「ブラック企業」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
440行目: 440行目:
  
 
井上弁護士は「おかしいと思えば、1人で思い詰めずに、親や友人、先生や労働問題に詳しい団体や労働基準監督署に相談し、アドバイスを受けてほしい」と訴える。
 
井上弁護士は「おかしいと思えば、1人で思い詰めずに、親や友人、先生や労働問題に詳しい団体や労働基準監督署に相談し、アドバイスを受けてほしい」と訴える。
 
このような状況に甘んじてしまう背景には
 
 
* 正社員または契約社員が行うべき業務を、アルバイトで代用している(長期不況に伴う高校卒業者向け求人の激減と大学全入時代の到来に伴って大学進学率が上昇し高卒で就職する者が減少したため、以前は高卒の正社員が行っていた業務を大学生のアルバイトで代用するというケースが増加したのが原因)
 
* 社会経験のほとんどない労働者の知識不足につけ入る(特に法律面の無知など)
 
* 労働者の資金難(仕送り減、就活費用など)
 
* バイト・フリーター間の競争激化による再雇用が難しい現実
 
 
などがあるという。またアルバイトに対する年長者の意識に「嫌なら辞めればいい」「バイトは気楽」といった[[ジェネレーションギャップ]]があるため、学生たちの苦境が伝わりにくいとも指摘されている。
 
  
 
一方、支援団体などには例年、連休明けに、新入社員の若者から相談が寄せられ始める。入社したばかりで張り詰めていた緊張の糸が、5月ごろになるとゆるみ、「うちの会社はおかしいんじゃないか」と冷静に考えるようになるという。
 
一方、支援団体などには例年、連休明けに、新入社員の若者から相談が寄せられ始める。入社したばかりで張り詰めていた緊張の糸が、5月ごろになるとゆるみ、「うちの会社はおかしいんじゃないか」と冷静に考えるようになるという。

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)