大月純子

提供: Yourpedia
2012年3月25日 (日) 14:01時点におけるFromm (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索
大月 純子

大月 純子(おおつき じゅんこ、1970年~)は、神戸出身の人権屋プロ市民左翼活動家

光市母子殺害事件の福田孝行を養子にして、「大月孝行」に改姓させた。

人物[編集]

  •  日本基督教団牧師
  • 「わたしたちの性と生を語る会・広島」代表。 
  • 「ジェンダー広島」運営スタッフ
  • 「男女共同参画を考える会ひろしま」共同代表
  • 1997年より広島に在住。広島にあるいくつかのセクシュアル・マイノリティのコミュニティに関わっている。セクシュアリティについての理解を深めるための講演を行ったり、講演会・ワークショップの企画を行っている。また、数年前より高校生とクラブ活動の中で、セクシュアリティについての理解を深めるためのプログラムを行っている。   
  • 共著に『性の意味――キリスト教の視点から』(宮谷宣史編/新教出版社)、『プロブレムQ&A同性愛って何?』(共著、緑風出版)がある。

関連項目[編集]

大月 純子