「石綿セメント管」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
37行目: 37行目:
 
== 後継製品 ==
 
== 後継製品 ==
 
前記の製造法の原則をほぼ踏襲した製品として、'''強化プラスチック複合管'''(FRPM管、強プラ管)が製造されている。強プラ管は前記工程の心材をフェルト布地から[[ガラス繊維]]に、塗布材を石綿セメント混合液から熱硬化性樹脂に置き換えたもので、[[繊維強化プラスチック]](FRP)に分類される材質となる<ref>[http://www.kyopla.com/frpm.html 強プラ管について - 強化プラスチック複合管協会]</ref>。強プラ管はヒューム管に類似した遠心成形法や、管材以外のFRP製品に採用例の多い引抜成形法(プルトルージョン法)を用いる場合もある<ref>[http://www.kurimoto.co.jp/rd/pdf_giho/42/200003_04.pdf FRP(M)管の連続成形法(φ50∼3000) - 栗本鐵工所]</ref>が、ガラス繊維の布地の代わりに糸材を用いて巻き付け成形するものが主流で、こうした製法によるものを'''フィラメントワインディング管'''(FW管)とも呼ぶ<ref>[http://www.risho.co.jp/product/products2/fw/index.html フィラメントワインディングパイプ 利昌工業株式会社]</ref>。
 
前記の製造法の原則をほぼ踏襲した製品として、'''強化プラスチック複合管'''(FRPM管、強プラ管)が製造されている。強プラ管は前記工程の心材をフェルト布地から[[ガラス繊維]]に、塗布材を石綿セメント混合液から熱硬化性樹脂に置き換えたもので、[[繊維強化プラスチック]](FRP)に分類される材質となる<ref>[http://www.kyopla.com/frpm.html 強プラ管について - 強化プラスチック複合管協会]</ref>。強プラ管はヒューム管に類似した遠心成形法や、管材以外のFRP製品に採用例の多い引抜成形法(プルトルージョン法)を用いる場合もある<ref>[http://www.kurimoto.co.jp/rd/pdf_giho/42/200003_04.pdf FRP(M)管の連続成形法(φ50∼3000) - 栗本鐵工所]</ref>が、ガラス繊維の布地の代わりに糸材を用いて巻き付け成形するものが主流で、こうした製法によるものを'''フィラメントワインディング管'''(FW管)とも呼ぶ<ref>[http://www.risho.co.jp/product/products2/fw/index.html フィラメントワインディングパイプ 利昌工業株式会社]</ref>。
 
強プラ管は石綿セメント発祥の地であるオーストリアに本社を持つ{{仮リンク|ホーバス|en|Hobas}}で開発され、石綿セメント管の弱点であった経年劣化の問題を克服した製品でもあるため、日本エタニットやクボタなど元は石綿セメント管の製造を手掛けていた企業でも製造が行われている。特に日本エタニットに於いては、石綿セメント管の需要の終息に伴い1981年(昭和56年)より'''ホーバスパイプ'''の商標で製造を開始し、石綿セメント管事業から撤退しリゾート部門への傾注が進んで以降は、管渠部門のみが'''日本ホーバス'''として旧日本エタニットの事業を引き継ぐ形で独立した<ref name="gyosei"/>。
 
 
強プラ管は石綿セメント管と同様に強い耐薬品性や耐圧性を有するため、水道管がダグタイル鋳鉄などに主流が移って以降も、石綿セメント管が強みを発揮する領域であった[[温泉]]水や、腐食性廃液の排水管などの導水分野で現在{{いつ|date=2013年12月}}<!-- See [[WP:DATED]] -->も活用されている。しかし、皮肉なことに普及初期の強プラ管は「心材となるガラス繊維に石綿を用いていた」ために、これらの旧製品の撤去に際しては石綿セメント管と同様の安全対策が求められることともなっている<ref>[http://www.kubota.co.jp/new/2005/s7-15.html 当社のアスベスト(石綿)取り扱い状況について ニュースリリース - クボタ]</ref><ref>[http://www.fujikako.co.jp/news/2008/news080512_2.html アスベスト含有の旧製品について(旧フジパイプの取扱い及び在庫処理等について)- 富士化工株式会社]</ref>。
 
  
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)