中国人

提供: Yourpedia
2016年4月29日 (金) 19:07時点におけるFromm (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索
中華人民共和国の国民はこの身分証明書を全員持っている

中国人(ちゅうごくじん)とはユーラシア大陸東部に存在する地域としての中国またはそれに根ざした国家民族などにまつわる多数の意味を持つ広範な概念上の呼称であり、様々な場所或るいは立場上により全て異なる概念になることがある。

目次

定義[編集]

  • 地理的概念による中国人:中国において出生、または居住する人間。
  • 人種的概念による中国人:主に中華民族の血統の人間、即ち漢民族及びその他の漢化した少数民族(例えば満州族モンゴル族等)を含む。
  • 宗族的概念による中国人:「華人」或るいは「華裔」(中華民族の血筋を持つ人、その割合がいくらであろうと、何世代か前に中国人が祖先)を指し、中国国籍を持たないものも含む。
  • 国籍或いは法律的概念による中国人:中華民国中華人民共和国は共に中国を自称し、一般にどちらの国籍を持つ人でも法律上は全て中国人と認められ、また自称することができる。チベット族ウイグル族などもこの意味で中国人であるが歴史的経緯から中国人と呼ばれることに抵抗を持つことも少なくない。また中華民国が実効支配する台湾地域の住民には、自分を中国人であると考えない人が増えつつある。
  • 政治的立場による中国人:
    • 一つの中国」、「一中各表」或るいは「二つの中国」の理念によれば、中華人民共和国及び中華民国のいかなる人間も全て中国人である。
    • 一辺一国或、特殊両国論、台湾独立派の理念によれば、中華人民共和国公民だけが中国人で、台湾(「中華民国」を国号とする)の国民は台湾人である。このように、中国人と規定されることを拒否する台湾住民も存在する。

概要[編集]

現在、中国人は主要民族である漢民族と55の少数民族から構成されている。全ての中国国民が国家に対して抱いているアイデンティティーを表現する場合は「中華民族」という言葉が使用される。

中国人移民[編集]

中国人は古来から世界各地への移民を繰り返しており、主要な各都市では中華街が形成されている。現代では北米豪州への移民が顕著であり、現地でのロビー活動によって中華人民共和国および中華民国の国際的な影響力を高めている。

愛国掲げ4歳児連れて富士登山した中国人、食料や装備が不十分で日本人に助けられネットで叩かれる(2012年10月)[編集]

愛国掲げ4歳児連れて富士登山した中国人

スパルタ教育で知られる中国の男性が、4歳の息子を連れて富士山に登った。鍛錬と領土問題を訴える狙いだったが、食料や装備が不十分で登頂を断念。山小屋の日本人に助けられた。中国は教育熱が高く、「愛国」のさなかにもかかわらず、「児童虐待」「恥知らず」と批判を浴びている。

「鷹式教育」と名付けて、子どもを極限状態に追い込む方法で知られる江蘇省南京市の何烈勝さん。著書もあり、「イーグル・パパ」と呼ばれている著名人だ。4歳の息子、多多(トゥオトゥオ)ちゃんは聴講生として小学校に通う。

江蘇省の地元紙・揚子晩報などによると何さんは、多多ちゃんとその姉とともに9月277日に日本に到着。翌日、中国国旗をデザインした服を着て5合目から登り始めた。

だが、夏の登山シーズンが終わっていると知らず、食料はパンやチョコレートなどわずかだった。雨が降り始め、気温は零下に迫る。疲労や高山病で子どもたちは泣き出した。8合目の山小屋で、 日本人に手袋や帽子、服をもらい、「これ以上は危険だ」と諭されて下山したという。

日中友好は有効なの?中国人観光客のあきれた“蛮行”。ホテルからテレビが消えた![編集]

この2年ほどの間、中国人の観光ビザ取得が大幅に緩和され、今では何度も出入国が可能な数次ビザまで発給されている。

「富裕層をガンガン取り込んで~」と鼻息荒く、取らぬたぬきの皮算用に執心してきた旅行業界だが、少しは目が覚めたのだろうか?

日本のお偉い方々が日中関係に触れる際、往々にして使う表現は「政治と経済・文化は別だから」。

でも現実的には「尖閣」「靖国」「南京」などのキーワードで、いざ摩擦や衝突が起きれば、交流事業はドタキャンとなり中国人団体客の渡航キャンセルが相次ぐ。つまり中国共産党にとって、文化も人民とのワンセットで「政治の道具」に過ぎない。そして、日本経済に直接ダメージを与え、フヌケにすることで、ウソの歴史や不当な主張を「正論」に仕上げようとするのが、彼の国の常套手段なのだ。

しかも、そんな“唯我独尊国”で教育を受けた観光客の振る舞いも褒められたもんじゃない。最高にあきれたのは、「部屋からテレビが消えてなくなった」という話。九州の某ホテルで起きた珍事だが、「中国人の宿泊客が、液晶テレビをお持ち帰りした」らしいのだ。

中国人頼みの北海道の観光業界からも、「薄利多売どころか赤字覚悟のツアー」との本音が漏れ伝わる。ホテルのバイキングでは、カニやエビなどの高級食材だけをひたすら大食い。さらに大皿を自分たちの席へ運び込み、数人でたいらげたり、食べ物をポリ袋に詰めて持ち帰る客すらいる。

ちなみに中国人観光客が激増中の台湾のホテルも、「バスルームの壁に取り付けられたシャンプーやボディーシャンプーがもぎ取られた」「部屋の調度品、絵がなくなった」などの蛮行に顔をしかめる。

多発しているのが「バスローブのお持ち帰り」らしい。だからなのだろう。台湾や中国国内では最近、バスローブを部屋に置かないホテル(中国人御用達のみならず高級ホテルまで)も珍しくなくなった。

先日泊まった台北のホテルには浴衣があったが、中国語、英語、日本語の3言語で「持ち帰る場合はフロントへご連絡を。お買い求めいただけます」との説明書きが。マグカップの脇にも、「これは部屋でのみ使うものです。持ち帰る場合、値段は250元です」と記されていた。備品持ち逃げへの「強い警戒心」の表れか。

このように、中国社会の現実は「衣食足りて礼節を知る」とはほど遠い。モラルある国からの観光客を、もっと積極的に誘致すべきでは?

大声で話す、ずる賢い...外国人から見た「中国人留学生5つの欠点」[編集]

移民ブーム留学ブームに伴い、カナダの各校で中国人留学生が増えている。親と共にカナダに渡った子供でもあっても、これら留学生もいずれも、自分がカナダ人に与える印象に注意すべきだ。中国で養った習慣は海外では無用であり、かえって誤解や非難を買う。カナダ人の目に映る中国人留学生の5つの欠点をみてみよう。

1.所構わず大声で話す

授業中でも大きな声で教授の質問に答える。中国人はにぎやかさが好きだ。カナダでも地下鉄、商店や学校の廊下で集まりしゃべったり笑ったりしている中国人留学生が至る所でみられる。そしてそこで使われているのはやはり中国語だ。

2.金使いが荒い

中国人留学生の圧倒的大部分はお金持ちで傲慢だ。金持ちぶり、大金を惜しげもなく使う。

3.体に油のにおいが漂っている

中華料理は世界的に名高いが、外国人は中華料理の作り方に慣れず、特に油のにおいが大嫌いだ。一部の中国人留学生はこの問題に気付かず、借りた部屋で炒め物をしたりして、換気せず、周辺の外国人と揉め事が起きる。

4.他人との距離を保たず、他人の生活習慣を尊重しない

中国人留学生は借家を自宅のように見なし、友達を呼んで遊んだり騒いだりする。好奇心が旺盛で、ルームメイトが外出するとすぐに「どこに行くの」と聞く。買い物から帰ってくれば「いくらで買ったのか」と聞く。

5.いんちきで、ずる賢い。

中国人留学生は宿題や試験を代わりにやってもらったり論文を盗造したりする。

ロシア「チャイナタウンの形成は絶対に許さない!」中国人不法移民を徹底取り締まりへ(2013年8月)[編集]

ロシア語も話せず、チャイナタウンを形成する…中国人不法移民を徹底取り締まりへ―ロシア

ロシア警察が大規模な移民取り締まりを実施し、すでに数百人の中国人不法移民が摘発された。ロシア政府は、「チャイナタウンの形成は絶対に許さない」と話している。5日付で人民網が伝えた。

ロシア経済開発貿易省の国際関係担当部署、国家政策局のジュラフスキ局長は

「中国人移民が形成するチャイナタウンは、地方行政法規に従って徹底的に取り締まる。移民たちはロシアの風習に馴染むべき。まずはロシア語ができなければ、ロシア社会には溶け込めない。だが、一部の中国人はロシア語を使わなくても済む 環境で生活している」と指摘。

その理由として、

「文化的な素養が低すぎる」

とした上で、「犬を殺す、ハトを食べるなど、ロシアの風習に反する行動が社会問題となっている。ロシアにはロシアの国情がある。ロシア人向けの中華レストランを除き、チャイナタウンを徹底的に取り締まる」との意向を示した。

イケア北京が無料休憩所に!「タダ寝族」がベッドやソファを占拠[編集]

スウェーデンの家具大手・IKEA(イケア)の北京店に出現する「タダ寝族」が、問題視されている。

猛暑の北京で、おしゃれなインテリアストアとして名高いイケアが、現地住民や観光客らの「無料休憩所」と化している。ベッドやソファを占拠する「タダ寝」客らに“遠慮”という文字はない。

しっかりと靴を脱いでベッドに横たわり、掛布団をかけて完全に寝る態勢の男性客。子ども部屋コーナーでは小さな女の子が「昼寝の時間だから」と寝かされている。リビングコーナーにはソファの肘掛けに寄りかかり熟睡している女性客が多数。

イケア北京の従業員によると、このように長時間ソファやベッドを占拠する客には「時々注意している」そうだが、「トラブルを避けるため、聞き入れてもらえない場合は見て見ぬふりをするしかありません」という。

せっかくのディスプレイが荒らされるため、わざわざアルバイトを雇い、その都度きれいに直すようにしているが、「忙しい時は追い付かず、そのままになってしまいます」とのこと。こうした「タダ寝族」は特に夏場に増加するという。

ドイツで赤ちゃん用粉ミルク売り切れ続出!その原因は中国に(2013年4月)[編集]

ドイツで赤ちゃん用粉ミルク売り切れ続出!

その原因は中国にドイツのドラッグストアで粉ミルクが売り切れ続出。製造会社では7日間休まず生産を続けているにもかかわらず供給が追いつかない。その理由は中国での需要増加にある。

赤ちゃんミルクコーナーはからっぽ[編集]

ドラッグストアで粉ミルクを買おうと赤ちゃんコーナーへ行くと、棚がからっぽ。もう売り切れかと思いきや、棚には「需要過多による供給問題」とのお知らせの紙が貼ってある。この状況は、今ドイツの都市部でよく見られる。

「こんな状況はいまだかつてありませんでした」とドイツ粉ミルク製造会社大手のMilupaのプレス担当ステファン・ストール氏は語る。2012年末以来、Milupaの売り上げが急増、ある商品の需要は30%も上昇していると言う。

7日間休みなしでフル生産体制を取っても追いつかない状態だ。ウェブサイトには親にむけたおわび文が掲載されている。

ドイツでベビーブーム?答えは“No”[編集]

需要は国内ではなく外から、しかも中国から来ているのだ。

中国の親たちがなぜドイツからのミルクを買うのか。その背景には、2008年に起きた中国産粉ミルクの大スキャンダルがある。有毒物質「メラミン」を含んだ粉ミルクが原因で乳児6人が死亡、30万人が被害を受けた。

中国産ミルクの信頼は現在でも回復をみず、中国の親たち、特に富裕層が海外産のミルクの買い占めに走っているという。ネットで購入、または旅行者や留学生が買い占めて本国へ送るらしい。これはドイツに限らず、ほか欧州諸国、アメリカ、オーストラリアでも同じ現象が起きている。

中国人ツアー客、機内食の食器を全員でお持ち帰り、添乗員もついにブチ切れる[編集]

ベテラン添乗員の湯さんはこれまでにいろいろなタイプのツアー客に遭遇してきたが、そのなかでも一生忘れられそうにないツアー客がいた。

中国人ツアー客30数人全員が機内食に出された食器を荷物に仕舞い込んだのだ。2013年8月27日、世界各国でマナーの悪さが問題になっている中国人観光客だが、彼らに随行する添乗員の苦労は大変なものだ。添乗員にとってツアー客はあくまでも大切なお客様。機嫌を損ねてしまっては、ツアー全体の評価が下がるからだ。銭江晩報が伝えた。

ベテラン添乗員の湯敏軍(タン・ミンジュン)さんは、これまでにいろいろなタイプのツアー客に遭遇してきたが、そのなかでも一生忘れられそうにないツアー客がいたという。タイ・シンガポール・マレーシアを巡るツアーで、シンガポール航空に搭乗した湯さん率いるツアー客30数人全員が、機内食に出されたステンレス製のフォークやナイフを持ち帰るために荷物に仕舞い込んだのだ。

これに気づいた客室乗務員が返却を求めると、ツアー客らは「家族が『機内で出されたナイフとフォークは持ち帰っていい』と言った」と主張した。

「それはプラスチック製の使い捨て食器であり、ステンレス製の食器は持ち帰れない」と客室乗務員が説明すれば、彼らは「知り合いが以前、同じシンガポール航空に乗ったけど、ナイフとフォークは持ち帰り可能だった。私たちが飛行機に乗ったことのない田舎者だと思ってバカにしてるんだろう!」と逆ギレする始末。

困り果てた乗務員は湯さんに「1人や2人が持ち帰るのならまだしも、ツアー客全員が食器を持ち帰ってしまっては、後続の路線の機内食サービスに支障をきたす。こうした行為は絶対に許されない」と訴えた。

湯さんはツアー客1人1人に事情を説明し、返却を求めたが、「みんながやってるから大丈夫」とばかりに誰も応じようとしない。ついに頭に来た湯さんが「中国人の顔に泥を塗るような真似をしないで下さい!」と怒鳴ったところ、ようやく全員が渋々ながらもナイフとフォークを乗務員に返した。

寝ているライオンの周りはゴミだらけ、原因は客の投げ捨て、「生きているかどうか確認しているだけ」[編集]

中国浙江省の杭州動物園で、寝ているライオンの周りに観光客が投げ入れたとみられるペットボトルなどのゴミが大量に転がっている様子が、ネット上で公開され、「公衆道徳の低さ」が嘆かれている。

子どもを連れて動物園に遊びに来たネットユーザーが、ゴミ捨て場のようなライオン舎に衝撃を受け、画像を中国版ツイッターに投稿した。

寝ているライオンの周りには観光客が投げ入れたとみられるペットボトルなどのゴミが散乱している。このユーザーは「公衆道徳が低すぎる。閉じ込められたライオンをいじめて、自分が強くなった気にでもなっているのか」と嘆く。

月曜日の午後3時、寝ているライオンの周りにはペットボトルが7本、牛乳パック類が5つ散乱していた。クマ舎では木陰で休むクマの周りにペットボトルが24本と食べ物の袋が多数。池の周りにもペットボトルが13本転がっていた。

動物園のライオン飼育員によると、投げ捨てられるゴミはペットボトルが最も多く、「1日少なくても10数本、休日には倍になる」とのこと。現場を見たら注意するようにしているが、中には

「動く動物が見たいんだ。死体を見に来たわけでじゃないんだから、何かぶつけてみなければ、生きているかどうかわからないでしょう?」と言い返す客もいる。

子ども連れの若い父親が子どもを喜ばせようと、ライオンに石をぶつけてはしゃいでいる姿を見たこともある。

米華人の恥ずかしい“歩き食い族”、スーパーの商品をばくばく食べて無銭飲食[編集]

米華字紙・世界日報は記事「米華人の“歩き食い族”、スーパーの中で食べて金を払わず、気恥ずかしく思う同胞」を掲載した。

一部の中国系米国人に信じられないような悪習があるという。それが“歩き食い族”。といっても物を食べながら道を歩くといった生やさしいものではない。スーパーの中で売っている果物を食べてしまい、お金を払わずに出てくるという犯罪行為だ。

売り場のスモモを袋から取り出し食べている“歩き食い族”を見た蘇さんはびっくり。携帯カメラでその犯行現場を撮影した。売り場で黙々と食べ続ける人もいれば、買い物籠かごに商品を放り込んで、売り場を歩き回りながら食べ続ける人もいる。

中国漁船、東シナ海食い尽くす。横取り乱獲「泣き寝入りしかない」[編集]

五島列島・奈良尾港(長崎県新上五島町)から出港した遠洋巻き網漁船「第28野村丸」(135トン)の魚影探知機が大きな魚群を捉えた。

「よし、このあたりだ。集魚灯をつけろ!」

昨秋、漁労長の吉本洋一郎(66)がこう命ずると、5隻の船団は巻き網漁の陣形を整え、集魚灯が漆黒の海面を照らした。

「これは大漁だ…」

吉本がそう思った直後、レーダーに別の船団が近づいてくるのが映った。

「虎網の連中だ!」

まもなく400トン以上もある大型漁船が野村丸の数メートル先にまで接近してきた。ぶつかればこちらの損害も大きい。吉本はせっかく見つけた漁場をあきらめざるを得なかった。中国漁船は魚群を自力で探そうとはしない。漁場をよく知る日本漁船が集魚灯をつけたのを見計らって横取りするのが、常套手段なのだ。

しかも「虎網漁」と呼ばれる新手の漁法を編み出した。400~500トンの大型漁船が強力な集魚灯で魚群を集め、長さ1キロ以上の袋状の大型網に魚群を追い込んでホースで根こそぎ吸い上げる。一回の漁に要する時間はわずか1時間余り。乱暴なやり方なので魚は傷むが、巻き網漁の数分の1の人手で数倍の漁獲量を見込める。網を広げた時に袋状の部分がトラの顔のように見えることからその名が付いたという。

野村丸が被害を受けたのは1度や2度ではない。吉本は憤りを隠さない。

「とにかくむちゃくちゃさ。他の船が漁を始めたら接近しないという漁師の常識がまったく通用しないわけよ。『どうせ日本の漁船は逃げるだろう』と図に乗ってるんじゃろ。ケンカしたら国際問題になるし、船が損傷したら大変なんで悔しいけど泣き寝入りしかないわけよ…」

東シナ海でのサバ・アジの良好な漁場は、日中両国の排他的経済水域(EEZ)が重なり合う「日中中間水域」にある。日中漁業協定により、両国の漁船が自由に出入りできることになっており、どんな乱暴な操業をしようと日本側が一方的に摘発できない。

ここで中国漁船が虎網漁を始めたのは4、5年前から。年々その数は増え、昨年1年間だけで、水産庁は約280隻の虎網漁船を確認した。その多くが福建省浙江省を拠点にしているとみられる。

これに対して、この海域を漁場とする日本の漁船はわずか10船団50隻余り。しかも日本は過去の乱獲への反省から、巻き網漁船の集魚灯の強さや網目の大きさ、漁獲可能量などを厳しく規制している。

中国にはそんな規制はない。というより、中国当局は虎網漁船の操業実態をきちんと把握していないとみられている。虎網の網目は小さく稚魚や小魚まで吸い取るため、東シナ海の水産資源はすさまじい勢いで枯渇しつつある。

虎網漁船がさほどいなかった平成21年の長崎県のサバの漁獲量は9万1千トンだったが、24年は6万8千トンに激減した。アジの漁獲量も21年の5万2千トンから24年は4万6千トンに減った。

15歳から船に乗り、東シナ海の漁場を知り尽くしている吉本は、魚群がかつてないほど少なくなったと感じている。

「虎網のせいとしか考えられん。連中には子や孫の代まで資源を守るという考えはないので稚魚も関係なく捕っていく。今もうかればいいんじゃろ。彼らが集まる海にはもう行かんよ…」

観光客に有料見学を強要。苦情には「消えうせろ」と暴言。日本人にも人気の観光地[編集]

日本人にも人気の観光地、中国雲南省迪慶チベット族自治州の香格里拉で、旅行会社が団体客に有料で民家の見学を強要し、断ると途中で観光バスを下車させていた。

苦情を訴える観光客に対し地元当局の担当者は「消えうせろ」と暴言を吐いていた。国営の中国中央テレビなどが2013年10月7日までに報じた。

同テレビの記者が香格里拉観光を手掛ける旅行会社のツアーに潜伏。バスで香格里拉郊外に向かう途中、同社のガイドが「チベット族の民家訪問」の名目で280~380元(約4400~6000円)を要求。

ツアー申し込み時には買い物などの強制はしないとしていたが、ガイドはイベントの参加を断った客に「首にナイフを突き付けることもできる」と脅した。支払いを拒絶した客は人里離れた野原に強制的に下車させられた。記者が、ガイドの要請を断った観光客と共に同自治州の観光当局を訪れ、録音機を突き付けて苦情を訴えると、担当者は「おまえみたいなやつは消えうせろ」と罵倒した。

早大、中国籍博士の学位取り消し…論文盗用など(2013年10月)[編集]

早稲田大学は21日、博士論文で盗用があったとして、早大大学院公共経営研究科が中国籍の晏英氏に授与していた博士学位を取り消すと発表した。早大によると、博士学位の取り消しは初めて。早大では晏氏の職業や年齢を明らかにしていない。

早大によると、晏氏は2010年9月、「近代立憲主義の原理から見た現行中国憲法」と題した論文で博士学位を授与されていたが、2011年8月、この論文に盗用があるとの匿名の通報が早大に寄せられた。内部調査の結果、論文の少なくとも64か所で他人の文献やインターネットからの無断引用が見つかり、うち12か所について晏氏は盗用を認めたという。論文は2010年10月に出版されていた。早大では「内容の訂正も含め、晏氏には真摯な対応を求めたい」とした。

カナダがだめなら米国があるさ!中国の投資移民希望者、今度はシアトルへ殺到(2014年)[編集]

2月16日、カナダ政府が投資移民プログラムの中止を発表したことに伴い、カナダに隣接する米シアトルが移民を希望する中国人投資家の人気の的になっている。

あるブローカーは中国人経営者の住居用不動産として一括で5件の売買を成立させ、別のブローカーは中国人富裕層2人のためにそれぞれ数百万ドルの豪邸購入の話をまとめており、中国系不動産ブローカーは目の回るような忙しさに追われている。特に人気が高いのはワシントン大学周辺エリアとビル・ゲイツ氏の豪邸もあるメディナだという。

現地の不動産業者は「150万ドルの家を2日間開放したところ、70人以上の見学者のうち、約9割がアジア系の購入希望者だったため、それ以降は売却物件があれば中国系仲介業者に真っ先に連絡を入れるようになった」と話す。

シアトルは米西海岸有数の大都市で、東海岸に比べて中国に近く、中国各都市を結ぶ直行便が多く就航している。カリフォルニア州と比べて不動産価格がまだ安く、今後の発展も見込める。オハイオ州と比べると発展しており、中国系移民も多く、より多くのビジネスチャンスが見込める。これらがシアトルの人気を高めている。

1年前に中国から投資移民としてシアトルへ移ってきた李さんは「シアトルは気候が良いだけでない。発展している都市なのに混雑や喧騒がなく、落ち着きと快適さがある。先進的なテクノロジーや流行も後れを取っていない」と語る。李さんの勧めで友人数人も投資移民先としてシアトルを選択したという。

交通事故で大量の上海ガニが路上に。住民たちが奪い合い、わずか5分でキレイな道路に[編集]

香港メディア・東網は2014年10月15日、湖南省長沙市で発生した交通事故によりトラックから飛び出した上海ガニを、住民らがすべて持ち去ってしまうアクシデントが発生したと報じた。

現地時間15日午前9時半ごろ、同市人民中路の交差点でトラックとオフロード車が接触、トラックに積まれていた大量の上海ガニが路上に落ちた。すると通行人や付近の住民が続々と駆けつけ、道路いっぱいにいた上海ガニをわずか5分ですべて「略奪」した。

なかにはバケツや袋を持参してやってきた住民もいたほか、車の下に潜り込んで逃げたカニを捕まえる者もいたとのことで、ドライバーは苦笑いするほかなかったという。

なお、トラックからは口を縛られたワニも路上から投げ出されたが、さすがに誰も捕まえようとしなかったようだ。運転手が先にワニをトラックに戻したことで、安心した住民らがカニの奪い合いに走ったものとみられる。

中国人ツアー「食べ放題」時間過ぎても注文続け店とトラブル110番、警官に暴行(2016年2月)[編集]

福岡県警粕屋署は2016年2月28日、飲食店で起きたトラブルで駆け付けた警察官に暴行したとして、公務執行妨害で、自称アルバイトの王 忠海(48)=福岡市博多区=を現行犯逮捕した。

署によると、王は添乗員として中国人のツアー客約30人を福岡県志免町の飲食店に案内し、食べ放題・飲み放題のコースを注文。制限時間が過ぎても注文を続けて、これに応じない店員ともめ、店が110番した。

王は、28日午後8時10分ごろ、店の駐車場で署員2人の顔を殴ったり、腕にかみついたりした。「やっていない」と否認している。

関連項目[編集]