1980年 十和村立の小学校入学
+
* 1984年 父死去
+
* 1986年 十和村立の小学校卒業、十和村立の中学校入学
+
* 1989年 十和村立の中学校卒業、高知市立高知商業高校(高知県高知市)入学(下宿)
+
* 1992年 営業志望で就職活動
+
**高知市立[[高知商業高校]]卒業
+
**[[三菱電機]]高知工場(高知県[[香我美町]][現[[香南市]]])(現[[ルネサスエレクトロニクス]]高知事業所)入社
+
**同社を数か月で退社
+
**[[商工ファンド]](中小企業向けの商工ローン)(SFCG)高知支店入社
+
**数か月後に支店トップの営業成績達成
+
* 1995年  商工ファンド広島支店、山口支店、岡山支店の支店長に就任し全国トップ(最速記録)の営業成績達成
+
* 1998年 商工ファンド渋谷支店の支店長(最年少記録)に就任
+
* 1999年 商工ファンド退社後に六本木にエステティックサロン(レーザー脱毛)を開業
+
* 2002年 7月に同業他社の東京都港区芝にあるエステ店の経営者がレーザー脱毛の医師法違反行為で逮捕
+
**エステティックサロンを売却
+
**東京都港区六本木のビル内で裏ロム業と闇カジノ業を開業
+
**タトゥーファッションブーム到来
+
* 2003年 ベントレー アルナージ新車購入(3000万円前後)
+
**30歳で年収1億円達成(トヨタ自動車の取締役クラス)
+
**[[窪田康志]]との遭遇
+
* 2004年7月13日に株式会社オフィスフォーティエイト(office48)設立
+
* 2005年4月8日に株式会社デジタルマーケット(セカンドライフなどの3D映像制作)設立
+
**セカンドライフには電通とTBSなども開発参加
+
**窪田康志と秋元康で食事会
+
**7月に秋葉原48プロジェクトの第1期生メンバーの募集開始
+
**オフィスフォーティエイト(office48)がマネジメント業務を受託
+
**12月8日にAKB48が秋葉原48劇場で初公演
+
* 2006年 1月に窪田康志(34歳)(窪田芳郎[父親])が出資した株式会社AKS設立
+
**1月22日の公演で[[篠田麻里子]](元福岡博多のキャバクラ従業員)がAKB48デビュー
+
 
+
=== 「週刊新潮」「『人形遣い』の錬金術。時代の寵児『秋元康』 ===
+
[[Image:AKB4818.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
『AKB48の原点となった『振り込め詐欺』の金!」と題した記事を掲載し、これに対してoffice48が事実無根として法的措置を構ずる予定であることを発表した。
+
 
+
office48はAKBの創始者の一人である芝幸太郎氏が代表を務める芸能プロダクションで、当初はメンバー全員が同社に所属し、いまも秋元才加らが所属している。同誌はAKBの創立当初の活動資金に芝氏の“黒いカネ”が使われていたと指摘し、彼のブラックな過去を告発している。
+
 
+
記事によると、芝氏は地元・高知の高校を卒業した後に精密機械工場に就職するも2カ月で退社。その後、中小企業を相手に高利貸しをして社会問題となった「商工ファンド」に就職し、東京・渋谷の支店長に上り詰めた。独立を志した芝氏はエステサロン経営などを始め、やがて闇金融を営むようになった。
+
 
+
それも最初に「信用確認のために3万円を5回に分けて振り込んでください」などと指示し、最終的に「支払いが遅れたので貸せません。でも、経費は掛かっているので振り込んだ金は返金しない」と振込金を騙し取っていたと記されている。もし事実ならば、「振り込め詐欺」をやっていたと言われても仕方がないかもしれない。
+
 
+
さらに芝氏は[[パチンコ]]の裏ロム販売や[[パチスロ用]]の[[体感機]](イカサマ用の機械)の販売といった違法ビジネスにも手を出し、ついには闇カジノの経営にも乗り出したとされている。芝氏が経営していたとされる闇カジノ「C-1」に、のちにAKBの運営会社AKSの社長となる[[窪田康志]]氏が頻繁に出入りし、カジノつながりで二人は知り合ったという。ここに無類のギャンブル好きで知られる秋元康氏が合流し、AKBの構想が生まれることになった。
+
 
+
2004年に芝氏がモデル事務所としてoffice48を立ちあげ、AKBのオーディション窓口としても使われたが、この「48」は「シバ」のコ゛ロ合わせである。一般的にAKB48の「48」はメンハ゛ー数などを表す数字だと認識されているが、これは秋元氏が直感でオフィス48から取ったものだ。まさに芝氏はAKBの誕生と切っても切れない存在といえる。
+
 
+
秋元氏の証言によると、現在、芝氏はAKBの運営から手を引いているが、前述のように一部メンバーはoffice48の所属であり、AKB48劇場の支配人・[[戸賀崎智信]]氏は同社の取締役である。いまも芝氏はAKBと深い関係にあるのは疑いようのない事実だろう。
+
 
+
AKBの活動資金に関しては、秋元氏が「アイデアは100%僕、お金ということでは100%窪田君」と証言しているが、赤字続きだったAKBプロジェクトに窪田氏が巨額の活動資金を投入するまでは、芝氏も相当の資金をつぎ込んでいたという。つまりは、AKBの原点に振り込め詐欺や裏カジノなどの違法ビジネスで稼いだ金が使われていると告発する記事内容だった。
+
 
+
これに対して芝氏が同誌に抗議し、法的措置の構えを見せるというのは当然といえる。しかし、この芝氏の過去に関する内容は「週刊文春」が7月に報じた記事とほぼ同内容である。なぜ新潮にだけ抗議したのだろうか。
+
 
+
「以前から運営側はAKB叩きが盛んな文春を抱きこもうと必死になっており、東京ドーム公演の公式ガイドブックを文藝春秋から出すなど、懐柔工作をしています。文春に対しては裏で懐柔を進めていくという目標があるため、関係をこじらせたくない。しかし、たまにしかAKBネタを扱わない新潮はノーマーク。そのため今回のような運営側のスキャンダル記事には、厳しい態度を見せたのでしょう」
+
 
+
文春がAKBネタで売上を伸ばしているだけに、このまま新潮が追随することも考えられる。文春だけでも厄介なのに、新潮が本腰を入れればAKBの人気を揺るがすスクープをとられかねない。記事の真偽はさておき、AKB運営はこの二大週刊誌を両方とも抱き込まなければいけなくなるのかもしれない。
+
 
+
== メンバー ==
+
[[Image:AKB4819.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4820.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4821.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4822.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4823.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4824.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4825.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4826.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
[[Image:AKB4827.jpg|350px|thumb|AKB48]]
+
AKB48の正規メンバーは、原則「'''チームA'''」「'''チームK'''」「'''チームB'''」の3つのチームのうち、どれか一つに所属することとなっている。AKB48劇場での[[AKB48の劇場公演|劇場公演]]は、原則としてチーム単位で行われている。
+
 
+
この他、正規メンバーではない「'''研究生'''」と呼ばれるメンバーがいる。研究生は、[[ダンサー|バックダンサー]]や正規メンバーのアンダーとして公演に出演するが、日によっては研究生が出演者の大半を占める場合もある。
+
 
+
'''チーム分けについて'''
+
 
+
各チームへの所属は、結成時からチームB発足までは、加入時期ごとに決められた。ただし、チームB発足前に大量の辞退者が出たため、チームAから3名異動して補填された。
+
* '''旧チームA''':オープニングメンバーオーディション合格者(オリジナルメンバー)('''1期''')
+
** ※[[篠田麻里子]]は追加加入のため'''1.5期'''とされるが、一部[[新聞]]や[[テレビ情報誌]]では'''1期'''と記載される場合がある。
+
* '''旧チームK''':第2期追加メンバーオーディション合格者('''2期''')
+
* '''旧チームB''':第3期追加メンバーオーディション合格者('''3期''')と、チームAからの異動者3名
+
これ以降のオーディションでは、合格者はすべて研究生に所属し、その中から適宜正規メンバーへと昇格してA・K・Bの各チームに所属するようになった。
+
* 研究生オーディション合格者:研究生1期='''4期'''・研究生2期='''5期'''・研究生3期='''6期'''、…
+
※オーディションの詳細は、[[#オーディション|オーディション内容]]参照。
+
 
+
'''2010年施行のチーム体制'''
+
 
+
2009年8月の[[日本武道館]]公演(「AKB104選抜メンバー組閣祭り」)で、「新内閣の発足」が発表され、チームA・K・Bのメンバーの組み替えと、一部メンバーのSDN48への完全移籍、研究生の大量昇格が行われることになった。当初2009年10月からの予定だったが、度々延期され、2010年になって以下のスケジュールで実施された。
+
* 2010年2月21日 - 旧チームK公演終了([[チームK 5th Stage「逆上がり」]]千秋楽)
+
* 2010年3月12日 - 新チームK公演開始([[チームK 6th Stage「RESET」]]初日)
+
* 2010年4月16日 - 旧チームB公演終了([[チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」]]千秋楽)
+
* 2010年5月21日 - 新チームB公演開始([[チームB 5th Stage「シアターの女神」]]初日)
+
* 2010年5月27日 - 旧チームA公演終了([[チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」]]千秋楽)
+
* 2010年7月27日 - 新チームA公演開始([[チームA 6th Stage「目撃者」]]初日)
+
 
+
約半年かけて段階的に実施したため、移行期間中は新旧両チームの公演に出演する者や、逆に長期間公演に出演できなかった者もいた。
+
 
+
'''新公演体制とチーム4結成'''
+
 
+
2009年頃からAKB48のメディア露出増加に伴い、正規メンバーの公演は少なくなり、研究生のみで行われる公演の比率が増える傾向にあった。また、数少なくなっていた正規メンバーの公演日でも、人気メンバーは休演(欠席)することが多くなっていた。その対策として、正規メンバーを従来の48人から増員して、公演に出られるメンバーと控えメンバーをその都度入れ替える計画案が浮上した。その準備段階として2010年12月8日に8名、2011年2月12日に1名がそれぞれ研究生から正規メンバーに昇格することが発表されたが、計画自体が進まなかったこともあり、所属チームについては同時に発表されなかったため、所属チーム決定までの間、暫定的に正規メンバーながら上記各チームのアンダー(不足・休演時の補充メンバー)として、またはチーム研究生公演を中心に出演するという状態だった。
+
 
+
その後計画は変更され、2011年4月8日の公演から演目自体は変わらないものの、各演目名からチーム名を外し、従来のチームごとではなく出演できる者を研究生も含めてその都度組み替えることで、SDN48も含めた4つの公演をバランスよく実施することになった(従来のチーム研究生公演は消滅)。それまでは休演者の発表をしていたが、これ以後は研究生の名前も含めて出演者を発表することになり、16人のうち研究生が過半数だった場合は観覧料金を一律1000円値下げする割引公演とした(研究生公演と同じシステム)。ただし、チームの冠は取り払われたものの、完全なランダムではなく、各演目における従来の主体チームと研究生の合同チームのような形態で実施されている。同年6月6日には前述の所属未定メンバーによるチーム4の結成が発表された。
+
 
+
2011年10月10日からは[[ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」#AKB48 チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演|チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演]]が開始されたが、2012年3月31日をもってSDN48のメンバーが全員卒業したため、4チームによる4公演体制となっている。
+
 
+
また、将来的にはチーム8を結成する予定であることが明言されていた<ref>{{Google+|113474433041552257864|秋元康}}2012年3月24日投稿分</ref>。
+
 
+
'''2012年11月1日施行のチーム体制'''
+
 
+
2012年8月24日に行われた[[東京ドーム]]公演「AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜」の初日において、チーム4を解体し、チームA・チームK・チームBの3チーム体制へと再編されることが発表された<ref name="official120824"/>。このチーム体制では各チーム16人制が廃止されたが、公演に出演するメンバーは毎回16名の選抜制となり、研究生による欠員補充も行われなくなった。
+
 
+
2012年10月7日に[[岩手産業文化センター]]で開催された「『[[真夏のSounds good !]]』全国握手会イベント AKB48祭り powered by ネ申テレビ」において、4チーム体制での各公演の千秋楽と新チーム公演について、また2012年10月21日に公式ブログで新チーム公演初日の日程が発表された<ref>[http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11373651917.html 新チーム体制発足] - AKB48オフィシャルブログ(2012年10月7日)2012年10月7日閲覧。</ref><ref>[http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11384518591.html 新チーム体制 初日](2012年10月22日閲覧)</ref>。
+
* 2012年10月22日 - 旧チームB公演終了([[チームB 5th Stage「シアターの女神」]]千秋楽)
+
* 2012年10月24日 - 旧チームK公演終了([[チームK 6th Stage「RESET」]]千秋楽)
+
* 2012年10月25日 - チーム4公演終了([[ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」#AKB48 チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演|チーム4 1st Stage「僕の太陽」]]千秋楽)
+
* 2012年10月29日 - 旧チームA公演終了([[チームA 6th Stage「目撃者」]]千秋楽)
+
* 2012年11月1日 - 新チームK公演開始(ウェイティング公演初日)
+
* 2012年11月2日 - 新チームA公演開始(ウェイティング公演初日)
+
* 2012年11月3日 - 新チームB公演開始(ウェイティング公演初日)
+
 
+
2012年11月19日にはチームキャプテン制を採用して以後のチームA・チームK・チームBについて、それぞれの公式チーム呼称が発表された<ref>[http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11407978493.html 「新チーム呼称に関して」] - AKB48オフィシャルブログ(2012年11月19日)</ref>。これにより、表中では在籍時期によって以下のように分類される。ただし、「初代」は公式な呼称ではなく便宜上の表現。
+
* 初代チームA(2005年12月8日 - 2010年7月26日)
+
* 初代チームK(2006年4月1日 - 2010年3月11日)
+
* 初代チームB(2007年4月7日 - 2010年5月20日)
+
* 秋元チームK(2010年3月12日 - 2012年10月31日)
+
* 柏木チームB(2010年5月21日 - 2012年10月31日)
+
* 高橋チームA(2010年7月27日 - 2012年10月31日)
+
* チーム4(2011年6月6日 - 2012年10月31日)
+
* 篠田チームA(2012年11月1日 - )
+
* 大島チームK(2012年11月1日 - )
+
* 梅田チームB(2012年11月1日 - )
+
 
+
=== チームA ===
+
; チームカラーは「{{Color|magenta|ピンク}}」
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
!名前||よみ||生年月日||加入期||所属事務所||昇格日||備考||style="white-space:nowrap"|総選挙<br/>最高<br/>順位
+
|-
+
|伊豆田莉奈||いずた りな||1995年11月26日||10期||AKS||2012年6月24日|| ||-
+
|-
+
|[[入山杏奈]]||いりやま あんな||1995年12月3日||10期||[[太田プロダクション]]||2011年7月23日||元チーム4||-
+
|-
+
|[[岩田華怜]]||いわた かれん||1998年5月13日||12期||AKS||2012年3月24日||元チーム4||-
+
|-
+
|大島涼花||おおしま りょうか||1998年10月21日||13期||AKS||2012年8月24日||正規メンバー最年少||-
+
|-
+
|[[河西智美]]||かさい ともみ||1991年11月16日||2期||[[ホリプロ]]||当初メンバー||元チームK(初代)<br/>元チームB(柏木)<br/>卒業予定(卒業日未定)||10位
+
|-
+
|[[川栄李奈]]||かわえい りな||1995年2月12日||11期||AKS||2012年3月24日||元チーム4||-
+
|-
+
|[[菊地あやか]]||きくち あやか||1993年6月30日||7期||[[プロダクション尾木]]||2010年3月12日||元3期生<br/>元チームB(初代)<br/>元チームK(秋元)<br/>本名・旧芸名:菊地彩香||51位
+
|-
+
|[[小谷里歩]]||こたに りほ||1994年8月24日||–||KYORAKU吉本.HLDGS.||-||NMB48チームNと兼任<br/>2012年11月1日兼任開始||-
+
|-
+
|小林茉里奈||こばやし まりな||1996年2月24日||10期||AKS||2012年6月24日|| ||-
+
|-
+
|[[佐藤すみれ]]||さとう すみれ||1993年11月20日||7期||ホリプロ||2010年5月21日||元チームB(柏木)||31位
+
|-
+
|'''[[篠田麻里子]]'''||'''しのだ まりこ'''||1986年3月11日||1.5期||[[サムデイ (芸能事務所)|サムデイ]]||当初メンバー||キャプテン<br/>AKB48最年長||3位
+
|-
+
|[[高橋朱里]]||たかはし じゅり||1997年10月3日||12期||AKS||2012年3月24日||元チーム4||-
+
|-
+
|[[高橋みなみ]]||たかはし みなみ||1991年4月8日||1期||プロダクション尾木||当初メンバー||48グループ総監督<br/>前チームAキャプテン||5位
+
|-
+
|田野優花||たの ゆうか||1997年3月7日||12期||AKS||2012年3月24日||元チーム4||45位
+
|-
+
|[[中塚智実]]||なかつか ともみ||1993年6月18日||5期||[[ドレスコード (芸能事務所)|ドレスコード]]||2009年1月29日||元チームB(初代)<br/>元チームK(秋元)||-
+
|-
+
|[[仲俣汐里]]||なかまた しおり||1992年7月25日||10期||[[ワタナベエンターテインメント]]||2011年2月12日||元チーム4||-
+
|-
+
|[[仁藤萌乃]]||にとう もえの||1992年7月22日||5期||ホリプロ||2008年8月5日||元チームB(初代)<br/>元チームK(秋元)||29位
+
|-
+
|[[松井咲子]]||まつい さきこ||1990年12月10日||7期||サムデイ||2010年3月12日||元チームK(秋元)||38位
+
|-
+
|森川彩香||もりかわ あやか||1996年3月24日||11期||AKS||2012年6月24日|| ||-
+
|-
+
|[[横山由依]]||よこやま ゆい||1992年12月8日||9期||太田プロダクション||2010年10月10日||NMB48チームNと兼任<br/>元チームK(秋元)||15位
+
|-
+
|[[渡辺麻友]]||わたなべ まゆ||1994年3月26日||3期||プロダクション尾木||当初メンバー||元チームB(初代・柏木)||2位
+
|-
+
|}
+
 
+
=== チームK ===
+
; チームカラーは「{{Color|green|グリーン}}」
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
!名前||よみ||生年月日||加入期||所属事務所||昇格日||備考||style="white-space:nowrap"|総選挙<br/>最高<br/>順位
+
|-
+
|[[秋元才加]]||あきもと さやか||1988年7月26日||2期||[[オフィスフォーティエイト|office48]]||当初メンバー||前チームKキャプテン||12位
+
|-
+
|[[阿部マリア]]||あべ マリア||1995年11月29日||10期||[[ジャパン・ミュージックエンターテインメント]]||2011年7月23日||元チーム4||-
+
|-
+
|[[板野友美]]||いたの ともみ||1991年7月3日||1期||ホリプロ||当初メンバー||元チームA(初代)||4位
+
|-
+
|[[内田眞由美]]||うちだ まゆみ||1993年12月27日||5期||[[Mousa]]||2010年3月12日|| ||-
+
|-
+
|'''[[大島優子]]'''||'''おおしま ゆうこ'''||1988年10月17日||2期||太田プロダクション||当初メンバー||キャプテン||1位
+
|-
+
|[[北原里英]]||きたはら りえ||1991年6月24日||5期||太田プロダクション||2008年7月30日||SKE48と兼任<br/>元チームA(初代)<br/>元チームB(柏木)||13位
+
|-
+
|[[倉持明日香]]||くらもち あすか||1989年9月11日||4期||ワタナベエンターテインメント||2008年3月4日||元チームA(高橋)||21位
+
|-
+
|[[小林香菜]]||こばやし かな||1991年5月17日||2期||office48||当初メンバー||元チームB(柏木)||41位
+
|-
+
|[[佐藤亜美菜]]||さとう あみな||1990年10月16日||4期||[[アトリエ・ダンカン]]||2008年4月15日||元チームA(初代)<br/>元チームB(柏木)||8位
+
|-
+
|[[島田晴香]]||しまだ はるか||1992年12月16日||9期||office48||2010年12月8日||元チーム4<br/>元チーム4キャプテン代行<ref>[http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11044128284.html 「チーム4 キャプテン代行決定」] - AKB48オフィシャルブログ(2011年10月10日)</ref>||-
+
|-
+
|[[鈴木紫帆里]]||すずき しほり||1994年2月17日||11期||AKS||2011年5月21日||元7期生<br/>元チームB(柏木)||-
+
|-
+
|[[近野莉菜]]||ちかの りな||1993年4月23日||5期||[[イトーカンパニー]]|||2009年3月26日||元チームB(柏木)||-
+
|-
+
|[[永尾まりや]]||ながお まりや||1994年3月10日||9期||[[アービング (芸能プロダクション)|アービング]]||2010年12月8日||元チーム4||39位
+
|-
+
|[[中田ちさと]]||なかた ちさと||1990年10月8日||4期||Mousa||2008年10月19日||元チームA(初代・高橋)<br/>本名・旧芸名:中田千智||37位
+
|-
+
|[[仲谷明香]]||なかや さやか||1991年10月15日||3期||Mousa||当初メンバー||元チームB(初代)<br/>元チームA(高橋)||36位
+
|-
+
|藤田奈那||ふじた なな||1996年12月28日||10期||AKS||2012年6月24日|| ||-
+
|-
+
|[[前田亜美]]||まえだ あみ||1995年6月1日||7期||[[フロスツゥー]]||2010年7月27日||元チームA(高橋)||37位
+
|-
+
|[[松井珠理奈]]||まつい じゅりな||1997年3月8日||-||AKS||-||2012年3月24日からSKE48チームSと兼任||9位
+
|-
+
|[[松原夏海]]||まつばら なつみ||1990年6月19日||2期||プロダクション尾木||当初メンバー||元チームA(高橋)||30位
+
|-
+
|[[宮崎美穂]]||みやざき みほ||1993年7月30日||5期||ホリプロ||2008年7月13日||元チームA(初代)<br/>元チームB(柏木)||18位
+
|-
+
|武藤十夢||むとう とむ||1994年11月25日||12期||AKS||2012年8月24日|| ||49位
+
|-
+
|}
+
 
+
=== チームB ===
+
; チームカラーは「{{Color|#0066ff|ブルー}}」
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
!名前||よみ||生年月日||加入期||所属事務所||昇格日||備考||style="white-space:nowrap"|総選挙<br/>最高<br/>順位
+
|-
+
|[[石田安奈]]||いしだ あんな||1996年5月27日||-||AKS||-||SKE48チームKII<br>2012年11月1日から兼任||-
+
|-
+
|[[石田晴香]]||いしだ はるか||1993年12月2日||5期||ホリプロ||2010年5月21日|| ||27位
+
|-
+
|[[市川美織]]||いちかわ みおり||1994年2月12日||10期||プロダクション尾木||2011年5月29日||元チーム4||39位
+
|-
+
|[[岩佐美咲]]||いわさ みさき||1995年1月30日||7期||[[長良プロダクション]]||2010年7月27日||元チームA(高橋)||33位
+
|-
+
|'''[[梅田彩佳]]'''||'''うめだ あやか'''||1989年1月3日||2期||office48||当初メンバー||キャプテン<br/>元チームK(初代・秋元)||16位
+
|-
+
|[[大場美奈]]||おおば みな||1992年4月3日||9期||ジャパン・ミュージックエンターテインメント||2010年12月8日||元チーム4<br/>前チーム4キャプテン<br/>謹慎経験あり<ref>[http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110903-OHT1T00036.htm AKB「チーム4」キャプテン・大場美奈が謹慎]</ref><ref>[http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120105-885279.html 「大場美奈が涙の復帰&キャプテンに] nikkansports.com</ref>
+
||35位
+
|-
+
|[[大家志津香]]||おおや しづか||1991年12年28日||4期||ワタナベエンターテインメント||2010年7月27日||元チームA(高橋)||29位
+
|-
+
|[[柏木由紀]]||かしわぎ ゆき||1991年7月15日||3期||ワタナベエンターテインメント||当初メンバー||前チームBキャプテン||3位
+
|-
+
|[[片山陽加]]||かたやま はるか||1990年5月10日||3期||アトリエ・ダンカン||当初メンバー||元チームA(高橋)||28位
+
|-
+
|[[加藤玲奈 (AKB48)|加藤玲奈]]||かとう れな||1997年7月10日||10期||AKS||2012年3月24日||元チーム4||-
+
|-
+
|小嶋菜月||こじま なつき||1995年3月8日||11期||AKS||2012年6月24日|| ||-
+
|-
+
|[[小嶋陽菜]]||こじま はるな||1988年4月19日||1期||プロダクション尾木||当初メンバー||元チームA(初代・高橋)||6位
+
|-
+
|[[小森美果]]||こもり みか||1994年7月19日||7期||プロダクション尾木||2010年5月21日|| ||30位
+
|-
+
|[[島崎遥香]]||しまざき はるか||1994年3月30日||9期||[[ビッグアップル (港区)|ビッグアップル]]||2010年12月8日||元チーム4||23位
+
|-
+
|[[竹内美宥]]||たけうち みゆ||1996年1月12日||9期||[[オー・エンタープライズ]]||2010年12月8日||元チーム4||-
+
|-
+
|[[田名部生来]]||たなべ みく||1992年12月2日||3期||Mousa||当初メンバー||元チームK(秋元)||-
+
|-
+
|[[中村麻里子]]||なかむら まりこ||1993年12月16日||9期||[[新栄プロダクション|シンエイV]]||2010年12月8日||元チーム4||-
+
|-
+
|名取稚菜||なとり わかな||1995年6月7日||11期||AKS||2012年6月24日|| ||-
+
|-
+
|[[野中美郷]]||のなか みさと||1991年4月|20日||6期||プロダクション尾木||2010年3月12日||元チームK(秋元)||-
+
|-
+
|[[藤江れいな]]||ふじえ れいな||1994年2月1日||4期||イトーカンパニー||2008年3月26日||元チームA(初代)<br/>元チームK(秋元)||33位
+
|-
+
|[[峯岸みなみ]]||みねぎし みなみ||1992年11月15日||1期||プロダクション尾木||当初メンバー||元チームA(初代)<br/>元チームK(秋元)||14位
+
|-
+
|[[山内鈴蘭]]||やまうち すずらん||1994年12月8日||9期||ホリプロ||2010年12月8日||元チーム4||36位
+
|-
+
|[[渡辺美優紀]]||わたなべ みゆき||1993年9月19日||-||KYORAKU吉本.HLDGS.||-||NMB48チームN<br/>2012年3月24日から兼任||19位
+
|-
+
|}
+
 
+
=== 海外移籍 ===
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
!名前||よみ||生年月日||加入期||所属事務所||昇格日||備考||style="white-space:nowrap"|総選挙<br/>最高<br/>順位
+
|-
+
!colspan=8|[[JKT48]]
+
|-
+
|[[高城亜樹]]||たかじょう あき||1991年10月3日||6期||ワタナベエンターテインメント||2008年12月29日||チームJ<br />元チームA(初代・高橋)||12位
+
|-
+
|[[仲川遥香]]||なかがわ はるか||1992年2月10日||3期||プロダクション尾木||初代メンバー||チームJ<br />元チームB(初代)<br/>元チームA(高橋)||20位
+
|-
+
!colspan=8|[[SNH48]]
+
|-
+
|[[鈴木まりや]]||すずき まりや||1991年4月29日||7期||ドレスコード||2010年5月21日||元チームB(柏木)||-
+
|-
+
|[[宮澤佐江]]||みやざわ さえ||1990年8月13日||2期||office48||-||元チームK(初代・秋元)||9位
+
|}
+
 
+
=== チーム研究生 ===
+
; 正規メンバーではないためチームカラーは定められていないが、公式サイトに使用されているロゴは「{{Color|red|レッド}}」で表記されている。なお、チーム4結成以前は「{{Color|yellow|イエロー}}」が用いられる事が多かった。
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
!名前||よみ||生年月日||加入期||所属事務所||備考||style="white-space:nowrap"|総選挙<br/>最高順位
+
|-
+
|大森美優||おおもり みゆう||1998年9月3日||rowspan="3"|12期||rowspan="19"|AKS||父親は元プロ野球選手の[[大森剛]]||-
+
|-
+
|佐々木優佳里||ささき ゆかり||1995年8月28日||声を担当したため“実写版”江口愛実を演じた||-
+
|-
+
|平田梨奈||ひらた りな||1998年7月16日||[[帰国子女]]||-
+
|-
+
|[[江口愛実]]||えぐち あいみ||1995年2月11日<ref group="注">設定上の生年月日</ref>||12.5期||CG合成によるバーチャルアイドル||-
+
|-
+
|相笠萌||あいがさ もえ||1998年4月6日||rowspan="9"|13期|| ||-
+
|-
+
|岩立沙穂||いわたて さほ||1994年10月4日||||-
+
|-
+
|梅田綾乃||うめた あやの||1999年3月20日||||-
+
|-
+
|岡田彩花||おかだ あやか||1998年11月16日|| ||-
+
|-
+
|北澤早紀||きたざわ さき||1997年6月5日|| ||-
+
|-
+
|篠崎彩奈||しのざき あやな||1996年1月8日|| ||-
+
|-
+
|高島祐利奈||たかしま ゆりな||1997年5月24日|| ||-
+
|-
+
|[[村山彩希]]||むらやま ゆいり||1997年6月15日|| ||-
+
|-
+
|茂木忍||もぎ しのぶ||1997年2月16日|| ||-
+
|-
+
|内山奈月||うちやま なつき||1995年9月25日||rowspan="6"|14期|| ||-
+
|-
+
|岡田奈々||おかだ なな||1997年11月7日|| ||-
+
|-
+
|小嶋真子||こじま まこ||1997年5月30日|| ||-
+
|-
+
|西野未姫||にしの みき||1999年4月4日||||-
+
|-
+
|橋本耀||はしもと ひかり||1997年6月17日|| ||-
+
|-
+
|前田美月||まえだ みつき||1998年10月5日|| ||-
+
|-
+
|}
+
 
+
=== 元メンバー ===
+
==== 元正規メンバー ====
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
|-
+
!名前<!--卒業時の芸名を表記、本名・現芸名などは備考欄へ-->||よみ||生年月日||加入期||最終在籍日||最終</br>所属||現所属事務所||備考||style="white-space:nowrap"|総選挙<br/>最高順位
+
|-
+
|[[宇佐美友紀]]||うさみ ゆき||1984年12月6日||1期||2006年3月31日||A||業務提携:[[バスプ]]|| ||rowspan="21"| 
+
|-
+
|[[上村彩子]]||うえむら あやこ||1986年2月7日||2期||2006年6月17日||K||[[オフィス ワタナベ]]||脱退
+
|-
+
|[[折井あゆみ]]||おりい あゆみ||1985年7月20日||1期||2007年1月25日||A||office48||
+
|-
+
|高田彩奈||たかだ あやな||1988年7月21日||2期||rowspan="2"|2007年6月22日||K|| - ||妹は[[高田志織]](SKE48)
+
|-
+
|今井優||いまい ゆう||1985年4月17日||2期||K|| - ||元[[オルスタエンタテインメント|ヴァーサタイルエンタテインメント]]所属
+
|-
+
|[[Michiru|星野みちる]]||ほしの みちる||1985年11月19日||1期||2007年6月26日||A|| - ||旧芸名:Michiru<br/>元[http://artist-relations.co.jp/index.html Artist Ralations]所属
+
|-
+
|[[渡辺志穂|渡邊志穂]]||わたなべ しほ||1987年10月25日||1期||2007年10月2日||B||[[プラチナムプロダクション]]||元チームA(初代途中)<br>現芸名:渡辺志穂
+
|-
+
|[[増山加弥乃]]||ますやま かやの||1994年2月10日||1期||2007年11月30日||A|| - ||元[[パーフィットプロダクション]]所属
+
|-
+
|井上奈瑠||いのうえ なる||1991年12月18日||3期||2008年9月29日||B|| - ||
+
|-
+
|[[大江朝美]]||おおえ ともみ||1989年6月15日||1期||rowspan="5"|2008年11月23日||A|| - ||元[[ニューゲートプロダクション]]所属
+
|-
+
|[[駒谷仁美]]||こまたに ひとみ||1988年12月16日||1期||A||[[サンミュージックブレーン]]||後にSDN48に加入
+
|-
+
|[[戸島花]]||とじま はな||1988年7月11日||1期||A||ドレスコード||後にSDN48に加入
+
|-
+
|[[中西里菜]]||なかにし りな||1988年6月26日||1期||A||業務提携:[http://mint-pro.jp/ MINT]||元[[BELLTECH]]所属<br/>現芸名:[[やまぐちりこ]]、実妹は[[やまぐちりく]]
+
|-
+
|[[成田梨紗]]||なりた りさ||1991年3月1日||1期||A||[http://www.zan.co.jp/index.html オフィス斬]||
+
|-
+
|野口玲菜||のぐち れいな||1993年4月15日||3期||rowspan="2"|2009年2月1日||B|| - ||
+
|-
+
|松岡由紀||まつおか ゆき||1987年10月7日||3期||B|| - ||元オフィス斬所属
+
|-
+
|[[川崎希]]||かわさき のぞみ||1987年8月23日||1期||2009年2月27日||A||[[スカイコーポレーション (芸能事務所)|スカイコーポレーション]]||株式会社ANTI MINSS代表取締役
+
|-
+
|早乙女美樹||さおとめ みき||1991年6月22日||3期||2009年4月18日||研||[[アーティストボックス]]<!--本人Twitterより-->||元チームB(初代途中)<br>2009年1月25日降格<ref>[http://ameblo.jp/akihabara48/entry-10197984209.html 「お知らせ」] - AKB48オフィシャルブログ(2009年1月25日)</ref><ref group="注">2012年現在、正規メンバーから研究生への唯一の降格メンバー。</ref>
+
|-
+
|[[大島麻衣]]||おおしま まい||1987年9月11日||1期||rowspan="2"|2009年4月26日||A||ホリプロ||
+
|-
+
|早野薫||はやの かおる||1992年12月12日||2期||K||[[センスアップ]]||2012年7月から、早乃香織の別名で歌手活動<ref group="注">読みは同じ。歌手活動以外では従来通り早野薫名義で活動。</ref>
+
|-
+
|[[成瀬理沙]]||なるせ りさ||1993年8月13日||4期||2009年5月24日||K||[[エムズファクトリー]]<br/>業務提携:[http://verus-entertainment.com/ バースエンターテインメント]||[[なないろファンタジー]]のメンバー<br/>(グループでの活動は休止中)
+
|-
+
|[[佐伯美香 (AKB48)|佐伯美香]]||さえき みか||1989年10月29日||4期||2009年8月23日||B||-|| ||-
+
|-
+
|[[大堀恵]]||おおほり めぐみ||1983年8月25日||2期||rowspan="2"|2010年2月21日||K||ホリプロ||SDN48へ移籍(1期生)<br/>旧芸名:松嶋めぐみ・大堀めしべ||24位
+
|-
+
|[[野呂佳代]]||のろ かよ||1983年10月28日||2期||K||太田プロダクション||SDN48へ移籍<br/>旧芸名:朝倉佳代||-
+
|-
+
|[[浦野一美]]||うらの かずみ||1985年10月23日||1期||rowspan="2"|2010年4月16日||B||プロダクション尾木||元チームA(初代途中)<br/>SDN48へ移籍<br/>SDN48解散、及び平嶋の脱退により[[渡り廊下走り隊7]]に暫定加入||17位
+
|-
+
|[[小原春香]]||こはら はるか||1988年4月12日||5期||B||[http://www.magnify.co.jp/ マグニファイ]||SDN48へ移籍||-
+
|-
+
|[[佐藤由加理]]||さとう ゆかり||1988年11月22日||1期||2010年5月27日||A|| - ||元[[アーティストハウス・ピラミッド]]所属<br/>SDN48へ移籍||15位
+
|-
+
|[[小野恵令奈]]||おの えれな||1993年11月26日||2期||2010年9月27日||K||[[レプロエンタテインメント]]||||11位
+
|-
+
|[[奥真奈美]]||おく まなみ||1995年11月22日||2期||2011年6月19日||B|| - ||元チームK<br/>元office48所属||-
+
|-
+
|[[森杏奈]]||もり あんな||1994年3月21日||9期||2011年9月2日||4||-|| ||-
+
|-
+
|[[平嶋夏海]]||ひらじま なつみ||1992年5月28日||1期||rowspan="2"|2012年2月5日||B||プロダクション尾木||元チームA(初代途中)||26位
+
|-
+
|[[米沢瑠美]]||よねざわ るみ||1991年6月6日}||3期||K||[[エムズエンタープライズ]]||元チームB(初代)||22位
+
|-
+
|[[指原莉乃]]||さしはら りの||1992年11月21日||5期||2012年6月16日||A||太田プロダクション||元チームB(初代)<br/>HKT48チームHへ移籍||4位
+
|-
+
|[[前田敦子]]||まえだ あつこ||1991年7月10日||1期||2012年8月27日||A||太田プロダクション||AKB48初の、正式卒業メンバー
+
||1位|
+
|-
+
|[[光宗薫]]||みつむね かおる||1993年4月26日||13期||2012年10月24日||<ref group="注">2012年11月1日に施行された第3期チーム体制でチームKに所属する予定だった。</ref>||-||2012年8月24日に昇格<ref name="official120824"/>||-
+
|-
+
|[[多田愛佳]]||おおた あいか||1994年12月8日||3期||2012年10月31日||A||プロダクション尾木||元チームB(初代)<br/>HKT48[[HKT48#チームH|チームH]]へ移籍||20位
+
|-
+
|[[佐藤夏希]]||さとう なつき||1990年7月1日||2期||2012年11月30日||A||-||元ワタナベエンターテインメント所属<br />元チームK(初代)<br/>元チームB(柏木)||-
+
|-
+
|[[増田有華]]||ますだ ゆか||1991年8月3日||2期||2012年12月17日||K||office48||元チームB(柏木)||20位
+
|}
+
 
+
==== 元研究生(卒業) ====
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
|-
+
!名前<!--卒業時の芸名を表記、本名・現芸名などは備考欄へ。卒業後の改名も備考へ。-->||よみ||加入<br/>時期||卒業日時||現所属事務所||備考
+
|-
+
|style="width:6em"|[[出口陽]]||でぐち あき||4期||2007年11月26日||AKS||現SKE48チームS
+
|-
+
|[[中西優香]]||なかにし ゆうか||4期||2008年8月26日||AKS||現SKE48チームS
+
|-
+
|有馬優茄||ありま ゆか||5期||rowspan="4"|2009年1月19日|| - ||
+
|-
+
|[[鈴木菜絵]]||すずき なえ||4期||[http://www.lm-arts.net/ LIFE MUSIC ARTS CORPORATION]||
+
|-
+
|冨田麻友||とみた まゆ||5期|| - ||元[[ジョリー・ロジャー (企業)|Jolly Roger]]所属
+
|-
+
|畑山亜梨紗||はたやま ありさ||5期|| - ||
+
|-
+
|瓜屋茜||うりや あかね||4期||2009年4月26日||[[ビーマス]]||
+
|-
+
|上遠野瑞穂||かとおの みずほ||7期||2009年6月9日||[http://arcjewel.com/ Arc Jewel]||現芸名:愛迫みゆ
+
|-
+
|浅居円||あさい まどか||8期||rowspan="10"|2009年12月4日||[[エヌアンドエスプロモーション|N&S PROMOTION]]||
+
|-
+
|石井彩夏||いしい あやか||8期|| - ||
+
|-
+
|石部郁||いしべ あや||8期|| - ||
+
|-
+
|郭グレース||かく グレース||8期|| - ||
+
|-
+
|小水七海||こみず ななみ||8期|| - ||
+
|-
+
|坂本莉央||さかもと りお||8期||[http://yell.mymp.jp/ Yell]||
+
|-
+
|杉山未来||すぎやま みく||8期|| - ||<!--非公式ブログ流出(事実上解雇) 卒業扱い-->
+
|-
+
|冨手麻妙||とみて あみ||8期||[http://www.abcagency.net/ ABC abcagency]||
+
|-
+
|三木にこる||みき にこる||8期||[http://www.office-cotton.com/ オフィスコットン]<br/>業務提携:[http://www.casamia-entertainment.jp/ltd.html カザミアエンターテイメント]||
+
|-
+
|村中聡美||むらなか さとみ||4→8期|| - ||
+
|-
+
|石黒貴己||いしぐろ あつき||9期||rowspan="3"|2010年6月20日|| - ||旧芸名:石黒アツキ<br/>第2回総選挙40位
+
|-
+
|絹本桃子||きぬもと ももこ||9期|| - ||
+
|-
+
|藤本紗羅||ふじもと さら||4→9期|| - ||
+
|-
+
|岩崎仁美||いわさき ひとみ||10期||rowspan="2"|2010年10月5日|| - ||
+
|-
+
|佐野友里子||さの ゆりこ||8期|| - ||
+
|-
+
|}
+
 
+
==== 元研究生(辞退)・候補生 ====
+
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size:small;"
+
|-
+
!名前<!--辞退時の芸名を表記、本名・現芸名などは備考欄へ。卒業後の改名も備考へ。-->||よみ||加入<br>時期||辞退日時||現所属事務所||備考
+
|-
+
|磯怜奈||いそ れいな||3期候補||rowspan="5"|2006年12月19日|| - ||
+
|-
+
|大塚亜季||おおつか あき||3期候補|| - ||
+
|-
+
|坂田涼||さかた りょう||3期候補|| - ||
+
|-
+
|藤島マリアチカ||ふじしま マリアチカ||3期候補||[[ポセイドンエンタテインメント]]<br/>[http://www.easthouse.co.jp/ EAST HOUSE]||現芸名:マリアチカ<br/>[[プレアデスマリー]]のメンバー
+
|-
+
|堀江聖夏||ほりえ みな||3期候補|| - ||旧芸名:聖夏
+
|-
+
|飯沼友里奈||いいぬま ゆりな||4期||rowspan="5"|2007年11月15日以前|| - ||
+
|-
+
|金子智美||かねこ さとみ||4期||(フリーランス)||現芸名:金子さとみ<br/>元オフィス斬所属
+
|-
+
|小塚里菜||こづか りな||4期|| - ||
+
|-
+
|吉岡沙葵||よしおか さき||4期|| - ||
+
|-
+
|渡辺茉莉絵||わたなべ まりえ||4期||[http://dokumocafe.jp/ DCM]||元[http://www.pcmusic.jp/ ポニーキャニオンミュージック]所属 WES出身
+
|-
+
|山田みずき||やまだ みずき||5期||2007年12月8日以前|| - ||元[[AKBN0]]
+
|-
+
|西澤沙羅||にしざわ さら||6期||2008年7月31日|| - ||<!--横浜美少女図鑑掲載経験あり-->
+
|-
+
|片野友里恵||かたの ゆりえ||6期||2008年8月31日|| - ||本名:片野友理恵<br/>元[[アヴィラ (芸能プロダクション)|アヴィラ]]所属<!--自身のブログより-->
+
|-
+
|石黒莉美||いしぐろ れみ||7期||2009年1月16日付|| - ||本名:前田莉美<!--自身のブログより-->
+
|-
+
|小松瑞希||こまつ みずき||8期||2009年7月14日付|| - ||
+
|-
+
|林彩乃||はやし あやの||7期||2009年7月18日付||[[プラチナム・パスポート]]||現芸名:林あやの
+
|-
+
|西川七海||にしかわ ななみ||8期||2009年7月25日付|| - ||解雇<br/>現在Popteeenの読者モデル
+
|-
+
|伊藤彩夏||いとう あやか||9期||2010年1月6日付|| - ||旧芸名:南亜弥伽
+
|-
+
|今井悠理枝||いまい ゆりえ||8期||2010年2月1日付|| - ||
+
|-
+
|高松恵理||たかまつ えり||9期||2010年6月20日付|| - ||[[高松あい]]は従姉
+
|-
+
|植木あさ香||うえき あさか||8期||2010年7月6日付|| - ||
+
|-
+
|豊田早姫||とよだ さき||11期||2010年10月23日付||[http://www.spiral.vc/ スパイラル・エンタテインメント]||
+
|-
+
|岡﨑ちなみ||おかざき ちなみ||11期||2010年10月27日付||[http://www.spiral.vc/ スパイラル・エンタテインメント]||
+
|-
+
|川上麻里奈||かわかみ まりな||11期||2010年12月3日付||[http://www.spiral.vc/ スパイラル・エンタテインメント]||
+
|-
+
|金沢有希||かなざわ ゆうき||10期||2011年2月20日付|| - ||
+
|-
+
|牛窪紗良||うしくぼ さら||11期||rowspan="2"|2011年6月19日付|| - ||
+
|-
+
|山口菜有||やまぐち なう||11期|| - ||
+
|-
+
|}
+
 
+
=== チーム以外での活動 ===
+
大人数グループのため、CDをリリースする際には'''選抜メンバー'''が召集される。この他にも企画に合わせたユニットやAKB48の活動とは独立したユニットを結成して活動することがある。
+
 
+
[[AKB48のグループ構成]]参照
+
 
+
=== 所属事務所 ===
+
結成当初はメンバー全員が[[office48]]に所属していたが、マネージメントや露出展開の強化を図るために、また卒業後も芸能活動が出来るように、2007年から大島麻衣・板野友美・河西智美がホリプロに移籍したのをきっかけに一部メンバーがほかの芸能事務所へ移籍することが発表された。
+
 
+
また、一部のメンバーを除いて、office48からAKSに所属変更がなされた。これ以降は、新たに研究生として加入したメンバーも、最初はAKSに所属するようになり、他の事務所からのオファーがあったメンバーが移籍するようになった。なお、office48に残ったメンバーは移籍組として扱われている。グループ自体がAKSに所属しているため、移籍組メンバーもAKB48としての公演や活動を行う場合はAKSの管轄となる。
+
 
+
2010年3月25日のコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』にて、その時点での8期と9期の研究生を除いた全てのメンバーが芸能事務所に所属したことがアナウンスされた。その後、9期生以降のメンバーは、全員が昇格後もAKS所属である。
+
 
+
== ディスコグラフィー ==
+
[[AKB48の関連作品|AKB48関連の楽曲一覧]]参照
+
 
+
== タイアップ ==
+
<div class="NavFrame">
+
<div class="NavHead" style="text-align: center"> </div>
+
<div class="NavContent" style="text-align: center">
+
{| class="wikitable"
+
|- style="background:#e5e5e5;"
+
! 楽曲
+
! タイアップ
+
! 収録作品
+
|-
+
|'''桜の花びらたち'''
+
|[[TBSテレビ|TBS]]系深夜ドラマ『[[ですよねぇ。]]』主題歌<br/>CM:[[NTTドコモ|NTTDoCoMo]]『[[テレビ電話]]』
+
|rowspan="2"|インディーズ1stシングル「[[桜の花びらたち]]」
+
|-
+
|'''Dear my teacher'''
+
|テレビ朝日系『[[三竹占い]]』エンディング・テーマ
+
|-
+
|'''スカート、ひらり'''
+
|『お台場学園2006 〜文化祭〜』テーマソング
+
|rowspan="2"|インディーズ2ndシングル「[[スカート、ひらり]]」
+
|-
+
|'''青空のそばにいて'''
+
|テレビ朝日系『三竹占い』エンディング・テーマ
+
|-
+
|'''会いたかった'''
+
|TBS『[[ランク王国]]』テーマソング<br/>[[MBSテレビ|毎日放送]]『[[ベリータ]]』エンディング・テーマ<br/>[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]『[[AKB1じ59ふん!]]』・『[[AKB0じ59ふん!]]』・『[[AKBINGO!]]』オープニング・テーマ<br/>CM:[[エイチ・アイ・エス|H.I.S.]]『H.I.S×AKB48』「2011初夢フェア篇」
+
|1stシングル「[[会いたかった]]」
+
|-
+
|'''制服が邪魔をする'''
+
|テレビ朝日系『[[三竹天狗]]』エンディング・テーマ
+
|rowspan="2"|2ndシングル「[[制服が邪魔をする]]」
+
|-
+
|'''Virgin love'''
+
|[[テレビ東京]]系『[[ファイテンション☆デパート]]』オープニング・テーマ
+
|-
+
|'''投げキッスで撃ち落せ!'''
+
|テレビ東京系『ファイテンション☆デパート』エンディング・テーマ
+
|『[[チームA 3rd Stage「誰かのために」|チームA 3rd「誰かのために」公演アルバム]]』
+
|-
+
|'''軽蔑していた愛情'''
+
|テレビ朝日系『[[すくいず!]]』エンディング・テーマ
+
|3rdシングル「[[軽蔑していた愛情]]」
+
|-
+
|'''BINGO!'''
+
|テレビ東京系『[[ファイテンション☆スクール]]』オープニング・テーマ
+
|4thシングル「[[BINGO!]]」
+
|-
+
|'''僕の太陽'''
+
|[[テレビ愛知]]・テレビ東京系アニメ『[[デルトラ・クエスト]]』オープニング・テーマ
+
|rowspan="2"|5thシングル「[[僕の太陽]]」
+
|-
+
|'''未来の果実'''
+
|[[九州朝日放送]]『水と緑のキャンペーン』テーマソング
+
|-
+
|'''夕陽を見ているか?'''
+
|毎日放送・TBS系『[[ランキンの楽園]]』エンディング・テーマ<br/>CM:[[厚生労働省]]『2007年ユニバーサル技能五輪国際大会』<br/>TBS系『[[アッコにおまかせ!]]』エンディング・テーマ
+
|6thシングル「[[夕陽を見ているか?]]」
+
|-
+
|'''ロマンス、イラネ'''
+
|TBS系『アッコにおまかせ!』エンディング・テーマ
+
|rowspan="2"|7thシングル「[[ロマンス、イラネ]]」
+
|-
+
|'''愛の毛布'''
+
|CM:TBS『TOKYO FANTASIA 2007』
+
|-
+
|'''桜の花びらたち2008'''
+
|TBS系『[[あらびき団]]』エンディング・テーマ
+
|rowspan="2"|8thシングル「[[桜の花びらたち#桜の花びらたち2008|桜の花びらたち2008]]」
+
|-
+
|'''最後の制服'''
+
|日本テレビ系『[[横浜国際女子駅伝|第26回横浜国際女子駅伝]]』大会イメージソング
+
|-
+
|'''Baby! Baby! Baby!'''
+
|TBS系『アッコにおまかせ!』エンディング・テーマ<br/>CS『[[AKB48ネ申テレビ]]』・『AKB48ネ申テレビSpecial』オープニング・テーマ
+
|9th配信限定シングル「[[Baby! Baby! Baby!]]」
+
|-
+
|'''大声ダイヤモンド'''
+
|テレビ東京系[[ドラマ24]]『[[メン☆ドル 〜イケメンアイドル〜]]』エンディング・テーマ<br/>TBS系『アッコにおまかせ!』エンディング・テーマ<br/>日本テレビ系『[[AKB600sec.]]』オープニング・テーマ
+
|10thシングル「[[大声ダイヤモンド]]」
+
|-
+
|'''10年桜'''
+
|CM:『[[デジタルメディアマート|DMM.com]]』<br/> [[フジテレビジョン|フジテレビ]]系『第30回記念まつえレディースハーフマラソン』イメージソング<br/>[[中京テレビ放送|中京テレビ]]『[[SAKAE TA☆RO]]』3月度エンディング・テーマ
+
|11thシングル「[[10年桜]]」
+
|-
+
|'''涙サプライズ!'''
+
|CM:[[読売新聞]]『読売新聞×AKB48』「もっと、伝えたい。創刊135周年 読売新聞」<br/>[[読売ジャイアンツ|読売巨人軍]]創立75周年応援ソング<br/>[[日本BS放送|BS11]]『[[伊集院光のしんばんぐみ]]』6月度エンディング・テーマ<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season 2』オープニング・テーマ
+
|rowspan="2"|12thシングル「[[涙サプライズ!]]」
+
|-
+
|'''FIRST LOVE'''
+
|[[ルイ・ヴィトン]]製作短編アニメ『SUPERFLAT FIRST LOVE』イメージソング
+
|-
+
|'''言い訳Maybe'''
+
|TBS系『アッコにおまかせ!』エンディング・テーマ<br/>BS11『伊集院光のしんばんぐみ』8月・9月度エンディング・テーマ
+
|13thシングル「[[言い訳Maybe]]」
+
|-
+
|'''RIVER'''
+
|CS『AKB48ネ申テレビ Season 3』・『AKB48ネ申テレビスペシャル2009』オープニング・テーマ<br/>映画『[[告白 (湊かなえ)|告白]]』挿入歌
+
|rowspan="2"|14thシングル「[[RIVER (AKB48の曲)|RIVER]]」
+
|-
+
|'''君のことが好きだから'''
+
|CM:[[タカラトミー]]『[[闘真伝]]』<br/>エンタ!371『[[AKB1/48]]』オープニング・テーマ
+
|-
+
|'''桜の栞'''
+
|テレビ東京系ドラマ24『[[マジすか学園]]』主題歌<br/>テレビ東京系『週刊AKB』エンディング・テーマ<br/>[[仙台放送]]『[[あらあらかしこ]]』2月度エンディング・テーマ<br/>CM:[[レコチョク]]「レコチョクの部屋 AKB48編」<br/>CM:[[AOKIホールディングス|AOKI]]『AOKI×AKB48』「フレッシャーズ48コーデ 新生活篇・初めてのスーツ篇」<br/>CS『AKB48ネ申テレビスペシャル「冬の国から2010」』オープニング・テーマ
+
|rowspan="2"|15thシングル「[[桜の栞]]」
+
|-
+
|'''マジスカロックンロール'''
+
|テレビ東京系[[ドラマ24]]『マジすか学園』オープニング・テーマ
+
|-
+
|'''自分らしさ'''
+
|CM:[[家庭教師のトライ|トライ式高等学院]]「ダンスレッスン篇」「大阪城ホール篇」「自宅篇」
+
|rowspan="2"|2ndアルバム『[[神曲たち]]』
+
|-
+
|'''君と虹と太陽と'''
+
|テレビ東京系『週刊AKB』エンディング・テーマ<br/>CS『AKB48ネ申テレビスペシャル〜チーム対抗! 春のボウリング大会〜』オープニング・テーマ
+
|-
+
|'''僕のYELL<br/>世界卓球ver.'''
+
|テレビ東京系『[[第50回世界卓球選手権団体戦|世界卓球2010・世界卓球関連番組]]』テーマソング
+
|未収録(原曲は16thシングル<br/>「[[ポニーテールとシュシュ]]」通常盤Aに収録)
+
|-
+
|'''ポニーテールとシュシュ'''
+
|日本テレビ『[[なるほど!ハイスクール]]』エンディング・テーマ<br/>フジテレビ系『クイズ!ドレミファドン!!〜芸能人最強イントロ王決定戦〜』エンディング・テーマ<br/>CM:[[イトーヨーカ堂]]『イトーヨーカドー2010 Summer Collection』「恋水着篇」「恋ゆかた篇」<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season 4』前期オープニング・テーマ
+
|rowspan="2"|16thシングル「ポニーテールとシュシュ」
+
|-
+
|'''僕のYELL'''
+
|[[千葉テレビ放送|チバテレビ]]『高校野球ダイジェスト』挿入歌<br/>日本テレビ系『[[はじめてのおつかい (テレビ番組)|はじめてのおつかい'10夏]]』挿入歌
+
|-
+
|'''ヘビーローテーション'''
+
|CM:[[味覚糖|UHA味覚糖]]『ぷっちょ×AKB48』「AKB48ちょ」<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season 4』後期・『AKB48ネ申テレビスペシャル〜オーストラリア修学旅行〜』オープニング・テーマ
+
|rowspan="4"|17thシングル「[[ヘビーローテーション (曲)|ヘビーローテーション]]」
+
|-
+
|'''涙のシーソーゲーム'''
+
|日本テレビ『[[AKB600sec.]]』エンディング・テーマ
+
|-
+
|'''野菜シスターズ'''
+
|CM:[[カゴメ]]『野菜一日これ一本』「これイチ/残業篇」「これイチ/部長篇」
+
|-
+
|'''ラッキーセブン'''
+
|CM:[[セブン-イレブン]]『セブン-イレブンフェア×AKB48』「おにぎり篇」「パン篇」
+
|-
+
|'''彼女になれますか?'''
+
|CM:イトーヨーカ堂『イトーヨーカドー BODY HEATER』「ハグ篇」
+
|『[[チームK 6th Stage「RESET」|チームK 6th Stage「RESET」公演アルバム]]』
+
|-
+
|'''あなたがいてくれたから'''
+
|映画:『TSUNAMI-ツナミ-』超日本語吹替版主題歌
+
|『[[SET LIST〜グレイテストソングス〜完全盤]]』
+
|-
+
|'''ぐ〜ぐ〜おなか'''
+
|CM:[[農林水産省]]『めざましごはん』「セリフのリレー篇」
+
|未収録(オリジナル曲)
+
|-
+
|'''Beginner'''
+
|CM:[[ぷらら|NTTぷらら]]『AKB48×ひかりTV』「トーク篇」「ダンス篇」「うた篇」「夢篇」「持ち歌篇」<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season 5』オープニング・テーマ<br/>日本テレビ『なるほどハイスクール』エンディング・テーマ
+
|18thシングル「[[Beginner]]」
+
|-
+
|'''チャンスの順番'''
+
|[[バンダイナムコゲームス]]『[[AKB1/48 アイドルと恋したら…]]』テーマソング<br/>CS『AKB48ネ申テレビスペシャル〜汗と涙のスポ根祭り〜』・『AKB48ネ申テレビスペシャル〜プロジェクトAKB in マカオ〜』オープニング・テーマ
+
|rowspan="3"|19thシングル「[[チャンスの順番]]」
+
|-
+
|'''予約したクリスマス'''
+
|CM:セブン-イレブン『セブン-イレブン×AKB48』「クリスマスケーキ篇」
+
|-
+
|'''胡桃とダイアローグ'''
+
|CM:[[日本ヒューレット・パッカード|日本HP]]『HP冬コレクション feat. AKB48』「冬コレ篇」<br/>CM:日本HP『HP春コレクション feat. AKB48』「春コレ キャンパスデビュー篇」「春コレ オフィスデビュー篇」
+
|-
+
|'''桜の木になろう'''
+
|AKB48×日本テレビ 9夜連続スペシャルドラマ『[[桜からの手紙 〜AKB48 それぞれの卒業物語〜]]』主題歌<br/>CM:[[Serend|セレンド]]『AKB48×同級生SNSのセレンド』「つながれ母校選手権」<br/>CM:UHA味覚糖『ぷっちょ×AKB48』「卒業式篇A」「卒業式篇B」「卒業式篇C」<br/>CS『AKB48ネ申テレビスペシャル〜もぎたて研究生 in グアム〜』オープニング・テーマ
+
|rowspan="2"|20thシングル「[[桜の木になろう]]」
+
|-
+
|'''偶然の十字路'''
+
|CM:自転車協会「[[自転車協会認証|BAAマーク]]」
+
|-
+
|'''恋のお縄'''
+
|rowspan="3"|CM:[[京楽産業.|KYOURAKU]]『CRびっくりぱちんこ 銭形平次 with チームZ』
+
|rowspan="3"|パチンコ景品限定シングル「恋のお縄」
+
|-
+
|'''会いたかった お江戸ver.'''
+
|-
+
|'''私の彼氏は銭形平次'''
+
|-
+
|'''初恋は実らない'''
+
|[[NHK教育テレビジョン|NHK教育テレビ]]『[[おじゃる丸|おじゃる丸 第14シリーズ]]』エンディング・テーマ
+
|おじゃる丸シスターズ1stシングル「初恋は実らない」
+
|-
+
|'''Everyday、カチューシャ'''
+
|[[東宝]]配給映画:『[[もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら]]』主題歌<br/>CM:UHA味覚糖『ぷっちょ×AKB48』「海辺A篇」「海辺B篇」<br/>CM:[[アサヒ飲料]]「[[WONDA]]」『AKB48×WONDA』「映画もしドラ応援篇」<br/>CM:[[家庭教師のトライ]]『家庭教師のトライ×AKB48』<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season 6』テーマ・ソング
+
|rowspan="4"|21stシングル「[[Everyday、カチューシャ]]」
+
|-
+
|'''これからWonderland'''
+
|CM:[[アサヒ飲料]]「WONDA」『AKB48×WONDA ワンダフルルーレットキャンペーン』「朝のあいさつ篇」「ディーラー篇」
+
|-
+
|'''ヤンキーソウル'''
+
|テレビ東京系ドラマ24『[[マジすか学園|マジすか学園2]]』オープニング・テーマ
+
|-
+
|'''人の力'''
+
|CM:H.I.S.『H.I.S×AKB48』「旅はあなたを元気にする!キャンペーン篇」
+
|-
+
|'''少女たちよ'''
+
|映画:『[[DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?]]』主題歌
+
|rowspan="4"|3rdアルバム「[[ここにいたこと]]」
+
|-
+
|'''Overtake'''
+
|テレビ東京系『<!--[[第51回世界卓球選手権個人戦|-->世界卓球2011・世界卓球関連番組<!--]]-->』テーマソング<br/>CM:H.I.S.『H.I.S×AKB48』「旅はあなたを元気にする!キャンペーン篇」
+
|-
+
|'''僕にできること'''
+
|CM:[[日本赤十字社]]『2011年赤十字運動月間』
+
|-
+
|'''ここにいたこと'''
+
|CS『AKB48ネ申テレビ スペシャル〜新しい自分にアニョハセヨ韓国海兵隊〜』テーマ・ソング
+
|-
+
|'''フライングゲット'''
+
|フジテレビ系[[ドラマチック・サンデー]]『[[花ざかりの君たちへ#テレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜』 |花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011]]』主題歌<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season7』テーマ・ソング<br/>ひかりTV『[[AKB48コント「びみょ〜」]]』エンディングテーマ(2011年9月-11月)<br/>CM:[[ピーチ・ジョン]]『ハートブラ』<br/>CM:[[アパマンショップネットワーク]]『アパマン48キャンペーン』<br/>CM:ぷらら『ひかりTV by NTTぷらら』
+
|rowspan=5|22ndシングル「[[フライングゲット (曲)|フライングゲット]]」
+
|-
+
|'''抱きしめちゃいけない'''
+
|CM:[[エイチ・アイ・エス]]『H.I.S×AKB48』「スーパーサマーセール第2弾篇」<br/>[[バンダイナムコゲームス]]『[[AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…]]』テーマ・ソング
+
|-
+
|'''青春と気づかないまま'''
+
|テレビ東京系ドラマ24『マジすか学園2』エンディング・テーマ<br/>CM:[[グルーポン]]『GROUPON x AKB48 SKE48 NMB48』「教えて地元48篇」
+
|-
+
|'''アイスのくちづけ'''
+
|CM:[[江崎グリコ]]『[[アイスの実]]』
+
|-
+
|'''野菜占い'''
+
|CM:カゴメ『野菜一日これ一本』「男性篇」「女性篇」
+
|-
+
|'''風は吹いている'''
+
|CM:[[GREE]]『AKB48ソーシャルゲーム』<br/>CM:ヒーローズ『[[月刊ヒーローズ]]』創刊キャンペーン<br/>CM:バンダイナムコゲームス『[[太鼓の達人|太鼓の達人 Wii 決定版]]』<br/>CS『AKB48ネ申テレビ スペシャル〜オーストラリアの秘宝を探せ!〜』テーマ・ソング<br/>CS『AKB48ネ申テレビ Season 8』テーマ・ソング
+
|rowspan=3|23rdシングル「[[風は吹いている]]」
+
|-
+
|'''君の背中'''
+
|CM:UHA味覚糖『[[ぷっちょ]]×AKB48』「じゃんけん選抜決定篇」
+
|-
+
|'''蕾たち'''
+
|CM:[[インターネットサービスプロバイダ]]&[[ファンクラブ]]「AKB OFFICIAL NET」
+
|-
+
|'''上からマリコ'''
+
|ひかりTV『[[AKB48コント「びみょ〜」]]』エンディング・テーマ(2011年12月-)<br/>CM:UHA味覚糖『[[ぷっちょ]]×AKB48「上からマリコ」』「ノーマル篇」「グー篇」「チョキ篇」「パー篇」<br/>CM:[[ぷらら]]『[[ひかりTV]]×AKB48』「タクシー運転手編」「サディスティック女医編」「エリマキトカゲ編」「ひょっとこキャディー編」
+
|rowspan=4|24thシングル「[[上からマリコ]]」
+
|-
+
|'''ノエルの夜'''
+
|CM:セブン-イレブン『AKB48 クリスマス』「ケーキ篇」「オードブル篇」<br/>CM:[[セブン&アイ・ホールディングス|セブン&アイ]]『AKB48「クリスマス ドアを開けたら」』「恋人篇」「友達篇」「家族篇」
+
|-
+
|'''隣人は傷つかない'''
+
|CM:日本HP『日本HP SUPPORT ANGELS NEXT starring AKB48』
+
|-
+
|'''呼び捨てファンタジー'''
+
|CM:家庭教師のトライ『「語りかけるAKB48 100日前」篇』
+
|-
+
|'''大事な時間'''
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA 金の微糖』「かがやく歌声篇」
+
|未収録
+
|-
+
|'''GIVE ME FIVE!'''
+
|CM:[[アパマンショップネットワーク|アパマンショップ]]『アパマン48キャンペーン』<br/>CM:[[NTTドコモ]]『応援学割「6年前の私〈応援〉」篇』
+
6年前の私〈ライブ〉篇」「朗報篇」<br>CM:[[はるやま商事]]『フレッシャーズキャンペーン「2012フレッシャーズ編」』<br>ファミリー劇場『AKB48ネ申テレビ Season 9』テーマ・ソング
+
|rowspan=3|25thシングル「[[GIVE ME FIVE!]]」
+
|-
+
!スイート&ビター
+
|CM:セブン&アイ『バレンタインフェア』
+
|-
+
!NEW SHIP
+
|CM:家庭教師のトライ『家庭教師のトライ×AKB48』「新年度生募集2012 篇」<br>CM:[[内閣府]]『あなたもゲートキーパー宣言!』
+
|-
+
!真夏のSounds good !
+
|CM:NTTdocomo『応援学割「それぞれの、はじめる」篇』<br>CM:はるやま商事『男前クールビスキャンペーン』「男前クールビズ篇」<br>フジテレビ系『[[AKB自動車部]]』オープニング・テーマ<br>ファミリー劇場『[[AKB48ネ申テレビ#SP版|AKB48 ネ申テレビスペシャル]]〜ニュージーランドで見た幻の宇宙〜』オープニング・テーマ<br>ファミリー劇場『AKB48ネ申テレビ Season 10』テーマ・ソング
+
|rowspan=4|26thシングル「[[真夏のSounds good !]]」
+
|-
+
!ちょうだい、ダーリン!
+
|CM:UHA味覚糖『ぷっちょ×AKB48』「リレー篇A」「リレー篇B」
+
|-
+
!ぐぐたすの空
+
|CM:[[Google]]『[[Samsung Galaxy|Galaxy Nexus]]:[[Google+]] AKB48 ぐぐたす選抜編』<br>[[NOTTV]]『[[AKB48のあんた、誰?]]』エンディング・テーマ
+
|-
+
!君のために僕は…
+
|CM:GREE『[[AKB48ステージファイター]]』
+
|-
+
!ファースト・ラビット
+
|映画:『[[DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る]]』主題歌
+
|rowspan=6|4thアルバム『[[1830m]]』
+
|-
+
!恋愛総選挙
+
|バンダイナムコゲームス『AKB 1/149 恋愛総選挙』テーマ・ソング
+
|-
+
!大事な時間
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA 金の微糖』「かがやく歌声編」
+
|-
+
!ぐ〜ぐ〜おなか
+
|CM:[[農林水産省]]『めざましごはん』「セリフのリレー篇」
+
|-
+
!やさしさの地図
+
|CM:日本赤十字社『赤十字を知ってほしい。もっと。』
+
|-
+
!行ってらっしゃい
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA モーニングショット』「メッセージ編」
+
|-
+
!ギンガムチェック
+
|CM:アパマンショップネットワーク『アパマン48キャンペーン』<br>CM:ひかりTV『[[びみょ〜な扉 AKB48のガチチャレ]]』<br>CM:UHA味覚糖『ぷっちょ×AKB48』「ぷっちょで歌のお姉さん篇」<br>ファミリー劇場『AKB48ネ申テレビ Season 11』テーマ・ソング
+
|rowspan=4|27thシングル「[[ギンガムチェック]]」
+
|-
+
!ドレミファ音痴
+
|CM:[[JOYSOUND]]『なぜAKB48が女医さん?編』
+
|-
+
!なんてボヘミアン
+
|CM:[[セブンネットショッピング]]『AKB48 UNDER GIRLS 写真集』
+
|-
+
!Show fight!
+
|CM:日本HP『HP Ultrabook Campaign feat. AKB48』「HPデカ薄ウルトラ編」<br>CM:アサヒ飲料『WONDA 日本全国じゃんけん大会』「記者会見編」
+
|-
+
!UZA
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA モーニングショット』「朝の会議編」<br>CM:はるやま商事『男前スマートスーツキャンペーン』「男前スマート篇」<br>CM:[[角川ゲームス]]『AKB48+Me』<br>NOTTV『AKB48のあんた、誰?』オープニング・テーマ
+
|rowspan=4|28thシングル「[[UZA (曲)|UZA]]」
+
|-
+
!孤独な星空
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA 金の微糖』「メール編」
+
|-
+
!次のSeason
+
|CM:GREE『AKB48ステージファイター』
+
|-
+
!正義の味方じゃないヒーロー
+
|CM:[[バンダイナムコゲームス]]『AKB 1/149 恋愛総選挙』
+
|-
+
!永遠プレッシャー
+
|CM:UHA味覚糖『ぷっちょ×AKB48』<br>CM:[[2012年東京都知事選挙]]<br>CM:バンダイナムコゲームス『AKB 1/149 恋愛総選挙』<br>CM:ひかりTV『びみょ〜な扉 AKB48のガチチャレ』
+
|rowspan=2|29thシングル「[[永遠プレッシャー]]」
+
|-
+
!とっておきクリスマス
+
|CM:セブン-イレブン『AKB48 クリスマス』
+
|-
+
!So long !
+
|CM:NTTdocomo『応援学割』「[[ドコモダケ|AKBダケ]]になりました 篇」「初めての告白を応援 篇」<br/>AKB48×日本テレビ 3夜連続スペシャルドラマ『[[So long ! (テレビドラマ)|So long !]]』主題歌<br/>CM:一般社団法人 自転車協会『BAA「つくる」篇』
+
|rowspan=4|30thシングル「[[So long !]]」
+
|-
+
!Waiting room
+
|CM:[[ユーキャン]]『AKBチャレンジユーキャン!』「WEBアテンション1 篇」
+
|-
+
!そこで犬のうんち踏んじゃうかね?
+
|CM:[[コーエーテクモゲームス]]『[[AKB48の野望]]』
+
|-
+
![[Sugar Rush]]
+
|映画:『[[シュガー・ラッシュ]]』挿入歌<ref>日本版「シュガー・ラッシュ サウンドトラック」</ref>
+
|-
+
!さよならクロール
+
|CM:江崎グリコ [[パピコ|PaPiCO]] 「相性診断パピコ」篇、「ホントにパピコを半分こ」篇
+
|rowspan=2|31stシングル「[[さよならクロール]]」
+
|-
+
!ロマンス拳銃
+
|CM:[[常盤薬品工業]]『眠眠打破×[[芹那]]』「この濃さ、ホンモノ 篇」
+
|-
+
!恋するフォーチュンクッキー
+
|フジテレビ『[[お台場合衆国|楽しくなければお台場じゃない!冒険しなけりゃ夏じゃない! お台場合衆国2013]]』テーマソング<br/>フジテレビ系『[[WONDA×AKB48 ショートストーリー「フォーチュンクッキー」]]』主題歌<br/>CM:ひかりTV『[[AKB48コント「何もそこまで…」]]』<br/>CM:GREE『AKB48ステージファイター』「第3回センター争奪バトル篇」<br/>CM:JOYSOUND『AKB48公式カラオケJOYSOUND f1』<br/>CM:[[任天堂]]『[[JUST DANCE Wii U]]』
+
|rowspan=3|32ndシングル「[[恋するフォーチュンクッキー]]」
+
|-
+
!愛の意味を考えてみた
+
|CM:日本赤十字社『JOIN!〈防災ボランティア・病院ボランティア・救急法の講習〉篇』
+
|-
+
!青空カフェ
+
|CM:[[スカパー!]]『「思い出せる君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜』<br/>CM:[[大江戸温泉物語]]『温泉で、ニッポンに元気を。〈湯船・浴衣〉物語篇』
+
|-
+
!ハート・エレキ
+
|CM:ひかりTV『AKB48グループドラフト会議』
+
|rowspan=2|33rdシングル「[[ハート・エレキ]]」
+
|-
+
!君だけにChu!Chu!Chu!
+
|フジテレビ系ドラマ『[[女子高警察]]』主題歌(File 1-File 8)
+
|-
+
!鈴懸の木の道で<br/>「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら<br/>僕たちの関係はどう変わってしまうのか、<br/>僕なりに何日か考えた上での<br/>やや気恥ずかしい結論のようなもの
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA×AKB48 キャンペーン』「ワンダ限定! スペシャルイベント AKB48非売品ライブご招待!〈WONDAの先に〉編」<br/>CM:ひかりTV『AKB48コント「何もそこまで…」』<br/>CM:[[カルチュア・コンビニエンス・クラブ]]『TSUTAYA30周年 冬の生誕大感謝祭〈TSUTAYAだけ・TSUTAYAは30歳〉篇』<br/>フジテレビ系列(関西テレビ制作)『開局55周年記念ドラマ・鈴懸の木の道で<br/>「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら<br/>僕たちの関係はどう変わってしまうのか、<br/>僕なりに何日か考えた上での<br/>やや気恥ずかしい結論のようなもの』主題歌
+
|rowspan=2|34thシングル「[[鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの|鈴懸の木の道で<br/>「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら<br/>僕たちの関係はどう変わってしまうのか、<br/>僕なりに何日か考えた上での<br/>やや気恥ずかしい結論のようなもの]]」
+
|-
+
!選んでレインボー
+
|フジテレビ系ドラマ『女子高警察』主題歌(File 9-17)
+
|-
+
!ぽんこつブルース
+
|テレビ東京系ドラマ24『[[マジすか学園3]]』オープニング・テーマ
+
|rowspan=6|5thアルバム『[[次の足跡]]』
+
|-
+
!動機
+
|テレビ東京系ドラマ24『マジすか学園3』エンディング・テーマ
+
|-
+
!After rain
+
|映画:『[[DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?]]』主題歌
+
|-
+
!スマイル神隠し
+
|CM:大江戸温泉物語『温泉で、ニッポンに元気を。〈夕食・宿泊〉物語篇』
+
|-
+
!僕は頑張る
+
|CM:ユーキャン『AKBチャレンジユーキャン! 2014』「取りやすい資格 篇」
+
|-
+
!チーム坂
+
|CM:スカパー!『第3回 AKB48 紅白対抗歌合戦』
+
|-
+
!前しか向かねえ
+
|CM:[[ディップ]]『バイトル×AKB48』「卒業編」<br>CM:GREE『AKB48ステージファイター』「頂上決戦篇」「結果わかる篇」「結果わからない篇」
+
|35thシングル「[[前しか向かねえ]]」
+
|-
+
!トビタテ!フォーチュンクッキー
+
|CM:[[文部科学省]]『トビタテ! 留学JAPANキャンペーン』「AKB48アカペラ篇」
+
|rowspan=2|未収録(原曲は32ndシングル<br>「恋するフォーチュンクッキー」に収録)
+
|-
+
!恋する充電プリウス〜恋するフォーチュン・クッキー2〜
+
|CM:[[トヨタ自動車]]『[[トヨタ・プリウス ZVW30|プリウスPHV]]』「郵便配達の妹篇」
+
|-
+
!ラブラドール・レトリバー
+
|CM:[[花王]]『[[ニュービーズ|フレグランスニュービーズ]]』「AKBは知らなかった篇」<br>CM:ディップ『バイトル』「バイトの探し方篇」<br>CM:ストラテジーアンドパートナーズ『AKB48 ついに公式音ゲーでました。』
+
|rowspan=2|36thシングル「[[ラブラドール・レトリバー (曲)|ラブラドール・レトリバー]]」
+
|-
+
!愛しきライバル
+
|CM:スカパー!『AKB48 37thシングル 選抜総選挙 完全生中継』
+
|-
+
!心のプラカード
+
|CM:ディップ『バイトル』「神7 スペシャルライブ告知篇」「ご当地グルメのバイト SKE48・NMB48・HKT48篇」「神7 バイトAKB募集告知篇」<br>CM:[[GMOインターネット]] [[お名前.com]]×AKB48「東京のドメイン誕生。『.tokyo』」<br>CM:GREE『AKB48ステージファイター』「一緒に踊ろう篇」
+
|rowspan=5|37thシングル「[[心のプラカード]]」
+
|-
+
!誰かが投げたボール
+
|CM:日本赤十字社『JOIN!〈学生ボランティア・防災ボランティア・病院ボランティア・救急法の講習〉篇』
+
|-
+
!チューインガムの味がなくなるまで
+
|CM:スカパー!『第5回AKB48じゃんけん大会 完全生中継』
+
|-
+
!セーラーゾンビ
+
|テレビ東京系ドラマ『[[セーラーゾンビ]]』エンディング・テーマ
+
|-
+
!教えてMommy
+
|CM:江崎グリコ PaPiCO 「パピコ大人AKB48登場篇」「パピコ大人AKB48卒業篇」
+
|-
+
!バイトルローテーション
+
|CM:ディップ『バイトル』「バイトルローテーション篇」
+
|未収録(原曲は17thシングル<br>「ヘビーローテーション」に収録)
+
|-
+
!希望的リフレイン
+
|CM:アサヒ飲料『WONDA ワンダフルあ­みだくじキャンペーン』「あみだくじ編」<br>CM:[[アルペン (企業)|アルペン]] [[スポーツDEPO]] ウィンター<br>CM:トークアプリ『[[755]]』<br>CM:スカパー!『AKB48グループ 夏祭り』<br>CM:[[三菱電機|三菱]]パッケージエアコン『PFHV-EP224・280VCM-E1』
+
|rowspan=3|38thシングル「[[希望的リフレイン]]」
+
|-
+
!歌いたい
+
|CM:[[菓匠三全]]『[[萩の月]]』「仙台篇」
+
|-
+
!制服の羽根
+
|AKB48 Team 8 supported by TOYOTA イメージソング
+
|-
+
!愛の存在
+
|映画:『[[DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?]]』主題歌
+
|rowspan=4|6thアルバム『[[ここがロドスだ、ここで跳べ!]]』
+
|-
+
!ここがロドスだ、ここで跳べ!
+
|CM:スカパー!『第4回 AKB48 紅白対抗歌合戦』
+
|-
+
!All of you
+
|CM:[[新生銀行カードローン レイク]]『ボクにはボクの使い方 ボクのレイク』「ボクのレイクはじまる」篇
+
|-
+
!最初の愛の物語
+
|テレビ東京系ドラマ『セーラーゾンビ』劇中歌
+
|-
+
!Green Flash
+
|CM:GREE『AKB48ステージファイター』「特別劇場公演篇」
+
|rowspan=5|39thシングル「[[Green Flash (AKB48の曲)|Green Flash]]」
+
|-
+
!マジすかFight
+
|日本テレビ系ドラマ『[[マジすか学園4]]』オープニング・テーマ
+
|-
+
!春の光 近づいた夏
+
|CM:ディップ『バイトル』「ご当地グルメのバイト(春の光 近づいた夏) SKE48・NMB48・HKT48篇」
+
|-
+
!ヤンキーロック
+
|日本テレビ系ドラマ『マジすか学園4』エンディング・テーマ
+
|-
+
!履物と傘の物語
+
|[[NHK総合テレビ|NHK総合]]『[[みんなのうた]]』2015年2月 - 3月度オンエア楽曲
+
|-
+
!ありふれた愛
+
|CM:GREE『AKB48ステージファイター』
+
|rowspan=4|未収録
+
|-
+
!恋でもしよう
+
|CM:WILLSELECTIONS『WILLSELECTION 〜Disney Marie Collection DEBUT〜』
+
|-
+
!私に似てる
+
|[[角川ゲームス]]『AKB48+Me』挿入歌
+
|-
+
!カレーライス希望
+
|CM:[[ハウス食品]] 母の日カレー「母の日にAKB48と」篇<br/>CM:ハウス食品 2013キャンペーン「スペシャルナイト告知」篇<br/>CM:ハウス食品 夏野菜×カレー「地産地消」篇
+
|}
+
</div>
+
 
+
== [[バーニングプロダクション]]との関係 ==
+
[[Image:AKBとバーニング1.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング2.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング3.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング4.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング5.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング6.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング7.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング8.jpg|700px]]
+
 
+
[[Image:AKBとバーニング9.jpg|700px]]
+
 
+
== 六本木暴行死事件で再び注目される「AKB48と関東連合の関係」 ==
+
東京・六本木のクラブ「フラワー」で2012年9月に飲食店経営者・[[藤本亮介]]さんが男たちの集団に金属バット等で殴られ殺害された事件で、凶器準備集合容疑で逮捕状が出ている[[半グレ集団|関東連合]]の元メンバーら2人が警視庁に出頭した。
+
 
+
当初から関東連合の関与がウワサされていた事件だったが、やはり六本木の闇には必ずといっていいほど彼らが存在する。芸能界ともつながりが強いといわれているが、ここにきて関東連合と[[AKB48]]の関係が再びクローズアップされている。
+
 
+
AKB48劇場の管理を実質的に手掛け、メンバーの一部が所属する「[[office48]]」。代表の[[芝幸太郎]]氏は、ヤミ金融や裏カジノなどの違法ビジネスに手を染めていた過去があり、背中には入れ墨がある。そんな彼が代表を務める「office48」に関東連合の影がチラついている。
+
 
+
「役員を務める[[伊藤健志]]氏は関東連合の元メンバー。現在も関東連合や裏社会とのつながりが強い。関東連合メンバーが逮捕された[[市川海老蔵暴行事件]]があった[[エーライフ]]が入っているビルは、伊藤健志氏の父親・[[伊藤良三]]が経営している[[株式会社バルビゾン]]の所有でした。このビルには、[[ジャニーズ]]タレントやモデル、アイドルら大勢の芸能人が出入りしていた」
+
 
+
単に関東連合の元メンバーが役員にいるというだけならば大きな問題はないが、AKBメンバーにも魔の手が及んでいるとしたらコトだ。2012年9月に[[前田敦子]]のケツ出し泥酔事件が起きた合コンには、前田のほかに[[大島優子]]や[[仲川遥香]]が参加していた。
+
 
+
この合コンに使われた高級カラオケ店は、シャワーや簡易ベッドが用意された「通称ホテル」と呼ばれるヤリ部屋。この店の経営者は、[[加護亜依]]と結婚した[[安藤陽彦]]であり、彼も関東連合とズブズブの関係にある。また、数年前に元関東連合メンバーのブログに、当時未成年のAKBメンバー・Sが登場し、一緒に酒を飲んでいる写真が公開されたこともあった。AKBと関東連合の関係は、否定できないレベルにまで深まっている。
+
 
+
それだけでなく、関東連合によってAKBメンバーが接待合コンや乱交パーティーに駆り出されているというウワサもある。2011年6月に「[[週刊新潮]]」(新潮社)が、未成年メンバーの“飲酒&乱交疑惑”を報じたが、そのようなことは日常的に行われているという情報がある。
+
 
+
「裏社会だけでなく表社会でも力を伸ばしている関東連合は、有力者に美人タレントやアイドルをあてがうことで成長してきた側面がある。高級ホテルの一室などで接待合コンが行われ、複数のAKBメンバーが参加してきたというウワサです。AKB運営の実力者が手をつけていない有力メンバーは、ほとんどが接待要員に駆り出されています。収入の低い下位メンバーの中には、関東連合が仕切るパーティーに参加して小遣いを稼いでいる者もいる。接待に使われるだけでなく、関東連合メンバーの女となるメンバーもいるようだ」(実話誌編集者)
+
 
+
関東連合のメンバーは、アイドルに無茶をさせることで自分の力を誇示したがるらしく、某事件で逮捕された元[[半グレ集団|関東連合]]リーダーの[[川名毅]]はクラブのVIPルームに陣取り、クスリで酩酊した[[広末涼子]]に灰皿の上に排便させたという逸話がある。AKBメンバーも同じように無茶をさせられているのだろうか…。
+
 
+
[[暴力団排除条例]]が施行され、芸能界と暴力団のつながりは薄まったといわれている。しかし、その一方で条例の対象外である関東連合などの愚連隊は、いまだに芸能界で幅をきかせているようだ。芸能界は魑魅魍魎が巣食う世界といわれるが、その闇は深まるばかりのようである。
+
 
+
== AKB48が「スポンサー接待」イベント? 「金払っても数秒の握手なのに…」ファン涙目 ==
+
AKB48のメンバーがスポンサーを相手にした「接待イベント」に出演したようだとインターネット上で話題になっている。メンバーがブログやツイッターなどでこのイベントについてあまり触れていないこともあり、「何があったのだろう」とファンが気をもんでいる。
+
 
+
=== 「まゆゆからお土産手渡し」「たかみなとハグしてきた」 ===
+
事の発端は2012年5月19日にツイッターに投稿されたいくつかのツイートだった。
+
 
+
「今日は京楽さん主催のAKBライブ?とやらで品川にもうすぐ着きます 偉いひとの代打の代打なのです」
+
 
+
「あっちゃん、優子、まりこさま、こじはる、ゆきりん、たかみな、ともちん、まゆゆ、峯岸みなみ、さえちゃん、玲奈、横山ゆい、指原、北原、あきちゃ、島崎ってメンバー16人居たんだけどみんな天使ってくらい可愛かった…」
+
 
+
「お土産手渡は優子ちゃん当たらなかったけど…たかみなと握手、ハグ 息子ちん玲奈ちゃん 彼女はまゆゆ二人共お目当ての子からお土産貰ってたよ!」
+
 
+
これらのツイートによれば、この日は[[パチンコ]]機器メーカーで、AKB48グループの運営にも関わっている[[京楽産業]]が主催するAKB48出演イベントがあったようだ。
+
京楽とAKB48のつながりは密接で、2012年5月7日発売の「週刊東洋経済臨時増刊」によると、京楽の[[榎本善徳]]社長と細井孝宏取締役は2011年7月、AKB48、[[SKE48]]、[[HKT48]]を運営するAKSの取締役に就任している。さらに[[NMB48]]は京楽と吉本興業が出資比率8対2で作った「KYORAKU吉本.ホールディングス」が運営している。
+
 
+
この日のイベントにはAKB主力メンバーのほとんどが参加、イベント出席者にはメンバーからお土産の手渡しがあり、握手やハグも禁止されてはいたが、可能だった、ということらしい。
+
 
+
このイベントに出席したという人がブログに詳しい内容を書いている。イベント名は「MORE SURPRISE KYORAKU PRESENTS AKB FESTIVAL 2012」で、新高輪プリンスホテルで行われた。招待状を持っている人しか入場できず、厳重な本人確認がなされたそうだ。
+
 
+
掲載されているパンフレットの画像には
+
 
+
*「総選挙1位の椅子に座って記念撮影」
+
*「AKB48の振り付けの先生が代表曲のダンスレッスンをする」
+
*「好きなメンバーの衣装とヘアメークをしてプロカメラマンに撮影してもらう」
+
*「AKB48メンバーから突然電話がかかってくるサプライズテレフォン」
+
*「『GIVE ME FIVE!』バンドセット展示」
+
*「AKB48のメンバーに囲まれて記念撮影できる『AKBランデブーポイント』」
+
 
+
という企画の説明がある。メンバーによるライブも行われ、イベント自体は1時間程度で終了したようだ。
+
 
+
しかしイベントに出席したメンバーはブログやツイッター、Google+などにイベントについてあまり触れていない。[[板野友美]]さんがブログで「とあるイベントでしたー」、[[篠田麻里子]]さんが[[Google+]]で「今日は一日AKB案件なう」とお茶を濁したような書き込みをしているくらいだ。
+
 
+
=== 「アイドルって嘘つく時ありそう」メンバーが悩み吐露? ===
+
参加者の[[ツイート]]や[[ブログ]]を発見したファンは[[2ちゃんねる]]に「【パチンコ】チームサプライズ(京楽選抜)【接待】」というスレッドを立て、いろいろと意見を書き込んでいる。
+
 
+
「表向きは関係者向けステージイベント 裏ではホテルで…」
+
 
+
「いまや各テレビ局も[[パチンコ]]の[[CM]]でかなりもらってるから圧力でどこも報じない だからメンは誰1人ブログやぐぐたすでも触れてない」
+
 
+
「ヲタには金払って握手だけでお偉いさんにはサービスしまくりとか萎える」などという詮索と落胆の声や、
+
 
+
「まだ秘密なはずなのにばらしていいの?麻里子がAKB案件と多少は触れていた 内容はまだ発表できないからみんな触れないだけだろ」
+
 
+
「(未成年メンバーも出ているから)あくまで健全な企業向けイベントだよ」
+
 
+
など今回は普通のイベントであって、メンバーがあまり触れていないのは企業秘密の発表があったからでは、という書き込みもみられる。
+
 
+
真相はわからないが、[[島崎遥香]]さんが[[5月18日]]夜にGoogle+に意味深な書き込みをしている。
+
 
+
「アイドルって嘘つく時ありそうじゃない?どう思う?みんな?」
+
 
+
「ファンの人に対しても嘘つかないよ、私。アイドルなのに。だめだね、私」
+
 
+
「嘘つける人っていいな!ずるい。笑」
+
 
+
現在は削除されてしまっているが、この書き込みもファンの心配をあおっているようだ。
+
 
+
さらにイベント当日の19日、イベント出席メンバーのすっぴん写真をツイッターに投稿していた篠田麻里子さんが20日に突然「当分Twitterおやすみします!」「平和なTwitterになったら帰ってくる」とツイートしたこともファンの心配に輪をかけた。
+
 
+
今回のイベントについてもっと知りたいファンが篠田さんに大量の返信をしたためではないか、いや「すっぴん写真がまずかったのでは」などと憶測が広がった。
+
 
+
イベントを公にしていないのはなぜか、今後AKB48と京楽との大きな仕事があるのか、京楽産業とAKB48を運営するAKSに問い合わせようとしたが、休日のためか電話がつながらなかった。
+
 
+
AKBがらみのイベントでは2011年10月にSKE48が京楽主催とみられる酒席イベントに出演し、その中に中学生のメンバーもいたとして騒動になったことがあった。このときは当時の運営会社である[[ピタゴラス・プロモーション]]が19時から21時までのイベントに18歳未満のメンバーが参加したことを認めたが、「ステージにて歌を披露したのみで、酒席についた事実は一切ございません」とコメントしていた。
+
 
+
== 出演 ==
+
 
+
====テレビ====
+
2015年9月17日のワイドショー
+
== 書籍 ==
+
=== 新聞 ===
+
* 月刊AKB48グループ新聞(2011年12月16日 - 、日刊スポーツ新聞社) - 第3金曜日発行
+
 
+
=== 雑誌・新聞連載 ===
+
* [[BEAUTIFUL Lady & TELEVISION|B.L.T.]]([[東京ニュース通信社]]) - 「AKB48 CATCH THE DREAM!!」を連載。
+
* [[週刊プレイボーイ]](毎週月曜日、[[集英社]]) - 「AKB48の夢叶ボイス」を連載。
+
* memew(2009年2月27日 - 、[[近代映画社]]) - 「AKB48のマイフェバ☆」を連載。
+
* [[読売新聞]](2009年10月 - 、[[読売新聞東京本社|読売新聞社]]) - 「AKB48の私服サプライズ」を月1連載。
+
* [[りぼん]](2010年1月号 - 、集英社) - 「AKB48の私立ミラクルアイドル学園りぼん校」を連載。
+
* [[FLASH (写真週刊誌)|FLASH]](2010年2月 - 、[[光文社]]) - 「AKB48を追っかけ隊ッ」・「縦横無尽AKB48」(不定期)を連載。
+
* [[フライデー|FRIDAY]](2010年2月5日 - 、[[講談社]]) - 「AKB48 友撮」を連載。
+
* [[UP to boy]](2010年4月23日 - 、[[ワニブックス]]) - 「AKB48おひとり様」を連載。
+
* [[週刊少年サンデー]](2010年4月28日 - 、[[小学館]]) - 「AKB48の超人生相談 レスQ学園 あなたのお悩み大募集!!」を連載。
+
* [[週刊朝日]](2010年10月5日 - 2011年4月5日・8月 - 、[[朝日新聞出版]]) - 「AKB48リレーインタビュー」を連載。
+
* [[ザテレビジョン|週刊ザテレビジョン]](2010年6月16日 - 、[[角川マーケティング]]) - 「AKB48まで48センチ。」を連載。
+
* [[BOMB]](2010年10月9日 - 、[[学研パブリッシング]]) - 「AKB48ステーション」・「GO!AKIBA」を連載。
+
* [[小説宝石]](2010年12月21日 - 、光文社) - 「梅佳代が撮る、○○」を連載。※○○は掲載メンバー
+
* [[日刊スポーツ]](2011年1月24日 - 毎日朝刊、日刊スポーツ新聞社) - 「AKB48 Diary」を掲載。
+
* [[週刊ヤングジャンプ]](2011年4月 - 、集英社) - 「AKB48当番連載」をメンバーが交代で連載。
+
* [[週刊ヤングマガジン]](2011年4月19日 - 、講談社) - 「YM7のやっぱり負けられない!」をYM7のメンバーで週替わりで連載。
+
* 月刊ENTAME(2011年8月30日 - 、[[徳間書店]]) - 「AKB48月替わりInterview」を連載。
+
'''過去の連載'''
+
* [[TOKYO★1週間|TOKYO1週間]](隔週火曜日、[[講談社]]) - 毎号、カラー2-3ページで「AKB48虎の巻」という特集が組まれる。関東地方の書店・コンビニエンスストア・AKB48劇場などで購入できる。
+
* [[FLOOR net|FLOOR.net]](2009年1月 - 2010年3月、FACTRY) - 「AKB48の基礎から学ぶダンスミュージック48手」を連載。
+
* 日刊スポーツ(2010年4月13日 - 6月8日・毎日、日刊スポーツ新聞社) - 「AKB48総選挙マニフェスト」を連載。
+
* 週刊ヤングジャンプ(2010年8月19日 - 3月、集英社) - 「AKB48当番連載 ぐるぐる4」を北原・指原・柏木・渡辺麻<!--連載担当順-->が交代で連載。
+
* 週刊朝日(2010年10月5日 - 2011年4月5日、朝日新聞出版) - 「AKB48写真館」を連載。
+
* [[日刊ゲンダイ]]特別版AKB48(2011年6月1日 - 12月28日、日刊現代) - 「スペシャルインタビュー」を隔週水曜日に連載。
+
 
+
=== 漫画作品 ===
+
* [[AKB49〜恋愛禁止条例〜]]([[講談社]]「[[週刊少年マガジン]]」2010年39号より連載中)
+
* [[うざりの]](講談社「[[月刊ヤングマガジン]]」2010年10月号より連載中)
+
* ダブルヒロイン(講談社「[[月刊少年ライバル]]」2010年12月号より連載中)
+
* [[AKB0048]]
+
** AKB0048 Episode0(講談社「[[なかよし]]」2012年2月号より連載)
+
** AKB0048 ハート型オペレーション(講談社「[[別冊フレンド]]」2012年2月号より連載)
+
** AKB0048外伝 とびだせ!AKBぜろぜろ女学園(講談社「[[マガジンSPECIAL]]」2012年No.2より連載)
+
** AKB0048 宇宙で一番ガチなヤツ!(講談社「[[別冊少年マガジン]]」2012年3月号より連載)
+
 
+
== 公演 ==
+
=== 劇場公演 ===
+
[[AKB48の劇場公演]]参照
+
 
+
=== 定期ライブ ===
+
* シンガポール定期公演(2011年5月15日 - 、*SCAPE)- SKE48、NMB48、SDN48による公演も含めて毎月1回で2公演の開催
+
 
+
=== コンサート ===
+
* AKB48 ファーストコンサート「会いたかった 〜柱はないぜ!〜」(2006年11月3日・4日、[[日本青年館]]) - チームA・K
+
* AKB48 春のちょっとだけ全国ツアー 〜まだまだだぜAKB48!〜(2007年3月10日 - 4月1日) - チームA・K・B(井上・柏木が一部公演で秋元・大島優の代役)
+
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100(2008年1月21日 - 24日、[[SHIBUYA-AX]])
+
* ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り(2008年8月23日、[[日比谷野外音楽堂|日比谷野外大音楽堂]]) - チームA・K・B・研究生(6期生3人含む)・SKE48(特別出演)
+
* AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?(2008年11月23日、[[NHKホール]]) - with SKE48
+
* 年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね(2008年12月20日、[[ミーツポート#TOKYO DOME CITY HALL|JCBホール]]) - (秋元・浦野・石田・畑山除く、7期生20人含む)with SKE48
+
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2009(2009年1月18日 - 21日、SHIBUYA-AX) - with SKE48
+
* 「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。(2009年4月25日・26日、NHKホール) - (梅田除く)with SKE48
+
* 全国ツアー(2009年)
+
** AKB48 分身の術ツアー(2009年8月11日・12日・15日、[[湊町リバープレイス#なんばHatch|なんばHatch]]・[[Zepp|Zepp Nagoya・Zepp Fukuoka]]) - チームK・B・A<!--出演日程順-->
+
** AKB104選抜メンバー組閣祭り(2009年8月22日・23日(23日は2回公演)、[[日本武道館]]) - with SKE48・SDN48(奥・倉持・多田・小原・石田・今井悠・佐藤す除く、増田は一部出演)
+
* [[サウンドコニファー229]] AKB48 夏のサルオバサン祭り(2009年9月13日、[[富士急ハイランド|富士急ハイランド コニファーフォレスト]]) - 佐藤夏・小原・8期研究生除く
+
* AKB48 NY公演 supported by スカパー!HD(2009年9月27日、WEBSTER HALL) - 初の日本国外単独コンサート
+
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 with アメーバピグ(2010年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX) - with SKE48&SDN48
+
* AKB48 満席祭り<small>希望</small> 賛否両論(2010年3月24日・25日(25日は2回公演)、[[横浜アリーナ]]) - with SKE48&SDN48
+
* AKB48 コンサート「サプライズはありません」(2010年7月10日・11日(11日は2回公演)、[[国立代々木競技場#第一体育館|代々木体育館]])
+
* AKB48 AKBがやって来た!!(2010年8月17日 - 31日) - 6都市8日15公演(札幌のみ1公演)
+
* AKB48 薬師寺奉納公演2010「夢の花びらたち」(2010年9月26日、[[薬師寺]])
+
* KYORAKU presents AKB48 SKE48 LIVE IN ASIA supported by スカパー!(2010年11月16日、[[マカオ]]・Sands Theater)
+
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011(2011年1月20日 - 23日、SHIBUYA-AX) - with SKE48 , SDN48 & NMB48
+
* 見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜(2011年5月24日 - 6月12日、[[ミーツポート#TOKYO DOME CITY HALL|TOKYO DOME CITY HALL]]) - 19日間(6/9除く)全19公演
+
* AKB48 コンサート よっしゃぁ〜行くぞぉ〜!in西武ドーム(2011年7月22日 - 24日、[[西武ドーム]])
+
* AKBがいっぱい〜SUMMER TOUR 2011〜(2011年8月1日 - 31日) - 13都市15日26公演(本州は1日2公演、他は1日1公演)
+
* AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2012(2012年1月19日 - 22日、TOKYO DOME CITY HALL) - with SKE48 , SDN48 , NMB48 , HKT48 & JKT48
+
* AKB48 ユニット祭り(2012年1月23日、TOKYO DOME CITY HALL) - AKB48派生ユニット
+
* タイトル未定(2012年3月23日 - 25日、[[さいたまスーパーアリーナ]])
+
 
+
====リクエストアワーセットリストベスト100====
+
2008年より毎年1月に開催。それまでに発表されたAKB48および系列全グループ・ユニットの楽曲(一部対象外の楽曲あり)を対象とした人気投票を行い、上位100曲を25曲ずつ、4日間かけてランキング形式で発表するコンサートイベント。
+
 
+
;1位の楽曲
+
*2008 - 『[[桜の花びらたち]]』
+
*2009 - 『[[涙サプライズ!|初日]]』
+
*2010 - 『[[言い訳Maybe]]』
+
*2011 - 『[[ヘビーローテーション_(曲)|ヘビーローテーション]]』
+
*2012 - 『ヘビーローテーション』
+
 
+
=== ライブイベント ===
+
* AKB48 1st ANNIVERSARY LIVE 〜勢ぞろいだぜ!『A』『K』『B』!〜(2006年12月9日)
+
* GEISAI MUSEUM #2(2007年5月、[[東京国際展示場|東京ビッグサイト]])
+
* AKB48 1,000人限定超特別公演(2007年5月26日)
+
* [[九州朝日放送|KBC]][[水と緑の物語#第11回(2007年)|水と緑のキャンペーン2007]] AKB48 LIVE(2007年8月4日、[[キャナルシティ博多]]サンプラザステージ) - 板野・大島麻・篠田・高橋み・中西里・峯岸・秋元・梅田彩・大島優・小野・河西・増田・宮澤・渡辺麻
+
* [[メ〜テレライブ BOMBER-E|メ~テレ夏祭り BOMBER-E]]スペシャルライブ!(2007年8月5日、[[知多市]]新舞子シーサイドパーク)
+
* Zoom Super Stage vol.3(2007年8月8日、汐留・日本テレビゼロスタ広場 ジャンボリーステージ)
+
* [[GO!SHIODOMEジャンボリー|GO! GO! SHIODOME ジャンボリー]] AKB48 汐留夏ライブ「今回は0じ59ふんから始まりません」1st stage(2008年8月6日、汐留・日本テレビ敷地内) - チームB(浦野・菊地除く)・研究生(2名)
+
* GO! GO! SHIODOME ジャンボリー AKB48 汐留夏ライブ「今回は0じ59ふんから始まりません」2nd stage(2008年8月16日、汐留・日本テレビ敷地内) - チームA(小嶋陽・前田敦・宮崎除く)
+
* GO! GO! SHIODOME ジャンボリー AKB48 汐留夏ライブ「今回は0じ59ふんから始まりません」3rd stage(2008年8月29日、汐留・日本テレビ敷地内) - チームK(増田除く)・チームA(北原)
+
* キャラホビ2008 SUNSHINE SAKAE出展ブース「AKB48×SKE48」(2008年8月30日・31日、[[幕張メッセ|幕張メッセ国際展示場]])
+
* GEISAI#11(2008年9月14日、東京ビッグサイト) - チームK(秋元除く)・瓜屋
+
* 第2回全日本アニソングランプリ決勝大会(2008年9月21日、[[ミーツポート#JCBホール|JCBホール]])
+
* 秋葉原エンタまつり「大声ダイヤモンド発売記念 AKB48 Special Live @ UDX」(2008年10月25日、秋葉原UDX)
+
* 浜松町/グリーン・サウンドフェスタ −浜祭−(2008年11月2日・3日、[[東京タワー]]・ハマサイトグルメ)
+
* 激爽! OWY THE CLIMAX DAY(2008年12月14日、[[としまえん]]) - チームK
+
* Push★1(2009年1月31日、[[品川プリンスホテル#品川ステラボール|品川プリンスホテルステラボール]]) - AKBアイドリング!!!・北原・高城・高橋み・中田・藤江・峯岸・宮崎・野中
+
* CBC GREEN LIVE(2009年3月21日、[[中部日本放送|CBCホール]]) - 北原・篠田・前田敦・宮崎・秋元・梅田彩・小野・倉持・小林香・野呂・松原・宮澤・柏木・渡辺麻
+
* [[Japan Expo|Japan Expo 2009]](2009年7月2日 - 6日、[[フランス]][[パリ|パリ市内]]) - 北原・佐藤亜・高城・峯岸・秋元・大堀・河西・倉持・小林香・野呂・浦野・小原・指原・仁藤・石田・菊地・小森・佐藤す
+
* [[GO!SHIODOMEジャンボリー|GO! SHIODOME ジャンボリー ワッショイ!2009]] AKB48 夏のBINGO!ライブ(2009年8月25日、汐留・日本テレビ敷地内) - チームK
+
* NEW YORK ANIME FESTIVAL(2009年9月26日、Jacob Javits Center) - 板野・北原・小嶋陽・佐藤亜・高城・高橋み・藤江・前田敦・峯岸・宮崎・秋元・大島優・小野・宮澤・岩佐・佐藤す
+
* 国際テレビ番組見本市「mipcom」オープニングパーティ(2009年10月5日、Palais des Festivals)
+
* 第125回明大祭(2009年11月2日、[[明治大学|明治大学和泉キャンパス]])
+
* 読売ジャイアンツ・ファンフェスタ2009(2009年11月23日、[[東京ドーム]]) - 板野・北原・篠田・前田敦・宮崎・秋元・大島優・小野・河西・宮澤・指原・仁藤
+
* AKB劇場4周年記念イベント「古参でよかった」(2009年12月8日、AKB48劇場) - 9期を除く全メンバー
+
* Livejack Special II Stories-Drama×Songs-(2010年2月7日、[[大阪城ホール]]) - 板野・北原・小嶋陽・篠田・高城・高橋み・前田敦・峯岸・宮崎・秋元・大島優・小野・河西・宮澤・柏木・渡辺麻
+
* [[Anime Expo|Anime Expo 2010]](2010年7月1日、[[L.A.ライブ|ノキア・シアター]]) - 倉持・小嶋陽・指原・高城・高橋み・前田敦・前田亜・秋元・板野・大島優・小野・仁藤・藤江・峯岸・宮澤・北原
+
* Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら(2010年10月9日・10日、[[葛西臨海公園]])
+
* Asia Song Festival 2010(2010年10月23日、[[大韓民国|韓国]])
+
* Anime Festival Asia(2010年11月12日、[[シンガポール]]・Suntec Convention & Exhibition Concert Hall 402) - 岩佐・多田・片山・仲川・前田亜・秋元・菊地・野中・宮澤・河西・小林香・小森・佐藤亜・佐藤夏・鈴木ま・渡辺麻
+
* Japan Pop-Culture Festival 2010(2010年11月20日、[[モスクワ]]・35mm theater) - 大家・倉持・中田・仲谷・内田・梅田彩・藤江・米沢・北原・近野・増田・宮崎
+
* AKB48 in Singapore Meet The Fans Session(2010年12月12日、シンガポール)
+
* Japan AID Benefit Concert(2011年3月20日、ヒルトン・[[グアム]]・リゾート&スパ) - 岩佐・鈴木ま
+
* アノヒヲワスレナイ神戸2011!スペシャルコンサートvol.1(2011年4月11日、[[ワールド記念ホール]]) - チームK + NMB48
+
* Love in Action Meeting (Live)(2011年6月14日、日本武道館)
+
* 上海ジャパンウィーク2011 (2011年9月24日、[[上海外国語大学]]松江キャンパス大舞台) - 多田・指原・倉持・高城・高橋み・中田・前田亜・梅田彩・仁藤・峯岸・横山・河西・北原・渡辺・阿部・市川
+
* 早稲田祭2011 記念会堂イベント『Age×AKB48 -夢は、待っている-』(2011年11月5日、[[早稲田大学]]戸山キャンパス記念会堂) - チームB
+
* [[美空ひばり]]メモリアルコンサート「だいじょうぶ、日本!」〜空から見守る 愛の歌〜(2011年11月12日、東京ドーム) - 岩佐・小嶋陽・篠田・高城・高橋み・前田敦・秋元・板野・大島優・峯岸・宮澤・横山・北原・増田・渡辺・阿部
+
* AKB48 紅白対抗歌合戦(2011年12月20日、TOKYO DOME CITY HALL)
+
* 日本ポップカルチャーフェスティバル「J-POP コンサート」(2012年2月25日、[[インドネシア]](バライ・カルティニ エクスポセンター)) - JKT48と共演
+
 
+
=== ミュージカル ===
+
* AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、シアターGロッソ) - 13公演
+
 
+
== オーディション ==
+
オーディションでは、スタッフと話し合った上で最終的には秋元康が合格者を決定する。メンバーを選ぶポイントとしては、正統派美少女ばかりを選ぶのではなく、ファンの好みの多様さに合わせて性格から容姿までなるべく幅広く選ぶことによって(学校の)一クラスのようなリアリティを生み出すようにしているという。
+
* 合格者・不合格者のうち'''太字'''となっているのは2011年12月現在在籍しているメンバー
+
'''主な実施要項'''(多少異なることがある)
+
* 応募資格:AKB48メンバーとして芸能活動できる人。3期生までは10歳 - 22歳の範囲で設定されていたが、4期生以降は11歳 - 18歳位までのプロダクションに所属していない女性、経験不問
+
* 第一次審査:書類選考
+
* 第二次審査:テレビ電話オーディション、または面接
+
* 最終審査:面接、ダンス・歌唱力審査
+
* 合格者はレッスン料無料、衣装貸与
+
** ただし、年齢制限や過去の芸能活動などにより応募資格から外れている応募者でも合格している例がある。
+
* チーム研究生オーディション落選者は最終審査のみ参加
+
 
+
=== メンバーオーディション ===
+
オープニングメンバーおよび追加メンバーを募集したオーディション。4期生以降は研究生としての募集となっている。
+
 
+
==== オープニングメンバーオーディション ====
+
* 一次審査:応募数7924名
+
* 二次審査:合格者45名
+
* 最終審査(2005年10月30日):合格者24名
+
; 合格者
+
: '''板野友美'''、宇佐美友紀、浦野一美(現SDN48)、大江朝美、大島麻衣、折井あゆみ、川崎希、'''小嶋陽菜'''、駒谷仁美(現SDN48)、佐藤由加理(現SDN48)、'''高橋みなみ'''、戸島花(現SDN48)、中西里菜、成田梨紗、'''平嶋夏海'''、星野みちる、'''前田敦子'''、増山加弥乃、'''峯岸みなみ'''、渡邊志穂
+
* 主な不合格者:'''篠田麻里子'''(2006年1月に劇場カフェスタッフから追加加入)、大堀恵、'''小林香菜'''、'''宮澤佐江'''、'''柏木由紀'''、[[藤岡静香]]、[[田中直乃]]、[http://www.sma.co.jp/artist/profile/index/98 茂木雅世]
+
* 不合格であるが、劇場カフェ要員としての採用者:'''篠田'''(年明けに追加加入)、大堀恵(2期)、小原春香(5期)
+
* 合格倍率:330.1倍
+
: 劇場でメンバーの成長していく姿を見せていくため、経験や技術よりもやる気を重視してプロダクション等に所属する者を避け素人のメンバーが集められたとされる。また、大島麻・成田・川崎など数名はスカウトのため最終審査のみ参加。
+
: 24名のオープニングメンバー候補生のうち20名が2005年12月7日の公開リハーサル、8日のグランドオープンの舞台に立ち、以降、(旧)チームAとして公演を行った。
+
 
+
==== 第二期AKB48追加メンバーオーディション ====
+
* 一次審査:応募総数1万1892名、合格者131名
+
* 二次審査(2006年2月19日):合格者54名
+
* 最終審査(2006年2月26日):合格者19名
+
; 合格者
+
: '''秋元才加'''、今井優、上村彩子、'''梅田彩佳'''、'''大島優子'''、大堀恵(現SDN48)、奥真奈美、小野恵令奈、'''河西智美'''、'''小林香菜'''、'''佐藤夏希'''、高田彩奈、野呂佳代(現SDN48)、早野薫、'''増田有華'''、'''松原夏海'''、'''宮澤佐江'''
+
* 主な不合格者:'''渡辺麻友'''、'''中田ちさと'''、'''鈴木まりや'''、'''大場美奈'''、[[稲森美優]]
+
* 合格倍率:625.8倍
+
* 大島優子は審査直前まで子役として活動していた。大堀は審査前に劇場カフェスタッフとして勤務していた。
+
: 合格者は2006年4月1日以降、(旧)チームKとして公演を行った。
+
 
+
==== 第三期AKB48追加メンバーオーディション ====
+
* 一次審査:応募総数1万2828名、合格者134名
+
* 二次審査(2006年11月23日):合格者72名
+
* 最終審査(2006年12月3日):合格者20名
+
; 合格者
+
: 磯怜奈、井上奈瑠、'''多田愛佳'''、大塚亜季、'''柏木由紀'''、'''片山陽加'''、'''菊地彩香'''(解雇後7期で復帰)、早乙女美樹、坂田涼、'''田名部未来'''、'''仲川遥香'''、'''仲谷明香'''、野口玲菜、藤島マリアチカ、堀江聖夏、松岡由紀、'''米沢瑠美'''、'''渡辺麻友'''
+
* 主な不合格者:'''中田ちさと'''、中西優香、藤本紗羅、村中聡美、川島幸(元・[[ハロプロ研修生|ハロプロエッグ]])
+
* 合格倍率:641倍
+
: 合格者20名のうち13名に、チームAから移籍した3名を加えた16名が(旧)チームBとして、2007年4月8日から公演を行った。
+
 
+
==== 第一回研究生(4期生)オーディション ====
+
* 一次審査:応募総数約1万名、合格者148名
+
* 二次審査(2007年5月20日):合格者56名
+
* 最終審査(2007年5月27日):合格者18名→17名
+
; 合格者
+
: 飯沼友里奈、瓜屋茜、'''大家志津香'''、金子智美、'''倉持明日香'''、小塚里菜、佐伯美香、'''佐藤亜美菜'''、鈴木菜絵、出口陽(現SKE48)、中西優香(現SKE48)、'''中田ちさと'''、成瀬理沙、'''藤江れいな'''、藤本紗羅、村中聡美、吉岡沙葵、渡辺茉莉絵
+
* 主な不合格者:'''鈴木まりや'''、'''仁藤萌乃'''、'''大場美奈'''
+
* 合格倍率:約714.2倍
+
: 合格者は研究生としてレッスンを受ける(以下の期も同様)。
+
 
+
==== 第二回研究生(5期生)オーディション ====
+
; 合格者
+
: 有馬優茄、'''石田晴香'''、'''内田眞由美'''、'''北原里英'''、小原春香(現SDN48)、'''指原莉乃'''、'''近野莉菜'''、冨田麻友、'''中塚智実'''、'''仁藤萌乃'''、畑山亜梨紗、'''宮崎美穂'''、山田みずき(元[[AKBN 0]])
+
* 主な不合格者:鬼頭桃菜(現SKE48)
+
* 小原は劇場カフェスタッフとして勤務していたという経歴を持つ。
+
 
+
==== 第三回研究生(6期生)オーディション ====
+
* 最終審査:合格者5名
+
; 合格者
+
: 片野友里恵、'''高城亜樹'''、西澤沙羅、'''野中美郷'''
+
* 主な仮合格者(候補生):上遠野瑞穂、'''‎鈴木紫帆里'''、'''松井咲子‎'''、石黒莉美
+
* 主な不合格者:'''鈴木まりや'''
+
 
+
==== 第四回研究生(7期生)オーディション ====
+
; 合格者
+
: 石黒莉美、'''岩佐美咲'''、上遠野瑞穂、'''菊地あやか'''(元3期生)、'''小森美果'''、'''佐藤すみれ'''、'''鈴木紫帆里'''(辞退後11期で復帰)、'''鈴木まりや'''、林彩乃、'''前田亜美'''、'''松井咲子'''
+
* 主な仮合格者(候補生):佐野友里子
+
 
+
==== 第五回研究生(8期生)オーディション ====
+
; 合格者
+
: 浅居円、石井彩夏、石部郁、今井悠理枝、植木あさ香、郭グレース、小水七海、小松瑞希、坂本莉央、佐野友里子、杉山未来、冨手麻妙、西川七海、三木にこる、村中聡美
+
* 主な不合格者:'''横山由依'''、豊田早姫
+
: このオーディション合格者からは一人の正規メンバー昇格者も出すことなく、全員が研究生のままグループから離脱している。のちに西川が乃木坂46・2期生(8ヶ月で引退)、佐野が「愛乙女☆Doll」からデビューしている。
+
 
+
==== 第六回研究生(9期生)オーディション ====
+
* 最終審査:(2009年9月20日)
+
; 合格者
+
: 石黒貴己、伊藤彩夏、'''大場美奈'''、絹本桃子、'''島崎遥香'''、'''島田晴香'''、高松恵理、'''竹内美宥'''、'''永尾まりや'''、'''中村麻里子'''、藤本紗羅、森杏奈、'''山内鈴蘭'''、'''横山由依'''
+
 
+
==== 第七回研究生(10期生)オーディション ====
+
* 二次審査(2010年3月7日):
+
* 最終審査(2010年3月31日):
+
; 合格者
+
: '''阿部マリア'''、'''伊豆田莉奈'''、'''市川美織'''、'''入山杏奈'''、岩崎仁美、'''加藤玲奈'''、金沢有希、'''小林茉里奈'''、'''仲俣汐里'''、'''藤田奈那'''
+
 
+
==== 第八回研究生(11期生)オーディション ====
+
* 一次審査(2010年7月13日):
+
* 二次審査(2010年7月18日):
+
* 最終審査(2010年7月24日):
+
; 合格者
+
: 牛窪紗良、岡崎ちなみ、'''川栄李奈'''、川上麻里奈、'''小嶋菜月'''、'''鈴木紫帆里'''(元7期生)、豊田早姫、'''名取若菜'''、'''森川彩香'''、山口菜有
+
 
+
==== 第九回研究生(12期生)オーディション ====
+
* 一次審査:応募総数約1万名
+
* 二次審査(2011年2月13日):合格者200名前後
+
* 最終審査(2011年2月20日):合格者39名→最終仮合格者21名
+
; 合格者
+
: '''岩田華怜'''、'''大森美優'''、'''サイード横田絵玲奈'''、'''佐々木優佳里'''、'''鈴木里香'''、'''高橋朱里'''、'''田野優花'''、'''平田梨奈'''、'''武藤十夢'''
+
* 主な不合格者:星野みなみ(乃木坂46)
+
 
+
==== 第十回研究生(13期生)オーディション ====
+
* 一次審査:合格者600名
+
* 二次審査(2011年7月30日 - 9月1日):合格者61名
+
* 最終審査(2011年9月24日):合格者57名→最終仮合格者33名
+
; 合格者
+
: '''相笠萌'''、'''雨宮舞夏'''、'''岩立沙穂'''、'''梅田綾乃'''、'''大島涼花'''、'''岡田彩花'''、'''北汐莉'''、'''北澤早紀'''、'''篠崎彩奈'''、'''高島祐利奈'''、'''長谷川晴奈'''、'''光宗薫'''、'''村山彩希'''、'''茂木忍'''、'''森山さくら'''、'''渡邊寧々'''
+
 
+
=== チーム研究生オーディション ===
+
実施時点で正規メンバーに昇格していないメンバーに対して行われる、一種の足きり。不合格者は卒業となるが、直後に開催されるオーディションを受ける場合は、最終審査から参加することができる。
+
 
+
==== 第一回チーム研究生オーディション ====
+
* 最終審査:2009年1月
+
* 不合格者:有馬優茄、鈴木菜絵、冨田麻友、畑山亜梨紗、藤本紗羅、村中聡美
+
 
+
==== 第二回チーム研究生オーディション ====
+
* 最終審査:2009年5月
+
 
+
==== 第三回チーム研究生オーディション ====
+
* 最終審査:2009年11月30日
+
* 不合格者:浅居円、石井彩夏、石部郁、郭グレース、小水七海、坂本莉央、杉山未来、冨手麻妙、三木にこる、村中聡美
+
 
+
==== 第四回チーム研究生オーディション ====
+
* 最終審査:2010年6月12日
+
* 不合格者:石黒貴己、絹本桃子、藤本紗羅
+
 
+
==== 第五回チーム研究生オーディション ====
+
* 最終審査:2010年9月29日・30日
+
* 不合格者:岩崎仁美、佐野友里子
+
 
+
==== 第五回チーム研究生オーディション以後 ====
+
従来のチーム研究生オーディションは第五回を最後に行われておらず、このオーディション不合格を理由に卒業する研究生は現れなくなった。これに代わり、12期生からは最終審査通過者を仮合格とし、その後で行われるセレクション審査に合格した者だけが正式に加入できるシステムが導入された。
+
 
+
== 日本の女性グループアイドル史におけるAKB48 ==
+
AKB48の登場より前に、同じく[[秋元康]]のプロデュースによってデビューした日本の女性グループアイドルとして、[[1980年代]]に活動した[[おニャン子クラブ]]がある。おニャン子クラブの特徴は、「素人の少女を[[オーディション]]で選び、50名前後の大人数グループにする」「([[うしろゆびさされ組]]・[[うしろ髪ひかれ隊]]など)数名のメンバーを選んで派生ユニットとして売り出す」「メンバーと同世代ぐらいの若いファンを主なターゲットする」といった点にあるが、これらはAKB48にも受け継がれている特徴である。他方、おニャン子クラブは『[[夕やけニャンニャン]]』をはじめとするテレビ番組を活動の中心としたのに対してAKB48は専用劇場を持ち劇場公演を主な活動として立ち上げられたプロジェクトであるという点は異なり、おニャン子クラブは番組の視聴率の低下に伴ってデビューから2年ほどで解散したがAKB48は2005年の結成から7年目の2012年現在も活動を継続している。また、おニャン子クラブではメンバーがオーディションを通過してデビューしていくさまをテレビで放送することによって「舞台裏」の様子を視聴者に公開してリアリティをアピールするという手法をとりながらも審査や放送内容を運営サイドがある程度コントロールすることが可能だったのに対して、AKB48では2009年後半頃までそれほど積極的にはテレビ番組に出演しておらず、「会いに行けるアイドル」というコンセプトの通りテレビ番組という中間項をも排除してファンとアイドルの間の距離を極限まで縮めたといえる。
+
 
+
おニャン子クラブの解散後、決定的な人気を得る女性アイドルがなかなか登場しないアイドル冬の時代や1997年から現在まで活動を継続している[[モーニング娘。]]などのヒットを経て、[[地下アイドル]]文化を背景にその手法を導入する形で2005年にAKB48が結成される。AKB48の初期のファンにはモーニング娘。(あるいはそれを含む[[ハロー!プロジェクト]])のファンが流入したとみられるという意味で、AKB48が人気を得られた理由としてモーニング娘。が10年以上も解散せずに活動を持続していることがあるという見方もある。
+
 
+
2009年頃にAKB48が爆発的にヒットしたのに少し遅れて、日本では[[KARA (音楽グループ)|KARA]]や[[少女時代]]をはじめとする[[韓国]]の[[K-POP]]ガールズユニットが人気を得ている。AKB48が「成長する過程をファンに見せる」ことをコンセプトの1つとしているのに対し、K-POPの女性アイドルユニットの多くはデビューまでの間に数年単位の練習期間を設定しており、初舞台の段階から完成度の高いパフォーマンスを見せられるようになっているという点が異なる。また、ビジュアル面についても、AKB48にはアニメのキャラクターのような幼女的な容姿のメンバーが揃っているのに対し、K-POPアイドルユニットには高身長でモデルのようにスタイルのいいメンバーが揃っており、この相違点の背景には日本のオタク文化が[[ロリコン]]志向なのに対して韓国では男性・女性ともに芸能人には肉体的な美しさが求められるという[[国民性]]の違いもあると考えられる。秋元康自身は、[[K-POP]]勢のガルーズユニットが常に一定のクオリティを保ち続けられることをプロとして評価できるとしつつ、AKB48の魅力とそれと対照的にどのタイミングでも同じAKB48は存在しないことであると述べている。
+
 
+
コラムニストの[[中森明夫]]は、「アイドルは時代の反映ではなく、時代の先取りである」との持論がAKB48にも適用できるとしている。すなわち、[[美空ひばり]]・[[山口百恵]]・[[松田聖子]]がそれぞれ「戦後の[[高度経済成長]]」「経済の低成長時代」「[[バブル景気]]」を先取りしたのと同様に、AKB48は従来的なモデルでは経済復興が困難な日本でいかに楽しむか、というテーマを先取りしていたのだという。
+
 
+
== AKB48の受容・ブームについての論評 ==
+
AKB48(またはその姉妹プロジェクト)の消費様式として以下のような特色がある。
+
 
+
=== 経済状況との関連 ===
+
[[バブル景気#バブル崩壊|バブル崩壊]]後の不況・就職難の中で、若者は[[インターネット]]など限界費用の少ない趣味に没頭するような消費様式をとるようになり、ライターの[[速水健朗]]はそういった経済状況に適応して生まれた文化を'''デフレカルチャー'''と呼んでいる。[[経済学者]]の[[田中秀臣]]によれば、AKB48は不況下にも強いデフレカルチャーのひとつだと考えることができるという。[[2000年代]]に入ると音楽データの違法アップロードなどの問題もあって音楽CDの売り上げが急落し([[CD不況]])、ライブで収益金を確保するスタイルがJ-POPの音楽業界の主流になった。そのためコンサートの入場料金は高額に設定されがちであるが、AKB48の劇場公演のチケットは(値上げが行われたとはいえ)一般的なアーティストのライブに比べればはるかに安価であり(後述)、また写真集をはじめとする関連商品の価格も相場より低めに設定されている。これは収入の低い若年のアイドル[[おたく|オタク]]にターゲットを絞ったマーケティング戦略であるという。
+
 
+
また、AKB48のメンバーの多くが[[ブログ]](あるいは[[Twitter]])を開設しており、ファンはそれをチェックするという形で事実上出費の伴わない消費を行っているが、これもデフレカルチャーの典型と考えられる。同時に、経済学者の[[テイラー・コウェン]]が「心の消費」と呼んだ、金銭を移動させることのない非経済的活動のひとつともいえる。
+
 
+
経済学者の[[金子勝 (経済学者)|金子勝]]は、AKB48のビジネスモデルは低価格路線の維持のために低賃金労働で従業員を搾取する[[ユニクロ]]の経営手法と類似しておりデフレ経済を定着させるものだと批判している。この議論について田中秀臣は、そもそもアイドル市場は日本経済の影響を与えるほどのスケールではなく、結果と原因を取り違えていると述べている。つまり、AKB48の経営手法がデフレを生むのではなくデフレという経済状況に適応するために生まれたのがAKB48の戦略であり、これは経済弱者である若者に希望を与える成功モデルとして評価されるべきであるとしている。
+
 
+
AKB48の系列グループとして、国内では名古屋市の[[栄 (名古屋市)|栄]]を拠点とする[[SKE48]]や大阪市の[[難波]]を拠点とする[[NMB48]]といった姉妹グループが地方に展開されているが、これは前述のデフレカルチャー浸透の一環として、高額な出費を避けようとする若者の地方回帰とリンクしている。同時にAKB48は[[動画共有サイト]]を通じて日本国外にもファンを増やしており、また系列グループは[[台湾]]や[[インドネシア]]といった日本国外への進出を表明しているなど、[[グローバル化]]の一面も存在する。ローカル化とグローバル化の同時進行([[グローカル化]])という意味では、AKB48の現代のカルチャー消費の特徴を備えているといえる。
+
 
+
=== セカイ系・サヴァイヴ系・空気系 ===
+
2000年代以降の日本の[[ポップカルチャー]]批評では、「[[セカイ系]]」「サヴァイヴ系/バトルロワイヤル系」「[[空気系]]」といったコンテンツの類型化がしばしば行われているが、AKB48もこれらの枠組みから言及されることがある。
+
 
+
セカイ系とは1995年以降にオタク系文化を中心に広まった[[心理主義]]的な傾向で、「主人公の周辺の狭い人間関係が、(社会領域などの中間項を短絡して)世界規模の大きな事象に直結するという特徴を持つ作品に使われる。田中秀臣は、メンバーのブログなどを通じてファンがメンバーの「小さな私的物語」に自己を接続しようとしいることについて、これはまさにセカイ系的な行動にほかならないと述べている。
+
 
+
ザヴァイヴ系/バトルロワイヤル系とは、評論家の[[宇野常寛]]が21世紀に入った頃から日本のポップカルチャー全域に目立ち始めたと指摘した作品傾向で、シビアな現実認知の感覚と(特権性の無い)複数の小さな価値観が乱立しせめぎあう構造を特徴とする。田中秀臣によれば、総選挙システムに代表される、AKB48の運営に導入された競争原理はまさに宇野常寛が指摘したゼロ年代特有の時代意識を反映したものであり、AKB48にはセカイ系の要素とサヴァイヴ系の要素の両方が存在しているのだという。宇野常寛自身は、「大きな物語」(社会全体に共有される価値観)が崩壊した[[ポストモダン]]の社会において、「大きな物語」の代替として「大きなゲーム」を利用するものがバトルロワイヤル系であると言い直した上で、AKB48のメンバーが「AKB48」という大きなゲームのプレイヤーとして動員されるという意味でその代表例であると述べている。
+
 
+
空気系とは、広義では同性のみからなるコミュニティの内部での自己目的化した[[コミュニケーション]]([[つながりの社会性]])の連鎖が描かれそれが異性の消費者から支持されるという傾向の作品群であり、宇野常寛は(女性のみからなるコミュニティである)AKB48もこの流れの1つにも位置づけられるとしている。AKB48というコミュニティの内部ではブログなどを通じてメンバー間の親密な交友関係(擬似[[同性愛]]的な関係)をにおわせるという行為が事実上の男性ファンへのサービスとして行われていたり、メンバーが出演する[[テレビドラマ]]に同性愛関係を読み込んだ[[同人誌]]が(女性ファンによって)[[コミックマーケット]]で売買されていたりするが、こういった現象は、空気系とわれる作品の[[二次創作]]的な受容と類似したところがある。他方では前述したような競争原理の導入によって空気系にありがちな予定調和を効果的に破壊しているという面もある。
+
 
+
=== キャラクター消費 ===
+
宇野常寛や[[斎藤環]]は、AKB48のメンバーの[[キャラ (コミュニケーション)|キャラ]]がファンから消費されており、それが運営戦略と密接にかかわっていることが論じられている。各メンバーのキャラが必ずしも固定的ではないものの、例えば[[大島優子]]はおっさんキャラで[[高橋みなみ]]はすべりキャラといったような役割分担がおおむねなされており、メンバーが人気を維持できるか否かは容姿・スタイル・歌唱力といった要素よりもキャラの確立の成否に依存している面がある。
+
 
+
斎藤環によると、チーム別のサブグループ編成や選抜総選挙という序列付けによってメンバーのキャラが固定化されやすく、また認識されやすいようなシステムが設計されており、さらに握手会をはじめとするふれあいを重視したコンセプトによりファンはメンバーのキャラ形成に直接的に関与できるという幻想をかきたてられるようになっているたのだいう。このように小集団内部で(人気の度合いを表す)序列化とキャラの分化が同時進行するという構造は、日本の現代の学校で生徒間に自然に形成される序列である[[スクールカースト]]のそれと同型といえる。
+
 
+
宇野常寛はこの斎藤環の論を踏まえて、前述の「中間項としてのテレビ媒体を短絡してファンとの距離感を縮める」という手法により、ファンコミュニティと運営サイドの相互作用でメンバーのキャラを循環的に生成・強化させていることを論じている。すなわち、ファンたちは劇場公演やプログでの些細な発言などから得られるメンバー間の友人関係や性格といった様々な情報をネット上のコミュニティなどで共有し、それは例えば[[Wikipedia]]やAkepediaといった場に投稿されることによって[[集合知]]的に蓄積される。このような形でのファンコミュニティの後押しを受けて各メンバーのキャラ設定が効率的に生成されていくだけでなく、今度は運営サイドがそのキャラ設定を元にした(あるいはあたかも[[二次創作]]のように、それを元に少しアレンジが加えられた)キャラをメンバーが出演する[[テレビドラマ]]の役柄などとして与え、それをファンが消費することによってもともとのキャラの認識が強められるという「キャラクター消費の永久機関」になっているのだという。
+
 
+
== AKB48の楽曲の歌詞 ==
+
AKB48の楽曲の歌詞は大きく分けると「(女性視点からの)擬似恋愛的な歌詞」「(男性視点からの)恋愛/青春賛歌的な歌詞」「自己言及的な歌詞」という3つのタイプが存在する。時期に注目すると、初期段階では従来の女性アイドルの楽曲の歌詞では定番ともいえる「(女性視点からの)擬似恋愛的な歌詞」が存在していたが、ヒットのきっかけとなったシングル「[[大声ダイヤモンド]]」がリリースされた頃を境にそれらはあまり多くはみられなくなり、「(男性視点からの)恋愛/青春賛歌的な歌詞」「自己言及的な歌詞」の2つが主流になっていった。
+
 
+
岡島紳士・岡田康宏による書籍『グループアイドル進化論』での記述によれば、女性目線の歌詞から男性目線の歌詞への変遷には、ファン層自体の変化が関連しているという。すなわち、従来の日本の女性アイドル文化におけるアイドルファンといえば「ファッションなどに興味の無い男性の[[アキバ系]]アイドル[[オタク]]」といった印象になりがちであるが、AKB48では握手会や劇場公演などアイドルとファンが直接的に接触する機会が多いこともあって「アイドルからみられる」ことをファンも意識するようになり、見た目にも気をつかう若い男性ファンや女性ファンの割合も増えている。それに呼応するように、擬似恋愛的な歌詞はあまり必要とされなくなり、青春観を疑似体験したり掛け声を通じてステージ上のアイドルと感情を共有できるような楽曲が増えているのだという。
+
 
+
[[斎藤環]]は、秋元康によるAKB48の楽曲の歌詞を「絶望荒野と化した[[J-POP]]業界においてひときわ輝いている」と評価し、「ヤンキー性」の要素が歌詞に織り込まれていることに注目している。それによると、AKB48のメンバー自体に注目してもオタク受けする[[渡辺麻友]]とヤンキー受けする[[板野友美]]の両者が存在するというようにバランスがとられているが、秋元自身がオタク性とヤンキー性の両方を持った特異なタイプの人間であり、「[[桜の栞|マジスカロックンロール]]」「[[Beginner]]」など歌詞にはヤンキー特有の刹那主義・反知性主義的な価値観が掲げながらも、同時に自覚的にそういった振る舞いをしているという意識がみられるというバランスが絶妙なのであるという。このような意識は、前述の「サヴァィヴ系/バトルロワイヤル系」の傾向ともつながるものである。
+
 
+
[[脚本家]]・[[作詞家]]の[[佐藤大]]は、同じく秋元康が手がけた[[おニャン子クラブ]]の楽曲では言葉遊びや内輪受けを狙った歌詞が多かったのに対し、AKB48の楽曲の歌詞は主観的・直球であると対比し、「自分がどうあるべきか」ということを鼓舞するシステムが内包された歌詞がAKB48のメンバー個人への教育になっていると評している。
+
 
+
== 問題点とトラブル ==
+
=== AKB商法 ===
+
AKB48関連の商品に限らず、アイドルグループのCDには特典を付けることにより、熱心なファンが'''同じ商品を複数買うように誘導する'''手法が創生期の頃から取られてきた。AKBのブレイクと共に'''AKB商法'''と呼ばれている。しかし、イベント券の手法は既にとられていた手法であり、モーニング娘。やジャニーズ事務所所属タレントもイベント参加券をつけている。モーニング娘。などは「イベント抽選券」として1枚で必ず行けるものではなく、抽選によって決まる為多い程当たりやすくなっている。AKB48に限らず、姉妹グループである[[SKE48]]・[[SDN48]]・[[NMB48]]でも同様な発売方法が取られている。AKB48のブレイクをきっかけとして、同一商品の複数購入を促す手法はアイドル市場全般に[[ビジネスモデル]]として定着した。なお、握手券は無料の特典や[[証書#私署証書・私文書|私文書]]ではなく[[有価証券]]であることが[[東京地方裁判所]]によって認定されている。
+
 
+
==== 実例 ====
+
; 同一タイトルの複数仕様
+
: 同じタイトルの曲を2種類以上の仕様で同時発売し、1人が複数枚同時購入するように誘導しており、これらは同じタイトルの曲として集計される。CDの場合、シングル「[[大声ダイヤモンド]]」から「劇場盤」と称する、仕様とノベルティの違う商品を併売している。通常盤についてもシングル「[[桜の栞]]」からは行っている。
+
: 複数仕様に限れば、古くから国内外でほかのアーティストも行っているため一概にAKB48特有の商法とは言えない。しかし、AKB48ではそれらに加えて「握手」「投票権」などといった特典を封入することもある。
+
: ただし販促キャンペーンの一環として一時的にCDに付加価値がつけられることは古今東西、慣例的にあったことである。[[レッド・ツェッペリン]]や[[アート・ガーファンクル]]は6種類のジャケット違いアルバムをリリースしたことがあり、[[ボブ・ディラン]]ではアルバムを全種類購入すると未発表音源CDを配布するというキャンペーンが度々行われた。また1990年代以降、J-POPのCDに初回盤仕様特別ジャケット、ブックレット封入などはごくごく普通に行われてきたことであり、こうした手法をとることによって「AKB商法」と言われる論拠は薄い。
+
:
+
; 生写真等
+
: CD購入特典として、多種類の生写真等をランダムで添付する。生写真をすべて揃えるために大量購入する必要がある。
+
; イベント参加券
+
: 「選抜総選挙」や「リクエストアワーセットリストベスト100」などの投票権を、所定のCD1枚につき1票封入している。総選挙の投票権はCDを購入した分だけ得られるため、熱心なファンは自分の「推しメン」の選挙での順位を上げるために1人で大量に購入し、投票する例がある。
+
: 「個別握手会」と呼ばれるメンバーと握手ができる券を商品1点あたり1枚封入。メンバー一人数秒あたり1枚利用できるため複数メンバーまたは個メンバーと長時間握手するためには複数枚購入する例がある。なお、これについてもライブ抽選券を封入するアーティストはほかにもいる。
+
; 店舗特典
+
: 販売チェーン店によって、オリジナルの特典も添付する。
+
; 個別写真会
+
: 携帯電話の写真撮影機能を使った、メンバーとのツーショット撮影会。シングル「桜の栞」の劇場盤で行われた。後にSKE48でも行うようになった。
+
; 個別サイン会
+
: アルバム『神曲たち』の劇場盤で実施。
+
; 全国握手会
+
: 12人程度のメンバーが全国各地の会場に向かい、ミニライブとグループに分かれての握手会を行う。シングル「大声ダイヤモンド」の通常盤から始まり、購入者は抽選なしに参加。
+
; 着うた待受画像
+
着うたでは複数種類の待受け画像をつけることにより、サビやAメロなどのタイプごとにそれぞれの異なったメンバーの待受画像が特典として付けられており、全種類待受画像をコンプリートする為には全種類のパターンをダウンロードする必要がある。
+
; その他
+
* 「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」:定価'''5万0400円'''(税込)で2000冊限定販売。特典として発売から'''約7年後'''の2015年12月8日開催予定の『AKB48劇場オープン10周年祭』招待券が付属した。
+
* 「[[Baby! Baby! Baby!]]」:関連のコンテンツを'''25回以上ダウンロード'''すると握手会(開催日時、場所未定)に参加できる。その他ダウンロード数に応じた特典(待受、コメントムービーなど)をプレゼント。
+
* DVD「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト 100」(1万6800円):劇場で予約・購入すると2008年7月27日開催の握手会参加、当日公演メンバーのサイン色紙プレゼントのいずれかの特典が受けられる。
+
 
+
==== 弊害や批判 ====
+
* 商品の複数購入は客の自由意志に基づくもので販売者側が強要しているわけではないが、これらの手法については各方面から強く批判されている。また、「Everyday、カチューシャ」発売時には一部のファンが1人で数百枚から数千枚を購入していることがテレビでも報道されている。
+
* 握手券や選抜総選挙の投票券だけを目当てにしてCDを大量購入し、握手券や投票券を抜き取りCDのみを中古書店等に即売却したり、インターネットオークションに原価を遥かに下回る価格で出品されていたり、極端な例ではCDショップ近辺に廃棄される例もあったとされる。
+
** 商品の転売によって利益を得ようとする者が増えている。このため、「[[ポニーテールとシュシュ]]」の劇場盤握手会から身分証明書による本人確認を強化し転売しにくい仕組みになっている。
+
** 音楽評論家の[[富澤一誠]]は「[[CD不況]]の中、ビジネスのアイデアとして評価できる」と評している一方、「特定のファンなど『取れるところから取る』発想が前面に出すぎると、ランキングや売り上げが高まる半面、国民に広く親しまれる作品は生まれにくくなる」と指摘している。
+
* 2011年1月オリコンシングルチャートでは特典の付かない通常盤旧譜4枚が同時に3週連続トップ10入りを果たしている。また、「ポニーテールとシュシュ」や「[[ヘビーローテーション]]」、ベストアルバム『[[神曲たち]]』が70週以上連続でチャートインしてロングセラーとなるなど、購入特典がほぼ無力化しても売り上げを伸ばしている作品もある。『[[日経エンタテインメント!]]』2011年6月号では「AKBのシングル曲はキャッチーで覚えやすいから、世間に浸透しやすい」と評している。特典の恩恵を受けないカラオケランキングでも「ヘビーローテーション」が48週連続1位という新記録を樹立した。
+
 
+
=== 独占禁止法違反騒動 ===
+
シングル「[[桜の花びらたち#桜の花びらたち2008|桜の花びらたち2008]]」の劇場で販売するCDに期間限定で44種のソロポスター1枚をランダムで付け、44種のポスターを揃えれば特別イベントに参加できるという企画が設定されたが、後日[[私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律|独占禁止法]](不公正な取引)に抵触するおそれがあるとして、[[ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)|ソニー・ミュージックエンタテインメント]]ならびにデフスターレコーズ社内の法務担当の指摘によりこの企画は中止、未開封の商品とポスター持ち込みにより払い戻しが行われた。
+
 
+
なお、1回も同じポスターが出ることなく全44種のポスターが揃う確率は、計算上では77京1468兆8909億1789万4000分の1とされ、ネット上をはじめとして批判が相次いだ。さらにポスター付のCDが販売されたのは[[AKB48劇場]]カフェのみで、販売期間は2008年2月26日から28日の3日間のみと限られたものであったことも批判の対象となった。
+
 
+
=== 運営側の不備 ===
+
; 音源流出騒動
+
: シングル「[[大声ダイヤモンド]]」の未完成音源が発売前にネットに流出し、運営から法的手段をとる予定との声明が出されたが、その後報告はない。
+
 
+
; 新体制延期に次ぐ延期
+
: 2009年8月の日本武道館公演で発表されたチーム新体制は、当初同年10月開始とされていたが、同年12月、翌年2月と延期され、2010年3月開始。同年6月に完了すると発表されたが、最終的には同年7月に延期になった。
+
 
+
その他、事前の説明不足・想定不足などにより、各種イベントで度々混乱が起こっている。
+
 
+
== 受賞記録 ==
+
=== 2009年 ===
+
* Mnet Asian Music Awards ASIAN RECOMMEND賞
+
* 第42回[[ベストヒット歌謡祭]] ゴールドアーティスト賞
+
* [[第51回日本レコード大賞]] 特別賞(AKB48/秋元康)
+
 
+
=== 2010年 ===
+
* [[日本ボウリング場協会#ボウリングマスメディア大賞|第17回ボウリング・マスメディア大賞]] グランプリ
+
* [[日本ゴールドディスク大賞|第24回日本ゴールドディスク大賞]] 特別賞
+
* 第18回[[スポーツニッポン|スポニチ]]文化芸術大賞 優秀賞
+
* Best of COSU MODE POWER 2010
+
* 2010年度 [[グッドデザイン賞]] 金賞(エンターテインメントプロジェクトデザイン)
+
* [[DIME (雑誌)#DIMEトレンド大賞|2010年小学館DIMEトレンド大賞]] 話題の人物賞
+
* [[ギネス・ワールド・レコーズ]]認定「世界一人数の多いポップグループ」(正規メンバー48人)
+
* [[第52回日本レコード大賞]] 優秀作品賞(「Beginner」)
+
* 第43回[[ベストヒット歌謡祭]] ゴールドアーティスト賞
+
* 2010年[[ユーキャン]][[新語・流行語大賞]]トップ10(「AKB48」)
+
 
+
=== 2011年 ===
+
* 第25回日本ゴールドディスク大賞
+
** シングル・オブ・ザ・イヤー(「Beginner」)
+
** ベスト5シングル(「Beginner」)・(「ヘビーローテーション」)・(「ポニーテールとシュシュ」)
+
* 第2回[[ビルボード#Billboard JAPAN MUSIC AWARDS|Billboard JAPAN MUSIC AWARDS]] 優秀ポップアーティスト賞
+
* 第11回[[東京スポーツ映画大賞#ビートたけしのエンターテインメント賞|ビートたけしのエンターテインメント賞]] 話題賞
+
* 第16回AMDアワード 優秀賞(「AKB48コンセプト」)
+
* [[日本有線大賞|第44回日本有線大賞]] 有線音楽優秀賞・特別賞(「フライングゲット」)
+
* FUN OF THE YEAR 2011
+
* 第53回日本レコード大賞 大賞・優秀作品賞(「フライングゲット」)
+
 
+
=== 2012年 ===
+
* 第26回日本ゴールドディスク大賞<ref>[http://www.golddisc.jp/award/26/index.html 第26回日本ゴールドディスク大賞]</ref>
+
** 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー
+
** シングル・オブ・ザ・イヤー(「[[Everyday、カチューシャ]]」)
+
** ベスト5シングル(「Everyday、カチューシャ」)・(「風は吹いている」)・(「桜の木になろう」)・(「チャンスの順番」)・(「フライングゲット」)
+
** ベスト5ソング・ハイ・ダウンロード(「Everyday、カチューシャ」)
+
** ベスト5アルバム(『[[ここにいたこと]]』)
+
** ベスト・ミュージック・ビデオ(『AKBがいっぱい〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜』)
+
* Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2011<ref>[http://www.tv-osaka.co.jp/sp/billboard/ Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2011]</ref>
+
** Billboard JAPAN Artist of the Year 2011
+
** Billboard JAPAN Top Pop Artists 2011
+
** Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2011(「Everyday、カチューシャ」)
+
** Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2011(「Everyday、カチューシャ」)
+
* ギネス・ワールド・レコーズ認定
+
** 「24時間以内に地上波放送で放送した同一商品のテレビCM最多バージョン数」(アサヒ飲料『ワンダ モーニングショット』「メッセージ」編)<ref>[http://gourmet.oricon.co.jp/2008008/full/ AKB48総出演“全90種CM”がギネス世界記録を更新](2012年3月6日、ORICON STYLE)</ref>
+
** 「最も多くのポップシンガーがフィーチャーされたビデオゲーム」(PSP/PS VITA用ゲームソフト『AKB1/149 恋愛総選挙』)<ref>[http://www.oricon.co.jp/news/movie/2019417/ AKB48、“大所帯生かし”ギネス世界記録認定 たかみな「進化まだまだ止まらない」](2012年12月6日、ORICON STYLE)</ref>
+
* [[中国中央電視台|CCTV]]-[[MTV]]音楽盛典 アジア最人気グループ賞<ref>[http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/23/kiji/K20120823003959340.html AKB48 中国の音楽アワードでアジア最人気グループ賞](スポニチアネックス、2012年8月23日)2012年8月23日閲覧。</ref>
+
* 第45回日本有線大賞 有線音楽優秀賞<ref>[http://www.tbs.co.jp/yusenaward/ 第45回日本有線大賞]2012年11月1日閲覧。</ref>
+
* Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2012<ref>[http://www.billboard-japan.com/common/special/award/2012/winners.html Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2012]</ref>
+
** Billboard JAPAN Artist of the Year 2012
+
** Billboard JAPAN Top Pop Artists 2012
+
** Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2012(「[[真夏のSounds good !]]」)
+
** Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2012(「真夏のSounds good !」)
+
* 第54回日本レコード大賞 大賞・優秀作品賞(「真夏のSounds good !」)
+
=== 2013年 ===
+
* 第27回日本ゴールドディスク大賞<ref>[http://www.golddisc.jp/award/27/index.html 第27回日本ゴールドディスク大賞]</ref>
+
** 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー
+
** シングル・オブ・ザ・イヤー(「真夏のSounds good !」)
+
** ベスト5シングル(「真夏のSounds good !」)・(「[[ギンガムチェック]]」)・(「[[GIVE ME FIVE!]]」)・(「[[UZA (曲)|UZA]]」)・(「[[上からマリコ]]」)
+
** ベスト5アルバム(『[[1830m]]』)
+
 
+
== 脚注 ==
+
{{脚注ヘルプ}}
+
 
+
=== 注釈 ===
+
{{reflist|group=注}}
+
 
+
=== 出典 ===
+
{{reflist|2}}
+
 
+
== 参考文献 ==
+
* 『[[別冊カドカワ]] 総力特集 秋元康』[[角川マーケティング]]、2011年。ISBN 978-4048954204。
+
* 『[[クイック・ジャパン]]』[[太田出版]]、87号、2009年。ISBN 978-4778312008。
+
* [[田中秀臣]] 『AKB48の経済学』 [[朝日新聞出版]]、2010年。ISBN 978-4023308725。
+
* 岡島紳士・岡田康宏 『グループアイドル進化論』 [[毎日コミュニケーションズ]]、2011年。ISBN 978-4839937713。
+
* [[宇野常寛]] 「補論2 AKB48――キャラクター消費の永久機関」『リトル・ピープルの時代』 [[幻冬舎]]、2011年。ISBN 978-4344020245。
+
 
+
== 外部リンク ==
+
* [http://www.akb48.co.jp/ AKB48公式サイト]
+
** [http://www.akb48.co.jp/english/index.html AKB48 Offical Site(英語圏)] {{En icon}}
+
** [http://www.akb48.com.cn/ AKB48中国官方网站(中国)] {{zh icon}}
+
** [http://www.akb48.com.sg/ AKB48 SINGAPORE(シンガポール)] {{En icon}}
+
* [https://www.youtube.com/AKB48 AKB48 Official Channel !] - [[YouTube]]
+
* [http://ameblo.jp/akihabara48/ 〜AKB48 TOKYO DOME までの軌跡〜(公式ブログ)]
+
* [http://www.google.com/intl/ja/+/project48/ AKB48 Now on Google+]
+
** [https://plus.google.com/117147321771860727748 AKB48 - Google+]
+
* [http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=34767 キングレコード運営サイト]
+
* [http://www.akb48-web.com/ デフスターレコーズ運営サイト(旧所属レーベル)]
+
* [http://akb48cafeshops.com/wp/harajuku/ AKB48 OFFICIAL SHOP HARAJUKU]
+
** [http://ameblo.jp/akb48hjktencho/ AKB48オフィシャルショップ原宿 公式ブログ]
+
** {{Twitter|akb48hjk|AKB48オフィシャルショップ原宿}}
+
* [http://akb48cafeshops.com/wp/akihabara/ AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARA]
+
** [http://ameblo.jp/akb48cafe/ AKB48カフェ&ショップ秋葉原のブログ]
+
** {{Twitter|akb48cafe|AKB48カフェ&ショップ秋葉原}}
+
* [http://www.7netshopping.jp/spc/shop/akb48/ AKB48 オフィシャルショップ(セブンネットショッピング運営)]
+
** [http://www.akb48.com.hk/ AKB48 Offical Shop Hong Kong] {{zh icon}}
+
** [http://www.akb48hk.com/ AKB48 香港專門店] {{zh icon}}
+
* [http://www.2010-akb48.jp/ DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 「10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」(ドキュメンタリー映画公式サイト)]
+
* [http://www.2011-akb48.jp/ DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on「少女たちは傷つきながら、夢を見る」(ドキュメンタリー映画公式サイト)]
+
 
+
{{AKB48}}
+
 
+
{{DEFAULTSORT:ええけえひいふおおていいえいと}}
+
[[Category:AKB48|*]]
+
[[Category:日本の歌手グループ]]
+
[[Category:日本のアイドルグループ]]
+
[[Category:NHK紅白歌合戦出演者]]
+
[[Category:日本レコード大賞受賞者]]
+
[[Category:東京都の文化]]
+
[[Category:秋葉原]]
+
[[Category:ドン・キホーテ (企業)]]
+
[[Category:秋元康]]
+
[[Category:グッドデザイン賞]]
+
[[Category:日本のギネス世界記録保持者]]
+
[[Category:流行語]]
+
[[Category:オリコン年間シングルチャート1位獲得アーティスト]]
+
[[Category:画像が多い記事]]
+
 
+
 
知事=佐藤雄平|
 
知事=佐藤雄平|
 
郵便番号=960-8670|
 
郵便番号=960-8670|

2015年9月17日 (木) 14:23時点における版

福島県
国/地方 日本の旗 日本 
団体コード 07000-9
ISO 3166-2:JP JP-07
面積 8,393.34 km²
境界未定:なし
総人口 2,091,223
( 2005年10月1日)
人口密度 - 人 /km²
隣接都道府県 宮城県山形県茨城県栃木県群馬県新潟県
県の木 ケヤキ
県の花 ネモトシャクナゲ
県の鳥 キビタキ
県民の日 8月21日
知事 佐藤雄平
都道府県庁
所在地 〒960-8670
福島県 福島県福島市杉妻町2番16号
外部リンク http://www.pref.fukushima.jp/ 福島県庁
位置
福島県の位置
特記事項:
テンプレート

福島県(ふくしまけん)は、東北地方南部、太平洋に面する県。

概要

面積が大きく、また山脈により分断されているため、大きく浜通り中通り会津の3地域に分けられる。

人口の大きな自治体は、人口順にいわき市郡山市福島市となっているが、3市とも30万人前後である。商業統計では郡山市・いわき市・福島市の順、都市圏人口では郡山都市圏福島都市圏いわき都市圏の順である。3市はそれぞれの分野に特化し、行政機能が集中する福島市、経済・交通の中枢で商業・内陸工業・流通都市となっている郡山市、莫大な面積を持ち工業・観光に特化するいわき市となっている。また、会津地方の中心都市で史跡旧跡が多く存在する歴史都市会津若松市も上記3都市に比べ小規模ながら重要な地点となっている。

県名の福島は、福島城からとられた。

歴史

  • 廃藩置県
    • 明治初期、版籍奉還後の1869年(明治2年)の太政官令により、陸奥国(むつのくに)南端である現在の福島県域は陸奥国から分離し、西側が岩代国(いわしろのくに)、東側が磐城国(いわきのくに)となった。岩代国は現在の福島県中通り地方の中北部と会津地方。磐城国は現在の福島県中通り地方南部と福島県浜通り地方と宮城県南部(亘理郡、伊具郡、刈田郡)にほぼ相当する。1871年(明治4年)7月(旧暦)の廃藩置県で全国に多数の県が生まれた後、同年11月(旧暦)に現在の福島県域は、岩代国の会津地方(旧会津藩領の越後国蒲原郡の一部[のち東蒲原郡]を含む)が若松県、岩城国の中通り地方が二本松県(二本松県になって、わずか12日間後に福島県に改称したのでほとんど機能はしていない)、磐城国はほぼそのまま磐前(いわさき)県の3つの県として統合された。二本松県は間もなく福島県と改称し、1876年(明治9年)に若松県、磐前県と合併して新しい福島県となった。その際、磐前県北部(亘理郡、伊具郡、刈田郡)が宮城県に、磐前県南部の一部が茨城県に移管され、さらに1886年(明治19年)に東蒲原郡が新潟県へ移管されて、現在の福島県域になった。これらの変遷は最後の東蒲原郡移管を除いて、1869年(明治2年)の藩の制度化の後、1871年(明治4年)の廃藩置県から1876年(明治9年)までの間に、あわただしく行われた。(誤解されがちだが江戸時代には公式に「藩」という制度はなく、藩は版籍奉還によって明治2年に制定された制度である)
    • 福島県会津地方の北西部、三国岳から飯豊山に、ひげのように細長く延びている県域がある。これは福島県側の地域住民の信仰上の理由で、ご神体となる飯豊山への参道を確保したためである。
    • 福島県南部を「いわき」、中西部を「いわしろ」と呼ぶのは古代からの呼称である。現在、福島県域は岩盤が固くて地震が少ないから「岩城」の国と呼ぶ、という説があるが、これは「いわしろ」に「岩城」という文字を当てたために生まれた俗説である。歴史的には(奈良の都から見て)「いわき」の「うしろ」にあるから「いわしろ」と呼ばれるようになったと思われる(京都地方を山城(やましろ:山背)国と呼ぶのと同じ)。この説では「いわしろ」の表記は「岩背」または「磐背」が本来であり、現在に残る地名「岩瀬」(いわせ)、岩代(いわしろ)とも通じる。
  • 戊辰戦争
  • 福島事件

人口

年齢構成

テンプレート:福島県/5歳階級別人口

512px
福島県と全国の年齢別人口分布図(比較) 福島県の年齢・男女別人口分布図
紫色は福島県
緑色は日本全国
青色は男性
赤色は女性
総務省統計局 / 国勢調査2005年

行政

歴代知事(公選後)

  1. 石原幹市郎(1947年4月12日~1949年11月30日)
  2. 大竹作摩(1950年1月28日~1957年7月25日)
  3. 佐藤善一郎(1957年8月25日~1964年3月23日)
  4. 木村守江(1964年5月16日~1976年8月11日 収賄容疑に問われ引責辞任)
  5. 松平勇雄(1976年9月19日~1988年9月18日)
  6. 佐藤栄佐久(1988年9月19日~2006年9月28日 親族による談合事件で引責辞任)
  7. 佐藤雄平(2006年11月12日~)

経済

県内における最大の都市圏は、中通り中部の郡山市を中心とする郡山都市圏であり、周辺地域とともに県内最大の郡山経済圏を形成している。一方、中通り北部(福島市伊達郡伊達市)や浜通り北部(旧相馬郡地域 : 相馬市南相馬市)などは、仙台市への通勤・通学者が一定の割合で存在するほか、休日の買い物に高速バスなどで仙台へ行く傾向が強く仙台市を中心とした仙台経済圏に含まれつつあり、繋がりが深い。(→東北地方の経済史南東北仙台経済圏仙台都市圏を参照)のこと。

本県は南東北の南端に位置し、関東地方に隣接していることから関東への志向が強い。実際、中通り白河市郡山市浜通りいわき市は関東への通勤者が存在するなど、関東との繋がりが深い。ただし、県北地区と相双地区の仙台志向、また会津地方の観光中心経済と若干の新潟志向とは分けて考える必要があり、福島県の非統一性をうかがわせる一例となっている。

関東広域圏のテレビ放送を直接受信できる地域があったり、首都圏三大都市圏を中心に展開している店鋪が東北では唯一本県に進出している例(丸井デニーズなど)もあり、こういった事も本県の関東志向に影響していると考えられる。

地域と文化

都市圏

都市雇用圏(10%通勤圏)の変遷

東北新幹線の駅が設置された都市圏斜体
1980年 1990年 1995年 2000年
いわき都市圏
347408人








82




85




91


郡山都市圏
493891人
郡山都市圏
521116人
郡山都市圏
537493人
福島都市圏
343063人
福島都市圏
404636人
福島都市圏
410964人
福島都市圏
412353人
郡山都市圏
341004人
いわき都市圏
361286人
いわき都市圏
366207人
いわき都市圏
365864人
会津若松都市圏
197672人
会津若松都市圏
197213人
会津若松都市圏
197316人
会津若松都市圏
188686人
須賀川都市圏
80990人
須賀川都市圏は郡山都市圏に包含
原町都市圏
74296人
白河都市圏
86678人
白河都市圏
95084人
白河都市圏
96786人
白河都市圏
72914人
原町都市圏
77162人
原町都市圏
77860人
原町都市圏
75020人
喜多方都市圏
45780人
二本松都市圏
66988人
二本松都市圏
67268人
二本松都市圏
66077人
二本松都市圏
45568人
喜多方都市圏
60818人
喜多方都市圏
63413人
喜多方都市圏
59701人

地域圏

県内は、東西に長い形状をしているが、2つの山間部によって浜通り中通り会津の3つの地方に分かれている。東から太平洋沿岸が浜通り、阿武隈高地で隔てて中通り、奥羽山脈で隔てて会津となる。地形的に山間部で隔てられて結びつきにくい上に、気候風土や風俗にも差があり、3地方での同一県として帰属意識は低く、福島県は他県に比較すると1つの県としてのまとまりに欠けると言われる。

以下、人口は2006年8月1日現在の推計人口[1](福島県の総人口は2,080,823人)。

  • 中通り 1221105
  • 浜通り 552276
  • 会津 307442

県内は、さらに県庁の出先機関である地方振興局の管内によって7つに分けられている。以下、地方振興局ごとに市町村を記載する。なお、県北の安達郡(約4.0万人)が県中に、相双の双葉郡(約7.4万人)がいわきに入るとする地域圏の設定もある。

以下の13市13郡32町15村がある。*印は、合併により消滅する予定の市町村。町は「ちょう」ではなくすべて「まち」、村は「そん」ではなくすべて「むら」と読む。

中通り

  • 由来
中通りは中山道に名前の由来がある。現在の中山道は江戸時代に江戸を中心としてひき直したもので、京都から岐阜、長野、群馬を経て東京に至るが、古代の中山道は奈良を起点として、現在の岐阜、長野、群馬から栃木(宇都宮付近)に至り、現在の国道4号線沿いに北上する東山道(律令制下の道国制の行政区)の主要街道だった。中山道という呼称自体、東山道の別称である。この名残から、福島県中通り地方は古くから中山道(中仙道)、仙道(せんどう)とも呼ばれた。なお、群馬から東京に至る江戸時代以降の中山道は、もともとは東山道武蔵路と呼ばれる東山道(中山道)の支路である。
  • 気候
内陸性気候に属する。北部の福島盆地は典型的な内陸性盆地型気候で、夏は非常に高温になる。南部は那須高原につらなる高原地帯となるとので、北部に比べると低温傾向がある。そのため、中通りでは桜前線が北部から南部に南下して移動する。降雪はあるが、通常は数cm~15cm程度で、30cmも積もれば大雪といわれる。生活面では降雪よりも夜間の路面凍結が深刻だ。
  • 文化
古来より奥州の玄関口として、街道筋として重要な役割を担った。現在は東北新幹線や東北自動車道も整備されて首都圏まで新幹線で1~2時間、自動車で2~3時間ということもあり、首都圏との結びつきも強めている。
  • 中心都市
経済的には郡山市であるが、県庁所在地が福島市であるため、政治的文化的には福島市の重要度も高く、二極分散といえる。
県北地方振興局管内 508389

福島広域行政圏

安達広域行政圏

県中地方振興局管内 559607

郡山広域行政圏

県南地方振興局管内 153109

白河広域行政圏

浜通り

  • 由来
浜通りは陸前浜街道に名前の由来がある。陸前浜街道は現在の国道6号線とほぼ一致する沿岸沿いの街道で、水戸街道から仙台平野で奥州街道に繋がって仙台に至る。
  • 気候
太平洋側気候に属する。東北地方としては非常に温暖で、夏は涼しく、冬の降雪もほとんど無く、東北地方よりも南関東に近い過ごしやすい穏やかな気候である。
  • 文化
関東地方…特に茨城県や千葉県との結びつきが強い。鎌倉時代初期に下総国相馬郡(現在の茨城県南西部と千葉県北西部)から相馬氏千葉氏の支流)が入植したこともあり、下総国に由来を持つ神社仏閣やお祭り等の習俗が少なくない。現在でも千葉県や茨城県を中心に展開するチェーン店が福島県浜通りに店舗を出店する、あるいは浜通りに本社のあるチェーン店が茨城県方面に出店するなどの現象がしばしば見られる。
  • 中心都市
いわき市が中心都市と言えるが、南北に長いため、北部では相馬市が小規模な中心都市となっている。
相双地方振興局管内 199647

相馬広域行政圏

双葉広域行政圏

いわき地方振興局管内 352629

会津

  • 気候
日本海側気候に属する。新潟県と多くの県境を接しており、全国有数の豪雪地帯である。
  • 文化
会津藩に由来する文化が色濃く投影されている。また現在の武術武道界に多大な影響を与えた近代最強の武術家とたたえられる大東流合気柔術武田惣角(たけだそうかく)の出身地(会津坂下町)としても名高い。現在でも会津若松市を中心に剣道をはじめとする現代武道や各種の古武術が非常に盛んで、県立高校でも体育の授業に薙刀術があるなどの特色がある。ナショナルジオグラフィック、ヒストリーチャンネル、ディスカバリーチャンネル等の海外のドキュメンタリー製作でも武士道や侍文化に関するドキュメンタリーではしばしば会津を例として取り上げる。
  • 中心都市
会津若松市。
会津地方振興局管内 274959

喜多方広域行政圏

会津若松広域行政圏

南会津地方振興局管内 32483

南会津広域行政圏

合併予定の市町村

  • 福島市・飯野町⇒福島市(協議途中で川俣町が離脱し、2市町で2008年7月1日を目標に、合併を推進することが確認された)

有形文化財建造物

国宝
重要伝統的建造物群保存地区

マスコミ

新聞社

放送局

本社演奏所の立地として、福島市県庁所在地政治的中心地)と、郡山市経済的交通的中心地)との2都市に分かれるため、立地の違いによって地方ニュースの重点配分や話題に微妙な地域色がでる。しかし、コミュニティFM以外の全放送局とも放送自体は全県に渡る。

なお、戦後の福島県域の2大新聞社の対立を反映したせいか、県域対象の民放VHFテレビ局は全国の県で最後の開局、民放FM局も東北6県では最後の開局である。ただし、テレビ東京系列を除く民放テレビ局4局が出揃ったのは1983年である。これは東北6県のなかでは宮城県に次いで2番目であり、比較的早い。

相馬市や南相馬市、相馬郡の一部では宮城県の民間放送4局が、いわき市の沿岸地域や白河市南端、阿武隈高地の一部では関東広域圏の民間放送5局が直接受信可能である。なお、とちぎテレビ(GYT)はアナログ放送はTUFと31chで、デジタル放送はKFBと29chで被っており、福島県内でのGYT受信は困難である。

福島県と同様に、政治力と経済力の綱引きにより民放地方局の演奏所が、全て県庁所在地に立地していない例は山口県にも見られる。

交通

空港

鉄道

新幹線

JR在来線

私鉄(民鉄)路線

第三セクター

バス路線

前述の通り、地区により経済圏の指向が異なっている。このため、地域ごとに分割したJRバスにおいても、2社が営業拠点を設置している。これは全国で唯一。

道路

高速道路

国道

県道

舞台になった作品

漫画

美味しいんぼ(2014年4から5月まで他。5月13日の特種で19日掲載で福島編完結する事発表された。4月28日で山岡が鼻血出した事が問題になった)

関連項目

外部リンク

日本の都道府県
北海道地方: 北海道
東北地方: 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県
関東地方: 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 山梨県
中部地方: 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県
近畿地方: 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
中国地方: 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県
四国地方: 徳島県 | 香川県 | 高知県 | 愛媛県
九州地方: 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県


テンプレート:福島県の自治体

Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・福島県を利用して作成されています。変更履歴はこちらです。
テンプレート:japan-geo-stub