「中国」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
11行目: 11行目:
 
== 名称 ==
 
== 名称 ==
 
=== 「中国」 ===
 
=== 「中国」 ===
[[Image:中国2.jpg|300px|thumb|中国の電車内]]
+
[[中国]]は「国の中心」、または[[中華思想]]に基づき「世界の中心」を意味している。中国と言う用語は中国の古典である ‘詩経’で最初に使われた。 詩経で使われた ‘中国’は四方と四夷 (中国四方に居住した辺方民族)の対称される概念で使われた。‘中心部(Center)’と言う意味で初めて使われた‘中国’は政治と軍事的な意味の統治境界を設定する意味で徐徐に民族間のアイデンティティを境界を作る意味に拡張されて行った。 漢族と辺方民族の境界を象徴する‘中国’という用語は孔子とその他思想家たちの潤色を経りながら‘文化的優越性を持った中心部’という意味で深くなった。
[[中国]]は「国の中心」、または[[中華思想]]に基づき「世界の中心」を意味している。中国と言う用語は中国の古典である ‘詩経’で最初に使われた。 詩経で使われた ‘中国’は四方と四夷 (中国四方に居住した辺方民族)の対称される概念で使われた。
+
 
+
‘中心部(Center)’と言う意味で初めて使われた‘中国’は政治と軍事的な意味の統治境界を設定する意味で徐徐に民族間のアイデンティティを境界を作る意味に拡張されて行った。 漢族と辺方民族の境界を象徴する‘中国’という用語は孔子とその他思想家たちの潤色を経りながら‘文化的優越性を持った中心部’という意味で深くなった。
+
 
+
 
‘中国’という用語が主権国家の概念で使のは 1869年に調印されたネルチンスク條約で当時清朝の外交使臣が自らの身分を称する時 ‘中国’と言う用語を満洲語で初めて使った。 外交文書上で漢文の‘中国’が使われた用例は1842年阿片戦争の敗北で中国清朝がイギリスと結んだ南京条約が最初のことと知られている。
 
‘中国’という用語が主権国家の概念で使のは 1869年に調印されたネルチンスク條約で当時清朝の外交使臣が自らの身分を称する時 ‘中国’と言う用語を満洲語で初めて使った。 外交文書上で漢文の‘中国’が使われた用例は1842年阿片戦争の敗北で中国清朝がイギリスと結んだ南京条約が最初のことと知られている。
 
 
本来は特定の民族、国家を指す語ではないが、中心地域に中原漢民族が居住していたことからこの名称が用いられてきた。[[辛亥革命]]以前は「国家」という概念が無く、『「天下」あって「国家」無し』という状態だったため[[王朝]]の名前が使われたようであるが、辛亥革命後に近代的な[[国民国家]]形成を目指し[[1912年]]に[[中華民国]]が成立してから後は、[[中華人民共和国]]・中華民国のそれぞれの国号の略称にもなった。
 
本来は特定の民族、国家を指す語ではないが、中心地域に中原漢民族が居住していたことからこの名称が用いられてきた。[[辛亥革命]]以前は「国家」という概念が無く、『「天下」あって「国家」無し』という状態だったため[[王朝]]の名前が使われたようであるが、辛亥革命後に近代的な[[国民国家]]形成を目指し[[1912年]]に[[中華民国]]が成立してから後は、[[中華人民共和国]]・中華民国のそれぞれの国号の略称にもなった。
  

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート: