「大宅壮一」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
4行目: 4行目:
 
1900年(明治33年)9月13日、[[大阪府]][[三島郡]][[富田村]](現高槻市)に父・八雄、母・トクの三男として生まれる。生家は[[醤油醸造業]]を営む。6歳のとき[[富田尋常小学校]]に入学し、12歳で卒業する。1912年4月、[[富田尋常高等小学校]]に入学、このころから少年雑誌に投稿し、入選するようになる。
 
1900年(明治33年)9月13日、[[大阪府]][[三島郡]][[富田村]](現高槻市)に父・八雄、母・トクの三男として生まれる。生家は[[醤油醸造業]]を営む。6歳のとき[[富田尋常小学校]]に入学し、12歳で卒業する。1912年4月、[[富田尋常高等小学校]]に入学、このころから少年雑誌に投稿し、入選するようになる。
  
1915年、富田尋常高等小学校を卒業。同年4月、旧制[[茨木中学]](現・大阪府立茨木高等学校)に入学する。。川端康成が三学年上に在籍していた。登下校時に寄った『虎谷』という書店は、川端も利用していた。投稿は中学3年まで続く。このころ父親は酒を飲んで働かず、兄の勇一も放蕩者であり得意先や掛取で頭を下げるのを嫌った為、家業はもっぱら壮一が担った。そのため学校には2日に1回しか行かなかった。中学生向けの雑誌『少年』『少年倶楽部』に作文や俳句を投稿し、メダルや昆虫採集用の虫籠などの懸賞を受賞している。家業をこなしつつ文学に親しむ一方で、ドイツ語とフランス語を独習していた。教育勅語への疑問、米騒動の支持などから中学校からは好ましからざる生徒と見られていた。
+
1915年、富田尋常高等小学校を卒業。同年4月、旧制[[茨木中学]](現・大阪府立茨木高等学校)に入学する。。川端康成が三学年上に在籍していた。登下校時に寄った『虎谷』という書店は、川端も利用していた。投稿は中学3年まで続く。このころ父親は酒を飲んで働かず、代わりに大宅壮一が醤油醸造業に従事した。学校には2日に1回しか行かなかった。中学生向けの雑誌『少年』『少年倶楽部』に作文や俳句を投稿し、メダルや昆虫採集用の虫籠などの懸賞を受賞している。家業をこなしつつ文学に親しむ一方で、ドイツ語とフランス語を独習していた。教育勅語への疑問、米騒動の支持などから中学校からは好ましからざる生徒と見られていた。
  
 
1918年(大正7年)7月、父親が[[胃がん]]のため死去。同年11月、18歳(4年生)の時、[[米騒動]]に際して米騒動を煽動するような演説をおこない、大阪・茨木中学を諭旨退学となった。
 
1918年(大正7年)7月、父親が[[胃がん]]のため死去。同年11月、18歳(4年生)の時、[[米騒動]]に際して米騒動を煽動するような演説をおこない、大阪・茨木中学を諭旨退学となった。

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)