「松下電器FF式石油温風機欠陥問題」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
15行目: 15行目:
 
:[[2007年]][[4月]]、松下は石油製品のみならず、ガス器具からも完全撤退しており、以降、ナショナルショップで供給されるガス器具は[[リンナイ]]製品に変わっている。
 
:[[2007年]][[4月]]、松下は石油製品のみならず、ガス器具からも完全撤退しており、以降、ナショナルショップで供給されるガス器具は[[リンナイ]]製品に変わっている。
 
;ガス器具以外の暖房器具等の撤退について
 
;ガス器具以外の暖房器具等の撤退について
:その上、石油製品やガス器具とは直接関係がないものの、[[エア・コンディショナー]]もシェアの6割は[[ダイキン工業]]が製造・販売するようになるなど、大幅な企業解体が行われた。
+
:その上、石油製品やガス器具とは関係がないものの、[[エア・コンディショナー]]も家庭用以外は[[ダイキン工業]]が製造・販売するようになるなど、大幅な企業解体が行われた。
  
 
== 松下の対応 ==
 
== 松下の対応 ==
25行目: 25行目:
  
 
== 他会社の不祥事との比較 ==
 
== 他会社の不祥事との比較 ==
余談だが、この一連の不祥事は[[企業倫理]]の問題として[[三菱リコール隠し]]などと比較されていた。
+
余談だが、この一連の不祥事は[[企業倫理]]の問題として[[三菱リコール隠し]]などと比較される。
  
 
== その後の展開 ==
 
== その後の展開 ==
その後、同社は2007年[[5月30日]]に、電子レンジや冷蔵庫、衣類乾燥機の一部機種で部品の不具合による発火などの恐れがあるとして、28機種、推定約300万台を無料で点検・修理すると発表した。同社の製品回収規模としては過去最大となるリコールとなった。当初は偶発的な事故として見ていたが、FF式石油温風機による一酸化炭素中毒事故で死傷者を出した反省から、各製品の点検を行ったところ、共通した欠陥が見つかったが、発火などの恐れについては否定した。また、火災やそれに関連した死者は出なかったものの、一酸化炭素中毒事故がなければそのまま放置されていた可能性が強いため、安全意識の欠如が問われる形となった。経済産業省はこの件に対する松下の対応を、大変素晴らしい事と評価したが、FF式石油温風機の件に加えての不祥事と見られ、株価下落などの影響が出た。尚、松下電器はこの他にも物議を醸した事故や事件が頻出しており、問題視されていた。詳しくは[[松下電器産業#製品の問題]]を参照。
+
その後、同社は2007年5月30日に、電子レンジや冷蔵庫、衣類乾燥機の一部機種で部品の不具合による発火などの恐れがあるとして、28機種、推定約300万台を無料で点検・修理すると発表した。同社の製品回収規模としては過去最大となる。当初は偶発的な事故として見ていたが、FF式石油温風機による一酸化炭素中毒事故で死傷者を出した反省から、各製品の点検を行ったところ、共通した欠陥が見つかったが、発火などの恐れについては否定した。また、火災やそれに関連した死者は出なかったものの、一酸化炭素中毒事故がなければそのまま放置されていた可能性が強いため、安全意識の欠如が問われる形となった。経済産業省はこの件に対する松下の対応を、大変素晴らしい事と評価したが、FF式石油温風機の件に加えての不祥事と見られ、株価下落などの影響が出ている。尚、松下電器はこの他にも物議を醸した事故や事件が頻出しており、問題視されている。詳しくは[[松下電器産業#製品の問題]]を参照。
  
 
松下幸之助は「名前の呼び捨ては人格の呼び捨て」と言ったが、私は欧米諸国や中国、台湾と比べて簡単に呼び捨てできない日本のお国柄こそ大っ嫌い![http://yaplog.jp/u-sugu/archive/215 日本に生まれてちっとも良くねーやい!]
 
松下幸之助は「名前の呼び捨ては人格の呼び捨て」と言ったが、私は欧米諸国や中国、台湾と比べて簡単に呼び捨てできない日本のお国柄こそ大っ嫌い![http://yaplog.jp/u-sugu/archive/215 日本に生まれてちっとも良くねーやい!]

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート: