「東京オリンピック」の版間の差分

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
(新しいページ: '{{先編集権}} '''東京オリンピック'''(とうきょう-)とは、首都圏で展開するスーパー・ホームセンター...')
 
(「東京オリンピック」を保護しました: 度重なる荒らし ([編集=管理者のみに許可] (2015年11月12日 (木) 14:28(UTC)で自動的に解除) [移動=管理者のみに許可] (無期限)))
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
(相違点なし)

2015年10月12日 (月) 22:28時点における最新版

本項目「東京オリンピック」は、先編集権が主張されています「同意を得ないリバート」「記事の置き換え・白紙化」等の不正改竄は荒らしとみなされブロックされますので、ご注意ください。また、このテンプレートを剥す行為も荒らしとみなされますのでご注意下さい。どうしても自分の意に沿う編集をされたい場合は「東京オリンピック (2)」という様な感じでフォークを立てて下さい。

東京オリンピック(とうきょう-)とは、首都圏で展開するスーパー・ホームセンターチェーン「オリンピック」の東京法人である。

オリンピックは、廉価な食品や家庭用品を中心に幅広い品揃えで支持を集めた。とくに低所得者の多い江戸川区大田区および郊外で積極的な店舗経営を推し進め、47店舗を出店していた。しかし世界同時不況により、とくに中小企業などで深刻な業績不振となった。中小企業の従業員などをターゲットにしていたオリンピックは、消費の冷え込みをまともに受ける形となり、事業の整理を余儀なくされた。

オリンピックは東京・千葉・埼玉・神奈川の4社に分割し、経営陣を含む主力は東京オリンピックが引き継いだ。懸命な経営努力により業績は持ち直し、オリンピックグループ4社とも経営危機などの事態は免れている。

都内の江戸川区と大田区に4店舗を展開し、従来どおりの庶民の味方的な経営は変わらない。いっぽうで、比較的所得が高い中野区と新宿区にも2店舗を展開し、こうした地域に在住で節約志向に転換した主婦らも見方につけている。

取扱商品は多岐にわたり、生鮮食品から洗剤、バス用品、化粧品、ガーデニング用品、カー用品、ペット用品、衣料、家電、携帯電話などを販売する。そのため家電取扱、自転車販売の認可を取得している。今後、医薬品取扱免許も取得し、店舗内に薬局コーナーを作る構想もある。

外部リンク[編集]