「フジテレビジョン」を編集中

移動: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
1行目: 1行目:
[[Image:スイス政府の民間防衛.jpg|400px|thumb|スイス政府「民間防衛」]]
+
{| align=right cellspacing="0" style="text-align:left; border:1px solid #d3d3d3; background:#f5f5f5;"
 +
! colspan="2" style="width:100%; font-size:120%;"|フジテレビジョン
 +
|-
 +
!社名
 +
|株式会社フジテレビジョン
 +
|-
 +
!英文社名
 +
|Fuji Television Network, Inc.
 +
|-
 +
!種類
 +
|[[株式会社]]
 +
|-
 +
!略称
 +
|フジテレビ
 +
|-
 +
!郵便番号
 +
|137-8088
 +
|-
 +
!本社所在地
 +
|[[東京都]][[港区 (東京都)|港区]][[お台場|台場]]二丁目4番8号
 +
|-
 +
!設立
 +
|2008年10月1日<br />(新設分割のため)
 +
|-
 +
!業種
 +
|情報・通信業
 +
|-
 +
!事業内容
 +
|放送法に基づくテレビジョン放送
 +
|-
 +
!代表者
 +
|[[代表取締役]][[会長]] [[日枝久]]<br />代表取締役[[社長]] [[豊田皓]]
 +
|-
 +
!資本金
 +
|88億円<br />(2008年10月1日現在)
 +
|-
 +
!売上高
 +
|単体: 3778億7500万円<br />連結: 5826億6000万円<br />(2007年3月期)
 +
|-
 +
!従業員数
 +
|1426人(2008年10月1日現在)
 +
|-
 +
!決算期
 +
|毎年3月31日
 +
|-
 +
!主要株主
 +
|株式会社[[フジ・メディア・ホールディングス]] 100%
 +
|-
 +
!外部リンク
 +
|[http://www.fujitv.co.jp/ www.fujitv.co.jp]
 +
|-
 +
!特記事項
 +
|旧法人(株式会社富士テレビジョン)の設立は、1957年11月18日。<br />[[FCGビル]]設計・[[丹下都市建築設計|丹下健三・都市・建築研究所]]
 +
|}
 +
 
 
'''株式会社フジテレビジョン''' ({{lang-en|'''Fuji Television Network, Inc.'''}}) は、[[関東広域圏]]を[[放送#放送対象地域|放送対象地域]]とする[[放送局]]。
 
'''株式会社フジテレビジョン''' ({{lang-en|'''Fuji Television Network, Inc.'''}}) は、[[関東広域圏]]を[[放送#放送対象地域|放送対象地域]]とする[[放送局]]。
  
 
略称は[[識別信号|コールサイン]] (''JOCX-TV'') から'''CX'''。通称は'''フジテレビ'''、'''フジ'''。
 
略称は[[識別信号|コールサイン]] (''JOCX-TV'') から'''CX'''。通称は'''フジテレビ'''、'''フジ'''。
  
近年は視聴率の低迷が叫ばれており、2016年の平均視聴率は民放最下位である。また、近年は偏向報道をはじめとした数々の不祥事が問題視されている。
+
[[2008年]]9月までは、76社、5法人、3美術館、10,000名強の従業員からなる日本最大のメディア・[[コングロマリット]]である[[フジサンケイグループ]]の中核企業であり、資本関係上もグループの統括会社となっていたが、2008年10月1日に株式会社フジテレビジョン(旧会社)は、[[フジ・メディア・ホールディングス|株式会社フジ・メディア・ホールディングス]]に商号変更、テレビジョン放送関連事業を同日設立した「株式会社フジテレビジョン(新会社)」に事業譲渡および放送免許を承継し、純粋持株会社また、[[放送持株会社|認定放送持株会社]]となった。本項目では[[2008年]][[9月30日]]までの旧会社、および2008年[[10月1日]]以降の現行会社について述べる。偏向教科書であるつくる会教科書を発行した、扶桑社の株主である。
  
 
==会社概要==
 
==会社概要==
174行目: 228行目:
 
* 2011年、年間視聴率三冠王を2003年以来8年ぶりに[[日本テレビ]]に奪われる。2011年の年度視聴率においても、三冠王を日本テレビに奪われた。←'''ざまあみろ'''
 
* 2011年、年間視聴率三冠王を2003年以来8年ぶりに[[日本テレビ]]に奪われる。2011年の年度視聴率においても、三冠王を日本テレビに奪われた。←'''ざまあみろ'''
 
* 2012年、年間視聴率ではゴールデン、プライム、全日の全ての時間帯で3位に後退。2013年1月第4週(同月28日 - 2月3日)における全日帯の平均視聴率ではTBSに抜かれ4位に後退している。←'''あたりめぇだ、ドラマもろくに作れねぇんだから'''
 
* 2012年、年間視聴率ではゴールデン、プライム、全日の全ての時間帯で3位に後退。2013年1月第4週(同月28日 - 2月3日)における全日帯の平均視聴率ではTBSに抜かれ4位に後退している。←'''あたりめぇだ、ドラマもろくに作れねぇんだから'''
* 2014年[[7月14日]]からスタートした[[フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ|月9ドラマ]]『[[HERO (テレビドラマ)#第2期|HERO 第2シリーズ]]』が、[[文部科学省]]との[[タイアップ]]で[[道徳教育]]番組として位置づけられた<ref>[http://www.mext.go.jp/doutoku-hero/what.htm なぜ 道徳教育 x HERO ?] - 文部科学省ホームページ。</ref>。
 
*2014年度を以て放送収入([[地上波]]放送における[[タイムCM]]と[[スポットCM]]の年度売上高の合計)でもついに日本テレビに追い抜かれてしまい、30年に渡り守ってきた放送収入民放トップの座から陥落した<ref>放送収入がフジの2013年度:233,316百万円→2014年度:231,121百万円に対し、日テレは2013年度:228,014百万円→2014年度:238,511百万円となり逆転した。</ref>。
 
*2015年に入ると17年間放送された夕方のニュース番組『[[FNNスーパーニュース]]』と21年間放送された深夜のニュース番組『[[ニュースJAPAN]]』の打ち切りが相次いで発表される。春の改編でスタートした、及び時間帯を移しリニューアルした番組が、連続ドラマ枠を除いた全ての番組が視聴率一桁を記録する。
 
  
 
===歴代社長===
 
===歴代社長===
215行目: 266行目:
 
** その概要は、現在の株式会社フジテレビジョンを純粋持株会社『株式会社フジ・メディア・ホールディングス (FUJI MEDIA HOLDINGS,INC.)』に商号変更、地上波テレビ放送事業は放送免許も含め、分社型新設分割方式によって新設する『株式会社フジテレビジョン(新設会社)』への移管・免許承継する予定。
 
** その概要は、現在の株式会社フジテレビジョンを純粋持株会社『株式会社フジ・メディア・ホールディングス (FUJI MEDIA HOLDINGS,INC.)』に商号変更、地上波テレビ放送事業は放送免許も含め、分社型新設分割方式によって新設する『株式会社フジテレビジョン(新設会社)』への移管・免許承継する予定。
 
* 2008年[[6月27日]]、定時株主総会にて放送持株会社制への移行が承認された。今後、主務大臣の認可・法的な処理を実施の上、2008年[[10月1日]]から新体制に移行した。
 
* 2008年[[6月27日]]、定時株主総会にて放送持株会社制への移行が承認された。今後、主務大臣の認可・法的な処理を実施の上、2008年[[10月1日]]から新体制に移行した。
2016年4月。平日はみんな報道まですべて生放送になった
 
  
 
==フジテレビお台場移転の経緯==
 
==フジテレビお台場移転の経緯==
240行目: 290行目:
  
 
==フジテレビの評価==
 
==フジテレビの評価==
* バラエティ番組やドラマは大変好評と称される局であるが、一方で報道番組や教養番組はバラエティ色を濃くしたものも多い事などから「[[報道2001]]」「[[ニュースJAPAN]]」以外の番組の評価は低い。しかし、[[1985年]][[8月12日]]の[[日本航空123便墜落事故]]では現場が特定困難であった山中から、翌日にTV上に最も早く事故現場の映像を流し速報を伝えたり、2003年12月14日の[[サッダーム・フセイン]]拘束のニュース速報を他局に先駆けて伝えた上に民放で唯一報道特番を組むなど、報道でも実績を残しているがさほど実績はない。後述するように最近は良く妖怪ウォッチの特集やっている。
+
* バラエティ番組やドラマは大変好評な局であるが、一方で報道番組や教養番組はバラエティ色を濃くしたものも多い事などから「[[報道2001]]」「[[ニュースJAPAN]]」以外の番組の評価は低い。しかし、[[1985年]][[8月12日]]の[[日本航空123便墜落事故]]では現場が特定困難であった山中から、翌日にTV上に最も早く事故現場の映像を流し速報を伝えたり、2003年12月14日の[[サッダーム・フセイン]]拘束のニュース速報を他局に先駆けて伝えた上に民放で唯一報道特番を組むなど、報道でも実績を残している。最近は良く妖怪ウォッチの特集やっている
 
* 社員に有名人や[[クライアント|大手クライアント]]の子息や孫が多い。アナウンサーでは[[タレント]]・[[永六輔]]の娘[[永麻理]]アナ([[1993年]]退社)や[[俳優]]・[[竜崎勝]]の娘[[高島彩]]アナ、俳優・[[高橋英樹]]の娘[[高橋真麻]]アナ、元[[プロ野球]]選手・[[田淵幸一]]の息子[[田淵裕章]]アナなどがいる。アナウンサー以外にも元議長・[[鹿内信隆]]の孫の[[鹿内植]]や、[[中曽根康弘]]・[[村上勇]]の子息、[[大島渚]]の息子の[[大島新]]([[1999年]]退社)、[[宇津井健]]の息子の[[宇津井隆]]、[[遠藤周作]]の息子の[[遠藤龍之介]](同社取締役)、[[かまやつひろし]]の息子の[[TAROかまやつ]]も入社をしており、大手クライアントでは[[東宝]]や[[松竹]]、[[王子製紙]]の役員の子息や孫も入社している。これらに対しては、コネも実力の内という考えや、業務上の人脈確保などの観点から擁護する考えもあるが、放送業の公共性の高さゆえに批判もある。
 
* 社員に有名人や[[クライアント|大手クライアント]]の子息や孫が多い。アナウンサーでは[[タレント]]・[[永六輔]]の娘[[永麻理]]アナ([[1993年]]退社)や[[俳優]]・[[竜崎勝]]の娘[[高島彩]]アナ、俳優・[[高橋英樹]]の娘[[高橋真麻]]アナ、元[[プロ野球]]選手・[[田淵幸一]]の息子[[田淵裕章]]アナなどがいる。アナウンサー以外にも元議長・[[鹿内信隆]]の孫の[[鹿内植]]や、[[中曽根康弘]]・[[村上勇]]の子息、[[大島渚]]の息子の[[大島新]]([[1999年]]退社)、[[宇津井健]]の息子の[[宇津井隆]]、[[遠藤周作]]の息子の[[遠藤龍之介]](同社取締役)、[[かまやつひろし]]の息子の[[TAROかまやつ]]も入社をしており、大手クライアントでは[[東宝]]や[[松竹]]、[[王子製紙]]の役員の子息や孫も入社している。これらに対しては、コネも実力の内という考えや、業務上の人脈確保などの観点から擁護する考えもあるが、放送業の公共性の高さゆえに批判もある。
* インターネットを利用した一般新卒社員募集活動に熱心なテレビ局である。一般の四大卒応募希望者はエントリーから書類選考に相当する段階まで、メールアドレスを含むインターネット接続環境手段を持たないと応募はほぼ不可能である。また、サイト内採用情報(「こちらフジテレビ」)では、在籍社員のコメントも多種多様で充実していると称される。掲載内容ではアナウンサー職や制作職社員のコメントには秀逸なものも見受けられる一方、憧れのフジテレビに入社できたと歓喜のあまり極端に主観的なコメントを述べた社員を掲載してしまうこともある。過去には「面接で放送禁止用語(性器を表現する言葉)を叫んだところ受かってしまった」と豪語した国立大卒女性技術社員のコメントが掲載されていた(2003年度採用情報より)。
+
* インターネットを利用した一般新卒社員募集活動に熱心なテレビ局である。一般の四大卒応募希望者はエントリーから書類選考に相当する段階まで、メールアドレスを含むインターネット接続環境手段を持たないと応募はほぼ不可能である。また、サイト内採用情報(「こちらフジテレビ」)では、在籍社員のコメントも多種多様で充実している。掲載内容ではアナウンサー職や制作職社員のコメントには秀逸なものも見受けられる一方、憧れのフジテレビに入社できたと歓喜のあまり極端に主観的なコメントを述べた社員を掲載してしまうこともある。過去には「面接で放送禁止用語(性器を表現する言葉)を叫んだところ受かってしまった」と豪語した国立大卒女性技術社員のコメントが掲載されていた(2003年度採用情報より)。
 
* バラエティ番組では、女子アナをタレントのように扱うことが多く、クイズ番組等に回答者として自社アナを出演させる機会も多々ある(他の民放でも似た傾向はあるが、フジテレビはそれが顕著)。アナウンサーにタレント性を求めている影響から、入社以前に芸能活動経験をもつアナウンサーも多数在籍している。
 
* バラエティ番組では、女子アナをタレントのように扱うことが多く、クイズ番組等に回答者として自社アナを出演させる機会も多々ある(他の民放でも似た傾向はあるが、フジテレビはそれが顕著)。アナウンサーにタレント性を求めている影響から、入社以前に芸能活動経験をもつアナウンサーも多数在籍している。
 
* それらのことから軽薄なイメージが強い社風であるが、一方で質の高いドキュメント番組も多く、放送関係の各賞の受賞回数は上位に位置する(代表的なのは[[NONFIX]]、[[ザ・ノンフィクション]]など)。
 
* それらのことから軽薄なイメージが強い社風であるが、一方で質の高いドキュメント番組も多く、放送関係の各賞の受賞回数は上位に位置する(代表的なのは[[NONFIX]]、[[ザ・ノンフィクション]]など)。
248行目: 298行目:
 
* 在京キー局中、労働組合の活動状況や対経営側への影響力は最も弱いとも言われている。(民放労連会報・会員コメントより)
 
* 在京キー局中、労働組合の活動状況や対経営側への影響力は最も弱いとも言われている。(民放労連会報・会員コメントより)
 
* 2006年頃より、ネット上の各種コンテンツ掲載内容に関して敏感になってきている。
 
* 2006年頃より、ネット上の各種コンテンツ掲載内容に関して敏感になってきている。
=== 実態 ===
+
* TBSと同様、捏造報道が多い。
* 他局同様放送の結果生じた損害について一切責任を負わず、放送内容の合法性、正確性、安全性等、あらゆる点において無保証であり、偏向報道や虚偽報道を対処せずに放置した上更に運営者自らがそれをやるなど、法に根本から違反することを日常的に行っていて、実態はソマリアのような無法地帯である糞テレビ局であり、犯罪組織である。現在、一般的にはNHKや朝日新聞を遥かに越える糞で犯罪者養成所で何の役にも立たない極悪超低欲犯罪者集団による危険極まりない悪徳テレビ局として有名である。
+
* 2013年現在、TBSやNHK以下のどうしようもないテレビ局に成り下がった。
* フジテレビの真の目的は全ての放送ネットワークを恐怖支配し、マスメディアを完全に無法地帯化させることである。フジテレビ側は理想の視聴者像について、他局にはない質の高い番組及び世界で一番楽しめる番組を制作するのを理想としている。と述べているが、実際は現状のキチガイ社員を大歓迎していて理想だと思っており、むしろ当局が理想と述べている社員達が、ワンマン社長や数々の極悪社員共により粛清(解雇)されるということから、これは完全なる事実である。 そのため、ネット界隈を中心とした一部の人々からは'''ウジテレビ'''等とも呼ばれ、フジテレビやスポンサー企業に対し大規模な反フジデモが数度に渡って行われ、株主総会でも疑問視する質問が出ている。
+
* それを象徴するかのように、最近(2011年度以降)は[[伊藤利尋]]<ref>[http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012051501002059.html フジ伊藤利尋アナが接触事故]共同通信 2012年5月15日</ref>や千野志麻らの交通事故やドラマプロデューサーの酒気帯び運転<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNZO41769030U2A520C1CC1000/ フジテレビ社員を逮捕 酒気帯び運転などの疑い、警視庁 ]日本経済新聞 2012年5月24日</ref>、社員のタクシー運転手への暴行<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2201D_S2A520C1CC0000/ フジテレビ社員を逮捕 タクシー運転手に暴行容疑 ]日本経済新聞 2012年5月22日</ref>、フジテレビ『スーパーニュース』の信号無視<ref>[http://getnews.jp/archives/137077 「いっちゃおいっちゃお」と音声確認]ガジェット通信 2011年8月23日</ref>など、交通関係のトラブルが多発している。
* 開局時から現在にかけて、偏向報道や虚偽報道、捏造報道が常に報じられており、 主要な社員はカルト信者や在日韓国人、犯罪者であり、また何らかのオタク、変質者でもあり、フジテレビ自体も、自己満足の為に社員がやりたい放題行う何かである。
+
 
* その中でも特に一部の社員は、フジテレビの真の目的やらせや捏造を懲りなく繰り返したり、存在が不必要な番組の制作、視聴者いじめに専念する者も居る。その他にも、自分の私欲を満たす為に、視聴者を馬鹿にした番組を制作したり、自分に都合の良いように、低俗番組を乱立させたりしている。その様な無法地帯に暮らし続け、もはや人とは言えなくなり、完全にケモノと化した何かも存在する。人はそれをフジッ子と呼ぶ。また、もう何かとも言えなくなった、特異的な異常性を持つ産業廃棄物と化した人が集まるサークルをフジテレビクラブと呼ぶ。 そして、放送される番組も、混純が嘘と真実と問題行為を内包しているのと同様に、一応の客観的合理性を含むため、一部では放送された内容が、全面的に信頼に値する内容であると誤解されるが、スタージョンの法則によれば、その99%までもがカスとクソとバカの塊である。 また、ITMediaの調査によると、フジテレビ社員の99%は、老害、平和ボケ、アニオタ、キモオタ、キチガイ、パヨク、DQN、犯罪者、精神障害者、声豚、性欲に満ちた野獣、バカ、空気解読性障害者、発達障害者、誹謗中傷制御障害者、ADHD、ダウン症候群、韓国人、チンパンジー、給料泥棒、ヤクザであるという、社員層も他局では見られない特異的な異常性。このことから、もはや、放送番組の信憑性など皆無に等しいだろう。
+
* フジテレビ側は、フジテレビの質は世界一であり、放送される番組の内容は嘘一つ無い完全なる事実であると主張しているが、これは大きな誤りであり、事実とは全く異なる自分の都合を良くする為の大嘘や批判目的の嘘が報じられたニュース(フェイクニュース)が多数存在する。特に悪天候関連のニュースはその代表格である、実際の悪天候は海水温の上昇やエルニーニョ・ラニーニャ(ENSO)等による気候変動等が要因で起こり、地球環境問題の世紀といわれる21世紀では当然の現象である。しかし、フジテレビによると悪天候は魔物であり、イスラム過激派による襲撃事件よりも遥かに恐ろしいものであり、まるで戦争だといった批判や自分の都合の良いようにする為の毎日新聞やNHKよりも酷い大嘘が報じられている。この事から、フジテレビは自分の偏った思想や価値観を押し付け、それが事実と異なれば平気で悪意あるウソを吐く何かであり、もはや報じられている話題等いわゆる便所の落書き、或いはチラシの裏程度のものなのであろう。
+
* また、保守派が多く住み着いている為、多数右翼的なニュースが報じられている他、共同通信等出身等の革新派も複数いる。同局の討論番組内に於いては現状、保守派と革新派が相互に悪口・誹謗中傷を繰り返している。その為、特に政治・外交関連の討論では保守派と革新派による野次・誹謗中傷・罵声などが酷く、これらの政治討論は毎日新聞など他のマスコミからウヨサヨ罵声大会と言われ、揶揄されている。このように偏向した政治思想によるニュースが多々報じられているが為にウヨサヨによる無駄な野次や罵声が行われているにも関わらず、局が一向にこのようなゲストを出禁にしない為、日夜偏向的なニュースが報じられては罵声大会が起こり、同社の信用を落とすに至っている。これは自称中道派である同社による陰謀と奴の脳から発せられる怪電波の影響と言われるが正体は定かでは無い。
+
* また、フジテレビのアナウンサーやディレクター等の約半分は、自己中、引きこもり等の社会的に障害が出る何らかの妖怪に取り憑かれており(低予算番組で済ませようとする内向的な考えの持ち主が多い)、非常に危険である。(テレビで当チャンネルを)見れば貴方も取り憑かれる。そもそもフジテレビがこのような条件・状態になったのは前述のように偏向報道や虚偽報道を繰り返した結果であり、自分達が悪い癖して、フジテレビは全て妖怪のせいにしている。そもそもこれを提唱した同社社員が精神障害者である可能性もあるが、気にしてはいけない。というより、自分達の責任を妖怪に転轍させるような同社社員のこの考え自体が子供っぽい、同社社員の大半は恐らく非常に幼稚であるのだろう。同時にこの事実は、フジテレビ社員が妖怪ウォッチの信者である事を露骨に表している(前述のように妖怪ウォッチの特集を最近はしばしば行っている)。これらの事実からフジテレビには、反日主義者が住み着いており、日本を著しく嫌っている可能性も極めて高いとの考察をする事が可能である。最早、彼らが右派か左派かさえも不明である。
+
* つまり、フジテレビ社員はもう完全に人とは言えなくなった獣物や怪物、ケモノであり、フジテレビはその恐ろしい集合体である事が反映されている。
+
* また、放送法に抵触しないならという自己中心的で閉鎖的な独自ルールで固めている為、経営陣及び、上層部、運営側に取って思想や意に反していたり、都合の悪いニュースは報じない他、別の都合の良いニュースに差し替える。また、都合の悪い視聴者の公式BBSを書き換えたり、その当事者を罵ったりする。
+
* 経営陣は、自分達や運営者に都合の良いニュースは、情報の信憑性や自由性等を求め、やらせ・捏造をほったらかす癖に、自分達や運営者に都合の悪いニュースには聞きたくない事等を理由に一切触れない場合が多い。全く自己中心的な奴らだ。果てにネットでは[[ブラック企業]]呼ばわりされる有様である。
+
* これらのことからフジテレビの主要な文化は主に捏造である。他局ではこんなもの全くもって文化とは言えないが、フジテレビでは立派な文化である。 同局は、「私達は一切捏造をしていません」と身勝手に主張しているが、同局のニュース番組にて前述のように気候変動を馬鹿にした他、同局自ら捏造は文化であると発言しており、話が矛盾している。 なお、同局はテレビを低俗にした全ての元凶である。非常に悪い奴だ。
+
* 最早、TBSやNHK以下のどうしようもないテレビ局に成り下がった。
+
* この現状を象徴するかのように、最近(2011年度以降)は[[伊藤利尋]]<ref>[http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012051501002059.html フジ伊藤利尋アナが接触事故]共同通信 2012年5月15日</ref>や千野志麻らの交通事故やドラマプロデューサーの酒気帯び運転<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNZO41769030U2A520C1CC1000/ フジテレビ社員を逮捕 酒気帯び運転などの疑い、警視庁 ]日本経済新聞 2012年5月24日</ref>、社員のタクシー運転手への暴行<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2201D_S2A520C1CC0000/ フジテレビ社員を逮捕 タクシー運転手に暴行容疑 ]日本経済新聞 2012年5月22日</ref>、フジテレビ『スーパーニュース』の信号無視<ref>[http://getnews.jp/archives/137077 「いっちゃおいっちゃお」と音声確認]ガジェット通信 2011年8月23日</ref>など、交通関係のトラブルが多発している。
+
* TBSやNHK、日本テレビ等の他局の高視聴率番組はビデオリサーチの視聴率ランキングにすぐ出るにも関わらず、フジテレビは非常に出辛い(ランキングに一つも入っていない場合もある)。経営陣は「数字を調査する会社が一方的に差別している。」と主張しているが、そもそもフジテレビ自体が悪徳商法行為ややらせ・捏造等の犯罪行為等の宝庫となっている為、ビデオリサーチも近づけたくない筈であり、視聴率ランキングに同局の番組が出ないのは当然なのである。
+
* このような行為が日常的に行われた結果、フジテレビは最早アングラ・スラム街・世紀末といった世相を成すようになり、2016年には月9ドラマ「[[いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう]]」にて物語で描かれた介護現場に関して日本介護福祉士会から因縁をつけられてしまい一触即発の危機に陥るが、極悪経営陣は一向に反省の態度を見せておらず、未だ膨大な数のやらせや捏造が放置されている。
+
* これらの事から包括してフジテレビは、自分達の都合のいいように身勝手に事実を折り曲げ、視聴者に対して、やらせや捏造は犯罪ではない、偏った価値観を持てという考え方や、カルト宗教への勧誘・洗脳を行ったりして、世の中を偏向と邪悪と独裁による反社会的な恐怖支配を行う為の会社であると結論付けられる。
+
==== 視聴率挽回を目指しての会長・社長交代 ====
+
前述のように視聴率低迷が囁かれる中、[[2017年]][[5月9日]]に社長の[[亀山千広]]と会長の[[日枝久]]の退任を発表し、[[6月28日]]に新社長に[[岡山放送]]社長・[[BSフジ]]社長を歴任した[[宮内正喜]]、新会長に[[フジ・メディア・ホールディングス]]社長の[[嘉納修治]]が就任した。
+
* 『[[バイキング (テレビ番組)|バイキング]]』の7月の月間視聴率が5.9%を記録し、同時間帯初の横並び3位になり後続の『[[直撃LIVE グッディ!]]』も月間視聴率が2時台の第1部で過去最多タイとなる4.2%、3時台の第2部も過去最高の3.7%を記録した。さらに『[[めざましテレビ]]』に至っては、6時10分からの第2部の視聴率が9.3%を記録し[[2016年]][[1月]]以来、1年半ぶりに横並び1位を奪還した<ref>[http://www.sankei.com/entertainments/news/170731/ent1707310004-n1.html フジ系情報番組の視聴率が好調 「めざまし」「グッディ!」「バイキング」]</ref>。
+
* 同年7月にスタートした『[[コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-]]』(3rd season)は第1回の視聴率は16.3%を記録して以降も10%台の高視聴率を記録しており、社長の宮内も「素晴らしいスタートを切ることができました。札幌地区、名古屋地区などでは20%超え。タイムシフト視聴率も初回9.9%と多くの方に見ていただけた」と褒めたたえ<ref>[http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170728-OHT1T50115.html フジ宮内社長、「コード・ブルー」16・3%に「素晴らしいスタート」]</ref>、「シリーズを重ねるごとにキャスティング、出演の皆さんの熟成度が上がってきているのが視聴者に受け入れられているのではないか」と好調の理由を分析し、同時に「系列局から雰囲気が変わったという言葉もいただいた。いい方向に向いている」とし、「今年の10月期、来年の4月期、10月期まで見越して低迷している視聴率をなんとか底上げをはかりたい。現場からいままでにないようなアイデアも出てきており、現場も私の意を介してくれているのではないかと考えている」と手応えを語った。 <ref>[https://mainichi.jp/articles/20170728/dyo/00m/200/010000c 「コード・ブルー」好調 「社内のムードよくなってきている」]
+
</ref>
+
  
 
=== スポットCM大幅ダウン(2012年11月) ===
 
=== スポットCM大幅ダウン(2012年11月) ===
370行目: 402行目:
  
 
[[亀山千広]]新社長も頭が痛いはずだ。
 
[[亀山千広]]新社長も頭が痛いはずだ。
 
=== フジ社員「ケチのつき始めは韓流偏向抗議デモだった。あの時まともに対応していれば、ここまで嫌われることはなかった」 ===
 
フジテレビの人気バラエティ番組『[[ほこ×たて]]』で[[やらせ]]演出が発覚した問題について、当のフジテレビ社員たちの間でも賛否の声が上がっている。
 
 
中堅ディレクターA氏が語る。
 
 
「正直、対決の順番を入れ替えたり、ゆっくりと車を走らせてもらうぐらいのことは日常的に行なわれている演出のひとつ。これをやらせと言われたらキツい。ただ、[[ラジコンカー]]を強引に負けさせたことと猿の一件はやりすぎ。モラル的に許されないでしょう」
 
 
一方、若手社員B氏はこう話す。
 
 
「フォローが甘かったんだと思う。過去に2回、ラジコンの人が“過剰な演出”を受け入れてくれたから、今回も大丈夫だとタカをくくっていたんじゃない?丁寧に交渉すれば、こんな結果にならなかったはず。もったいない」
 
 
まるで運が悪かったと言わんばかりの口ぶり。ふたりともどこか他人事である。
 
 
やらせといえば、[[2007年]]に下請けの制作会社がデータを捏造して打ち切りになった『[[発掘!!あるある大事典?]]』([[関西テレビ]]制作)が思い出されるが、『ほこ×たて』も制作会社に丸投げだった。
 
 
「現場が演出に頼りたくなる気持ちはわかります。今のバラエティ番組は、スタジオ収録に合わせてロケが組まれることが多い。それまでにネタを決め、ギリギリのスケジュールで撮影しないといけないんです。特に今回はアメリカまでロケに行っているから、制作会社としては『面白いものが撮れませんでした』とは絶対に言えない」(ある番組制作会社社員)
 
 
それにしても、フジテレビはここ最近、パッとしない。2013年8月に放送された『[[FNS27時間テレビ]]女子力全開2013』の「生爆烈お父さん」コーナーが[[BPO]](放送倫理・番組向上機構)で問題視された。
 
 
「2010年まで7年連続で視聴率三冠王だったのに……。今思えば、ケチのつき始めは2011年の韓流偏向抗議デモだったのかな。あのとき、まともに対応していれば、ここまで嫌われることはなかったはず。当時は社内の誰もが、あれを視聴者の声だと思っていなかった」(前出・A氏)
 
 
[[上智大学]]新聞学科(メディア論)の[[碓井広義]](うすい・ひろよし)教授が指摘する。
 
 
「フジの番組作りを見ていると、いまだに自分たちが時代をリードしていると勘違いしていて、さらに視聴者を見下しているフシがある。今回のやらせが顕著な例。過去の栄光にすがり、成功体験の権化みたいな人たちがトップに居座っている限り、体質はまだまだ変わらないんじゃないでしょうか」
 
  
 
==フジテレビ制作番組==
 
==フジテレビ制作番組==
443行目: 450行目:
  
 
==フジテレビの不祥事・事件・トラブル==
 
==フジテレビの不祥事・事件・トラブル==
2017年以降、放送内容に関して謝罪に追い込まれる事例が多発しており、朝日新聞は、視聴率低迷が背景にあると指摘している。
 
 
以下、並びは発生順。所属・役職については特記の無い限り、発生当時のものである。また、スポーツ中継などのCM入りのタイミングや演出など番組の細部への批判や、一時的にSNSサイトなどで炎上した案件も含めた場合は極めて膨大な量となるため、ここでは公に問題となった事例のみ示す。
 
 
 
===事件・事故===
 
===事件・事故===
 
* [[1993年]][[6月24日]] - バラエティー番組『[[ウッチャンナンチャンのやるならやらねば]]』の収録中に香港のロックバンドメンバーがセットから転落して死亡。この事故を受けて番組は打ち切られた。
 
* [[1993年]][[6月24日]] - バラエティー番組『[[ウッチャンナンチャンのやるならやらねば]]』の収録中に香港のロックバンドメンバーがセットから転落して死亡。この事故を受けて番組は打ち切られた。
452行目: 455行目:
 
* [[2003年]] - 深夜番組『[[退屈貴族]]』に出演した素人に「火渡りに挑む日本のランボー」と銘打って、灯油を振りかけた藁に火を付け、パンツ1枚の格好で火渡りをさせ、下半身の3割にも及ぶ大ヤケドを負わせた。数年後、この素人はヤケドが原因の肝機能低下により死亡した。なお、この素人が[[認知症]]患者であった可能性も指摘され、認知症患者を笑いものにする番組姿勢も批判された。
 
* [[2003年]] - 深夜番組『[[退屈貴族]]』に出演した素人に「火渡りに挑む日本のランボー」と銘打って、灯油を振りかけた藁に火を付け、パンツ1枚の格好で火渡りをさせ、下半身の3割にも及ぶ大ヤケドを負わせた。数年後、この素人はヤケドが原因の肝機能低下により死亡した。なお、この素人が[[認知症]]患者であった可能性も指摘され、認知症患者を笑いものにする番組姿勢も批判された。
 
* 2005年10月 - 有名人気女子アナウンサーを標的にした連れ去り未遂事件、爆破予告事件が起こる。犯人はいずれも逮捕された。(月刊サイゾー2006年8月号掲載)
 
* 2005年10月 - 有名人気女子アナウンサーを標的にした連れ去り未遂事件、爆破予告事件が起こる。犯人はいずれも逮捕された。(月刊サイゾー2006年8月号掲載)
* 2009年7月 - [[長坂哲夫]]アナウンサーが、南アフリカで開催されたサッカーワールド杯コンフェデレーションカップで実況席で女性スタッフに[[セクハラ]]行為を起こし、総務部に異動したが、受け入れに難色を示し、他の部署への異動を模索したが、拒否され、8月いっぱいの退社と、9月からの出入り禁止を[[豊田晧]]社長(当時)が、定例会見で表明した。この定例会見の締めくくりに「まことにお恥ずかしい限りでたいへん責任意識を感じています。」と謝罪した。ちなみに、総務部に異動した際、アナウンス部の上司6人に減給処分を受けている。
 
 
* 2012年2月2日、お笑いコンビ[[ずん]]の[[やす]]が『[[とんねるずのみなさんのおかげでした]]』の企画で新潟県内のスキー場での収録中にゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打、腰の骨を折るケガをした。
 
* 2012年2月2日、お笑いコンビ[[ずん]]の[[やす]]が『[[とんねるずのみなさんのおかげでした]]』の企画で新潟県内のスキー場での収録中にゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打、腰の骨を折るケガをした。
 
* 2013年10月20日に放送された『[[ほこ×たて]] 2時間スペシャル』における「スナイパー軍団vsラジコン軍団」が、スナイパーが銃弾を命中させて勝利したという番組の内容であったが、対決の順番を変更されるなど意図的に編集側が内容に手を加えたとする「捏造」があったことが、出演したラジコン操縦者による抗議文の掲載により発覚した。フジテレビは不適切な演出があったことを認め、全放送回の内容を確認するとして当面の放送自粛を発表した<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131024-OYT1T00954.htm フジ「ほこ×たて」当面自粛…不適切な演出確認] 読売新聞 2013年10月24日</ref>。さらに、2012年10月21日に放送された『絶対に捕まえられないラジコンカーvsどんな物でも捕まえる猿軍団』においても、猿を糸で結ぶことによってあたかも猿がラジコンカーを追いかけているように見せる細工をするようスタッフに強要されたことも出演者の指摘で発覚した<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131026-OYT1T00200.htm?from=navr ほこ×たて、昨年も過剰演出…車と猿を糸で結ぶ] 読売新聞 2013年10月26日</ref>。
 
* 2013年10月20日に放送された『[[ほこ×たて]] 2時間スペシャル』における「スナイパー軍団vsラジコン軍団」が、スナイパーが銃弾を命中させて勝利したという番組の内容であったが、対決の順番を変更されるなど意図的に編集側が内容に手を加えたとする「捏造」があったことが、出演したラジコン操縦者による抗議文の掲載により発覚した。フジテレビは不適切な演出があったことを認め、全放送回の内容を確認するとして当面の放送自粛を発表した<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131024-OYT1T00954.htm フジ「ほこ×たて」当面自粛…不適切な演出確認] 読売新聞 2013年10月24日</ref>。さらに、2012年10月21日に放送された『絶対に捕まえられないラジコンカーvsどんな物でも捕まえる猿軍団』においても、猿を糸で結ぶことによってあたかも猿がラジコンカーを追いかけているように見せる細工をするようスタッフに強要されたことも出演者の指摘で発覚した<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131026-OYT1T00200.htm?from=navr ほこ×たて、昨年も過剰演出…車と猿を糸で結ぶ] 読売新聞 2013年10月26日</ref>。
 
** 上記の問題で放送見送りとなった『ほこ×たて』の代替として2013年10月27日に放送された『美川・はるな愛のぶらり旅 長瀞へSL列車で行っちゃいました。松茸もあるヨSP』においても、画面が左右反転して日本国内なのに道路を車が右側走行をしている映像が使用されており、「制作側が『こういう画がないとダメ』とゴールを決めて融通が利かなくなっている」点が『ほこ×たて』と同様であると指摘する匿名テレビ業界関係者のコメントがマスコミで紹介された<ref>[http://gendai.net/articles/view/geino/145539 ほこ×たて代替番組でも「捏造」発覚! フジテレビの貧すれば鈍す…] 日刊ゲンダイ 2013年10月29日</ref>。
 
** 上記の問題で放送見送りとなった『ほこ×たて』の代替として2013年10月27日に放送された『美川・はるな愛のぶらり旅 長瀞へSL列車で行っちゃいました。松茸もあるヨSP』においても、画面が左右反転して日本国内なのに道路を車が右側走行をしている映像が使用されており、「制作側が『こういう画がないとダメ』とゴールを決めて融通が利かなくなっている」点が『ほこ×たて』と同様であると指摘する匿名テレビ業界関係者のコメントがマスコミで紹介された<ref>[http://gendai.net/articles/view/geino/145539 ほこ×たて代替番組でも「捏造」発覚! フジテレビの貧すれば鈍す…] 日刊ゲンダイ 2013年10月29日</ref>。
 
* 2014年5月20日 - バラエティ番組『[[めちゃ×2イケてるッ!]]』のリハーサル中、アイドルグループ[[AKB48]]のメンバー・[[木崎ゆりあ]]が左手首を骨折するけがを負う<ref>木崎ゆりあ「めちゃイケ」で左手首骨折…全治3~4週間 スポーツニッポン、2014年5月22日</ref>。
 
* 2014年5月20日 - バラエティ番組『[[めちゃ×2イケてるッ!]]』のリハーサル中、アイドルグループ[[AKB48]]のメンバー・[[木崎ゆりあ]]が左手首を骨折するけがを負う<ref>木崎ゆりあ「めちゃイケ」で左手首骨折…全治3~4週間 スポーツニッポン、2014年5月22日</ref>。
* 2015年2月 - 関根麻里が対決嵐で怪我した。26日のYahoo!で明らかなった
 
* 2016年11月10日に放送された『[[めざましテレビ]]』内のクイズコーナー「もの知りじゃんけん」で、ヤンキース・田中将大投手の居所について事実とは一切異なる内容を正解だとして放送し、翌11日には本人がツイッター上で否定しフジテレビから何の相談もなくクイズの問題にされたことについて関係者に抗議した。なお、田中将大投手の抗議の際に、フジテレビ関係者は謝罪こそしたものの「クイズ形式になっていることを知らなかった。知っていれば本人サイドに電話等で確認していた」と釈明した。なお、12日には番組内容を変更し、メインキャスターの[[三宅正治]]による謝罪放送が行われ、問題については全選択肢を正解扱いとする対応が執られた<ref>
 
[http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/616520/ ヤンキース・田中 フジテレビに激怒の真相激白] 東スポWeb、2016年11月13日</ref>。
 
 
 
===同局の番組がきっかけとなった事件===
 
===同局の番組がきっかけとなった事件===
 
* 2012年5月28日、19歳の女性が同系列のバラエティ番組『[[人志松本の○○な話]]』をまねて[[千葉県]][[松戸市]]の市道(2010年9月18日の放送で紹介)を走行中、歩道に乗り上げ4人が死傷する事故を起こし逮捕された。なおこれ以外にもフジテレビ番組がきっかけとなった事件が多発しており、問題視されている。
 
* 2012年5月28日、19歳の女性が同系列のバラエティ番組『[[人志松本の○○な話]]』をまねて[[千葉県]][[松戸市]]の市道(2010年9月18日の放送で紹介)を走行中、歩道に乗り上げ4人が死傷する事故を起こし逮捕された。なおこれ以外にもフジテレビ番組がきっかけとなった事件が多発しており、問題視されている。
479行目: 477行目:
 
*2011年[[9月8日]] - 『[[それでも、生きてゆく]]』にて、「JAP18」という表記のある架空の雑誌が画面に映りこんでいたが、[[JAP]]が日本人を差別する言葉であり、『18』の韓国語での発音が同言語での卑語の発音に似ていることから、批判の声がネットに上がった<ref>[http://getnews.jp/archives/140499 フジテレビ「JAP18」表記の犯人捜し始まり特定される「セシウムさん」レベルの不祥事か?]ガジェット通信 2011年11月11日</ref>。
 
*2011年[[9月8日]] - 『[[それでも、生きてゆく]]』にて、「JAP18」という表記のある架空の雑誌が画面に映りこんでいたが、[[JAP]]が日本人を差別する言葉であり、『18』の韓国語での発音が同言語での卑語の発音に似ていることから、批判の声がネットに上がった<ref>[http://getnews.jp/archives/140499 フジテレビ「JAP18」表記の犯人捜し始まり特定される「セシウムさん」レベルの不祥事か?]ガジェット通信 2011年11月11日</ref>。
 
*2011年10月25日のとくダネ!にて、文部科学省の放射能汚染マップをパネルで紹介したところ、山梨県の位置に埼玉県、埼玉県の位置に山梨県を表示してあり、これに関し、以前から韓流押しや在日朝鮮人特別採用枠のあるフジテレビ内には日本人がいないためだと揶揄されている。
 
*2011年10月25日のとくダネ!にて、文部科学省の放射能汚染マップをパネルで紹介したところ、山梨県の位置に埼玉県、埼玉県の位置に山梨県を表示してあり、これに関し、以前から韓流押しや在日朝鮮人特別採用枠のあるフジテレビ内には日本人がいないためだと揶揄されている。
*2011年に高岡そうすけが[[Twitter|ツイッター]]で韓流ドラマばかりやっていると批判後に謝罪した。
+
*2011年に高岡そうすけが[[Twitter|ツイッター]]で韓流ドラマばかりやっていると批判後に謝罪した
 
*2012年9月27日 - 『情報プレゼンター とくダネ!』において、出演者の[[小倉智昭]]とコメンテーターの[[田中雅子]]が、[[安倍晋三]]の自民党新総裁選出に関するコメントで、安倍が2007年に[[潰瘍性大腸炎]](厚生労働省指定の難病である)の悪化により首相を辞職した事を取り上げ、「子供みたいだ」などと揶揄し、当病患者を差別し茶化したとして、潰瘍性大腸炎患者をはじめ視聴者やインターネット上で批判の声が上がり、4日後の10月1日に小倉が番組内で謝罪する事態となった。なお、田中サイドは一切謝罪をしていない。
 
*2012年9月27日 - 『情報プレゼンター とくダネ!』において、出演者の[[小倉智昭]]とコメンテーターの[[田中雅子]]が、[[安倍晋三]]の自民党新総裁選出に関するコメントで、安倍が2007年に[[潰瘍性大腸炎]](厚生労働省指定の難病である)の悪化により首相を辞職した事を取り上げ、「子供みたいだ」などと揶揄し、当病患者を差別し茶化したとして、潰瘍性大腸炎患者をはじめ視聴者やインターネット上で批判の声が上がり、4日後の10月1日に小倉が番組内で謝罪する事態となった。なお、田中サイドは一切謝罪をしていない。
 
*2012年10月21日 - 「[[黒子のバスケ]]」のイベントに脅迫文が届いた事件を報道した際、イベント会場内を取材許可を得ずに[[盗撮|無断撮影]]した映像を使用した。イベント主催者の「[[スタジオYOU]]」からの抗議に対し、フジテレビは会場敷地外からの撮影なので問題は無く、「報道のステップを踏んでいる」との見解から、フジテレビのウェブサイト上からの画像削除の要求も拒否した。これらの問題から、主催者側は弁護士に相談する運びとなった。また「スタジオYOU」は、問題なく終了したイベントを脅迫文に関連付ける形で報じる必要性ならびに、フジテレビがイベント参加者の画像をウェブサイト上から削除せず、理由も明かさないことから、無断撮影とともにプライバシー保護の観点からも問題視しており、弁護士に相談した。「スタジオYOU」は、今後、取材のあり方とプライバシーに対する報道のあり方に論点の比重を置き、フジ側に質していくとした。
 
*2012年10月21日 - 「[[黒子のバスケ]]」のイベントに脅迫文が届いた事件を報道した際、イベント会場内を取材許可を得ずに[[盗撮|無断撮影]]した映像を使用した。イベント主催者の「[[スタジオYOU]]」からの抗議に対し、フジテレビは会場敷地外からの撮影なので問題は無く、「報道のステップを踏んでいる」との見解から、フジテレビのウェブサイト上からの画像削除の要求も拒否した。これらの問題から、主催者側は弁護士に相談する運びとなった。また「スタジオYOU」は、問題なく終了したイベントを脅迫文に関連付ける形で報じる必要性ならびに、フジテレビがイベント参加者の画像をウェブサイト上から削除せず、理由も明かさないことから、無断撮影とともにプライバシー保護の観点からも問題視しており、弁護士に相談した。「スタジオYOU」は、今後、取材のあり方とプライバシーに対する報道のあり方に論点の比重を置き、フジ側に質していくとした。
488行目: 486行目:
 
*2013年10月18日 - 7月に放送された「とくダネ!」内の、インターネットによる「事実無根」の中傷をされた恐怖体験を語る企画に出演した、大阪市の住宅設備機器販売会社『[[エステート24|エステート24ホールディングス]]』社長が、実際に[[みずほ銀行]]から融資金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された<ref>[http://getnews.jp/archives/439555
 
*2013年10月18日 - 7月に放送された「とくダネ!」内の、インターネットによる「事実無根」の中傷をされた恐怖体験を語る企画に出演した、大阪市の住宅設備機器販売会社『[[エステート24|エステート24ホールディングス]]』社長が、実際に[[みずほ銀行]]から融資金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された<ref>[http://getnews.jp/archives/439555
 
  フジ『とくダネ!』で「2ちゃんねる中傷被害」を訴えていたベンチャー社長が逮捕]</ref>。
 
  フジ『とくダネ!』で「2ちゃんねる中傷被害」を訴えていたベンチャー社長が逮捕]</ref>。
*2014年 - 対決嵐で任天堂に無許可でマリオパーティー2の車でコイン集めパクった
+
2014年。対決嵐で任天堂に無許可でマリオパーティー2の車でコイン集めパクった
*2014年 - 世界行って見たらでナスカ取ったら警告された
+
2014年。世界行って見たらでナスカ取ったら警告された
*2015年 - バボ饅頭に異物混入していた為販売中止なった。1月10日のYahoo!乗っていた
+
2015年。バボ饅頭に異物混入していた為販売中止なった。1月10日のYahoo!乗っていた
*2015年 - 12月20日のワイドナのミスチル盗作の話題で女性の写真間違えて使用した。2016年1月10日のエンディングで謝罪した。ヤフー乗っていた。
+
*2016年1月24日 - 同日放送の日曜日ファミリアで日本テレビに無許可でダマされた大賞パクった。
+
*2016年12月19日 - [[報道局]][[社会部]]に所属し数年前まで[[警視庁]]担当だった30代の男性記者が、取材の過程で知り合った[[暴力団]]関係者から高額な[[接待]]を繰り返し受けた上で、当該関係者の乗用車購入のために名義を貸す利益供与をした疑いがある事が判明した。フジテレビでは11月上旬に発覚した時点で当該記者を記者職から外しており、今後調査を進めた上で厳正な処分を下すとしている<ref>[http://www.asahi.com/articles/ASJDM6TCRJDMUCVL030.html フジテレビ記者、暴力団関係者に名義貸しか 車の購入で],朝日新聞デジタル,2016年12月19日</ref><ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19HDN_Z11C16A2CZ8000/ フジテレビ記者、暴力団関係者に車購入で名義貸しか],日本経済新聞,2016年12月19日</ref>。2017年3月21日、男性記者と暴力団関係者は電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で[[書類送検]]された。
+
*2017年7月27日 - 情報番組「[[とくダネ!]]」において、[[医師法]]違反容疑で[[松山市]]の男性が逮捕された事件を伝えた際、無関係の男性のインタビュー画像を容疑者のものとして報じた<ref>[http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170728-OYT1T50077.html フジ「とくダネ!」一般男性を容疑者として放送]読売新聞 2017年7月28日</ref>。
+
*2017年8月8日<ref>余談だが、奇しくもこの日は[[宮内正喜]]社長就任後では初めてとなる「[[フジテレビの日]]」でもあった。</ref> - 『情報プレゼンター とくダネ!』にて、[[Twitter]]上にアップロードされていた[[8月7日|昨日]]より当日の台風5号の影響で[[姉川]]が氾濫した様子の動画を番組の情報収集用アカウントが動画を撮影・アップロードしたユーザーに使用する許可を求めた際、「午前8時までに回答が得られなかった場合は、使用する」という趣旨の返信をユーザーを行い。その後その動画が放送されたため、Twitter上で「[[著作権侵害]]である」などという批判が相次ぎアカウントが炎上する事態となった。しかし、実際には当該ユーザーの承諾を得た上で放送していたことが明らかになっている<ref>[https://www.j-cast.com/2017/08/08305447.html?p=all 「とくダネ!がツイート無断使用!」 ネット炎上→実は許可取っていました],J-CASTニュース,2017年8月8日</ref>。
+
*2018年2月8日 - 『情報プレゼンター とくダネ!』にて、平昌五輪特集で、元モーグル日本代表の三浦豪太を紹介した際、父である冒険家の三浦雄一郎の写真に「故・三浦雄一郎」と表記したため、司会の小倉が謝罪した。
+
*2018年6月18日 - 『情報プレゼンター とくダネ!』にて、当日の番組開始直前に発生した大阪府北部地震の最新情報を関西テレビからの入中で伝えていた際、「地震で高槻市内の小学校のブロック塀が倒壊し、その小学校に通う4年生の女子児童が下敷きになって死亡した」というニュースを伝えていた最中、スタジオ裏のディレクターの発言が「無事死亡」に聞こえたとして物議を醸した。その一方で、「9時死亡と聞こえる」「イントネーションから考えて無事死亡という風には聞こえない」など、疑念の声や反論も挙がっている。
+
*2018年8月以降 - 『FNNプライムニュース デイズ』にて、「'''[[第三次世界大戦]]は100%勃発する'''」等とキャスターが断続的に発言しているとして物議を醸している。
+
  
 
=== 利益相反・電波の私物化 ===
 
=== 利益相反・電波の私物化 ===
546行目: 536行目:
 
* 2012.06.26 - フジテレビ局内のトイレで元[[ニッポン放送]]アナウンサー[[塚越孝]]さん首吊り自殺  
 
* 2012.06.26 - フジテレビ局内のトイレで元[[ニッポン放送]]アナウンサー[[塚越孝]]さん首吊り自殺  
 
* 2012.10.21 - 主催者側に取材NGされているにもかかわらず、イベント隠し撮りVTRを放送・訴えられる。
 
* 2012.10.21 - 主催者側に取材NGされているにもかかわらず、イベント隠し撮りVTRを放送・訴えられる。
* 2013.07.16 - カスペでコストコの子供と紹介したが無関係だった、8月27日に謝罪した
+
2013年7月16日、
* 2013.10.20 - ほこたてのラジコン対決でヤラセ勝手に映像編集した
+
カスペでコストコの
2015年12月20日。ワイドナのミスチル盗作の話題で女性の写真間違えて使用した
+
子供と紹介したが
 +
無関係だった
 +
8月27日に謝罪した
 +
2013年10月20日
 +
ほこたてのラジコン対決でヤラセ
 +
勝手に映像編集した
 
===不思議な円グラフで印象操作===
 
===不思議な円グラフで印象操作===
 
[[Image:フジテレビのグラフ1.jpg|350px]][[Image:フジテレビのグラフ2.jpg|350px]]
 
[[Image:フジテレビのグラフ1.jpg|350px]][[Image:フジテレビのグラフ2.jpg|350px]]
579行目: 574行目:
 
* 2012年2月15日放送の『[[アイアンシェフ]]』ノミニー山田宏巳は現在リストランテ・ヒロソフィーのオーナーシェフであることを紹介しなかった。
 
* 2012年2月15日放送の『[[アイアンシェフ]]』ノミニー山田宏巳は現在リストランテ・ヒロソフィーのオーナーシェフであることを紹介しなかった。
 
* 2013年2月5日放送の「全日本温泉宿アワード2013」において、生放送中の視聴者の電話投票による温泉宿のナンバー1がやらせであることが発覚している。<ref>[http://www.j-cast.com/tv/2013/02/22166567.html?p=2 フジテレビやらせ?最初から仕組まれてた「全日本温泉宿アワード」1位旅館]j-cast 2013年2月22日</ref>
 
* 2013年2月5日放送の「全日本温泉宿アワード2013」において、生放送中の視聴者の電話投票による温泉宿のナンバー1がやらせであることが発覚している。<ref>[http://www.j-cast.com/tv/2013/02/22166567.html?p=2 フジテレビやらせ?最初から仕組まれてた「全日本温泉宿アワード」1位旅館]j-cast 2013年2月22日</ref>
* 2013年8月4日の27時間TVの爆裂父さんで加藤浩次がAKBのまゆゆの顔蹴ったこれが原因で加藤浩次に対し殺害予告が出され、インターネットにやりすぎの批判が出た
+
2013年8月4日の27TV
* 2013年10月20日のほこたてのラジコン対決でヤラセあったその為、10月27日から放送されなかった
+
の爆裂父さんで
* 2014年9月5日のボクシングで結果出してしまい翌週に社長が謝罪した。Yahoo!乗っていた
+
加藤浩次がAKBの
2016年1月22日のジュニアで日本地図が奇妙になっていた。謝罪した。ヤフー乗っていた
+
まゆゆの顔蹴った
 +
これが原因で加藤浩次
 +
に対し殺害予告が出された
 +
インターネットに
 +
やりすぎの批判が出た
 +
2013年10月20日のほこたてのラジコン対決でヤラセあった
 +
その為、10月27日
 +
から放送されなかった
 +
2014年9月5日のボクシングで結果出してしまい翌週に社長が謝罪した。Yahoo!乗っていた
  
 
===[[派遣モデル女子大生殺害事件]]の報道===
 
===[[派遣モデル女子大生殺害事件]]の報道===
764行目: 767行目:
  
 
=== 放送事故 ===
 
=== 放送事故 ===
1987年9月16日。ドラゴンボールスタート前にスパイ流れてしまった。しばらくお待ち下さいなった。オープニングカットされた。孫悟空が走っているシーンで謝罪出た
 
 
1989年3月。ひょうきん放送中に暗くなりゴールデンの途中から復帰した
 
1989年3月。ひょうきん放送中に暗くなりゴールデンの途中から復帰した
 
2003年12月。めちゃイケ放送中にレインボーブリッジになった。開始5分後に復帰した。読売乗っていた
 
2003年12月。めちゃイケ放送中にレインボーブリッジになった。開始5分後に復帰した。読売乗っていた
843行目: 845行目:
  
 
==キャッチフレーズ==
 
==キャッチフレーズ==
 +
変身(2014年春)
 
* 明るい家庭に楽しいテレビ(1959年開局時)
 
* 明るい家庭に楽しいテレビ(1959年開局時)
 
* 母と子どものフジテレビ(1960年頃)
 
* 母と子どものフジテレビ(1960年頃)
878行目: 881行目:
 
* 生みます。(2010年秋)
 
* 生みます。(2010年秋)
 
* ミトカナイトフジ!!(2011年春)
 
* ミトカナイトフジ!!(2011年春)
:: 系列局では「ミトカナイト!」として使用。
 
* ピカる★フジテレビ(2012年春)
 
* ドラマ×バラエティフェスティバル ドバドバ!フジテレビ(2012年夏)
 
* モテる☆フジテレビ(2012年秋)
 
* フジテレビの定義(2012年秋)
 
* フジテレビとは、____________である。(2013年)
 
* 5539(ゴーゴーサンキュー)55年目、目の色 変えます。フジテレビ(2013年、開局55周年)
 
* ヘンシン!新型フジテレビ(2014年春)
 
* 今日よりちょっといい明日。プラス フジテレビ(2014年秋)
 
* LIFE !S LIVE(2015年春)
 
  
 
===コーポレート・スローガン===
 
===コーポレート・スローガン===
902行目: 895行目:
 
:* アナログ放送のフォントは赤色(「エンタ!見たもん勝ち」は青色)付きの斜字体で、[[フォント]]は[[JTCウイン]]Sシリーズ(CM中は斜字体・モノクロでフォントはJTCウインRシリーズ)。
 
:* アナログ放送のフォントは赤色(「エンタ!見たもん勝ち」は青色)付きの斜字体で、[[フォント]]は[[JTCウイン]]Sシリーズ(CM中は斜字体・モノクロでフォントはJTCウインRシリーズ)。
 
:* デジタル放送はマスター(アナログ・デジタルとも[[東芝]]製)自体がアナログ・デジタルで別々に置かれているため、全くの別フォント(「後期丸フォント」に酷似)で、太さもアナログ放送よりも細い。
 
:* デジタル放送はマスター(アナログ・デジタルとも[[東芝]]製)自体がアナログ・デジタルで別々に置かれているため、全くの別フォント(「後期丸フォント」に酷似)で、太さもアナログ放送よりも細い。
* 平日15時50分〜18:56:25『[[みんなのニュース|みんなのニュース]]』内(CM中・提供スーパー全面表示時は表示オフ。2015年12月まで。2016年1月から表示オン)
+
* 平日16:53〜18:56:25『[[FNNスーパーニュース|スーパーニュース]]』内(CM中・提供スーパー全面表示時は表示オフ)
 
:* アナログ放送は[[モノクロ]]の正字体でフォントはJTCウインS、デジタル放送は上記と同じ理由で別フォントの丸文字で、表示についてはすべて[[SD]](4:3)の位置である。平日9:54:00以降および土曜9:55:00以降については、CM中および[[提供クレジット]]時には表示されない。「[[ハピふる!]]」内(9:55:00〜11:21:05)の時刻表示の字体は9:54:00以前のフォントを橙色かつ斜体に変えて表示される。
 
:* アナログ放送は[[モノクロ]]の正字体でフォントはJTCウインS、デジタル放送は上記と同じ理由で別フォントの丸文字で、表示についてはすべて[[SD]](4:3)の位置である。平日9:54:00以降および土曜9:55:00以降については、CM中および[[提供クレジット]]時には表示されない。「[[ハピふる!]]」内(9:55:00〜11:21:05)の時刻表示の字体は9:54:00以前のフォントを橙色かつ斜体に変えて表示される。
 
* 時刻出し以外にも先述のとおり、マスター自体がアナログ・デジタルで別々になっていることから[[提供クレジット]](スタジオサブ表示を除く)・[[ハイビジョン制作]]・[[字幕放送]]表示は同じフォントであっても点灯・消去の速さはアナログ・デジタルで異なっている。
 
* 時刻出し以外にも先述のとおり、マスター自体がアナログ・デジタルで別々になっていることから[[提供クレジット]](スタジオサブ表示を除く)・[[ハイビジョン制作]]・[[字幕放送]]表示は同じフォントであっても点灯・消去の速さはアナログ・デジタルで異なっている。
 
:* アナログ放送ではフェードイン〜フェードアウトの速さが番組により違っている(時にはカットイン〜カットアウトに近い状態もある)。
 
:* アナログ放送ではフェードイン〜フェードアウトの速さが番組により違っている(時にはカットイン〜カットアウトに近い状態もある)。
 
:* デジタル放送ではフェードイン〜フェードアウトは常に一定の速さに固定されている(フェードアウトは企業のCM画面にすぐ切り替わらないときのみ)。
 
:* デジタル放送ではフェードイン〜フェードアウトは常に一定の速さに固定されている(フェードアウトは企業のCM画面にすぐ切り替わらないときのみ)。
2016年からバイキング以外の番組でもCM 中も表示されている
 
  
 
===過去===
 
===過去===
913行目: 905行目:
 
* 最近では[[2007年]][[2月5日]]から[[3月30日]]まで「[[こたえてちょーだい!]]」(放送終了、現在は「[[ハピふる!]]」)で手前の番組「[[情報プレゼンター とくダネ!]]」から引き続き10:50過ぎまで時刻表示があった(9:55以降はCM時表示オフ)。
 
* 最近では[[2007年]][[2月5日]]から[[3月30日]]まで「[[こたえてちょーだい!]]」(放送終了、現在は「[[ハピふる!]]」)で手前の番組「[[情報プレゼンター とくダネ!]]」から引き続き10:50過ぎまで時刻表示があった(9:55以降はCM時表示オフ)。
 
* なお、旧社屋時代には[[1995年]]11月から[[1996年]]10月頃まで[[フィラー]]や午前の番組で一時期興和フォントが使用されていた事があった(フィラーについては残存している8ミリビデオテープで確認)。
 
* なお、旧社屋時代には[[1995年]]11月から[[1996年]]10月頃まで[[フィラー]]や午前の番組で一時期興和フォントが使用されていた事があった(フィラーについては残存している8ミリビデオテープで確認)。
 
===時刻フォント===
 
1979年未明から1996年6月30日までの間、長らく写植マールを使用していたが、度々マイナーチェンジが施されていた。1997年3月のお台場移転からはJTCウインを基にしたフォントに変更された。
 
*初代:1979年未明〜1985年中期:初期型写植マール(数字幅が大きかった)
 
*2代目:1985年中期〜1991年9月29日:幅が少し縮小され、完全なマール体となった。(この頃まで縁取りが影であった)
 
*3代目:1991年9月30日〜1994年7月30日:縁取りが追加された。
 
*4代目:1994年8月1日〜1996年6月30日:テロップマスターをJTCウインに統一したのを機に字体が少し大きくなり、表示位置も少し左上になった。
 
*5代目:1996年7月1日〜1997年3月9日:この頃から翌年の台場移転に伴い暫定的に通常の興和フォントが使用された。
 
*6代目:1997年3月10日〜2008年11月30日:お台場移転に伴い時刻フォントもJTCウインに基にしたものに一新された。
 
*7代目:2008年12月1日〜現行
 
 
お台場新マスター稼働に伴いマイナーチェンジが施され、少しだけマール体に近くなった。
 
 
1994年4月1日の[[めざましテレビ]]開始に伴いカスタムフォントも導入されたが、1994年8月1日のテロップマスター更新に伴いマイナーチェンジが施され、1997年3月のお台場移転からもまたマイナーチェンジが施された。
 
  
 
==テレビ放送以外==
 
==テレビ放送以外==
1,070行目: 1,048行目:
 
なお、今後の国内公演に関しては、[[オリエンタルランド|オリエンタルランド(OLC)]]がシルク・ドゥ・ソレイユ社、[[ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー社]]と業務提携し、[[千葉県]][[浦安市]]の[[東京ディズニーリゾート]]内に専用常設劇場「[[シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京]]」を建設、OLCシアトリカル事業部が興行の運営業務も受託するため、今度もフジテレビが主催しての公演を行うかどうかは不明である。
 
なお、今後の国内公演に関しては、[[オリエンタルランド|オリエンタルランド(OLC)]]がシルク・ドゥ・ソレイユ社、[[ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー社]]と業務提携し、[[千葉県]][[浦安市]]の[[東京ディズニーリゾート]]内に専用常設劇場「[[シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京]]」を建設、OLCシアトリカル事業部が興行の運営業務も受託するため、今度もフジテレビが主催しての公演を行うかどうかは不明である。
  
==オープニング・クロージング==
+
==オープニング&クロージング映像==
 
===オープニング===
 
===オープニング===
*初代:富士山(1959年3月1日(開局)-1969年)
+
* 初代:[[富士山]](1959年3月1日(開局)〜1966年3月、カラー化:1966年4月〜1978年3月、BGMは[[ドビュッシー]]の「夢」)
*2代目:富士山〜局舎(1970年-1976年)
+
* 二代目:[[愛のメッセージ]](1978年4月〜1981年3月)
**ここからカラー化。
+
* 三代目:[[I・愛・eye]](1981年4月〜1986年3月)
*3代目:富士山(1976年-1978年3月)
+
* 四代目:[[目玉マーク]]紹介 - ナレーション:逸見政孝(1986年4月〜1986年9月)
**BGMは[[クロード・ドビュッシー|ドビュッシー]]の「夢」。
+
* 五代目:[[目玉タウン]](1986年10月〜2001年9月)本編前のナレーションは、[[目玉タウン]]を参照。BGMの作曲は[[有澤孝紀]]。
*4代目:[[愛のメッセージ]](1978年4月-1981年3月)
+
; ※ただし、新社屋での放送開始初日は別のものに差し替え(ナレーション担当のアナウンサーは当時のもの)
*5代目:I・愛・eye(1981年4月-1986年3月)
+
* 六代目:未来のお台場バージョン - ナレーション:近藤雄介(2001年10月〜2003年11月)
*6代目:目玉マーク紹介(1986年4月-1986年8月)
+
* 七代目:未来のお台場バージョン・その2 - ナレーション:向坂樹興(2003年12月〜)
**ナレーション:逸見政孝
+
; ※基本的には六代目と同じだが、一部シーンが短縮されている。また、最後のコールサイン部分から出力、周波数の表示が消えた。
**効果音とナレーションの台詞を変更した同一映像を2回流した。
+
*7代目:目玉タウン(オープニング版)(1986年9月-2001年10月21日)
+
**BGMの作曲は[[有澤孝紀]]。
+
*8代目:未来のお台場バージョン(2001年10月22日-2003年11月)
+
**ナレーション:近藤雄介
+
*9代目:未来のお台場バージョン・その2(2003年12月-
+
**ナレーション:向坂樹興
+
**基本的には8代目と同じだが、一部シーンが短縮されている。また、最後のコールサイン部分のテロップが変更され、「フジテレビ JOCX-TV(文字ロゴではない)」が「JOCX-TV 目玉マーク フジテレビ(文字ロゴ・アナログ放送)」に変更、また出力及び周波数の表示が消えた。
+
  
 
===クロージング===
 
===クロージング===
*初代:富士山(1959年3月1日(開局)-1969年)
+
* 初代:局舎〜宇宙(1959年3月1日(開局)〜1966年3月、カラー化:1966年4月〜1978年3月)
*2代目:局舎〜宇宙(1970年-1976年)
+
* 二代目:愛のメッセージ(1978年4月〜1981年3月)※クロージングでは1984年3月まで流された
**ここからカラー化。
+
* 三代目:I・愛・eye(1979年4月〜1986年3月)
**初代と第2代目は最終番組終了後、「子供を交通事故から守ろう」「吸い殻のポイ捨てはやめましょう」といった、公共広告的な一枚絵(フリップ)が放送されていた。
+
* 四代目:目玉マーク紹介 - ナレーション:逸見政孝(1986年4月〜1986年9月)
*3代目:富士山と夜景(1976年-1978年3月)
+
* 五代目:目玉タウン(1986年10月〜2001年9月)本編前のナレーションは、目玉タウンを参照。
**BGMはドビュッシーの「夢」。
+
; ※ただし、新社屋での放送開始前日は[[フジテレビジョン河田町最終ED|開局から河田町社屋移転までの歴史をプレイバックする2分間の特別版]]に差し替え(ナレーション担当のアナウンサーは当時のもの)
*4代目:愛のメッセージ(1978年4月-1984年3月)
+
* 六代目:未来のお台場(オープニングと同じフルバージョンまたはラスト5秒のみのいずれか) - ナレーション:近藤雄介(2001年10月〜2003年11月)
*5代目:I・愛・eye(1979年4月-1986年3月)
+
放送機器点検などのときはクロージングの前または後に55秒間告知のフリップがアナウンスやBGM無しで流される。
**4代目と5代目が連続して流された日もある。
+
メンテナンスの日は未来のお台場ラスト5秒のみが流れる。
*6代目:目玉マーク紹介(1986年4月-1986年8月)
+
* 七代目:未来のお台場バージョン・その2 - ナレーション:向坂樹興(2003年12月〜)
**ナレーション:逸見政孝
+
放送機器点検などのときのフリップやメンテナンスの日は未来のお台場ラスト5秒のみなのは同じ。
**オープニングと完全に同一の映像である。
+
 
*7代目:目玉タウン(クロージング版)(1986年9月- 2001年10月22日)
+
===備考===
**この第3-7代目途中(1987年頃まで)の頃まで、最終番組終了後、夜空をイメージしたイラストと「本日の放送を終了いたします。」との一枚絵(フリップ)を最初に写してから局舎の写真を使ったコールサイン→クロージングとしていた。第7代途中(1987年秋ごろ以後1997年3月まで)は、コールサイン映像冒頭に「放送開始までしばらくお休みさせていただきます。」との字幕があったが1994年10月からの[[JOCX-TVフィラー]]放映時には字幕は表示されずにそのままコールサインへと流れた。1987年頃までは短縮版も存在した。
+
2001年10月まではオープニング&クロージング映像(以下、放送開始/終了映像)の前に局名・呼出符号・周波数・出力(空中線電力)の読み上げ(副音声では音声多重放送の呼出符号「JOCX-TAM」・音声周波数・音声出力を読み上げ)があったが、2001年10月から放送開始/終了映像に局名・呼出符号・周波数・出力(空中線電力)が表示されるのみとなった。
**また、新社屋での放送開始前日である1997年3月9日では、コールサインとクロージングの前に開局から河田町社屋移転までの歴史をプレイバックし、クロージング後のフィラーに河田町への惜別メッセージを挿入した特別版を放映した。
+
*8代目:未来のお台場(オープニングと同じフルバージョンまたはラスト5秒のみのいずれか)(2001年10月23日-2003年11月)
+
**ナレーション:近藤雄介
+
**放送機器点検などのときは、クロージングの前または後に55秒間告知のフリップがアナウンスやBGM無しで流される。メンテナンスの日は、未来のお台場ラスト5秒だけが流れる。
+
*9代目:未来のお台場バージョン・その2(2003年12月-
+
**ナレーション:向坂樹興
+
**放送機器点検などのときのフリップやメンテナンスの日は、未来のお台場ラスト5秒だけなのは同じ(効果音とテロップは変更された)。その後フジテレビのイメージキャラクターの「ラフくん」が持つカンペに、「放送機器の管理・保守工事のため、この後放送を休止いたします。ご了承ください。放送は午前(放送開始時刻)時の「(放送開始直後の番組名)」から再開致します。」と表示された静止画がしばらく放映され、[[カラーバー]]を流して[[停波]]となる。
+
  
===OP/CL前アナウンス===
+
また、2003年12月からの放送開始/終了映像では、呼出符号と局名(しかも、通称の「フジテレビ」だけ)の表示となった。一方、デジタル放送は正式な呼出名称の「フジデジタルテレビジョン」で表示・アナウンスされる。
*放送開始
+
**1986年4月〜1989年3月 メイン:[[長野智子]] サブ:[[陣内誠]]
+
**1989年4月〜1997年3月9日 メイン:[[城ヶ崎祐子]] サブ:陣内誠
+
**1997年3月10日〜2001年10月21日 メイン:[[武田祐子]] サブ:[[森昭一郎]]
+
*放送終了
+
**1986年4月〜1993年3月 メイン:陣内誠 サブ:[[牛尾奈緒美|中村奈緒美]]
+
**1993年4月〜1994年3月 メイン:陣内誠 サブ:[[河野景子]]
+
**1994年4月〜1994年9月 メイン:陣内誠 サブ:[[西山喜久恵]]
+
**1994年10月〜1997年3月10日 メイン:[[奥寺健]] サブ:[[大坪千夏]]
+
**1997年3月11日〜2001年10月22日 メイン:[[森昭一郎]] サブ:武田祐子
+
*映像の流れ
+
**〜1986年4月:局舎写真やスタジオ写真などの一枚画を用いた、様々なバージョンが存在する。
+
**1986年4月〜9月:OP/ED同様。局舎をバックに右上に白字で「JOCX-TV」中央下にマゼンタで「目玉マーク フジテレビ」と表示。
+
**1986年10月〜1987年9月:OP/ED同様。青い枠の中に局舎の白黒写真をバックに右上に緑字で「JOCX-TV」左下にマゼンタで「目玉マーク フジテレビ」と表示(初代8マークから「目玉マーク フジテレビ」に切り替わるバージョンもある)。
+
**1987年10月〜1989年3月:OPは主調整室の映像のバックに右上にオレンジ字で「JOCX-TV」右下に初代8マークからマゼンタ字で目玉マークに切り替わる。<br/>EDは「放送開始までしばらくお休みさせていただきます。」テロップを表示したのち、青枠の中に主調整室の映像をバックに左上に「目玉マーク フジテレビ」右下「JOCX-TV」と白字で表示するバージョンと、同じく「放送開始までしばらくお休みさせていただきます。」テロップを表示したのち、OP同様右上にオレンジ字で「JOCX-TV」右下に初代8マークからマゼンタ字で目玉マークに切り替わるバージョンが存在する。
+
**1989年4月〜1997年3月9日:「JOCX-TV」のフォントが変更され、斜体ではなくなった。OPは最初は主調整室の映像から始まり、局舎(タワービル)とアンテナが並ぶ映像に切り替わり、中継車が続々と出発していく映像になる。テロップは左中央(時刻表示の下)に、青い縁取りの白字で「JOCX-TV」→ピンクの縁取りの白字で「目玉マーク フジテレビ」に切り替わる。<br/>EDは四分割で主調整室・中継車・放送機器などの映像が流れる。「放送開始までしばらくお休みさせていただきます。」テロップを表示したのち、左上に「目玉マーク フジテレビ」右下に「JOCX-TV」と表示(JOCX-TVフィラー放送時は冒頭のテロップの場面がカットされる)。
+
**1997年3月9日(EDのみ):主調整室の映像が流れる(途中でアングルが切り替わる)。河田町からの放送を終了し翌朝からお台場の新社屋での放送を開始する旨の告知字幕を表示したのち、左上に「目玉マーク フジテレビ」右下に「JOCX-TV」と表示。
+
**1997年3月10日〜3月31日:お台場移転に伴いテロップを一新。OPは朝日の映像。EDは波打ち際の映像に徐々背景の色が変わっていく映像。中央上に「目玉マーク フジテレビ」中央下に「JOCX-TV」と表示。
+
**1997年4月〜2001年10月:OPは朝焼けのお台場フジテレビ局舎から主調整室・放送機器などの四分割映像が流れ最後に台場駅側から見たフジテレビ局舎に切り替わりOPへと流れる。右下に「目玉マーク フジテレビ JOCX-TV」と表示。<br/>EDはレインボーブリッジ側から見た夜のフジテレビ局舎の映像からOP同様主調整室の映像が四分割で流れ最後にテレコムセンター側から見たフジテレビ局舎とレインボーブリッジの映像が流れEDへ。上に「目玉マーク フジテレビ」、下に「JOCX-TV」と表示。
+
  
 
==アナウンサー==
 
==アナウンサー==
1,138行目: 1,082行目:
  
 
===男性===
 
===男性===
* [[須田哲夫]](1971年)◇[[堺正幸]](1975年)◇[[福井謙二]](1976年)◇[[向坂樹興]](1982年)◇[[牧原俊幸]](1983年)◇[[川端健嗣]](1984年)◇[[軽部真一]]、[[三宅正治]](1985年)◇[[笠井信輔]]、[[塩原恒夫]](1987年)◇[[青嶋達也]](1988年)◇[[境鶴丸]]、[[野島卓]](1989年)◇[[福原直英]](1992年)◇[[奥寺健]](1993年)◇[[伊藤利尋]]、[[森昭一郎]](1995年)◇[[竹下陽平]](1996年)◇[[西岡孝洋]](1998年)◇[[長谷川豊]](1999年)◇[[森下知哉]]、[[渡辺和洋]](2001年)◇[[田中大貴]](2003年)◇[[倉田大誠]](2004年)◇[[田淵裕章]](2005年)◇[[小穴浩司]](2006年)◇[[中村光宏]](2007年)◇[[榎並大二郎]](2008年)
+
* [[須田哲夫]](1971年)◇[[堺正幸]](1975年)◇[[福井謙二]](1976年)◇[[向坂樹興]](1982年)◇[[牧原俊幸]](1983年)◇[[川端健嗣]](1984年)◇[[軽部真一]]、[[三宅正治]](1985年)◇[[笠井信輔]]、[[塩原恒夫]](1987年)◇[[青嶋達也]](1988年)◇[[境鶴丸]]、[[野島卓]](1989年)◇[[長坂哲夫]]、[[吉田伸男]](1990年)◇[[福原直英]](1992年)◇[[奥寺健]](1993年)◇[[伊藤利尋]]、[[森昭一郎]](1995年)◇[[竹下陽平]](1996年)◇[[西岡孝洋]](1998年)◇[[長谷川豊]](1999年)◇[[森下知哉]]、[[渡辺和洋]](2001年)◇[[田中大貴]](2003年)◇[[倉田大誠]](2004年)◇[[田淵裕章]](2005年)◇[[小穴浩司]](2006年)◇[[中村光宏]](2007年)◇[[榎並大二郎]](2008年)
  
 
===女性===
 
===女性===
1,184行目: 1,128行目:
 
* [[露木茂]](フリーキャスター、[[東京国際大学]]教授)
 
* [[露木茂]](フリーキャスター、[[東京国際大学]]教授)
 
* [[鳥居滋夫]](『[[プロ野球ニュース]]』幻の初代キャスター。“幻”としたのは、局側が公式には1976年放送開始、且初代キャスターは[[佐々木信也]]としている為。)
 
* [[鳥居滋夫]](『[[プロ野球ニュース]]』幻の初代キャスター。“幻”としたのは、局側が公式には1976年放送開始、且初代キャスターは[[佐々木信也]]としている為。)
* [[長坂哲夫]](アナウンサーで初の出入り禁止となった。)
 
 
* [[永島信道]]
 
* [[永島信道]]
 
* [[能村庸一]]
 
* [[能村庸一]]
1,192行目: 1,135行目:
 
* [[山田祐嗣]]([[ニッポン放送]]から移籍)
 
* [[山田祐嗣]]([[ニッポン放送]]から移籍)
 
* [[山中秀樹]](フリーアナウンサー)
 
* [[山中秀樹]](フリーアナウンサー)
* [[吉田伸男]]
 
  
 
====女性====
 
====女性====
1,426行目: 1,368行目:
 
[[Category:キチガイ]]
 
[[Category:キチガイ]]
 
[[Category:創価学会]]
 
[[Category:創価学会]]
 +
[[Category:島田紳助に本当に潰されるべき人物]]
 +
[[Category:蛆虫]]
 
[[Category:ニッポン放送]]
 
[[Category:ニッポン放送]]

Yourpediaへの投稿はすべて、GNUフリー文書利用許諾契約書 1.3 またはそれ以降 (詳細はYourpedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)