「チャンピオンズマイル」の版間の差分

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
7行目: 7行目:
 
**[[国際レース]](国際グレードなし)となり、シリーズ戦・[[アジアマイルチャレンジ]]に組まれる([[2011年]]を最後に休止)。
 
**[[国際レース]](国際グレードなし)となり、シリーズ戦・[[アジアマイルチャレンジ]]に組まれる([[2011年]]を最後に休止)。
 
**[[ブリッシュラック]]が優勝し、無敗で17連勝中だった[[サイレントウィットネス]]に初めて土を付けた。
 
**[[ブリッシュラック]]が優勝し、無敗で17連勝中だった[[サイレントウィットネス]]に初めて土を付けた。
*[[2006年]]ブリッシュラックが史上初の連覇を達成し最高齢優勝記録タイを樹立。
+
*[[2006年]][[ブリッシュラック]]が史上初の連覇を達成し最高齢優勝記録タイを樹立。
 
*[[2007年]] 国際G1に格付け。これによりアジアマイルチャレンジのシリーズ全レースが国際G1となった。
 
*[[2007年]] 国際G1に格付け。これによりアジアマイルチャレンジのシリーズ全レースが国際G1となった。
 
*[[2008年]] [[グッドババ]]が同レースを優勝したため、香港のマイルG1を完全制覇を達成した。
 
*[[2008年]] [[グッドババ]]が同レースを優勝したため、香港のマイルG1を完全制覇を達成した。
19行目: 19行目:
 
!回数!!施行日!!優勝馬!!性齢!!タイム!!優勝騎手!!管理調教師!!馬主
 
!回数!!施行日!!優勝馬!!性齢!!タイム!!優勝騎手!!管理調教師!!馬主
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第1回||[[2001年]][[5月20日]]||Red Pepper||騸4||1:37.5||[[エリック・ルグリ|E.Legrix]]||[[ピン・チー・カン|P.C.Kan]]||Mr & Mrs C.Kam Chuen
+
|style="text-align:center"|第1回||[[2001年]][[5月20日]]||Red Pepper||騸4||1:37.5||[[エリック・ルグリ|E.Legrix]]||[[ピン・チー・カン|P.Kan]]||Mr. & Mrs. K.Chau
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第2回||[[2002年]][[4月21日]]||Jeune King Prawn||牡5||1:35.2||[[ウェイチョン・マーウィング|W.C.Marwing]]||[[アイヴァン・アラン|I.Allan]]||Mr & Mrs L.Sak Hong
+
|style="text-align:center"|第2回||[[2002年]][[4月21日]]||Jeune King Prawn||牡5||1:35.2||[[ウェイチョン・マーウィング|W.Marwing]]||[[アイヴァン・アラン|I.Allan]]||Mr. & Mrs. S.Lau
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第3回||[[2003年]][[4月27日]]||Electronic Unicorn||騸7||1:36.2||[[ロバート・フラッド|R.Fradd]]||[[ジョン・サイズ|J.Size]]||L.Ying Bin
+
|style="text-align:center"|第3回||[[2003年]][[4月27日]]||Electronic Unicorn||騸7||1:36.2||[[ロバート・フラッド|R.Fradd]]||[[ジョン・サイズ|J.Size]]||Y.Lo
 
|-
 
|-
 
|style="text-align:center"|第4回||[[2004年]][[5月1日]]||Figures||騸5||1:34.2||[[トルステン・ムンドリー|T.Mundry]]||[[デイヴィッド・オートン|D.Oughton]]||Financial Investors Group Syndicate
 
|style="text-align:center"|第4回||[[2004年]][[5月1日]]||Figures||騸5||1:34.2||[[トルステン・ムンドリー|T.Mundry]]||[[デイヴィッド・オートン|D.Oughton]]||Financial Investors Group Syndicate
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第5回||[[2005年]][[5月14日]]||[[ブリッシュラック|Bullish Luck]]||騸6||1:33.7||[[ジェラール・モッセ|G.Mosse]]||[[アンソニー・クルーズ|A.Cruz]]||W.Wing Keung
+
|style="text-align:center"|第5回||[[2005年]][[5月14日]]||[[ブリッシュラック|Bullish Luck]]||騸6||1:33.7||[[ジェラール・モッセ|G.Mosse]]||[[アンソニー・クルーズ|A.Cruz]]||W.Wong
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第6回||[[2006年]][[5月7日]]||Bullish Luck||騸7||1:33.7||[[ブレット・プレブル|B.Prebble]]||A.Cruz||W.Wing Keung
+
|style="text-align:center"|第6回||[[2006年]][[5月7日]]||Bullish Luck||騸7||1:33.7||[[ブレット・プレブル|B.Prebble]]||A.Cruz||W.Wong
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第7回||[[2007年]][[4月29日]]||Able One||騸5||1:34.5||[[マイケル・キネーン|M.Kinane]]||[[ジョン・ムーア (調教師)|J.Moore]]||Dr. & Mrs Cornel L.Fook Kwan
+
|style="text-align:center"|第7回||[[2007年]][[4月29日]]||Able One||騸5||1:34.5||[[マイケル・キネーン|M.Kinane]]||[[ジョン・ムーア (調教師)|J.Moore]]||Dr. & Mrs. F.Li
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第8回||[[2008年]]4月27日||[[グッドババ|Good Ba Ba]]||騸6||1:33.5||O.Doleuze||A.Schutz||S.Kit Yuen
+
|style="text-align:center"|第8回||[[2008年]]4月27日||[[グッドババ|Good Ba Ba]]||騸6||1:33.5||O.Doleuze||A.Schutz||S.Yuen
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第9回||[[2009年]][[4月26日]]||Sight Winner||騸5||style="white-space:nowrap"|1:34.97||B.Prebble||J.Size||Mr & Mrs Tam Wing Kun
+
|style="text-align:center"|第9回||[[2009年]][[4月26日]]||Sight Winner||騸5||style="white-space:nowrap"|1:34.97||B.Prebble||J.Size||Mr. & Mrs. W.Tam
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第10回||[[2010年]][[4月25日]]||Able One||騸8||1:33.66||D.Beadman||J.Moore||Dr & Mrs Cornel L.Fook Kwan
+
|style="text-align:center"|第10回||[[2010年]][[4月25日]]||Able One||騸8||1:33.66||D.Beadman||J.Moore||Dr. & Mrs. F.Li
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第11回||[[2011年]]4月25日||Xtension||騸7||1:34.71||D.Beadman||J.Moore||Dr Mr & Mrs S.Lo Kit Sing
+
|style="text-align:center"|第11回||[[2011年]]4月25日||Xtension||騸7||1:34.71||D.Beadman||J.Moore||Dr. Mr. & Mrs. K.Lo
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第12回||[[2012年]][[5月6日]]||Xtension||牡5||1:35.23||J.McDonald||J.Moore||Dr Mr & Mrs S.Lo Kit Sing
+
|style="text-align:center"|第12回||[[2012年]][[5月6日]]||Xtension||牡5||1:35.23||J.McDonald||J.Moore||Dr. Mr. & Mrs. K.Lo
 
|-
 
|-
 
|style="text-align:center"|第13回||[[2013年]][[5月5日]]||Dan Excel||騸5||1:33.42||W.Marwing||J.Moore||D.Boehm
 
|style="text-align:center"|第13回||[[2013年]][[5月5日]]||Dan Excel||騸5||1:33.42||W.Marwing||J.Moore||D.Boehm
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第14回||[[2014年]][[5月4日]]||Variety Club||牡6||1:34.11||A.Marcus||M.de Kock||Mrs. I.Jooste & M.Jooste
+
|style="text-align:center"|第14回||[[2014年]][[5月4日]]||Variety Club||牡6||1:34.11||A.Marcus||M.de Kock||Mrs. I. & M.Jooste
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第15回||[[2015年]][[5月3日]]||Able Friend||騸5||1:35.39||J.Moreira||J.Moore||Dr. & Mrs. C.Li Fook Kwan
+
|style="text-align:center"|第15回||[[2015年]][[5月3日]]||Able Friend||騸5||1:35.39||J.Moreira||J.Moore||Dr. & Mrs. F.Li
 
|-
 
|-
 
|style="text-align:center"|第16回||[[2016年]]5月1日||[[モーリス (競走馬)|Maurice]]||牡5||1:34.08||J.Moreira||[[堀宣行]]||[[吉田和美]]
 
|style="text-align:center"|第16回||[[2016年]]5月1日||[[モーリス (競走馬)|Maurice]]||牡5||1:34.08||J.Moreira||[[堀宣行]]||[[吉田和美]]
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第17回||[[2017年]]5月7日||Contentment||騸6||1:35.23||B.Prebble||J.Size||L.Tak Wing
+
|style="text-align:center"|第17回||[[2017年]]5月7日||Contentment||騸6||1:35.23||B.Prebble||J.Size||T.Lo
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第18回||[[2018年]]4月29日||[[ビューティージェネレーション|Beauty Generation]]||騸5||1:34.31||[[ザカリー・パートン|Z.Purton]]||J.Moore||K.Ho Chuen
+
|style="text-align:center"|第18回||[[2018年]]4月29日||[[ビューティージェネレーション|Beauty Generation]]||騸5||1:34.31||[[ザカリー・パートン|Z.Purton]]||J.Moore||H.Kwok
 
|-
 
|-
|style="text-align:center"|第19回||[[2019年]]4月28日||Beauty Generation||騸6||1:33.63||Z.Purton||J.Moore||K.Ho Chuen
+
|style="text-align:center"|第19回||[[2019年]][[4月28日]]||Beauty Generation||騸6||1:33.63||Z.Purton||J.Moore||H.Kwok
 +
|-
 +
|style="text-align:center"|第20回||[[2020年]]4月26日||Southern Legend||騸7||1:33.13||C.Ho||C.Fownes||K.Ho
 
|}
 
|}
 
=== 日本調教馬の成績 ===
 
=== 日本調教馬の成績 ===
75行目: 77行目:
 
*[[クイーンエリザベス2世カップ]] - [[2007年]]は同日に行われた。
 
*[[クイーンエリザベス2世カップ]] - [[2007年]]は同日に行われた。
 
*[[フューチュリティステークス (オーストラリア)]] - [[アジアマイルチャレンジ]]第1戦
 
*[[フューチュリティステークス (オーストラリア)]] - [[アジアマイルチャレンジ]]第1戦
*[[ドバイデューティーフリー]] - アジアマイルチャレンジ第2戦
+
*[[ドバイターフ]] - アジアマイルチャレンジ第2戦
 
*[[安田記念]] - アジアマイルチャレンジ第4戦
 
*[[安田記念]] - アジアマイルチャレンジ第4戦
  

2020年12月14日 (月) 23:24時点における最新版

チャンピオンズマイル冠軍一哩賽Champions Mile)とは中華人民共和国香港にある沙田競馬場1600mで行われる競馬レース平地レース)である。

概要[編集]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2001年5月20日 Red Pepper 騸4 1:37.5 E.Legrix P.Kan Mr. & Mrs. K.Chau
第2回 2002年4月21日 Jeune King Prawn 牡5 1:35.2 W.Marwing I.Allan Mr. & Mrs. S.Lau
第3回 2003年4月27日 Electronic Unicorn 騸7 1:36.2 R.Fradd J.Size Y.Lo
第4回 2004年5月1日 Figures 騸5 1:34.2 T.Mundry D.Oughton Financial Investors Group Syndicate
第5回 2005年5月14日 Bullish Luck 騸6 1:33.7 G.Mosse A.Cruz W.Wong
第6回 2006年5月7日 Bullish Luck 騸7 1:33.7 B.Prebble A.Cruz W.Wong
第7回 2007年4月29日 Able One 騸5 1:34.5 M.Kinane J.Moore Dr. & Mrs. F.Li
第8回 2008年4月27日 Good Ba Ba 騸6 1:33.5 O.Doleuze A.Schutz S.Yuen
第9回 2009年4月26日 Sight Winner 騸5 1:34.97 B.Prebble J.Size Mr. & Mrs. W.Tam
第10回 2010年4月25日 Able One 騸8 1:33.66 D.Beadman J.Moore Dr. & Mrs. F.Li
第11回 2011年4月25日 Xtension 騸7 1:34.71 D.Beadman J.Moore Dr. Mr. & Mrs. K.Lo
第12回 2012年5月6日 Xtension 牡5 1:35.23 J.McDonald J.Moore Dr. Mr. & Mrs. K.Lo
第13回 2013年5月5日 Dan Excel 騸5 1:33.42 W.Marwing J.Moore D.Boehm
第14回 2014年5月4日 Variety Club 牡6 1:34.11 A.Marcus M.de Kock Mrs. I. & M.Jooste
第15回 2015年5月3日 Able Friend 騸5 1:35.39 J.Moreira J.Moore Dr. & Mrs. F.Li
第16回 2016年5月1日 Maurice 牡5 1:34.08 J.Moreira 堀宣行 吉田和美
第17回 2017年5月7日 Contentment 騸6 1:35.23 B.Prebble J.Size T.Lo
第18回 2018年4月29日 Beauty Generation 騸5 1:34.31 Z.Purton J.Moore H.Kwok
第19回 2019年4月28日 Beauty Generation 騸6 1:33.63 Z.Purton J.Moore H.Kwok
第20回 2020年4月26日 Southern Legend 騸7 1:33.13 C.Ho C.Fownes K.Ho

日本調教馬の成績[編集]

回数 施行日 参戦馬名 英語表記 性齢 騎手名 管理調教師 着順
第5回 2005年5月14日 コスモバルク Cosmo Bulk 牡4 千葉津代士 田部和則 10着
第8回 2008年4月27日 マイネルシーガル Meiner Segal 牡4 蛯名正義 国枝栄 10着
第14回 2014年5月4日 マイネルラクリマ Meiner Lacrima 牡6 柴田大知 上原博之 10着
第16回 2016年5月1日 モーリス Maurice 牡5 J.モレイラ 堀宣行 1着

コスモバルクは地方競馬であるホッカイドウ競馬所属である。地方競馬所属としては2頭目の海外遠征。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

アジアマイルチャレンジ
フューチュリティステークス | ドバイターフ | チャンピオンズマイル | 安田記念
Wikipedia-logo.svg このページはウィキペディア日本語版のコンテンツ・チャンピオンズマイルを利用して作成されています。変更履歴はこちらです。