神奈川県警察

提供: Yourpedia
2012年7月28日 (土) 14:50時点におけるFromm (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索
神奈川県警
神奈川県警

神奈川県警察(かながわけんけいさつ、Kanagawa Prefectural Police)は、神奈川県が設置した警察組織。神奈川県内を管轄区域とし、神奈川県警と略称する。給与支払者は神奈川県知事であり、神奈川県公安委員会の管理を受ける。関東管区警察局管内。本部所在地は横浜市中区海岸通2丁目4。

日本一、不祥事の多い警察として不動の地位を誇っている。

沿革[編集]

組織[編集]

全国有数の大規模警察本部であり、本部長警視監

総務部[編集]

  • 総務課
  • 広報県民課
  • 会計課
    • 監査室
  • 情報管理課
    • 情報技術推進室
  • 留置管理課
  • 装備課
  • 施設課
    • 庁舎管理室

警務部[編集]

  • 警務課
    • 企画室
    • 被害者支援室
  • 厚生課
    • 健康管理センター
  • 教養課
    • 通訳センター
  • 監察官

生活安全部[編集]

  • 生活安全総務課
    • 生活安全対策室
    • 生活安全特別捜査隊
    • サイバー犯罪対策センター
    • ストーカー対策室
    • 子ども・女性安全対策室
  • 少年育成課
  • 少年捜査課
  • 生活経済課
  • 生活保安課

地域部[編集]

  • 地域総務課
  • 地域指導課
  • 通信指令課
  • 自動車警ら隊(横浜市南区中村町3丁目191番地の3、本部・中隊以下8分駐所1連絡所)
  • 鉄道警察隊(本部以下4分駐所)

刑事部[編集]

組織犯罪対策本部[編集]

  • 組織犯罪分析課
  • 暴力団対策課
  • 薬物銃器対策課
  • 国際捜査課

交通部[編集]

  • 交通総務課
  • 交通指導課
  • 交通捜査課
  • 交通規制課
    • 都市交通対策室
  • 駐車対策課
  • 第一交通機動隊(本部以下2分駐所)
  • 第二交通機動隊(本部以下3分駐所)
  • 高速道路交通警察隊(本部以下4分駐所1連絡所)

運転免許本部[編集]

  • 免許課
  • 試験課

警備部[編集]

横浜市警察部[編集]

横浜市警察部参照

川崎市警察部[編集]

川崎市警察部参照

相模原市警察部[編集]

相模原市警察部参照

相模方面本部[編集]

神奈川県警察学校[編集]

  • 庶務部
  • 第一教養部
  • 第二教養部
附属自動車学校[編集]

警察署[編集]

警察署数は54(括弧内は管轄区域)。

横浜市警察部の担当[編集]

第一方面[編集]

第二方面[編集]

川崎市警察部の担当[編集]

第三方面[編集]

相模原市警察部の担当[編集]

第四方面[編集]

相模方面本部の担当[編集]

第五方面[編集]

第六方面[編集]

装備[編集]

マスコットキャラクター[編集]

  • ピーガルくん

police(警察)のPとsea gullカモメ県鳥)のgullを組み合わせたものが名前の由来。 神奈川県警察のマーク入り黄色ヘルメットと、カモメの羽を耳につけている。

県警ウェブサイトの説明によれば、カモメの羽をつけた耳は、県民の声と明日の夢をキャッチし、未来に向け大きく飛躍するさわやかなイメージを表現。その愛くるしい姿で「子供からお年寄りまで愛される」親しみのある神奈川県警察を表す。カラーリングは、ぬくもりを感じさせる「黄色」、カモメと海の色である「白と青」を基調とする。

1992年の新庁舎完成にあわせ、シンボル・マスコットとして決定した。 ポーズには「敬礼」「バンザイ」「飛行」等、幾つかの絵柄が存在する。

不祥事[編集]

神奈川県警察不祥事問題を参照。

備考[編集]

  • 2001年頃まではウェブサイトの句読点の表記に特徴があり、「、」「。」を使わずに半角の「,」「.」を使っていた。これはすべての文章で徹底されていた。これは、縦書きは「、」「。」、横書きは「,」「.」の使い分けであり、現在でも検察官作成の捜査書類などに見られる表記である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]